« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月30日 (火)

命の食について

 先日、知り合いの飲食業の方から聞いた話ですけど、食べ残しがあると寂しい気持ちになるんだよねと言ってました。私は料理はしませんけど、彼は食材や調理法などこだわってお客様に提供しているようですから、そういう意味で残念なのかなって思いましたが、よく話を聞くとそれ以上のものがあるんだと思いました。料理を食べる姿勢だと言うんですね。携帯で話しをしながら食べたり、雑誌を見ながら食べたり、それでなんとなく食欲がなくなって残してしまうことを、なんとも思わないでいると言うんです。彼がよく話しているのが、食材には元々命があったと言うんですね。その命を人間は食べているんだ、だから大切にしないといけないと思うんだと言うんです。そう言われて、いつも考えさせられますね。お金を払っているのだから、どうしようと自由だと言うのは、なんとなく違うような気がしますね。気分で残すと言うことは、その命に対して失礼なのかも知れませんよね。
 また彼は山菜などを採りに行ったり、釣りに出かけたりしています。が、いつも山の神様や海の神様に必要な量だけのものを恵んでくださいと思いながら、採っているんだそうです。そして、採った山菜や釣った魚は上手に調理して、お客様に喜んでもらうんだと言ってました。なんとなく硬いイメージを感じないわけではないですけど、あながち間違いではないような気がします。そういえば、子供の頃、近所の人が釣りに行ったとかで、「魚が腐るほど釣ってきたから」とおすそ分けをもらったことがあります。楽しみは楽しみでも良いですけど、ひとつの命の大切さや、自然に対する思いも必要かなって思いますね。
 人間は生きている限り、何かの命を頂いているわけですね。彼が言うように、生きていけることへの感謝を忘れないようにしていきたいと思いますよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月28日 (日)

薬副作用、被害者の3割「仕事やめた」 医薬品機構調査

 こういうデータもあるんですね。驚きです。

 医薬品の副作用によって健康被害を受けた人の3割近くが仕事を辞めていることが、独立行政法人「医薬品医療機器総合機構」の初めての患者実態調査でわかった。就労や介護など、患者本人だけでなく家族にも重い負担がのしかかっている実態が浮かび上がった。

 調査は、医薬品副作用被害救済制度にもとづき、医療費や障害年金などを受給している人を対象に昨年8月~11月に実施。744人から回答を得た。

 健康被害に遭った年齢は、最も多いのが50代で18.8%、次いで60代(17.6%)、30代(15.1%)、40代(12.4%)の順で、30~50代が半数近くを占めた。健康被害の内容は、皮膚障害(37.5%)、視力障害(25.5%)、薬物性肝障害(23.3%)などが上位を占めた。

 健康被害の影響(複数回答)では、「収入が減った」が30.5%でもっとも多く、以下、「仕事を辞めた」(27.7%)、「欠勤するようになった」(22%)の順。家族への影響では、患者の介護などを理由に収入の減少や欠勤を挙げる人がいずれも2割を超えた。

 世帯全体の収入への影響は、「減った」と答えた人が6割を占め、「8割以上減った」と答えた人も7.4%いた。「減らなかった」と答えた人は25.7%だった。

 現在も治療行為を受けている人は全体の41%で治療を終えた人は36.3%だった。過去1年間に入院、通院した人が支払った月平均費用は、交通費が約6000円、医療費の自己負担約1万2000円、保険外治療費約6000円などで、月ごとの出費は約3万6000円に上った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月26日 (金)

W80センチ超は要注意 子供の時から成人病予防へ基準 厚労省

 前にも少し書いたんですけど・・・

 厚生労働省の研究班が、生活習慣病の危険性を高めるメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の小中学生用診断基準案をまとめた。成人用診断基準は既にあるが、生活習慣が成人化する中、小児期のメタボリックシンドロームが確認されており、病気の芽を小児のうちに発見し、つみ取るのがねらい。さらに検証を加え信頼性を高めたうえで、教育現場などでの活用を目指す。

 メタボリックシンドロームとは、腸や肝臓など内臓の周囲に脂肪が蓄積すると、心筋梗塞(こうそく)や脳卒中、糖尿病などになる危険が高まる状態を指す。

 その診断基準として成人の場合、ウエストが男性で八五センチ以上、女性で九〇センチ以上を必須条件に、(1)空腹時の血糖が高め(2)血液中の中性脂肪が正常値より高めか、血管内を掃除する善玉コレステロール(HDL)値が低め(3)血圧が高め-のうち二つ以上があてはまること、と定めた。

 小中学生用では、男女にかかわらずウエストが八〇センチ以上か、ウエストを身長で割った値が〇・五以上のどちらかの基準を満たした上で、血糖、中性脂肪、血圧の数値は成人より低めにした。成人用との違いは体格と、もともとの正常値の差に考慮したため生じた。

 小中学生の肥満は昭和四十年代には、全体の2、3%にすぎなかったが、現在は10%にまで増えているという。背景には、大人と同様、朝食をとらない、高カロリー食を取り過ぎるといった食生活の乱れに加え、運動不足という生活習慣の変化がある。近年の研究で、小中学生にもメタボリックシンドロームが確認されており、生活習慣病の発症年齢の若年化が懸念されている。

 研究班の代表、大関武彦・浜松医科大教授は「小児の診断基準があれば、より適切な治療目標が設定できる。小児期は食事や運動の生活習慣が確立する時期。小児期から対応すれば、成人のメタボリックシンドロームを減らすことも可能だ」と話している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月24日 (水)

北海道日本ハムファイターズ頑張れ!

 今回は健康とは違う内容にしたいと思います。

 皆さんはプロ野球には興味ありますか? 私は去年までないようなあるような、ただ「アンチ巨人」だった程度ですけど、北海道でもプロ野球チームが出来て、なんとなく勝てば良いなという感じでした。
 でもプロ野球は3月の末から10月まであるわけで、せっかくであればこの期間、応援するチームを決めて、ハラハラドキドキしたいものだなと思いました。そこで、やはり地元の北海道日本ハムファイターズを応援しようと思いました。
 現在はセパ交流戦の真っ最中です。去年の日本ハムの成績は、この時点で悪くなっていったのですが、今年は頑張ってますね。ぜひ、今年は優勝してもらいたいと思います。
 シーズン始めに引退表明した新庄選手ですけど、個人的には辞めてもらいたくないと思います。最近はアンダーシャツなどの問題や、阪神戦の練習の時に元の阪神時代のユニフォームを着て注意されたりしていますが、それくらいの演出と言うか、もっと自由さがあっても面白いんじゃないでしょうか? 賛否両論があるでしょうけど、型にはまったことと言うか、今までと変わりなくやっていけば、野球人気が下降気味といわれていますけど、上昇は見込めないと思いますね。もっと、新庄選手のような人が育って欲しいと思いますけど、皆さんはどう思いますか?

 健康に関してでもそうですけど、血液検査や健康診断などで注意を受けた場合、今までの生活習慣などで出た結果ですから、何かを変えていかないといけないわけですよね。プロ野球人気が下がっているのなら、同じように、今までの常識にとらわれないで、何かを変えていかないといけないですよね。
 いずれにしても北海道日本ハムファイターズがぁんばれ! 皆さんも、応援しているチームがありますか? たとえチームは違っても、同じプロ野球フアンとして、半年間ハラハラドキドキしませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月22日 (月)

あなたの栄養状態に影響を与える要因

 最近、新聞記事などを多用していますが、私自身の考えをしばらく書いていなかったので、今回は私個人的にはこう思いますと言う内容にしたいと思います。
 栄養状態に影響を与える要因と言うか、健康のために3つのことに注目されてはいかがでしょうかと言う提案です。

1、 食習慣
 一般に、十分な果物や野菜を食べることは、あなたの栄養状態によい影響を与えます。果物や野菜からは、ビタミン、ミネラル、食物繊維を摂ることができます。また、果物や野菜にはポリフェノールやカテキンなど、健康維持に必要な栄養成分が数多く含まれています。

2、サプリメント
 一般に、果物や野菜と同様の栄養成分を含む高品質なサプリメントを摂取することは、栄養状態によい影響を与えます。現代人の食生活においては果物や野菜が不足しがちですが、高品質なサプリメントを摂ることで、健康維持に必要な栄養成分を摂取することができるのです。私が飲んでいるメーカーでは、現代人の健康維持をサポートするために、世に広く受け入れられている植物由来のサプリメントを中心に提供しています。

3、ライフスタイル
 ライフスタイルも、栄養状態に影響を与えます。一般に、喫煙やストレス、日光や汚染された大気に長時間さらされることなどは、栄養状態に悪い影響を与えると考えられています。また、体重と身長から算出するBMI指数* が高いことも、栄養状態に悪い影響を与えると考えられています。

 * 肥満度を判定する指標のひとつで、指数25以上は肥満、指数22が理想体重とされている。
 BMI指数=体重<kg>÷(身長<m>×身長<m>)

 以上ですけど、いかが感じましたか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月20日 (土)

ビタミンC不足で老化促進 都の研究員ら解明

 ビタミンCが不足すると老化が進みやすくなることを、東京都老人総合研究所の石神昭人・主任研究員と東京医科歯科大大学院の下門顕太郎教授らの研究グループがマウスの実験で明らかにした。人の老化のメカニズムの解明につながることが期待できるという。米科学アカデミー紀要(電子版)で4日に発表する。

 マウスなどは人と違い、体内でビタミンCを合成できる。グループは、ビタミンCを合成できないマウスを遺伝子操作でつくり、ビタミンCが少ないえさで飼育した。死亡で半数になる速さを比べたところ、通常のマウスは24カ月かかったが、操作したマウスは6カ月で半数となった。死因は老衰で、4倍の速さで老化が進行したことになる。

 さらに、ビタミンCを全く含まないえさでこのマウスを飼育すると、人がビタミンCの欠乏でかかる壊血病の症状が現れて、約半年後にはすべてが死んだ。

 日本ビタミン学会ビタミンC研究委員会委員長の村田晃・佐賀大名誉教授は「ビタミンCの老化防止作用について、動物実験で科学的な根拠が出たのは初めてではないか。ビタミンCが不足すると老化が進むと言われてきたが、それを裏付けるデータで、より確実になってきた」と話している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月18日 (木)

禁煙募金

 たばこの話題が続いていますが、私の知り合いから聞いた話ですが、彼は面白いことを始めたようです。半分、笑い話だと思って聞いてください。
 私も知っているゲーム好きの彼ですが、今までは子供のせいにして、自分のやりたいゲームをゲットしていたようなんですけど、最近、子供との趣味が合わなくなったようなんですよね。
 そこで、何とかゲームソフトが欲しい彼は、少ないお小遣いからどこからお金を捻出しようかと思ったところ、一日一箱半吸うタバコ代に目をつけました。私の話を聞いて、禁煙の必要性もわかっていたのですが、やめられないでいたのです。彼のたばこは一箱270円なんだそうです。そこで、一日一箱半で計算すると、10日で4050円になるとかで、100円ショップから禁煙募金用の貯金箱を買ってきて、それに貯金することにしたんだそうです。たばこを買うときはその貯金箱から買うと言うルールにして、なんとか、自分の欲しいゲームをゲットするんだと言っていました。

 話を聞いて、可愛いなぁと思いましたが、きっかけは何であれ、禁煙するとか、減煙するのは良いことかなと思いました。このようにゲーム感覚でも良いですから、禁煙をしてみてはどうでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月16日 (火)

禁煙はいくつになっても

 もうひとつたばこのお話です。読売新聞の記事ですけど。

 85歳以上の超高齢になっても、禁煙している人の方が、健康で活動的な老後を過ごせるとの研究結果を、高知大老年科の高田淳講師がまとめ、名古屋市で開かれた日本循環器学会で発表した。

 同県の旧香北町(現・香美市)で、1992年に75歳以上(平均81歳)だった男性297人について、たばこを吸う人、以前吸っていたがやめた人、吸わない人の3グループに分け、10年間、追跡調査した。

 10年間に心臓病で亡くなった人の割合は、3グループ間で差がなかった。しかし、2002年時点での生存者106人について、自分で服を着ることができる、買い物ができるといった日常生活の行動能力を測る指標で調べたところ、「自立して行動可能」だった割合は、非喫煙者のグループでは39%だったのに対し、以前に吸っていてやめたグループでは22%、たばこを吸っているグループでは14%にとどまった。

 高田講師は「85歳になっても、寝たきりにならずに活動的な生活を送るには、禁煙は重要。75歳で禁煙しても遅くない」と話している。

 そうなんですって! 喫煙者の方、頑張ってみてはいかがでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月14日 (日)

吸わない人は歯が丈夫 たばことの関係を初調査

 40歳以上の男性で喫煙しない人は、習慣的に喫煙している人と比べ、自分の歯が20本以上ある人の割合が高いと、厚生労働省が今月の8日公表した国民健康・栄養調査では、喫煙習慣と歯の状況の関係を初めて調べた。
 それによると、喫煙者の場合、歯が20本以上の人は40代で90・7%いるが、50代は71・5%と減少。70歳以上は22・2%しかいない。
 一方、非喫煙者は40代92・6%、50代88・1%と減少幅が小さく、70歳以上も32・3%は歯が20本以上あった。
 過去に喫煙習慣があったがやめた場合は、50代、60代、70歳以上の各年代とも、歯が20本以上ある人の割合が喫煙者より高く、非喫煙者より低かった。 同様に50代以上の各年代で、「何でもかんで食べることができる」と回答した人の割合は非喫煙者が最も高く、喫煙をやめた人、喫煙している人の順に低下した。
 習慣的な喫煙者の割合は、男性では最も高いのが30代の57・3%で、女性は20代と30代の18・0%だった。

 歯の健康にも、喫煙が関係していたんですね。その他の意味でも禁煙が重要ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月12日 (金)

健康飲料市場に清涼飲料各社が熱視線

 血糖値抑制や血圧降下といった効能が期待される成分を使った健康飲料に、清涼飲料メーカーが熱いまなざしを注いでいる。サントリーは4日、脂肪の吸収抑制効果を持つウーロン茶の新商品を発表したほか、日本コカ・コーラやアサヒ飲料も新商品を投入。健康意識の高まりで成長が期待される市場とあって、メーカーの動きも活発化しそうだ。

 サントリーが発売するのは、「黒烏龍(ウーロン)茶」(350ミリリットル入り、168円)。ポリフェノールの一種、ウーロン茶重合ポリフェノールを従来商品の2倍含んでおり、脂肪の吸収や食後の中性脂肪上昇を抑制する効果があるという。厚生労働省から特定保健用食品(特保)として認可され、5月16日から売り出す計画だ。

 「脂肪がつきにくい」といったウーロン茶の効能は指摘されてはいたものの、具体的に解明されていない。サントリーは4年前にプロジェクトチームを発足、ウーロン茶に含まれる効能成分を突き止めたとしている。この数年、緑茶飲料に話題を奪われがちで減少傾向のウーロン茶市場だが、「特保の表示許可を取得した」(同社)ことで、新商品に寄せる期待は大きい。

 健康への関心の高まりが追い風となり、健康飲料市場は拡大を続けている。平成12年には70億円にすぎなかったが、体脂肪抑制効果をうたった花王「ヘルシア緑茶」の登場を契機に急成長しており、今年は750億円規模に達するとみられている。各社の取り組みも活発で、アサヒ飲料は2月に血糖値を下げる効果を持つとして特保を取得した新商品「食事と一緒に十六茶」を発売。順調な販売を続けている。

