« たばこが値上がります。 | トップページ | がんになる仕組み①(再掲) »

2006年6月19日 (月)

サッカ-ワールドカップ、日本がぁんばれ! その2

 いやぁ~、ドローでしたね。途中、前半22分の相手のペナルティーキックを川口さんがファインセーブした時は、このまま流れで勝つのかなと思いました。
 まぁ、最悪の結果だけは免れたと言う感じですかね。それにしても次回はブラジル戦。以前何かの大会の時、2-2だったこともあると聞いたんですけど、日本も頑張れば望みはまだ捨てられないですね。その後のブラジル戦も見たんですけど、F組ではブラジルが、トーナメント決定ですね。いずれにしてもまだ望みを捨てないで、頑張って欲しいです。
 それにしても中田英寿さんの試合後のインタビューは、なんかすごさを感じました。きびしい人なんだと思いましたね。だって、サッカーで海外に進出していくほどの人ですからね。なんか深いなぁと感じました。

 話は少し変わりますが、以前、北海道日本ハムファイターズを応援していると言う内容の記事を書いたと思うんですけど、私は日ハムフアンなので、色々な情報をインターネットから探しているんですけどね。掲示板てあるじゃないですか。球団のじゃなくて、例えばYahoo!掲示板(笑)。なんか真面目なのもあれば、選手や監督の顔が悪いだの、新庄さんはカッコつけすぎでどうのこうのだのって、なんか寂しい気がしますね。レベルが低い話ですよね。私は野球を少しやっていたんですけど、プロの選手になるためにはどんな練習をして、どんな考え方をして、どのように日々の生活や食事などを送っていかなければいけないかを聞いた時に、私には絶対に無理だと感じましたね。そういう世界でさらには一軍で、もっと言えばレギュラーを取ると言うことは大変なことなんですよね。そこでいくら良いバッターだと言っても、4割までは打ちませんよね。3割と考えた時に、打席数四死球と犠打を抜かした10回のうち7回はアウトになると言うことです。2割5分の選手だと4回のうち3回はアウトになっていると言うことですよ。ピッチャーだって昨日現在のデータで西武の松坂大輔さんが防御率2.07で、パリーグではトップですよ。と言うことは、防御率1位のピッチャーでも、一試合投げたら、2点は取られると言うことですよね。ただこれは確率的な話ですから、一概には言えないですけど、こういうことを理解していれば、あまりレベルの低い話にはならないような気がするんですけどね。

 サッカーでも同じだと思いますね。プロのレベルってすごいんでしょうね。ワールドカップと言うのは、オリンピックはプロ選手が出られないと言うことで、出来たそうですが、考え方によってはオリンピックより、ワールドカップに出るほうが意義があるっていいますよね。その舞台に立てる選手をレベルの低い話でけなしたり、悪くは言いたくないんですね。

|

« たばこが値上がります。 | トップページ | がんになる仕組み①(再掲) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130682/10594188

この記事へのトラックバック一覧です: サッカ-ワールドカップ、日本がぁんばれ! その2:

« たばこが値上がります。 | トップページ | がんになる仕組み①(再掲) »