« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月29日 (木)

栄養は妊娠前から

 毎日新聞の記事です。

 私たちの体は食べることで維持され、健康な体は健全な食事によってつくられます。ところが、このあたりまえのことがないがしろにされていると思える現象がいろいろ起こっています。

 例えば、若い女性の食事です。厚生労働省の調査によると、20代の女性の4人に1人は、食事や栄養についてほとんど考えたことがないと答えています。また、朝食抜きの人の割合が20年前の約2倍に増えています。

 妊娠中の食事は、子供の生涯にわたる健康を左右する大切な因子であるというお話をしました。妊娠してから栄養に気をつけることはもちろんですが、実は、妊娠前からの母親の栄養状態が赤ちゃんに影響するのです。  ビタミンBの一種である「葉酸」は、DNAを構成する核酸やたんぱく質の合成を促進する働きを持っています。このため、妊娠初期に不足すると、ある種の脊椎(せきつい)・神経の先天異常の発症リスクが増えてしまいます。妊娠前から葉酸を十分含んだバランスのよい食事を取ることが重要です。葉酸はホウレン草などの緑黄色野菜や豆類、レバーに多く含まれています。サプリメント(栄養補助食品)に頼る生活は問題ですが、必要摂取量(妊婦では成人の約2倍)が取れない時は、サプリメントを利用するのも良いでしょう。

 次世代につながる若い女性の食事は大切ですが、神経質になることはありません。3食をバランスよく食べ、ダイエットを避け、たばこを吸わない、という普段の心掛けだけで随分違います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月27日 (火)

アガリクス:がん患者利用多く、安全性確認へ臨床試験

 毎日新聞の東京朝刊の記事からです。

厚労省研究班
 日本のがん患者の中で利用頻度が最も多いとされる健康食品「アガリクス」について、厚生労働省研究班(主任研究者、住吉義光・四国がんセンター第一病棟部長)が5日、安全性評価を目的とした臨床試験を今月から始めると発表した。アガリクスのように、がんの補完代替医療で利用されている健康食品やサプリメントには、科学的根拠が不足したまま情報がはんらんしているものが多い。研究班は「有害か無害か、有効か無効かを明らかにし、適切な情報発信をしたい」としている。

 アガリクスは、ブラジル原産のキノコの一種。別の厚労省研究班の調査では、がん患者の4割強が補完代替医療を利用し、最も多く利用されているのがアガリクスだった。一方、科学的評価は進んでおらず、英語の論文はわずかしか出ていない。安全性に関しては「人が摂取した場合、重い肝機能障害を起こす可能性がある」とする報告や、「マウスに2年間投与し、安全性が確認できた」とする報告があるという。

 臨床試験計画では、がんの治療が終了し経過観察中の20歳以上80歳未満の男女約90人を3グループに分け、量を変えてアガリクスを約6カ月間摂取してもらう。肝臓や腎臓、呼吸などの機能に変化がないか、アレルギー症状の有無などの安全性を評価するほか、免疫機能や生活の質(QOL)の変化も調べる。

 研究班の大野智・金沢大大学院特任准教授は「安全性が確認されれば、(効能がうたわれている)抗がん効果などについても評価したい」と話している。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月25日 (日)

野菜不足でうつ多く

葉酸摂取カギ・食習慣調査で判明

 野菜や果物などに含まれる葉酸の摂取量が少ないほど、うつ症状の人が多い傾向にあることを、村上健太郎東京大医学部助教と溝上哲也国立国際医療センター研究所部長らが調査で見つけた。
 日常の食事が精神的な健康にかかわっていることを示す研究。関連は欧米では報告されていたが、日本人のデータは初めてという。国際栄養学雑誌に近く発表する。

 研究グループは昨年、福岡県の20代から60代の517人(男性309人、女性208人)に、過去1カ月間に食べたものを詳しく聞き、各栄養成分の摂取量を算出した。同時に別の質問でうつ症状があるかどうかを調べ、摂取した各栄養素との関連を探った。

 その結果、葉酸の摂取が少ない人ほどうつ症状の割合が高かった。摂取が多い人では、少ない人よりうつ症状が半減していた。この傾向は女性でもうかがえたが、男性でよりはっきりしていた。

 年齢や肥満、喫煙、飲酒、結婚しているかどうか、ストレスなどの影響を除いて解析した結果で、葉酸そのものがうつ症状を減らしている可能性が高いという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月23日 (金)

頭痛が悪化する「鎮痛薬の危ない飲み方」

1週間に15錠以上飲む人は高血圧リスクも高まる

 頭が痛いから鎮痛薬を飲む。ごく当たり前のことだが、実は、鎮痛薬で頭痛が悪化することがあるというのだ。鎮痛薬には、ほかにも見逃せない副作用がある。どんな飲み方が危ないのか? 副作用のリスクを避けるには、どうやって飲めばいいのか? 頭痛治療の第一人者で鎮痛薬に詳しい間中病院の間中信也院長に聞いた。

 30代のTさんは、学生時代に月に3回程度だった片頭痛が、社会人になってから倍増。仕事が手につかなくなることを恐れて、いつしか毎日鎮痛薬を服用するように。しかし、症状は改善するどころか、悪化していったという。
「Tさんの頭痛は典型的な薬物乱用頭痛です。片頭痛の人が症状を抑えようと、アスピリンやアセトアミノフェン、イブプロフェンなどの鎮痛薬を多用すると、痛みの感受性が増して頭痛が起こりやすくなる。一方で薬の効き目が落ち、服薬回数が増える。薬物乱用頭痛は、このダブルパンチで発症します。認知度は低いものの潜在患者は多く人口の約5%、500万人に達するというデータもあります」
 何種類もの鎮痛薬を併用している、1回の服薬量が増えた、薬を飲む回数が増えた、という人は薬物乱用頭痛の疑いがある。一般的に頭痛で月に10日以上鎮痛薬を服用する人は、薬物乱用頭痛とされるが、特に危ない人がいるという。
「片頭痛と緊張型頭痛が混在している人です。頭痛の程度からいえば、片頭痛はトラで、緊張型頭痛はネコ。トラを怖がるあまり、ネコの緊張型頭痛でも鎮痛薬を飲んでしまうと、鎮痛薬を多用するようになる。3カ月も服薬すると、薬物乱用性の慢性連日性頭痛になります」

 関節痛などで鎮痛薬を多用しても、薬物乱用頭痛にはならないが、別の副作用がある。「鎮痛薬は血圧を一時的に約5mmHg上昇させることがある」のだ。常用すると、結果として高血圧になりやすいということもわかってきた。
 米医学誌「アーカイブス・オブ・インターナショナル・メディシン」2月26日号によると、アスピリンなどの鎮痛薬を毎日使用する人は、まったく使用しない人に比べて、高血圧になるリスクが約30%高く、特に週に15錠以上飲む人のリスクは48%にハネ上がる。
 慢性腎臓病の治療ガイドラインには、「慢性腎臓病患者に非ステロイド性消炎鎮痛薬を投与するときは腎機能の低下に注意すること」と書かれている。鎮痛薬には腎機能を低下させる恐れもあるのだ。
 ではどうやって鎮痛薬と付き合えばいいのか。

「頭痛で鎮痛薬を飲む場合は、症状の出始めに飲むこと。悪化してからでは効果がありません。月に10回以上服薬している人は、医師に予防薬を処方してもらい、服用回数を減らすことです」
 痛みはいくつもある症状のひとつ。これを鎮痛薬でゴマカすのではなく、痛みの原因を突き止め治療することが重要だ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年11月21日 (水)

「お茶の用意をして。体にいいから」

コーヒー大国の米、お茶飲む国に

 コーヒー消費大国の米国で、お茶を飲む人が増えている。

 米茶組合によると、昨年まで15年連続でお茶の消費量が増加、スーパーでの売上高は20億ドル(約2300億円)に迫っているという。

 最近、米国でもお茶が体にいいことを知る人が増えたことが、消費量増加の原因のようだ。ウィスコンシン大マディソン校のハサン・ムフタール医師は「この5年で、急速にお茶の研究が進んだ。動物実験段階のものもあるが、お茶を飲むことが健康にいいことは間違いない」と話す。

 お茶には抗酸化作用のあるポリフェノールが含まれており、心臓病、前立腺がんや皮膚がんに効果があると考えられるという。

 アリゾナ大付属がんセンターのイマン・ハーキム教授は「緑茶はDNAの修復作用に好影響を与える。ただし、人によって効果は異なる」と指摘する。

 また、ニューヨーク市立大のジョン・フォックス教授は、お茶に含まれるアミノ酸の一種、テアニンに注目。お茶10杯分のテアニンを摂取すると、集中力が高まり、仕事の効率が上がることが分かったという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月19日 (月)

飲むと便秘になる薬 その2

●狭心症や痔持ちは特にご用心だ
 抗うつ剤や抗不安剤も便秘になりやすい薬だ。
「とくに注意したいのが三環系、四環系と呼ばれる飲み薬タイプの抗うつ薬です。うつ症状になると不足するといわれる神経伝達物質を増加させる半面、副作用として便秘になることがあるのです」(鳥居院長)
 ただし、最近増えているSSRIと呼ばれる抗うつ剤は、便秘の心配があまりないという。
「飲み始めにはお腹が張ったり、ガスがたまったような気がします。しかし、これは、しばらくすると落ち着いてきます」(鳥居院長)
 下剤がさらなる便秘を引き起こすこともある。「ただともひろ胃腸科・肛門科」(埼玉・武蔵浦和)の多田智裕院長が言う。
「センナ系の下剤などは、長期間連続して使うと下剤に含まれている成分の一部が大腸の壁に色素沈着し、下剤に腸が反応しにくくなることがあります。そうなると下剤の量をどんどん増やしていかない限り、便が出にくくなるのです」
 たかが便秘だとナメたらだめ。放っておくと大腸に宿便がたまり、悪玉菌が増えて、大腸がんの温床になるという説もある。
 そこまでいかなくても、狭心症や痔持ちの人が便秘でいきむと、心臓や肛門への負担が瞬間激増、痛みだけでなく命取りになることもある。薬は便秘になりやすいかどうか、医師に相談して使うことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年11月17日 (土)

飲むと便秘になる薬 その1

 下痢と並んで、多くのサラリーマンが苦しんでいるのが便秘。特に多忙で生活のリズムが乱れやすいこれから年末にかけては、要注意だ。「ガスがたまり腹が張る。3日間ほど便が出ていない」「コロコロしたうさぎのような便しか出ない」と悩む中高年も多いのではないか。
 原因は水分や食物繊維、運動の不足にあるといわれるが、実は、最近は薬が原因の便秘も増えているというのだ。どんな薬がヤバイのか?

●咳止め、坑うつ剤、坑不安剤…
「便秘を起こしやすい薬は、抗うつ剤、抗コリン剤、抗パーキンソン剤などたくさんあります」
 こう言うのは、昨年まで東京慈恵医大消化器内科の助教授だった「鳥居内科クリニック」(東京・成城)の鳥居明院長だ。
 なかでも、一般的に使われながら意外に知られていないのが、コデインという成分が入っている咳止め薬による便秘である。
 コデインは、咳中枢の興奮を鎮めて、咳を止める働きがある。その一方で腸管からの水分吸収を進める。そのため腸の水分が少なくなり、便秘になるという。
「咳止め薬のなかにこの成分が入っていると、多くの人が便秘か便秘気味になります」(鳥居院長)
 対策は、とにかく水分をたくさん取ること。普段から便秘気味の人はますます出にくくなるから、医師に相談して、便を軟らかくする薬をもらうことが必要だ。
「水分以外にも、20分以上歩くとか、ゴボウやサツマイモなど食物繊維の豊富な野菜を食べるとかして、胃腸の働きを良くするよう心がけましょう」(鳥居院長)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月15日 (木)

禁煙したら量を減らすべき薬 その2

薬を飲んでいる喫煙者は、禁煙するときは事前に医師に相談することだ。

 抗生物質で下痢をするのは、抗生物質によって腸内にいる細菌がダメージを受けることがあるからです。
 抗生物質は、特定の細菌の一部または全体を殺すか、増殖を止めることで治療する薬。あらゆる細菌に作用すると誤解している人がいますが、そうではありません。
 理論上、抗生物質の攻撃対象は、基本的に特定の細菌なのですが、人によっては人体に必要な細菌も悪影響を受けることがあります。
 風邪などで抗生物質が必要な人は、すでに免疫力が落ちていて、ちょっとしたことが重く作用する可能性が高い。それが消化の手助けをする腸内細菌に作用して、ダメージを受けると、下痢が引き起こされることがあるのです。
 いったん下痢になってしまったら、抗生物質の影響が解消され腸内細菌の状態が整うまで、下痢は治りません。では、どうするか?
 抗生物質の種類は、数多くあります。種類を変えれば、下痢などの副作用が解消することも少なくありません。ある抗生物質の副作用に苦しんだことがある人は、それを医師に伝え、次回の処方のときは、抗生物質を変更してもらうことです。
 薬の副作用がみられたときは、手帳などに記録しておくといいでしょう。見過ごしてはいけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月13日 (火)

禁煙したら量を減らすべき薬 その1

薬を飲んでいる喫煙者は要注意!

 禁煙したら、体調が良くなるどころか、悪くなることがある――。ウソのような話だが、本当だ。原因は薬。急に禁煙すると、いつも飲んでいる薬の副作用が強く出るケースがあるのだ。どんな薬を飲んでいる人が、禁煙するとやばいのか?

 ぜんそく持ちで薬が手放せないAさん(45)は、大のたばこ好き。体に悪いとわかっているけどやめられない。
 ところが先日、夫の健康を案じる妻から「たばこをやめてくれなければ離婚」と迫られた。それと前後して会社が全面禁煙を実施、ついに禁煙を決意。毎日20本近く吸っていたたばこを、ピタリとやめた。
 禁煙後は、ご飯もおいしく感じ、寝起きもスッキリしたと喜んでいたが、しばらくしてめまいを起こすようになり、その回数が増えていった。やがて体の震えが始まった。
「どうもおかしい」と、かかりつけの医者に駆け込んだところ、意外な答えが……。
「最近、禁煙を始めた? そりゃあ、ぜんそくの薬の副作用が出たのかもしれませんね。薬の量を減らしましょう」
 新しく処方してもらった薬を飲み続けたところ、めまいや震えはピタリと止まったという。

「クスリと暮らし」の著者で、薬剤師の木村隆次氏が言う。
「たばこは薬の効き目に影響します。ニコチンが肝臓の薬物分解酵素の働きを強くし、薬の効きが悪くなることがあります。禁煙するとその働きが弱まるので、薬の量を減らさなければなりません。そうでなければ薬が効き過ぎて、副作用が出てしまうのです」
 Aさんはまさにその典型。飲んでいたぜんそくの薬には、気管支に作用して咳を抑えるテオフィリンと呼ばれる成分が入っているが、これは喫煙によって効き目が悪くなる。そのため、医師はAさんに多めに処方していた。それが禁煙によって“薬過剰”になってしまったのだ。
「幸い、Aさんの症状は軽い方。ひどい人は、頭がもうろうとしたり、吐いたりする。けいれんを起こしたり、不整脈が出るケースもあります」(木村隆次氏=前出)
 ぜんそく以外の薬ではどんな薬に気をつければいいのか?
 禁煙外来にも力を注いでいる水谷内科呼吸器科クリニックの水谷清二院長が言う。
「例えば、抗うつ剤のイミプラミン、利尿剤のフロセミド、血圧や心臓の薬であるベータ遮断薬などです。いずれも薬の量を間違えると、重大な結果を生む可能性がある。注意が必要です」
 解熱鎮静剤のフェナセチン、鎮痛剤のペンタゾシンも、日頃からよく飲んでいる場合は気をつけた方がいい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月11日 (日)

クモ膜下出血について知っておこう その2

<クリッピング手術>
 基本的な手術で、開頭して動脈瘤の根元を金属製のクリップではさみます。現在日本では90%がこの方法を用いています。こうすれば動脈瘤のなかに血液が流れ込むことはなくなり、やがては消失していきます。手術時間はおよそ3~4時間です。

<動脈瘤塞栓術(コイル術)>
 局所麻酔で脚の付け根の血管からカテーテルを入れ、エックス線をみながら頭蓋内の目的とする動脈瘤まで送り込みます。カテーテルを通して、非常に細いプラチナ製のコイルを動脈瘤の内部にぎっしりと詰め込みます。こうして出血を防ぐという画期的な方法です。
 この術式は開頭しないので高齢者や合併症のある人でも行えます。またクリッピングが難しい部位に動脈瘤ができていても可能です。アメリカでは盛んに行われている方法で、日本でも今後、どんどん普及していく治療法と考えられます。

<ガンマナイフ>
 頭の外から出血部にガンマ線(放射線)を照射し、意図的に血栓を作り、止血する方法です。開頭手術が必要なく、身体への負担も少なく、治療時間も短くて済むなどの長所があります。
 先天的な脳動静脈奇形が原因で破裂した場合のクモ膜下出血は、比較的軽症が多く、手術で大きく奇形部分をとるとマヒなどの後遺症が残るケースがあります。そういう際には、ガンマナイフで小さな奇形をつぶすという方法で効果を上げています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 9日 (金)

クモ膜下出血について知っておこう その1

 これも怖い生活習慣病ですね。2回に分けます。
 
病状しだいで適切な手術を選択

 クモ膜下出血は自然によくなる場合もありますが、脳動脈が破裂すると、再出血を繰り返して、死に至ることもあります。また意識障害がなくなっても、水頭症になったり、クモ膜に出た血液が災いして脳梗塞を起こすことがあります。痴呆や歩行障害、尿失禁になることもあります。
 そこで、心臓病などの合併症のある高齢者以外は手術をすすめられます。クモ膜下出血で怖いのは再破裂ですが、最初の発作から24時間以内に起こることが多いので、できるだけ早く再発予防的な手術を行うことになります。手術には次のようなものがありますが、これは次回にします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 7日 (水)

医療コストは増大しても肺癌の生存率は横ばい

 肺癌(がん)患者にかかる医療コストが増大しているにもかかわらず、生存率はほとんど増えていないことが判明した。医学誌「Cancer」オンライン版に10月22日掲載された報告によると、1983~1997年の間に肺癌患者1人あたりのコストは2万ドル(約230万円)以上増えたが、平均余命は1カ月足らずしか伸びていないという。
 今回の研究では、全米経済研究所(NBER)のRebecca Woodward氏らが、米国立癌研究所(NCI)のSEER(Surveillance, Epidemiology, and End Results)データベースおよびメディケア(米国の医療保険制度)の払戻しデータを利用し、1980年代前半から1990年代半ばまでの肺癌患者の医療コストおよび予後を調査した。

 その結果、肺癌患者の生存1年あたりのコストは平均40万3,142ドル(約4,600万円)。局所性の癌で14万3,614ドル(約1,650万円)、転移性の癌では119万322ドル(約1億3,600万円)であった。しかし、肺癌の1年生存率は、1975~1979年には37%、2002年には42%と、わずか5%しか増えていないことが判明。5年生存率も同様に横ばいで、現在でも約16%にとどまっている。

 ある専門家は、現在の米国では肺癌と診断されたら、患者はすべての治療を受けることができると考えるが、将来、医療費が制限されるような状況になったとき、今回のような研究が治療方針の決定に利用されるようになる、と述べている。

 一方、医療を制限するべきではなく、肺癌という一疾患だけで判断するのもよい方法ではないという意見もある。コスト削減のためには、より優れた診断法や治療法の開発が必要なほか、肺癌を最初の段階で予防するために、政府が喫煙防止に取り組む必要があることも指摘されている。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月 5日 (月)

ストレスと肥満の不思議な関係

  それって「ストレス太り」?

 「最近、何だか太っちゃってさ。特に思い当たる節はないんだけど」「それってストレス太りじゃないの?」こんな会話を耳にしたこと、ありませんか。

 ある新入社員が配属された際、直属の上司(女性)から、「あなたも絶対、太るわよ。この部署に配属された人は必ず太るの」と宣告され、悲しいことにその言葉の通り、毎年1キロずつ体重が増えていきました。とにかくなんで太るのか理由が分からない。運動だってしているし、食事の量だって以前と変わってないはずなのに…。

会社を辞めた途端にやせちゃった?!

 しかし! 会社を辞めた途端、自然と体重はもとに戻ったりする場合があります。やっぱり原因はストレスだったと言って良いでしょう。ストレスで太る、確かになんとなく説得力のある理由のようですが、じゃあ、なんでストレスで太るのでしょうか?

 ストレスがたまっている状態とは、すなわち欲求不満がたまっている状態とも言えます。いろいろしたいことがあるけど時間がない、上司に文句を言いたくても言えない等々。この欲求は「どうやっても満たされない欲求」であることが多いです。とはいえ、たまった欲求は解消されなければならないものです。したがって人間の身体は、その欲求が解消されないと、別の欲求(すなわち食欲、性欲等)を満たすことでバランスをとるように働こうとします。…つまり、本人は食べていないつもりでも、やっぱり無意識のうちに食べているのです。

 更に、ストレスがたまると飲みに行く回数や酒量も増えるためこれに拍車がかかり、ますます太るという悪循環モードに陥りがち。ストレスがたまっているという認識があるあなた!もし太りたくないなら、努めて飲食以外のこと(スポーツ等)に注意を向けるよう心がけましょう!!

 これ、わたしは経験していますね。仕事が変わって一時期体重が増えたんです。ストレスだったのかなぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 3日 (土)

秋の夜長は眠れないとツライ その3

まじめな人ほど不眠になりやすい!?

 不眠の原因で最も多いのが過度のストレスです。まじめ・勤勉・完璧型の、いわゆる神経質な人は不眠になりやすい傾向があるようです。心理的なものだけでなく、騒音や寝室の温度、湿度など物理的な問題がストレスとなり、睡眠を妨げる場合もあります。
 人間の活動と休息のリズムは、本来、自然の昼夜のリズムと一致しています。ところが、例えば昼夜逆転の生活など自分の体内リズムと外のリズムが異なった場合に不眠が起こりやすくなります。時差ボケも同じ原因です。
 病気が原因の不眠もあります。その代表が神経症やうつ病などの精神疾患で、うつ病では90%以上に不眠がみられるといわれています。胃潰瘍などの消化器の病気、ぜんそくをはじめとする呼吸器の病気、アトピー性皮膚炎などのように強いかゆみを伴う病気の場合も眠りを妨げる原因となります。
 高血圧や高脂血症、肝臓病などの薬が不眠を引き起こすこともあります。
 コーヒーや紅茶、チョコレートなどに含まれているカフェインに興奮作用があることはよく知られています。カフェインの影響は口に入れてから3~5時間経っても残ります。不眠がちな人は、夕食後はこれらの飲食をなるべく控えましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 1日 (木)

秋の夜長は眠れないとツライ その2

不眠の症状がいくつも重なることもある

 不眠とひとことでいっても、症状はさまざまです。大きく次の4つのタイプにわけられます。これらの症状のうち1つだけが現れるとは限らず、複数生じるケースも少なくありません。

(1)入眠障害:
いわゆる寝付きの悪い状態が続くことをいいます。「床についてから寝つくまでに時間がかかる」「横になってからウトウトした状態が続く」といった症状です。大事な仕事が迫っていて気持ちが高ぶっていたり、ストレスがある場合などに起こりやすくなります。

(2)中途覚醒:
「夜中に何度も目が覚めて、以後眠れない」あるいは、「眠りが浅い」「熟睡できなかった」という熟眠障害を訴えることもあります。夢をたくさん見る場合も、夜中に何度も目が覚め、そのたびに夢が記憶されている可能性があります。

(3)早朝覚醒:
文字どおり朝早くから目が覚めてしまう場合です。高齢者に多くみられます。一度目が覚めた後、寝直すことができず、苦しい思いが続くときは受診をおすすめします。

(4)過眠症:
夜寝ているのに昼間に眠くてウトウトしてしまうというように、眠気がとれない状態です。過眠の裏には意外にも夜の睡眠不足が慢性的に続いている不眠症が隠されていることが少なくありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »