« 麻生首相、消費税10%案を検討=2段階引き上げも | トップページ | ED(勃起障害)が心配ならば運動を。その1 »

2008年11月 7日 (金)

「バナナダイエット」ブーム 1か月ほどで終焉、売上通常に

 J-CASTニュースからです。コメントは後ほど。

 SNS「mixi」(ミクシィ)が火付け役とされた「朝バナナダイエット」のブームで、店舗からバナナが無くなる騒動が全国的に起こったが、1か月ほどで大ブームは終焉を迎えたようだ。スーパーなどによると、即完売ということ店はなくなり、会社帰りの時間帯でも買えるようになったという。

■「10月20日頃から売れ行きは通常に戻りつつある」

 バナナダイエットはネットのクチコミで広がり、「ミクシィ」がその火付け役と言われている。コミュ「朝バナナダイエット」ができたのが2006年07月14日。その後、類似のコミュが増え、最大のものは「みんなの朝バナナダイエット」で、ここには2万6千人近い参加者がいる。ブームが爆発したのはTBS系で08年9月19日に放送した情報番組「ドリーム・プレス社」がきっかけ。タレントの森公美子さんが「朝バナナダイエット」に挑み、1カ月半で7キロのダイエットに成功した様子に密着した。

 この放送後、日本中のスーパーなどでバナナの売り切れが続出。昼過ぎに店頭には「テレビ番組の影響でバナナは品切れです」などの張り紙を出すスーパーもあった。

 08年11月4日、都内を中心に出店している「東急ストア」広報は、「地域や店舗にもよりますが、即完売ということは無くなり、会社帰りの時間帯でも買えるようになっています」と話した。

 2ヶ月足らずで終焉を迎えた「朝バナナダイエット」ブームだが、「食べて痩せる」という方式だけに、本来の効果が出るのに数ヶ月かかる、と説明する専門家もいる。途中で辞めてしまえば、これまでの苦労が報われないのも確かで、また、痩せたとしても元の体重に戻る可能性も高い。

 「ミクシィ」の「みんなの朝バナナダイエット」コミュには「何キロ痩せました?」というアンケートがあり、5キロ以上減った人の合計8%。3キロ減が10%。1キロ減24%。減らないが22%。太ったが7%という結果だ。ここの「相談」スレには、「始めて1ヶ月経ちますが痩せません。痩せたと思ったら次の日は体重増えてたり」「1ヶ月がたちましたが、体重は便秘の分増えています。ヨーグルトの世話になってます」といった質問が出ている。

 私からのコメントですけど、9月29日にも少し書きましたが、このダイエット方法が良いと言った評論家はどこに行ったんですか? って言いたいですよね。ホントに良いものなら言い続ければ良いのに。
 それより、なぜ続けられないのかですよね。そこが大きな問題なのです。今までダイエットを気にするような生活習慣を続けてきた人が、納豆やバナナで簡単にダイエットできるのでしょうか?? まぁ、これからもどんどんこういう話は出てくると思いますし、その度に評論家やエライ先生がコメントを出すと思います。永遠のテーマのような気がします。

 しかし、痩せると言う前にもっと大事な注目するべきことがあると思います。なぜ太るのかです。太る食生活や生活習慣をしているのに、全体を変えようとしないで、一部だけを変えたって無理があると思います。
 まずは自分がなぜ太っているのかを自分自身で振り返ることが大切なんじゃないかと思います。最近は、多くの人の食生活が昔とは変わってきています。人それぞれですけど、なにか、太る原因があるんじゃないですか?それを見つけて、解消することが一番のダイエット方法だと思います。

|

« 麻生首相、消費税10%案を検討=2段階引き上げも | トップページ | ED(勃起障害)が心配ならば運動を。その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130682/43042633

この記事へのトラックバック一覧です: 「バナナダイエット」ブーム 1か月ほどで終焉、売上通常に:

» コアリズムの効果 [コアリズムの効果]
コアリズムを使って、くわばたりえさんがダイエットに成功したそうです。しかも、わずか1ヶ月半という短期間です。コアリズムを使ったダイエットを試そうとする人が増えてくると思いますが、食事制限なしてでダイエットを成功し、ウエスト20センチ減に成功できた、このコアリズムは効果ありそうです。... [続きを読む]

受信: 2008年11月 9日 (日) 10時46分

« 麻生首相、消費税10%案を検討=2段階引き上げも | トップページ | ED(勃起障害)が心配ならば運動を。その1 »