« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月30日 (木)

血圧はなぜ上がる

血圧とは?

 血圧とは、血液が流れるときに血管にかかる圧力のことです。心臓が血液を送り出すときの圧力を最高血圧(収縮期血圧)、心臓が拡張して血液が心臓に戻ったときの圧力を最低血圧(拡張期血圧)といいます。
 この圧力が大きいと血管を無理やり押し広げることになります。この状態を高血圧といい、体質、加齢、食塩のとりすぎ、肥満、ストレスなどが誘因になります。

血圧が上がるしくみ

 血圧は、心臓が血液を送り出す量(心拍出量)と、末梢血管抵抗との関係で決まります。血液の流れに対して血管の抵抗が大きければ、血液を送り出す力がもっと必要になるので、血圧を上昇させる結果になります。その血管の抵抗には、血管の弾力(伸展性)と内腔の広さが大きく関係しています。つまり血管に弾力がなくなったり、内腔が狭まったりすれば血圧が高くなります。また、心拍出量が多くなったり、塩分を摂りすぎたりして循環する血液量が増加した場合も、血圧が上昇します。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年8月28日 (火)

冷房病解消法 その2

<食事>
 夏だからといって、冷たいもの、喉ごしのよいものばかりの食事では困りもの。食べ物で、冷えた体を内から温めることも考えましょう。
 たとえば、豚肉などに含まれるビタミンB1は血行を良くし冷えを改善、ピーマンなどの含まれるビタミンCは、毛細血管を元気にして、モロヘイヤやオリーブに含まれるビタミンEは自律神経の調整を助ける働きをします。
 また、体を温める食材として、だいこんなどの根菜類や、しょうがなどのスパイスが知られています。それらを多く摂ることもいいのですが「効果があるから」と、特定の食品に偏って食べることは逆効果。偏食は自律神経の混乱をすすめてしまいかねません。
 偏りなく食べることで栄養バランスを整え、総合的に冷えに対抗するパワーを蓄えましょう。

参考資料
「『冷え』解消でグングンやせる元気になる!」学習研究社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月26日 (日)

冷房病解消法 その1

 冷房病による体調不良に悩む方は、次のような解消法を試してみましょう。

<冷房対策>
 エアコンの冷風に直接あたらないように気をつけましょう。
 服装は、スカートよりもパンツスタイルがおすすめ。首まわり、お腹まわりを温めると冷えにくいので、スカーフを首に巻く、ファッショナブルな腹巻きを利用するなど、服装にも気をつけましょう。オフィスの制服がスカートならば、靴下をはいたり、カーディガン、ひざ掛けなどで自衛しましょう。色をブルーなどの寒色系にすれば、暑苦しい印象は与えません。
 室温は外気との気温差が5℃程度まで、およそ27~28℃くらいが最適です。

<お風呂>
 体を温めるには、やはりお風呂です。入浴はシャワーではなく、ぬるめのお風呂にゆっくり浸かりましょう。胸までの半身浴が、身体にかかる負担も少なく、おすすめです。38~40℃のぬるめのお湯に、20分くらい(汗をかく程度)浸かります。
 身体が温まることで、体温の二重構造がなくなり、自律神経の混乱を解消します。また、滞っていた血行も回復します。入浴中にマッサージを行うのもいいでしょう。ゆっくりお風呂に浸かることは、冷房病対策以外にも、リラックス効果や、肌の新陳代謝を促進するなどの美容効果もあります。
 入浴後は、水分や汗をよくふき取り、扇風機やエアコンの風に直接あたらないようにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年8月24日 (金)

わきがや多汗症の悩みを解消したい!その3

多汗症のケアの仕方は?

 多汗症の日常的なケアとしては、塩化アルミニウム入りのローションなど、制汗剤の利用が最も手軽です。かぶれを起こさないよう、かみそりを使った直後はやめましょう。
 多汗症は、残念ながら手術療法ではなかなか満足は得られません。エクリン腺はアポクリン腺よりも皮膚の浅いところにあり、エクリン腺を汗が出なくなるほど効果的に切除することは困難です。ボツリヌス菌を非常に薄めた薬剤を注射する治療法(ボトックス、ダイスポ-ト)が普及しつつあります。効果が続くのは2~4ヵ月ほどで、費用対効果の点で検討が必要です。
 また、汗のために日常生活に支障をきたすほど重症の場合、根治的な治療として、神経ブロック療法や、交感神経切除術を施行している施設もあります。大きな病院の呼吸器外科や胸部外科で相談してみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年8月22日 (水)

わきがや多汗症の悩みを解消したい!その2

手術でアポクリン腺を取り除く方法も

 もし、こうした日常のケアで効果が得られない場合は、アポクリン腺を取り除く手術療法を選択することもできます。手術療法には、わきの下の皮膚をはがして反転させ汗腺を切除する剪除法、吸引管で皮膚の裏側をかきとりながら吸引する吸引法、超音波メスで汗腺を選択的に破壊する超音波メス法などがあります。
 なかでも最も一般的なのが剪除法で、わきの下に部分麻酔をして、皮膚を5~6cm切開し、皮膚を裏返してはさみでアポクリン腺を切除します。はがした皮膚の下に血がたまるのを防ぐため、手術後わきの下を固定します。1週間ほど入院したほうがトラブルが起きるリスクを減らすことができます。
 超音波メス法は傷口が小さく、術後の固定も数日で、皮下の血管網などの組織をできる限り温存しつつアポクリン腺を取り除くことを目的とした方法です。
 わきがの手術は、方法により臭いの残り方も異なりますし、場合によっては傷跡や色などのトラブルもあります。手術の前にしっかりと説明を受け、術後の経過も万全の注意を払ってもらえるところを選びましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年8月19日 (日)

わきがや多汗症の悩みを解消したい!その1

 このようなことで悩んでいる人もいらっしゃるのかなと思います。少し情報がありますので、書いて見たいと思いました。3回ぐらいに分けますね。
 
 汗の季節。わきの下の臭いや出過ぎる汗に悩んでいる人も少なくありません。そこで、気になる臭いや汗を抑える効果的な方法について、手術も含めてご紹介します。

わきがの原因はアポクリン腺から分泌される汗

 汗を分泌する汗腺には、エクリン腺とアポクリン腺があります。エクリン腺は全身の皮膚の浅いところに分布していて、汗の分泌によって体温調節を行っています。一方、アポクリン腺はわきの下や外陰部などの毛根近くにあって、緊張や性的な刺激によって汗の分泌が増えます。わきがはアポクリン腺から分泌される汗が、独特の臭いがない多汗症はエクリン腺からの汗が主な原因です。
 わきが特有な臭いは、わきの下にいる常在菌がアポクリンからの汗の成分のうち脂質を分解し、アンモニアやインドールなどの臭い物質に変化して生じます。汗も分泌された直後にはさほど臭いません。ですから、汗を早めに対処することがリスクのない一番の対策になります。外出前やスポ-ツの後にシャワーでわきの下を洗うか、ぬれたタオルでそっと拭くことで臭いが少なくなります。シャワ-や入浴の時には、腕を充分に上げてわきの下のへこんだ所まで洗いましょう。汗を抑える塩化アルミニウムのローションや市販の制汗剤を併用すると効果的です。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2007年8月17日 (金)

3年目に入りました。

 2005年8月16日「ご挨拶」と言う最初の題名から、2年間を経て、3年目に入りました。
 当初、これほど反響があると思わずに、ただ一方的に情報を書いていくだけかなと思っていたのですが、多くの人からメールを頂いたり、コメントをもらったりしました。本当にありがたいことだと思います。皆さんに感謝します。