 外部との連携を強める日本コカ・コーラは、カルピスの開発した花粉症などの症状緩和に効果がある乳酸菌配合の緑茶を1月に投入。ストレスを低減するアミノ酸を含むコーヒーの新商品では、この素材を採用する江崎グリコと共同で販促活動を展開するほか、今月から東大病院との共同研究もスタート。加齢に伴う生活習慣病に予防効果のある飲料・食品成分の研究を進め、商品化につなげたい考えだ。

 薬品会社だけでなく、清涼飲料水会社も健康食品に進出してくるんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年5月10日 (水)

1300万人が有病者 メタボリック症候群

 共同通信社の情報ですけど、考えさせられますね。

 内臓脂肪型の肥満に高脂血症や高血圧、高血糖の症状が重なると、それぞれは深刻でなくても心筋梗塞(こうそく)や脳卒中などに進行する危険性が高まる「メタボリック症候群(内臓脂肪症候群)」について、成人の有病者は約1300万人と推計されることが8日、厚生労働省の2004年国民健康・栄養調査で分かった。
 有病者一歩手前の“予備軍”も約1400万人で、両方合わせると約2700万人。中高年になるほど増加傾向を示し、40-74歳に限ると男性では2人に1人、女性では5人に1人が有病者か予備軍だった。
 メタボリック症候群の実態を国が調査したのは初めて。厚労省生活習慣病対策室は「重大な結果だ。原因となる不健康な生活習慣を改善するには適度な運動とバランスのよい食事、禁煙が大切だ」としている。

 最近、こういう記事関係を多用していますけど、こういうものは点で見るのではなく、線でつなげて見てください。何か、感じるところが出てきませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 8日 (月)

受動喫煙で糖尿病リスクが増大

 受動喫煙が肺に有害であることは知られているが、最新の研究により、糖尿病リスクを増大させる可能性もあることが示された。この研究は米アラバマ大学医学部助教授でバーミンガム退役軍人局医療センター研究員のThomas Houston博士らによるもので、英医師会誌「British Medical Journal」の4月8日号に掲載された。
 米国人男女4,500人を対象に15年の追跡研究を行った結果、喫煙者は糖尿病の前兆である耐糖能低下の発症リスクが最も高く22%であったが、本人は喫煙経験がないが受動喫煙している人でも17%に耐糖能低下が認められ、喫煙していたがやめた人の14%よりも多かった。全く喫煙しない人では12%、また、黒人よりも白人に強い影響が認められた。

 受動喫煙への曝露は、自己申告とニコチン代謝物コチニンの血中濃度との2通りの方法で評価した。喫煙者では、喫煙数と耐糖能低下の発症率に直接的な関連性がみられ、喫煙指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が200増加するごとに耐糖能低下の発症リスクが18%増大した。この研究は観察研究であり、厳密な対照群を設定していないが、年齢や体重など耐糖能低下に関係する因子についてはできる限り考慮したという。

 喫煙者の直接吸う煙よりも、受動喫煙に含まれる有毒物質は異なる温度および化学的条件下で生成されるため、インスリンを産生する膵臓に障害を与える有害物質の濃度が高いことも考えられる。反喫煙団体ASH(Action on Smoking and Health)のJohn Banzhaf氏は、たばこの煙が糖尿病の危険因子であるとすれば、肥満増加の傾向も考え合わせると、極めて重大なことだと指摘する。

 米国糖尿病協会(ADA)会長のRobert Rizza博士は、この研究により受動喫煙を避けるべき理由がまた一つ増えたと述べている。特に若年者の場合、成長の過程で有毒物質による危険が特に大きい時期が存在する可能性もあるため、子どもに受動喫煙をさせないよう気をつける方が賢明だという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 6日 (土)

肥満増加で米の公立学校がコーラ類販売停止…全乳も

 読売新聞や色々なとこで出ていた記事ですけど、アメリカはすごいですね。

 米国市場の清涼飲料大手3社は3日、糖分を加えた炭酸飲料などを公立学校で販売することをやめると発表した。

 子供の肥満の増加を懸念する健康団体や各州保健当局の要求に応じたもので、2009年までにすべての公立小中学校の食堂や自動販売機からコーラ類が姿を消すことになる。脂肪分を減らしていない牛乳(全乳)も学校現場から追放される。

 販売停止に応じたのは、コカ・コーラ、ペプシコ、キャドベリー・シュウェップスの3社。報道によると、小学校と中学校で売ることができるのはミネラルウォーター、脂肪分を少なくした「ローファット」や「ノンファット」の牛乳、果汁100%のジュースだけになる。高校ではこれらに加え、低カロリーのジュースやダイエットコーラの販売は認めるという。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年5月 4日 (木)

妊婦の糖尿病、年々増加 赤ちゃんの先天異常率高く

 朝日新聞に出ていた記事ですね。

 妊婦の糖尿病(糖代謝異常)が年々増えており、特に妊娠中に検査を受けて初めて見つかるケースが多いことが日本糖尿病・妊娠学会の調査でわかった。妊娠初期に血糖値が高いと、生まれてくる赤ちゃんの心臓などで先天異常が起きる割合が通常より高い。専門家は「出産適齢期の女性、特に両親が糖尿病だったり、自分が肥満だったりする場合は、妊娠前に血糖測定検査を受けてほしい」と呼びかけている。

 調査は日本産科婦人科学会の専門医研修施設になっている医療機関816施設を対象に実施し、231施設から回答があった。96~02年の7年間の延べ74万427人分の妊婦のデータを分析した。国内の出産数の約10分の1を占める。

 このうち5232人が「糖尿病」と診断された。全体に占める割合は96年は0.55%だったが、毎年増え続け、02年には0.87%と1.6倍になった。脂肪分の多い食事や運動不足が原因とみられる。妊娠中の検査でわかったのが全体の58%の3057人だった。妊娠前から糖尿病だったのに知らなかった人に加え、妊娠中は体質的に血糖が上昇しやすく、初めて軽めの糖代謝異常を発症する人も多い。

 また、診断された人のうち詳しいデータがそろった3973人分を解析すると、赤ちゃんに先天異常があったのは4.9%の195人で、通常の1~2%より高い傾向がみられた。

 妊娠初期は、赤ちゃんの体中のさまざまな器官が形成される重要な時期だが、妊婦が高血糖だと、神経管異常、心房・心室中隔欠損、口蓋裂(こうがいれつ)などの先天異常になりやすいとされる。妊娠中期や後期でも血糖が高いままだと、赤ちゃんが低血糖や多血症、巨大児などになるリスクも高くなる。

 調査を担当した佐中真由実・東京女子医大糖尿病センター講師は「35歳を超えると特に妊娠糖尿病の頻度が高くなる。妊娠する前に検査を受けて、糖尿病とわかれば、食事や運動、インスリン療法などで、血糖をコントロールして出産準備ができる」と話している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 2日 (火)

グーグルアース(Google Earth)って面白い!

 健康の話題ばかりではしんどいですか? てな訳で、今回は面白いフリーソフトの話です。
 最近、知り合いから面白いソフトを教えてもらいました。なぁんと、地球から世界各国の衛星写真と起伏に富む地形の立体画像、さらに米国、カナダ、イギリスでは数多くのレストラン、学校、ホテルといった地域情報を含む都市の詳細な3次元画像(スクリーンショット)を閲覧することが可能なものなのです。
 わかりやすく言うと、自分の家を探せると言うか、始めは地球からだんだんズームインしていって、探したいところを見つけるものなんですけど、すごいんですよ。もうハマりましたね。
 私の家は田舎のせいか、ぼやけていましたけど、職場や東京観光、大好きな京都も見てみました。行ったことがあるアメリカのソルトレイクシティーや、メル友さんの家まで見てしまいました。ストーカーみたい(笑)。
 グーグルマップは検索機能がありますが、丸い地球から探していくのも、面白いものですね。
 今度はピラミッドでも探しに行ってみようかな?
 皆さんも楽しんでみてくださいね。

 グーグルアース(Google Earth)ダウンロードは下記から
 http://earth.google.com/

| | コメント (0) | トラックバック (3)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »