« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月28日 (火)

緑茶で癌細胞の増殖が停止

 カリフォルニア大学サンディエゴ校(カリフォルニア州ラホヤ)のDharam P. Chauhan博士らは「緑茶の15%を占める成分であるポリフェノールepigallocatechin gallate(EGCG)はin vitroでヒト結腸直腸癌細胞の増殖を阻止し,これらの細胞を破壊することが示された」と当地で開催された米国消化器病週間の年次集会で発表した。

 Chauhan博士らは,大腸癌をin vitroで種々の濃度のEGCGにより24 ~72時間。 結果50μMおよび100μMのEGCGでは24時間または72時間で有意な細胞増殖の阻止効果は見られなかった。
 しかし,200および400μMのEGCGでそれぞれ48時間および72時間後に検討し たところ,すべての大腸癌細胞系列の増殖が阻止された。さらに,200および400μMの EGCGに72時間曝露したところ,曝露を中止してから10日後に細胞死が観察された。
 結腸直腸癌は従来の化学療法薬には抵抗性を示す。現在,最も汎用されている化学療法薬は 5 -フルオロウラシルであるが,結腸直腸癌での有効率は20%未満である。こうした薬剤は,消化管出血などの副作用の頻度も比較的高い。
そのため,第 1 次予防法および第 2 次予防法のために,有効で毒性のない薬剤を急に見つけ出す必要がある。
 食物中のポリフェノールには抗癌作用のあることが知られている。
 同博士は「緑茶は癌に対する予防法になりうると考えてよい。EGCGの有効量を決定るためにはさらに研究が必要である。また,緑茶には副作用はないと思われる」と述べた。

 海外の文献を直訳したために、文章が難しく感じたかもしれませんが、以上です。
 次回もEGCGの話です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月26日 (日)

野菜の現状!

 野菜は健康のイメージの強く、野菜さえ十分食べていれば健康でいられる、と考えている人も少なくありません。でも、最近の野菜は昔の野菜とはちょっと違ってきているようです。そこで今回は最近の野菜事情をテーマにとりあげてみます。

 スーパーの野菜コーナーをよくみると、ほとんどのスーパーには旬の野菜コーナーがあります。「旬の野菜が、何なのかよくわかっていいことじゃない」と思う方も多いはず。でも、よく考えてみるとちょっと変。本来、店頭に並んでいる野菜はそのシーズンにとれるものですから、旬のものしかないはずなのに、最近の店頭にはほぼ1年中同じ野菜が置いてあります。そして、わざわざ旬のコーナーを作って装飾品(秋なら秋らしい壁紙や飾り付け)などを使って季節感を出し、そのシーズンの野菜を置いています。

 昔は、曲がったきゅうり、虫の食った野菜、泥まみれの野菜がありましたが今は、そんな見栄えのよくない野菜はほとんど見られず、並んでいる野菜は形の整った美しいものばかり。

 ご存知のように、今、野菜は美しさとロスの少ない栽培を追求して作られており、そのため化学肥料や農薬を大量に使用するようになりました。そのおかげで美しい野菜を1年中食べることができるようになったわけです。
 しかしその反面、化学肥料や農薬の大量使用により問題が生じてきました。化学肥料や農薬まみれの野菜は、これらの毒性の問題はもちろんのこと、ビタミンの含量も少ないという調査結果があります。
 このように今の野菜は、以前より栄養素が減少し、農薬の害が潜み、見た目だけが美しいというものがほとんどです。もちろん有機栽培のものや、丹精込めて作られた野菜はこれにあてはまりません。ただ、見た目だけでは判断するのはよくないということです。

 このように栄養成分のぬけおちた野菜をたくさん食べて十分に摂ったつもりでも、ビタミンは不足する可能性があります。特に野菜に多いといわれているビタミンCの含有量は、旬の時期以外の野菜には、ひじょうに少なくなっています。夏が旬のトマトやキュウリは1年中出回っていますが、冬場には、トマトの場合で夏の70%程度、キュウリだと夏の40%程度しかビタミンCが含まれてないというデータがあります。

 また、野菜と一緒に農薬が体内に入ると、体内の解毒工場である肝臓が酷使されます。このため、肝臓でビタミンが酸化されやすい状態となり、さらにビタミン不足に陥りやすくなります。

 このように、野菜を十分にとっているからといって安心できない今日この頃です。こんな時、活躍するのがサプリメント!普通に野菜をとっていても不足しがちなビタミンCは、肝臓の解毒機能を強化する働きもあるので、サプリメントで補えば一石二鳥です。また、ビタミンB2も肝臓の働きをよくしますので、ビタミンCとともにとると効果的です。

 野菜も人間も外見の美しさだけにとらわれると、よくないということですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月24日 (金)

妊娠を考えている方は『葉酸』を!

 最近、生活習慣病予防などでも注目されている『葉酸』ですが、妊娠を計画している女性には特に摂取してほしい栄養素ですね。葉酸は胎児の中枢神経細胞を作ると言われています。

 では葉酸の特徴を簡単に記載しますね。

① 「葉酸」は胎児や乳幼児の成長に欠かせない栄養素です。
② 「葉酸」は赤血球を作るので貧血予防になります。
③ 「葉酸」は新しい細胞を作り、口の中や腸の粘膜再生に働きます。
④ 「葉酸」は妊娠中は胎児に使われ、不足するとシミができたり、ツワリが激しくなります。
⑤ 「葉酸」が体内で効果的に働くには、ビタミンやビタミンCが必要です。

 以上ですね。手っ取り早く摂取するのは、信頼できるサプリメントだと思います。ぜひ考えてみてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月22日 (水)

目の健康や良い視力を維持したい方へ

 目の健康や良い視力を維持したい方、サプリメントをとりましょう。
 目の話はこのブログでも何度か書きましたが、アメリカでの最近の研究報告によると、毎日総合ビタミンを摂取する事が白内障の予防につながることが報告されています。

 それによると10年以上、ビタミンC、またはビタミンEが入ったサプリメントを摂取し続けたら白内障にならないう率は60%も低いという事がわかりました。

 また、毎日ビタミンE400IUとビタミンC1200mgを摂取し続けるとあなたの肉体的に同年の方よりも6歳ほど若い状態に保てるそうです。

 白内障は本当に怖い病気ですから、皆さんに教えてあげましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月20日 (月)

生活習慣病を発見する時の基準となる項目とその意味・③

 前回、前々回からの続きで、最終回です。

検査項目 標準値
クレアチニン 0.6~1.3mg/dl
数値の意味
これが高値を示すと腎臓病が疑われる。

検査項目 標準値
尿酸   男 4.0~7.0mg/dl
      女 3.0~5.5
数値の意味
これが高値を示すと痛風や尿管結石の原因になる。

検査項目 標準値
血糖   空腹時70~110mg/dl
数値の意味
これが高値を示すと糖尿病が疑われる。

検査項目 標準値
ヘモグロビン 5.6% 未満
数値の意味
これが高値を示すと糖尿病が疑われる。

 以上です。参考にしてみてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月18日 (土)

生活習慣病を発見する時の基準となる項目とその意味・②

 血液検査などの数値のお話、続きです。

検査項目 標準値
GOT    8~40 単位
数値の意味
血清GOTの活性値上昇は肝、胆道疾患、特に急性肝炎の場合に著明、また心筋梗塞の時も増量。

検査項目 標準値
GPT    5~35 単位
数値の意味
血清GPTの活性値上昇は肝、胆道疾患、特に急性肝炎の場合に著しくなる。

検査項目 標準値
γ-GTP ~59 単位
数値の意味
特にアルコール性の肝障害や薬物性肝障害の時、敏感に数値が高くなる。

検査項目  標準値
総コレステロール 120~220 mg/dl
数値の意味
これが高値を示すと環状動脈や大動脈硬化の原因となり心臓病を起こしやすいと言われている。

検査項目 標準値
HDL-CHO 男 40~70mg/dl
        女 45~75mg/dl
数値の意味
高比重リポ蛋白(HDL)は、善玉コレステロールとも呼ばれ、多い時は動脈硬化になりにくく、少ない時は進みやすくなる。

検査項目 標準値
中性脂肪 空腹時62~149mg/dl
数値の意味
肥満や糖尿病、動脈硬化、アルコール中毒などの時には数値が高くなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月16日 (木)

生活習慣病を発見する時の基準となる項目とその意味・①

 この情報は元々表になっているものですが、見にくいかも知れませんが、書いてみると長くなり、これも連載にします。血液検査の際に参考にしてみてください。

検査項目 標準値
白血球   4000~8500/mm3
数値の意味
細菌を殺し排除する働きがあり、炎症(肺炎、虫垂炎など)が起ると増加する。

検査項目 標準値
赤血球  男 410~530 万/mm3
     女 380~480 万/mm3
数値の意味
酸素を全身の組織に運ぶ働きがあり、不足すると貧血になる。

検査項目 標準値
血色素   男 14.0~18.0g/dl
(ヘモグロビン) 女 12,0~16,0g/dl
数値の意味
赤血球中に含まれ、酸素と結合する働きがあり、鉄分に関係する。

検査項目 標準値
ヘマトクリット 男  39~52%
        女  35~48%
数値の意味
血球容積をいい、貧血すると、その容積は程度に応じて減少する。

検査項目 標準値
血小板    15~40 万/mm3
数値の意味
ある種の紫斑病や肝硬変等の時に数値が低くなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月14日 (火)

小児肥満の原因は、生活スタイルの変化にあり!2

遺伝・体質による場合もある
 太っている子供の両親は、たいていどちらか(または両方)が、肥満傾向にある。それは、太りやすい体質であったり、太りやすい遺伝子を持っているから、ということもあるが、それだけが原因という場合は少ない。太っている両親と一緒に生活していると、食事や生活パターンが似てしまい、子供も過食傾向にあったり運動不足になったりするため、肥満を招くのだ。

子供に肥満が現れる確率
両親ともに肥満の場合 80%
母親が肥満の場合 60%
父親が肥満の場合 40%
両親とも肥満でない場合 20%

子供に過保護になっていませんか?
 食事やおやつは好きなだけ与える
 嫌いな食べ物はいつも残す
 テレビゲームやテレビを見る時間は自由
 家の手伝いはなにもしない
 「ながら食べ」をしても怒らない
・・こういう生活を子供にさせていないだろうか。これらは子供に自由を与える愛情表現のようでいて、実は子供を肥満・生活習慣病へと進行させている可能性が高い。とくに、両親が気を使っていても、おじいちゃん・おばあちゃんが甘やかしてお菓子などを与えているケースも少なくない。子供のためを思うなら、時には心を鬼にすることも大切です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月12日 (日)

小児肥満の原因は、生活スタイルの変化にあり!

 肥満になる原因は、食べ過ぎと運動不足。仕事に忙しく、付き合いで飲む機会が多い大人ならいざ知らず、これまで無縁と思われていた子供社会にも過食と運動不足は深刻な問題なのです。今回は2回に分けて書きたいと思います。

過食にご用心!
 9~11歳くらいの子供の場合は1日に約1800~ 2000kcalのエネルギーが必要だと言われている。これは、食事だけでなく、おやつや飲み物も含まれている。ところが、太っている子供の食生活を見てみると、3回の食事は揚げ物などの高カロリーなもので、さらにスナック菓子やジュースなどを口にしているため、1日のエネルギーがオーバーしてしまっているのだ。
 仮に1日に50kcalずつ余分にとる食生活をしていると、1年で2kgの体重増加になると言われているほど。
 また、食生活の内容が欧米化してきて、脂質をとる量が増えてきたことも過食の原因のひとつである。

運動不足になっていませんか?
 子供の運動時間は年々減ってきているといわれている。テレビの見すぎや学習塾や習い事などに時間がとられ、外で身体を動かしたり、家での手伝いをする時間が少なくなっていることが原因のようだ。
ちなみに、右のグラフを見ると、肥満度が高いほどテレビを見る時間が多くなっていることが分かる。あんまりテレビばかり見ていると、運動不足になって肥満街道をまっしぐらかも!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月10日 (金)

小児肥満はどんな病気を招く?

 肥満だと、どのくらい死亡率が高まる?
 肥満傾向にある子供は、大人とおなじように、血圧が高くなったり、コレステロールが高くなるなど、いわゆる生活習慣病の症状が出やすい。「生活習慣病って大人だけじゃないの?」なんて思っていると、大マチガイ。肝臓に障害が出たり、動脈硬化が進行したりするのだ。
 また、子供のころの肥満を放っておくと、約60~80%は大人になっても肥満のままだと言われている。
 ちなみに、肥満した大人は肥満していない大人と比べ、どんな病気で死亡しているのかを調べたところ、第1位は糖尿病で、普通の人の約4倍だ。
 「子供のころはちょっと太っているほうが健康的」というのも限度があるかも!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 8日 (水)

生活習慣病にかかる子供たち

 ライフスタイルが変化してきたことにより、成人社会に新たな病気がうまれた。それが、生活習慣病である。しかし、大人だけがかかると思われていた病気に、子供たちも、むしばまれ始めている。

 増えつつある「肥満の子供たち」
小中学生の肥満児の出現率の推移。ひと昔前までは、子供といえば外で暗くなるまで遊んでいたもの。でも、今は子供の遊びといえば、テレビゲームなどが主流になり、運動不足が問題となっている。その結果、肥満に悩む子供の数が増えているのだ。

 文部科学省の発表によると、小中学生の肥満児はこの30年で約3倍になったと言われている!

子供の肥満度の出し方

肥満度(%)=(子供の体重―標準体重)/標準体重

 20%未満なら正常、20%以上で肥満、50%以上だと高度肥満と判定される。
 ※標準体重は、年齢、身長、性別によって算出されています。
 ちなみに、大人の肥満度は、BMI法[体重(kg)÷(身長×身長(m))]25以上なら肥満と判定される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 6日 (月)

スポーツと栄養

 前にも似たような記事を書きましたが、スポーツで記録を狙う人、スポーツを楽しんでいる人、子供が運動部に所属しておられる方に、スポーツと栄養の関係をお知らせします。
 正しいスポーツ栄養学で自己の持っている能力を最大限引き出したいものです。

1.体育系の平均寿命は一般人より6歳短い
 今年の夏の甲子園高校野球は北海道が2連覇して、盛り上がりましたね。夏になると、サラリーマン諸氏もゴルフ、テニス、サーフィンに汗を流しています。スポーツ選手に限らずスポーツを愛する人々にとっては、つねに自己の力を最大限に発揮したいと願いトレーニングを怠りません。しかし健康に見える体育系の人の平均寿命が一般の人より6歳も短いのです。
 日本では、相変わらず「朝レン」というトレーニングを取っています。根性よりも科学的に分析されたスポーツ栄養学によって記録を伸ばし、寿命も延ばしていきたいものです。

2.スポーツ選手が直面する7つの問題
(1) 運動中に発生する活性酸素
(2) 運動で失われるエネルギーの補給
(3) 運動中に失われる水分の補給
(4) 運動中に失われる電解質の補給
(5) 血中の血糖値の安定
(6) 疲労の原因になる乳酸のエネルギーへの転換
(7) 痛んだ筋肉の補修

 スポーツ選手は、自己の持つ最大限の能力を発揮したいし、最小限の疲労と、速やかな疲労回復を望んでいます。しかし日本のスポーツ選手と指導者の中には、スポーツ栄養学欠如、ムリな練習方法によって体がぼろぼろになり記録も伸びず、選手生命を縮めているのが現状です。
 上に述べた7つの問題点と対策を次回、簡単に解説しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 4日 (土)

高齢者利用施設その5

○施設名
痴呆性高齢者グループホーム(介護保険対象施設)
○入所対象者及び入所の決定
・要介護1以上であって痴呆の状態にあるもののうち、少人数による共同生活を営むことに支障のない方
・契約(施設で判定)
○利用者の負担
 1、介護保険サービス費用の1割
 2、食費(食材料費)
 3、管理費(光熱水費)
 4、家賃相当分
 ※平均的な利用料
 月額9万円~12万円(旭川市某施設の場合)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 2日 (木)

高齢者利用施設その4

○施設名
生活支援ハウス(高齢者生活福祉センター)
○入所対象者及び入所の決定
・60歳以上の一人暮らし又は夫婦のみの方
・身の回りのことが自分で出来る方
・家族からの援助が困難な方
・独立した生活に不安がある方
・実施主体である市が入所判定
○利用者の負担
 1、光熱水費(実費)
 2、食費(実費)
 3、利用料(収入に応じて徴収)
 ※年収120万円以下の場合
 月額5万円~6万円程度

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »