« 冬に運動するとき、気をつけること その2 | トップページ | 第49回旭川冬まつり »

2008年2月 5日 (火)

倖田來未さんのお話

 問題になってますね。ちょっと言い方がまずかったですかね。影響力がある人だし、表現の仕方が簡単すぎたかなと思います。

 でもね、私個人的にはあながち逆方向の意見ではないと思います。と言うのはデータがあるんですよ。それは人工界面活性剤といって、これが実は非常に危険なものなのですが、案外食器洗いの洗剤や石鹸やシャンプーなどに使用されているものなんですね。これが出てから発がん率が増えたり奇形の子供が産まれるとの報告が増えているんですよ。
 と言うのはですね、この界面活性剤というのは天然のものだと問題はないのですが、人工的に作ったものは分解されずに、皮膚などから体に入り、男性では肝臓にたまり外に出ることはありません。そこで、男性の場合は肝硬変や肝臓がんになりやすいとの報告があります。
 女性の場合は子宮にたまり、生理で外に排泄されますが、妊娠するとそうはいきません。
 倖田來未さんはひょっとすると、この知識をうる覚えの人から聞いて、表現方法を間違えたのではないかと思います。腐ると言う表現ではなく、界面活性剤などの害がおきると言うことなんです。それは何も年齢が高いからとは言えないことなんですね。若い人にも言えることです。

 私個人的にはリスナーの人がもう少し別な角度から情報を集めてみたとしたら、案外非難される意見ではないと思います。
 倖田來未さんとは表現方法が違うかもしれませんが、実際にある本当に怖い話なんですよ。

|

« 冬に運動するとき、気をつけること その2 | トップページ | 第49回旭川冬まつり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130682/17960013

この記事へのトラックバック一覧です: 倖田來未さんのお話:

« 冬に運動するとき、気をつけること その2 | トップページ | 第49回旭川冬まつり »