 2年の間には色々あったのですが、ブログ解析が出来るようになり、読者の方がどういう情報でこのブログに入ってきていらっしゃるのか、何日おきに読んでくださっているのか、色々なことがわかるようになりました。検索エンジンなどから入ってきてくださる方に、かならずしもその方が読みたい内容ではないものだったかも知れませんが、アクセス数が上がっているのは、多くの方に読んでいただいていると言うことで、私自身も嬉しく思います。

 また最初の頃は毎日更新をしていたのですが、現在では基本的には2日に1度の更新に変えました。たくさんのブログがあり、一日に何度も更新をしているようなブログもありますが、更新を多くすることは、読んでいただきたい記事がバックナンバーのようになり、皆さんに読んでもらえる前に、見づらくなってしまう場合があります。もちろん削除さえしなければ記事は残っているのですが、私の場合ですけど、新しいブログを見つけたとして、最初の方までさかのぼって読むと言うことは大変なことですし、ほとんどしません。皆さんが全員私と同じだとは思いませんが、ブログのバックナンバーを読むと言うのは面倒な人もいると思います。私は情報を提供していると言うことに重点を置いていますし、一人でも多くの人に読んでもらいたいと思っています。その記事が新しい記事にどんどん更新されて、読まれなくなるということは残念な気がしたんです。

 これからの方針は、相変わらずですけど、健康や美容に関して、こういう情報があるよということで、健康に関するベクトルをプラスに向けて欲しいと思っています。うそや大げさを書くつもりはありませんが、私の情報を鵜呑みにしろとは言いません。あくまでも一つの情報として、私の記事をきっかけに調べる作業をしていただければ、一番の幸いです。
 これからもよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年8月15日 (水)

がんこな水虫退治の方法 その3

民間療法は、水虫に効くの?

 水虫に効果があるといわれる民間療法も、お酢に足を浸ける、ニンニクを塗る、焼けた砂浜を歩くなど、実にさまざまです。
 なかでも、話題になったのが、緑茶の茶がらで患部をふくという方法。お茶に含まれるカテキンの殺菌作用が白癬菌の増殖を抑えるのだと考えられています。
 また、ヒバ油から抽出される成分「ヒノキチオール」を風呂に入れて、水虫のかゆみが改善した例もあります。ヒノキチオールには、炭疽菌やO157の繁殖を抑える強い抗菌作用があるので、もしかしたら白癬菌の増殖を抑えるのに役立ったのかもしれません。
 お酢やニンニクは、昔からよく言われる殺菌効果によって、水虫の菌の増殖を抑えることが期待されて利用されるのでしょう。
 ただし、白癬菌はがんこな菌。かゆみのない「隠れ水虫」まで民間療法だけで完治させるのは、困難といえそうです。民間療法で、かぶれなどの肌のトラブルを起こすこともあるので、頼りすぎるのは禁物。気軽に皮膚科を受診するようにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年8月13日 (月)

がんこな水虫退治の方法 その2

症状がなくなっても、3~4カ月は薬を

 皮膚科に行くと、水虫の治療に処方されるのが、抗真菌薬です(真菌はカビのこと)。医師の指示に従って正しく塗っていれば、症状は2~4週間で良くなります。しかし、白癬菌はまだ退治されていません。この段階で薬を塗るのをやめると、生き残っていた菌や胞子が活動し始め、症状が再発してしまいます。最低でも3~4カ月は根気よく薬を塗り続けましょう。風呂上がりなど、足を清潔にした後に、薬を塗るのがポイントです。
 ただし、かかとがガサガサしたり、爪に症状が出ている場合は、外用薬だけでは薬が患部まで浸透せず、症状が改善しません。医師から処方を受けて、飲み薬の抗真菌薬を服用する必要があります。6カ月~1年ほど、根気よく飲み続けましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月11日 (土)

がんこな水虫退治の方法 その1

 今回からは水虫の話しにしましょう。3回ぐらいに分けます。

 水虫は一度かかると、なかなか治りません。白癬菌が寄生する角質層(皮膚の一番外側の層)は、外部の刺激や雑菌から体を守るバリアの働きが強いので、いったん菌が中に入り込むとなかなか追い出せないからです。
 しかも、白癬菌は銭湯のバスマットや、スポーツジムの更衣室、プールサイド、居酒屋のお座敷など、人が裸足になる場所なら、いたるところにいます。これでは、菌が足の裏につくことは防ぎようがありません。では、菌の侵入を抑えるにはどうしたらいいのでしょう。

菌の侵入を防ぐには、清潔が一番

 水虫予防には、足を清潔に保つことが肝心。次のような点に注意しましょう。

・毎日お風呂に入って指の間まで石鹸で丹念に洗い、その後きちんと乾燥させる。
・休日はできるだけ裸足で過ごし、足を乾燥させる。
・家族の間でうつし合わないよう、スリッパや足ふきマットの共用は避ける。バスマットの洗濯はこまめに。
・靴下は化繊のものより、吸湿性と通気性のある木綿や絹のものを。
・毎日はく靴は少なくとも3足は用意し、1日はいたら2日休ませる。晴れた日にベランダなどで日光消毒することも忘れずに。
・靴の中の換気が一番よいのは、ぴったりの靴。ジャストフィットのサイズの靴を選ぶ。
・もし可能なら、勤務先では革靴を脱ぎ、サンダルにはきかえる。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年8月 8日 (水)

3人に1人は持っている、良性のこぶ その3

動脈塞栓術のような新しい治療法の選択は慎重に

 かつて子宮筋腫の治療法といえば、子宮全摘術が基本とされていた時期もあり、その目安は、一般的に筋腫の大きさにあると考えられていました。しかし、筋腫がさほど大きくなくても症状の重い人、逆に大きくても症状は全くつらくないから手術は必要ないのではないか、と考える人もいて、近年はかなり見直されてきました。全摘術の選択は、対症療法で十分なQOLが得られているかどうかをポイントに、核出術のメリット、デメリットとも比較しながら、時間をかけて選んでいる人が多いようです。

 また、最近は治療法の選択肢も広がってきました。その一つが、動脈塞栓術です。これは婦人科ではなく、放射線科で行われている血管造影検査の技術を応用した治療法で、簡単にいえば筋腫に栄養を送っている動脈に栓をして筋腫を縮小させようという治療法です。欧米で最初に開発され、日本でも何カ所かの病院で試みが始まっていますが、まだ症例数が少なく、現在のところ健康保険の適用もされていません。ただし、この技術自体はほかの疾病に多く用いられているもので、欧米での成績も悪くないという報告もあることから、日本でもさらに研究されることは間違いないでしょう。

 なお、子宮全摘術には、開腹手術だけでなく、腟のほうから取り出す腟式全摘術もありますが、最近は内視鏡による遠隔操作でお腹の中を観察したり、治療しながら同時に「腟式全摘術」を行う方法もあります。

 このように従来とは違う治療法も登場しているわけですが、歴史が浅いということは、安全性が確立していない、と言い換えることもできます。患者にとってのメリットだけに目を奪われず、デメリットを含め、ほかの治療法と比較検討して選ぶことが肝心です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 6日 (月)

3人に1人は持っている、良性のこぶ その2

QOLの改善には、薬のほかに食事療法などもお勧め

 子宮筋腫を手術せずに完全に取り去る方法は、現在のところありません。しかし、放っておいても致命的なことになる病気ではありませんから、その人の日常の健康を損なっていなければ、筋腫があっても、ふつうに生活していてよいのです。

 最近はよくクォリティ・オブ・ライフ(略してQOL。生活の質)ということがいわれますが、子宮筋腫もまさにQOLが大切な疾病の1つで、治療方針も、QOLを最優先に考えるのが一般的になっています。その基本は、症状をやわらげる対症療法です。ですから、症状がほとんどない場合は、特に治療をせずに、特に大きな変化がないかどうかチェックする定期健診だけ行っている人も、少なくありません。

 対症療法には、鎮痛剤、造血剤、ホルモン療法、漢方薬などがあります。そのほか、補助的な改善法として、栄養バランスがよく、からだを冷やしにくいような食事を中心とした食事療法、腰湯などの入浴療法、東洋医学に基づくツボ療法、西洋漢方とも呼ばれるアロマテラピー(芳香療法)などもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 4日 (土)

3人に1人は持っている、良性のこぶ その1

 女性の子宮筋腫の話です。3回に分けます。

女性ホルモン分泌が活発な人に起こりやすい
若い世代にも増え、妊娠の妨げになることも

 子宮筋腫は、子宮の筋肉にできる良性のこぶで、成人女性の3人に1人くらいが持っているといわれます。病院で、内診と画像診断(超音波エコー)及び、必要に応じて悪性腫瘍との鑑別の検査を行ったのち診断されます。筋腫の1000人に1人くらいの割合で、子宮肉腫という悪性腫瘍の人がいるので、その特徴である短期間の急激な増大がないかどうかのチェックも必要です。ただし、これはまれな病気であり、筋腫とはあくまで別のものです。

 子宮筋腫がなぜできるのか、医学的解明はまだですが、女性ホルモンのエストロゲンと関係があることがわかっています。女性が筋腫に気がつき病院に足を運ぶプロセスはさまざまで、「最近、お腹が出てきたけれど、もしや…」という人、人間ドックで発見された人、月経痛や月経量の変化が起きたので、という人などいろいろです。

 主な症状は、過多月経(貧血にまで至るような月経量の増加)、月経困難症(強い月経痛。腰痛の加わる人も)、圧迫症状(便秘、頻尿、膨満感など)などです。症状がほとんど出ない人も大勢います。

 子宮筋腫と症状がよく似ていて、また併発しやすい病気に子宮内膜症があります。
本来は子宮の内側にあるはずの子宮内膜組織が別の場所にでき、そこでも出血したり、痛みを起こしたりします。

 従来、子宮筋腫の好発年齢は40歳前後、子宮内膜症は30歳前後でしたが、近年はどちらも低年齢化の傾向にあります。筋腫、内膜症とも、その病巣の程度によっては、不妊の原因になることもあります。これらの疾病があるだけでただちに不妊であるとは限りませんが、子宮筋腫のある人で、ほかに原因が見当たらないのに流産を繰り返したようなときは、こぶだけを取る核出術などが必要になることもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年8月 2日 (木)

日焼けやシミを防ぐには? その2

帽子や日傘、サンスクリーン剤で紫外線対策

 直射日光に素肌をさらさないためには、次のような工夫が必要です。
・紫外線の量が多い午前10時~午後2時の外出を避ける。
・顔や首筋を紫外線から守るため、外出のときには日傘や帽子を利用する。
・紫外線カットの効果が高い目の詰まった生地の洋服を。
・シワやシミが気になる顔、素肌が出ている腕や首などは、サンスクリーン剤でケアする。
 特に、洗濯、買い物、営業回りなど、1日に何度も外に出て日光を浴びる人は、毎日サンスクリーン剤を塗ることが必要です。日差しをしっかりカットするには、サンスクリーン剤の上から肌への負担が少ないパウダータイプのファンデーションを重ねましょう。
 ただし、サンスクリーン剤は肌の負担になるのも事実。日中はオフィスで仕事をしていて、朝の通勤時にしか日差しを浴びないような場合には、日焼けしやすい頬骨の周囲だけにサンスクリーン剤を塗り、パウダータイプのファンデーションで顔全体をカバー、日傘や帽子で日差しを防ぐとよいでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »