« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月30日 (火)

秋の夜長は眠れないとツライ その1

 不眠症についてです。3回にわけます。私も悩まされたことがあるんで、困っている人は他人ごとと思えません。適切な処置を行ってください。

頑固な不眠で悩まされているときは医師に相談しよう

 夜、眠れない日が続くと、日中、会議のときにウトウトしたり、車を運転しているときに渋滞するとつい居眠りをしてしまったり、というように、日中の生活に影響します。また、不眠は、「眠れなくてつらい」という精神的ストレスを生みます。夜どのような睡眠ができているかは生活の質を大きく左右しているといってもよいでしょう。
 新商品のプレゼンテーションの前日に興奮して眠れなかった、というような一時的な悩みではなく、長い間眠れなくて困っているという人が最近、増えているといわれます。ある調査によると日本人の10人に1人が不眠で悩んでいるとか。もし、不眠状態が長く続いて、悩みが深刻である場合は、睡眠障害の1つである不眠症が疑われます。一度、内科、神経内科、神経科、心療内科などを受診しましょう。最近は、「睡眠外来」といった相談窓口を設けている医療機関もあります。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年10月28日 (日)

「母親喫煙」子供への影響、父親の場合の4・5倍に

 読売新聞からの情報です。

 母親が喫煙する家庭の子は、父親が吸う場合に比べ、体に入ったニコチンの分解物質(コチニン)の値が約4・5倍となることが、埼玉県熊谷市の小学4年生約1000人の調査で明らかになった。

 生活習慣病の予兆がある子は、受動喫煙しやすい家庭環境が多いことも判明。同市は小学4年生の希望者を対象に、全国でも珍しい「受動喫煙検診」を行うことを決めた。

 研究を行ったのは市内の開業医、井埜利博・群馬パース大客員教授ら。2002年からの5年間で、両親が調査に同意した熊谷市の小学4年生計1048人を対象に、尿に含まれるコチニン濃度を調べたほか、両親の喫煙習慣、喫煙場所などをアンケートで尋ねた。

 その結果、父親だけが吸う家の子はコチニン値が平均で1ミリ・リットルあたり約4・5ナノ・グラムだったが、母親だけが吸う子は平均で約21ナノ・グラムだった。

 母親だけが喫煙する家庭の子は、両親とも吸わない子に比べ、尿のコチニン濃度が約10・5倍に高まった。母親が外やベランダで吸っている場合でも約4・5倍になり、吸う時だけ場所を移っても、受動喫煙の影響が出ることがわかった。また、肥満や血圧が高い傾向がある子は、そうでない子に比べてコチニン値が約3倍になり、生活習慣病になりやすい傾向もみられたという。

 こうした結果を受け、熊谷市は、児童の尿中コチニン値を調べる受動喫煙検診を、小学4年時に行う小児生活習慣病検診に合わせて、今月から希望者に実施することを決めた。

 と言う内容なんですが・・・。
 まぁ、何の根拠もなくこのような発表をしたとは思っていませんけど、喫煙が全て悪いと思い込むのは危険な様な気がします。私がアメリカで聞いた話では、もちろん喫煙も良くないですけど、その他にも食品添加物、生活習慣、大気汚染などの方が大きなウエイトを占めると聞きました。現実に日本の現在では喫煙率は下がってきていますが、肺がんで亡くなる人は増えています。これを一概に喫煙が原因だと言えるでしょうか? いろいろ調べてみると、喫煙よりも大きな要因と言うものがあります。機会があればそれについても書いていきたいと思います。今回は、こういう情報もあるんだという感じで、読んでください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月26日 (金)

果物:脳卒中予防に効果、循環器疾患2割低く 喫煙者、効果なし

毎日新聞の記事で厚労省研究班の発表です。

 果物をたくさん食べる人ほど脳卒中や心筋梗塞(こうそく)になる危険の低いことが、厚生労働省研究班の大規模疫学調査で分かった。喫煙者では、はっきりした予防効果はみられなかった。

 全国の9保健所管内に住む45~74歳(調査開始当時)の男女約8万人を、02年までの4年または7年間追跡調査した。この間に1386人が代表的な循環器疾患の脳卒中か心筋梗塞を発症。3230人が何らかのがんと診断された。

 8万人を野菜と果物の1日あたりの摂取量によって4グループに分け、脳卒中やがんの発症率との関連を調べた。

 その結果、果物の摂取量が280グラム程度と158グラム程度の上位2グループは、最も少ない35グラム程度のグループに比べ、循環器疾患を発症する危険が17~19%低かった。一方、野菜の摂取量と循環器疾患との関連や、果物や野菜の摂取量とがんとの関連はみられなかった。国内外の調査では、胃がんや食道がんなど個別の部位のがんでは、野菜や果物による予防効果が示されている。

 解析を担当した坪野吉孝・東北大教授(疫学)は「循環器疾患の予防には、食事のバランスに気を付けながら、果物を1日200グラム程度とるとよいのではないか」と話している。200グラムはミカンだと2個、リンゴだと1個程度という。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月23日 (火)

かしまし食堂

 旭川の地域FM局にFMりべーるというラジオ局があって、最近これにハマっているんです。元々車に乗ったときにラジオを聴く程度だったのですが、知り合いがここのパーソナリティをしていて、その番組だけはよく聞いていましたが、他の番組も聞き始めると意外と面白い。
 旭川の地域コミュニティみたいな感じなので、他の北海道全体向けとか、全国向けのような感じではないのですが、手作りというか、なじみやすい感じがして、聞くようになりました。
 
 今日は仕事がお休みだったので、放送スタジオに大好きな「かしまし食堂」と言う番組の見学に行きました。ラジオから聞こえてくるだけではわからない、和やかな4人のステキな女性の行動や、放送中の様子など、見ていても飽きないものでした。私のメールも紹介されて、4人から少し遅れたお誕生日祝いの「おめでとう!」という声も電波に乗りました。

 実は何度か見学に行っていて、4人のパーソナリティの方とは面識があるんですけど、放送が終わってスタジオから出てくる時に、なんか有名芸能人に会うときのような緊張感があって、一言二言話が出来て、それだけで感動してしまいました。
 でも2時間と言う間、番組を続けている彼女たちに、大きなエネルギーやオーラを感じますね。すごいなぁと思います。私も健康セミナーをする時は下調べや準備したり、リハーサルをしたりして、始めて人の前で話が出来るのに、彼女たちはすごい準備をされているんだろうなって思いました。
 いつもは昼休みと仕事の合間に飛び飛びしか聞けないのですが、今日はしっかり見学しながら聞けました。嬉しかったです。これからもかしまし食堂のパーソナリティの皆さんの活躍をお祈りしています。

 今回は私事になりました。次回から、また健康の話しをしますね。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007年10月21日 (日)

お誕生日! 皆さんありがとう!

 個人的な話で去年も書きましたが、今日は私の誕生日でした。
 いろいろな方からメールなどを頂き、ありがとうございます。
 今日は旭山動物園に行こうと思ったのですが、あいにくの天候で家でゴロゴロしていました。おかげで地元のFMラジオを聴いていて、私が好きなDJの林ゆかりさんからお誕生日おめでとうと紹介されました。ラジオでですよ! 感激です。林ゆかりさんは旭川地元のパーソナリティーで「かしまし食堂」と言う番組などをお持ちになって、とても楽しい番組です。私のメールも時々紹介してもらっていますが、ステキな方です。

 話は逸れましたが、これからもしっかり色々な情報を書いていきたいと思います。これからもよろしくお願いします。皆さん、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月19日 (金)

妊婦の魚摂取はリスクよりも利益が上回る

オメガ-3脂肪酸の摂取が不足
 
 米国では2001年、米国食品医薬品局(FDA)および米国環境保護局(EPA)が、「妊婦は魚の摂取を週に12オンス(約340g)以内に控えるべき」との勧告を行った。魚介類に水銀が含まれる可能性があるとの理由からである。しかし今回、米国で母子健康向上を推進する団体HMHB(National Healthy Mothers, Healthy Babies Coalition)は、この警告は誤りであると指摘。水銀の問題よりも、魚類に含まれるオメガ-3脂肪酸の不足による害の方が深刻で、女性はもっと魚介類を食べるべきだという。この勧告は、ワシントンD.C.で開催された米国記者クラブ会議で発表された。
 HMHBは、米国小児科学会(AAP)、ボランティア団体March of Dimes、政府機関である米国疾病予防管理センター(CDC)なども構成メンバーとなっている非営利団体。そのメンバーの一人、ニューヨーク大学メディカルセンター助教授のAshley S. Roman博士は、FDAおよびEPAの勧告により多くの女性が魚の摂取を恐れているが、妊娠中のバランスのとれた食事に魚は欠かせないと述べている。

 魚介類の摂取は、胎児の脳の発達、認知・運動能力の向上、早産や産後うつ病のリスク軽減など、数多くの利益をもたらすことが裏付けられているという。週12オンス以上の魚の摂取で、胎児によい影響がみられることも複数の研究で示されており、オメガ-3脂肪酸の摂取が不十分であると、母体と胎児の両方に健康リスクが生じる。米国民健康栄養調査(NHNES)のデータによれば、米国女性の90%は魚の摂取量がFDAの摂取推奨量に達しておらず、オメガ-3脂肪酸の摂取が不足していることがわかっている。別の研究では、FDAおよびEPAの警告により、妊婦の56%が魚の摂取を控えていることも判明した。

 「妊娠を望む女性、妊婦、母乳育児中の女性は怖がらずにサケ、マグロ、イワシ、サバなどを週に12オンス以上食べるべきである」とRoman氏は勧めている。魚を食べられない場合は、魚油サプリメント(栄養補助食品)で代用してもよい。また、魚介類に含まれるセレニウムには水銀の有害作用を抑えるはたらきがあることもわかっている。魚に含まれる一成分だけではなく、魚全体で考えるべきだとRoman氏は指摘する。

 他の専門家らも、オメガ-3脂肪酸を十分に摂らないことの方が、微量の水銀摂取よりも危険と同意している。魚に含まれる水銀の有害性が示された過去の事例は、日本で発生した工業汚染のケース(水俣病)のみであり、それ以外には世界のどこでも魚の摂取による被害は報告されていないとのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月17日 (水)

すごい! 皆さん、ありがとうございます。

 20000アクセス達成しちゃいました。皆さん、本当にありがとうございます。
 ある方から「アクセス数なんか関係ない!」と言われたことがありますが、私は素直な気持ちで嬉しいです。
 最近の世の中はなんとなく人を陥れたり、暗いニュースが飛び交っていたり、なんでもっと明るい世の中にならないのかなって思います。私の身内にもブログを始めて何人か亡くなったり、これも世の中の流れと言うか、時間が動いているんだと感じています。

 身内の話というか、親しければ親しいほど、話を理解してもらえないものです。私は時々健康に関するセミナーをしていますが、親戚や近所の人は私の健康の理念や考え方はほとんど理解しようとしないし、それどころか逆に健康に関して「こういうものだ」みたいな話をしてきます。そんな人たちが生活習慣病で亡くなっていったり、病院通いをしていると言うのは、自分のふがいなさもあり、とても残念に思います。自分がもしも世界的に有名な○○先生とか、博士とか、大きな肩書きでもあれば、違うのかななんて思ったりしますが、本当は人間性の問題なんですよね。日本人は肩書きに弱いと聞いたことがありますが、それ以上に人間性や結果、説得力みたいなものがあれば、違うんだと思います。

 なんか、話が逸れてしまいましたが、風の便りにでもこのブログを書いているんだと言うことがわかって、一人でも多くの人が、健康に対してのベクトルを良い方向に向けてもらえたらなって思います。これからもいろいろ書いていきますね。応援してください。見ていただいた皆さんに感謝します。ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月15日 (月)

目にやさしい生活をしよう その3

3.目の休養と栄養補給

 疲労が激しいと、目がかすんでしまうことがあります。体が疲れれば、当然目も疲れてしまいます。目の疲れをとるためには、全身の疲れもとる必要があるというわけです。
 規則正しい生活をして、良質な睡眠をとるのが一番。リラックス効果と安眠のため、寝る前のお風呂はとてもいいと言われています。シャワーだけでなく、ゆったり湯舟につかって疲れを洗い流しましょう。湯気の水分はドライアイにも効きますし、入浴しながら目の周囲をマッサージするのもよいでしょう。
 たばこの煙は目を刺激して疲れ目の原因となりますのでほどほどにしたいもの。お酒の飲み過ぎは、脱水症状を招いて涙の分泌量を減らすので注意が必要です。
 うなぎやレバーに代表されるビタミンAが不足すると、目が見えにくくなると言われています。合わせて野菜や海藻、肉や魚といったその他のビタミン類を豊富にとるようにしましょう。またカルシウム不足も疲れ目の原因となります。バランスのよい食事を心がけ、体も目も健康に過ごしたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月13日 (土)

目にやさしい生活をしよう その2

2.生活室内環境編

 自宅ではリラックスしたいものですが、案外疲れ目の要因が多い生活室内。暗い照明のもと、寝っころがって本を読んだりしてはいませんか? またテレビを夜遅くまでだらだらと見続けているのは何よりも目に負担をかけます。テレビを見る時は時間を決め、部屋を明るくして目線よりやや低めに設置するのがポイントです。
 インテリアは、クリーム色などの淡い中間色を使うと目にやさしいといいます。日中はなるべく自然光を取り入れて過ごしたいもの。またこまめに掃除機をかけて、ハウスダストをためないよう心がけましょう。空中に舞うホコリというのは意外に多く、目の表面に汚れがついてしまいがちだからです。目の汚れはドライアイのもと。時折窓を全開して部屋の換気をすることも大切です。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年10月11日 (木)

目にやさしい生活をしよう その1

 疲れ目を避ける究極の方法は、目を使わないこと。しかし一日中目を閉じて過ごすことは不可能です。忙しい毎日の中で、少しでも目に負担のかからない生活を心掛けるのが、疲れ目を防ぐ上でもっとも現実的な方法と言えるのです。

1.オフィス編

 オフィスで起こる疲れ目の原因として、一番にあげられるのがOA機器。パソコンを使う時には、照明が直接ディスプレイにあたらないようにする、背筋をまっすぐ伸ばす、画面をやや見下ろす位置に設置するといった工夫が必要になります。また長時間パソコンに向かっていたり、細かい書類を見続けたりしなければならない時は、最低でも30分に1回程度は目を休ませるようにしたいもの。目が乾いた感じがあるようなら、目薬をさすのもよいでしょう。また室内の乾燥を防ぐため、加湿器を設置するといった配慮も必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月 9日 (火)

歯周病のお話 その2

歯周病が死をまねく!?

 最近になって歯周病は口内だけでなく全身の病気に影響を及ぼすことがわかってきました。歯周病菌は口から簡単に体内に入り込んでしまうからです。アメリカの歯周病学会では「心筋梗塞などの死に直結する病気である」として、警鐘を鳴らしています。

【歯周病が招く全身の病気】
・心臓病…
心臓病の人は心臓周囲の免疫システムが低下しているため歯周病菌が繁殖しやすく、菌が入り込むことで炎症が広がり心臓発作などを引き起こします。

・糖尿病…
歯周病菌が出す毒素がTNFαという体内物質を発生させ、それが血糖値を上げて糖尿病に悪影響を与えます。

・血管の病気…
歯周病菌が血液に入り込むと、血管が菌から身を守るために硬くなり、動脈硬化を促します。

・早産…
歯周病菌の毒素がつくるプロスタグランジンという物質が妊婦の羊水に影響し、子宮を収縮させて早産を招きます。

・誤嚥性肺炎…
高齢者は肺への誤嚥が多く、その際歯周病菌も一緒に飲み込んでしまい、歯周病菌の毒素が肺炎を引き起こします。

歯周病を悪化させる要因

 歯周病を進行させる要因は生活習慣の中に潜んでいます。毎日の歯みがきで汚れが取りきれていないと歯垢や歯石を残すことに。また喫煙は歯肉の血行をさまたげるため炎症を悪化させます。過労やストレスは免疫力を下げ、感染を起こしやすくします。さらに血流を悪くする糖尿病や骨がもろくなって歯を弱める骨粗鬆症といった病気が歯周病の引き金になることもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月 7日 (日)

歯周病のお話 その1

歯周病と虫歯は違う!
 
 疲れたときに歯ぐきが腫れるような感じがすることはありませんか? 実はこれが歯周病の第1歩。40歳代の8~9割がかかっているといわれる歯周病。原因となるプラーク(歯周病菌の集団)を完全に取り去ることは難しく、なかなか手強い病気なのです。

歯周病と虫歯の違い

 虫歯は空気を好む「好気性菌」といわれる菌が、歯の表面で繁殖して歯そのものを溶かすもの。対する歯周病は空気を嫌う「嫌気性菌」という菌が歯垢や歯石をつくって炎症の原因となり、歯ぐきや歯根膜、歯槽骨といった歯を支える組織を壊していくものです。歯周病は歯を支える組織をこわしてしまうため、虫歯よりも歯を失う危険の高い病気といえます。下記のチェック項目に1つでもあてはまれば、すぐに歯周病対策を始めなければなりません。

【歯周病の症状チェック】
・歯を磨くと出血する
・歯ぐきが赤黒く腫れて痛みがある
・歯ぐきがむずがゆい感じがする
・口臭がある
・朝起きたとき、口の中が粘っている
・歯がぐらつくことがある
・食べ物が歯と歯の間に挟まりやすい
・歯がときどきしみることがある
・歯ぐきを押すとうみが出る
・歯が長く伸びた感じがする
・歯垢や歯石がたまっている

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年10月 5日 (金)

中年に多い頸椎椎間板ヘルニア その3

治療の基本は保存的療法

 治療の第一選択は保存的療法です。首への負担を軽くするために安静にしておくことが大事です。むち打ち症などの治療でよく使われる頸椎カラーを装着したり、首を牽引します。ホットパックや入浴などで首や肩を温めるのも有効です。薬剤としては消炎鎮痛剤や筋弛緩剤などが用いられます。激痛の場合は、神経根ブロックが行われることもあります。
 保存的治療を行っても激しい痛みが消えないときや、日常生活動作に不自由を感じていたり、階段の昇降ができないなどの歩行障害、排尿障害などがあったりする場合、手術が考えられます。代表的な方法は前方除圧固定術で、有効率は約80%といわれています。首の前方を切開し、突出しているヘルニアとその部分の椎間板を取り除き、骨盤などの骨の一部、あるいは人工骨を移植して椎骨を固定するものです。入院期間は1~2週間程度です。椎間板以外にもヘルニアがあったり、全体的に脊柱管が狭い場合には、首の後方を切開して脊柱管を広げて、飛び出したヘルニアが神経に食い込まないようにする脊柱管拡大術が行われます。
 頸椎椎間板ヘルニアの発症や再発を防ぐには、背筋を伸ばし、あごを引く姿勢を心がけましょう。この姿勢がもっとも首に負担をかけないからです。首を極端に後ろに反らせると、脊髄や神経が圧迫されやすくなるので注意しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 3日 (水)

中年に多い頸椎椎間板ヘルニア その2

理学的検査やX線検査などで診断

 診断は問診のほか、理学的検査が行われます。その一つがスパーリングテストで、首をヘルニアが生じている側の後部方向に軽く曲げ、頭部をグイッと押し、痛みが出たらヘルニアが神経を圧迫していると考えられます。手を握ったり開いたりして運動障害を調べることもあります。正常な場合、10秒間で25回以上この運動ができますが、頸椎椎間板ヘルニアの場合、20回以下となり、15回以下だと重症、10回以下は最重症と診断されます。片足で軽く飛んで、下肢のしびれ具合を調べるホッピングテストも行われることがあります。
 これらの検査で、どの神経が圧迫されているかほぼ判断がつきますが、確定診断のためにX線検査やMRI検査、脊髄造影検査などが行われます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月 1日 (月)

中年に多い頸椎椎間板ヘルニア その1

 私も数年間に悩まされたことがあるんですよね。ホント、動けなくなりますよね。そこで、今回から頚椎の椎間板ヘルニアについてお話したいと思います。
 
発症のピークは40~50歳代

 椎間板ヘルニアは腰椎に出ることが圧倒的に多いのですが、首の骨にも起こることがあります。腰椎椎間板ヘルニアが比較的若い人に多いのに対し、頸椎椎間板ヘルニアは20歳代までの発症はまれで、30代後半からみられ、40~50歳代が発症のピークです。
 症状としては、首から肩にかけて強く痛んだり、しびれを感じることがあります。脊柱の後部にある脊柱管内へヘルニアが突出すると、その中を通る神経の束・骨髄を圧迫するため広範囲に及ぶ症状が現れます。中でも多くみられるのが手や足の運動障害です。ボタンのはめはずし、箸を持つ、字を書くといった動作が難しくなったり、歩きにくい、段差につまずきやすいといった歩行上の障害が現れたりします。下肢のしびれ感や、歩くときに雲を踏んでいる感じがするといった知覚障害が出ることもあります。重症になるにつれて、頻尿、尿意をもよおすと我慢ができない、失禁、残尿感などの排尿障害が現れます。痛みは安静にすることでかなり軽減されますが、しびれはしばらく続くことが多いようです。特に、首を後ろに反らしたときに症状が強くなります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »