« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月29日 (木)

怖いCOPD 「肺年齢」知り早期発見 その1

 産経新聞の記事です。連載にします。

 ■年間死者1万5000人、原因の大半は喫煙

 階段を上ると息が切れる、風邪でもないのにせき、たんが続く-。こんな症状
がある中年以上の人は要注意。慢性閉塞(へいそく)性肺疾患(COPD)が始
まっている可能性が高い。原因の大半は喫煙で、酸欠などで全身状態が悪化して
死に至る恐ろしい病気だ。早期発見、治療には、肺の状態を数値で見る「肺年齢」
の普及が大切と、専門医らは訴える。

 ◆患者500万人以上

 COPDは、炎症が長期にわたる慢性気管支炎や、酸素を取り込む肺胞が壊れ
る肺気腫などの総称で、せき、たんや息切れが特徴。重症化すると、呼吸困難で
全身状態が悪化する。

 厚生労働省統計では年間死亡数が平成19年に1万4907人と、死因別で1
0番目の多さ。「治療中の患者は17年の厚労省調査で22万3000人だが、
疫学推計では受診さえしていない患者が500万人以上に上る」。順天堂大医学
部客員教授で、COPD対策に取り組むGOLD日本委員会委員長の福地義之助
さん(68)はこう指摘する。

 「別名たばこ病といわれ、原因の90%以上は長期の喫煙。戦後のたばこ消費
量の急増と20~25年の間隔を置いて、患者の死亡率が同じように急増してい
る」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月27日 (火)

コーヒーと紅茶では?

 紅茶はコーヒーよりカフェインを多く含んでいるのに、なぜ紅茶のほうが身体にいいのですか?
 それは、同じ重さで比べると、確かに紅茶のほうが多くのカフェインを含んでいます。しかし、カップ1杯分を用意するのに使われる量は、紅茶よりコーヒーのほうが多いので、1杯あたりのカフェインはコーヒーのほうが多くなります。紅茶はカップ1杯で約50?のカフェインを含んでいますが、コーヒーは1杯あたり平均で約135?です。紅茶にはまた、有益な酸化防止剤の成分が含まれており、紅茶を飲むことは健康のためによいと考えられます。カフェインに敏感な人には、カフェイン抜きの紅茶が広く売られています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月25日 (日)

映画~旭山動物園物語

Img003_2   見てきましたよ。実は職場でチケットのノルマがあって、私の下の子供もエキストラで出ているし、見に行くことにしました。旭川だけ先行上映なんですね。エキストラで、知っている人もたくさん出ていました。
 感想は、私は原作の小菅正夫 著: 〈旭山動物園〉革命 夢を実現した復活プロジェクトを読んでいたので、流れはわかりましたが、動物映画特有のクサい芝居もなく、真面目に作られたものだと思いました。
 皆さんぜひ見た方が良いですよ、ですね。そして、ぜひ旭山動物園に遊びに来てください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月23日 (金)

ハチミツは砂糖より健康にいいのか?

 ハチミツが砂糖よりも健康的であると宣伝されることが多いのは、ハチミツにはミネラルが含まれているからです。

 しかし、ほとんどの人が通常消費している量を考えると、ミネラル分は重要ではありません。ハチミツは砂糖より少しだけカロリーが高い(小さじ1杯あたり、ハチミツが約20calなのに対して砂糖は16cal)のですが、栄養面ではどちらもほぼ同じです。というのも、ハチミツも砂糖もカロリーはすべて炭水化物だからです。食事に少量の砂糖を使っても、実際のところ問題はありません。甘味料は好みに応じて選び、控えめに使いましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月20日 (火)

1日に摂るべき栄養の知り方。

1日に摂るべき栄養を、すべて食事で摂っているかどうか、どうすればわかりるか?

 それは食品ガイドを見れば、様々な食品グループの中からそれぞれ毎日どれだけの分量が必要か、だいたいの数値がわかるようになっています。つまり、すべてのグループについて必要とされる分量を食べていれば、必要な栄養を摂っていることになります。
 しかし、必要な分量は人それぞれですし、誰もが食品ガイドに従って食べているわけではありません。だからこそ、年齢層別や料理の国籍別に何種類もの異なるガイドブックや図解が出ているのです。さらに正確さを求めるなら、市販の安価なコンピューター ソフトを使えば、あなたが食べたものを分析して、食事のどの部分が強く、どの部分が弱いかを確実に教えてくれます。正確を期すためには、最低でも3日間は食事の完ぺきな記録をとるべきです。そして、食べたものを記録するに当たって、調理中に使われた脂肪分、パンに塗ったものも含む、ドレッシング、ソース、甘味料なども忘れてはいけません。そうしないと正確な評価ができなくなります。こうしたコンピューター ソフトは、ほとんどがとても使いやすくできていて、さらに正確に計算できるように、多くのブランド名や人気のあるレストランの品名があらかじめ登録されています。
 食品ガイドを使って推計できるのは、あなたの栄養素の摂取のみです。なぜなら、各グループの食品に含まれる栄養素の含有量には、かなりのばらつきがあるからです。例えば、同じパンやシリアルやパスタでも、全粒小麦を使ったものは、漂白小麦を使ったものよりも多くのビタミンとミネラルを含んでいて、実は栄養的に同等ではありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月18日 (日)

人に聞けない病気のケア~泌尿器の悩み その2

●頻尿、残尿感、尿の白濁の3大症状

 尿の回数が多い、排尿の終わりのほうで痛みがはしる、排尿したあとも尿が残っている感じがする、尿が白く濁るといった症状があったら、まず膀胱炎と考えてよいでしょう。
 熱は通常、出ません。こうした症状が出たら、水分を多めにとり、おなかを温め、早めに病医院へ行きましょう。
 治療では、抗生剤や抗菌剤で細菌をやっつけます。症状が強いときには、対症療法として鎮痛剤や排尿改善薬が処方されます。
 早期に治療すれば、症状は2、3日で治まります。ただし、症状が治まったからといって勝手に薬の服用をやめないこと。細菌が完全に死滅していないと、体調を崩すとすぐに再発します。
 治療中、熱がない限り入浴しても大丈夫。アルコールやコーヒー、香辛料など刺激性の強いものは避け、尿量を増やすため、水やお茶などで水分を多くとりましょう。

●尿量キャッチのセンサーが過敏になっていることも

 膀胱炎を何度も繰り返す人は、慢性膀胱炎が疑われます。一度、泌尿器科で精密検査を受けましょう。尿道が狭くなる尿道狭窄や膀胱結石など、尿路系の異常で膀胱炎を起こすことがあるからです。原因疾患が見つかったら、その治療をおこないます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年1月16日 (金)

人に聞けない病気のケア~泌尿器の悩み その1

●膀胱炎の最大の原因は大腸菌の感染

 尿失禁とともに、女性に多いのが膀胱炎で、女性の5人に1人はかかるといわれています。膀胱炎は膀胱の粘膜に炎症が起こる病気で、その最大の原因は自分の大便に含まれる大腸菌の感染です。
 本来、膀胱粘膜には細菌などに対する自然の防衛力が備わっていて、膀胱に細菌が入ってもすぐには膀胱炎になりません。しかしながら、体が疲れていたり、排尿を我慢して膀胱が伸びきったり、長時間にわたって冷えたりすると、膀胱内の血流量が減って、防衛機構が弱くなり、細菌が繁殖して炎症を起こします。
 更年期の女性に多いのは、細菌に対する抵抗力が低下するためです。また、ホルモンの減少により、膀胱の粘膜が薄くなり、粘膜の下にある間質に出血が起き、それが膀胱炎の原因になることもあります。
 そのほか、下痢をしたりして外陰部が汚れていたり、排便後きちんと拭かなかったりすると、大腸菌が尿道を経由して膀胱へ侵入することもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月14日 (水)

親戚が来た!

 去年の暮れにお母さんを亡くした親戚の叔父さん夫婦が来ました。叔父さんとは親父の弟で、その奥さんのお母さんが去年の暮れに亡くなりました。
 なんでもこの連休に温泉に行って来たみたいで、そのお土産を持ってきました。しかし、あきれますね。親の四十九日も終わっていないのに、何してるのと思った。

 前にもこのブログで少し書いたんですが、おばさんのお母さんは苫小牧にいて、弟夫婦が見ていたのを、無理矢理旭川に連れて来て、老人ホームに入れ、見舞いもろくにしてなかったんです。入れっぱなしという感じでした。今回、旭川で亡くなってお骨は弟が苫小牧に持って行きました。
 弟さんの家ではおそらく仏壇を持って、初七日、ふた七日と、四十九日まで一週間ごとに、そのあとは百日とお坊さんを呼んで、お経を上げてもらい、お正月どころではないはずですし、家を空けることもできないはずです。これが本家というか、先祖を見ていく家のやることです。しかし、分家と言うのは気楽なものです。そういう苦労もなく、温泉に行く余裕があるんですからね。

 でも、お袋と話したんですが、これからは核家族が多いですから、こういう事例が多くなってくるんじゃないかって。今までの古いしきたりというか、喪に服すと言うことが知らない人が増えてくるんじゃないかって。
 おばさんも悪気があってやってることではないというか、知らないんでしょうね。でも、私なんかには上から目線で話をしてきます。そこが腹立つんですよ。
 本家の苦労も知らないで、えらそうなことばかり言ってくる。おばさんから見たら、私は20歳以上も若い小僧ですけど、一概に若いからと言ってバカにするのも、怖い話ですよ。
 私は本家に育った人間で、これからも先祖を供養して行きます。
 分家だってやがて本家になって、いくのに、何も知らないじゃ、大変なんじゃないかな。それより、面倒なことはしないかな。そんな性格の分家だと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月12日 (月)

食べて元気にダイエット  その2

●食材は低脂肪のものを選ぶ

 さて、油をカットすれば、エネルギー量もカットできるわけですが、油分は食材のなかにも存在しています。特に注意したいのが、動物性食品である肉、魚類。肉、魚類はタンパク質を摂取するためのものですから、なるべくなら低脂肪のものを選ぶことです。
 牛肉なら赤身、ヒレ肉。豚ならもも肉かヒレ肉。鶏肉ならばささ身。そのほかの肉類を食べるのなら、調理するときに肉の脂肪部分だけを包丁で切り落とす脱脂肪をするといいでしょう。エネルギーを大幅にカットすることができます。ステーキ大の豚ロースが約350キロカロリーで、脂肪を除くと、190キロカロリーになります。約45%のエネルギーカットです。ステーキ大の牛サーロイン肉も約45%のエネルギーカットで、380キロカロリーになります。鶏のもも肉一枚なら、42%エネルギーカットで230キロカロリーです。また、外食のときは、ナイフで脂肪分を取り除きながら食べると、その分のエネルギーをカットすることができますね。
 低脂肪の魚介類は、ひらめ、たいなど、いわゆる白身魚です。そのほか、いか、たこ、えび、貝類。また、魚といえば、頭をよくすると一時もてはやされたDHA、EPAを含むあじ、うるめいわしなどの青背魚も、摂取することを忘れずに。

 もうおわかりのように、余分なエネルギーを摂取しないための調理方法は、油脂の摂取方法と関係が深いのです。だからといって、油脂が含まれた料理をまったく食べない、という極端な食生活だけには走らないでくださいね。油脂も身体に必要な栄養素の一つなのですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月10日 (土)

食べて元気にダイエット  その1

●料理は薄味を心がける

 調理方法には、揚げる、焼く、煮る、蒸す、茹でるなどがありますが、一番エネルギー量が高くなる調理方法は揚げることです。そして、エネルギー量を抑える調理方法は、煮る、蒸す、茹でること。なぜならこれらの調理法は、油を使用することがほとんどないからです。ただ、煮物の場合、砂糖量が多くなれば、それだけエネルギー量も高くなるので、なるべく薄味を心がけてください。また精製された白砂糖より、ミネラルを多く含む黒砂糖の方がエネルギー量は低いようです。

●油抜きの料理をしよう

 おいしいけど、ついつい取りすぎてしまうのが、油を使った料理。
 たとえば、卵1個は80キロカロリーです。生卵、茹で卵などはいずれも同エネルギーで、塩、胡椒、醤油で味付けしても、エネルギー量が多くなることはありません。しかし、プレーンオムレツや目玉焼きなら油を使用するため、約40キロカロリーがプラスされます。スクランブルエッグなら、約70キロカロリーがプラスされます。この調味油をできるだけカットすることで、エネルギー量を減らすことができます。
 油を使用する場合は、使う量を計量するというのも、一つの方法です。油の摂取量は、健康な成人で1日20グラムが基準となります。これは大さじ1と小さじ2ぐらいの量です。この量を目安にすれば、余分な油を使用せずに済むでしょう。そのほか、フッ素樹脂加工のフライパンを使って、油抜きの料理をするという方法もあります。普通のフライパンならばクッキングシートを使用すれば、油を使用せずに済みます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年1月 8日 (木)

大豆は更年期障害や骨粗しょう症の予防に効果的

大豆に含まれるイソフラボンには更年期障害や骨粗しょう症を予防する働きがある

 大豆がすばらしい健康食品であることは一般によく知られていることですが、なかでも大豆に含まれるイソフラボンが更年期症状に大変有効であるということがわかり、大豆の効果がさらに見直されるようになりました。これはノースカロライナ州のボーマングレー大学で行われた実験の結果ですが、更年期の女性に1日8オンス(226g)の豆乳を飲ませたところ、更年期特有の症状(顔のほてり、寝汗など)が軽減されたのです。
 アメリカでは更年期症状の治療として、積極的に女性ホルモン治療(エストロゲン投与)を行いますが、イソフラボンはそのエストロゲンに似た作用をしてくれるのです。
 また、更年期後の女性で心配なことは、骨が弱くなり、骨粗しょう症になりやすいことです。金澤武道先生(医療法人芙蓉会 村上病院院長)の研究によりますと、イソフラボンには骨の溶解を抑える働きがあることが確認されています。更年期になってエストロゲンの減少とともに訪れる骨粗しょう症にも、大豆は大変効き目があるようです。

前立腺がんや乳がんを予防する働きもある

 死亡原因の第1位に君臨しているがんですが、イソフラボンは前立腺がんや乳がんの予防や改善に効果があるという説もあります。前立腺がんは治療に女性ホルモンを使用しますが、女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンが前立腺がんを予防、改善するのです。また、乳がんは女性ホルモンの働きが強いと起こりやすいのですが、イソフラボンが乳腺細胞にくっついていると、エストロゲンが余計な作用をしなくなるといわれています。
 1日に必要なイソフラボンの量は50mg程度です。豆腐なら半丁、納豆なら1パックでOK、手軽にできるがん予防、健康ライフのために大豆や大豆加工食品を摂取するとよいでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年1月 6日 (火)

かしこい「食べ方」で肥満は防げる

 ダイエットに関する情報の量は、まさに星の数ほど世の中にあふれています。1日3食リンゴだけ、卵だけといったダイエットは短期間で劇的に体重が減ることもありますが、半面ストレスも多く目標まで達成できず挫折してしまうことも。やはり、日常の食生活を見直しながら「太らない」食事を長く続けることが体にも心にもいいようです。

 食べて吸収するエネルギー量が、活動して消費するエネルギー量を超えないことが太らない原則です。ダイエットを始めるときは、現在の食事からおよそ300~480kcalくらい減らすことを目標にしましょう。

◎朝食
 例えば、朝食ではバターをたっぷり塗ったトーストからチーズトーストに変えます。また、オムレツや目玉焼きではなくゆで卵に。マヨネーズやドレッシングを使うなら低カロリー、低脂肪タイプを選ぶようにします。朝食は1日の始まり。ダイエット中でもしっかり摂りたいものです。とはいえ、どうも寝起きは食欲がなくて…という人なら、野菜ジュースやフルーツでまず胃腸を目覚めさせることから始め、徐々に炭水化物やたんぱく質を摂るしっかりした朝食の習慣をつけていくとよいでしょう。

◎昼食
 ランチタイムには満腹感があり、仕事や家事ですぐにエネルギーとして燃焼してくれる炭水化物の食事を中心に。パスタ、うどん、そばなどの麺類はランチタイムの人気メニューです。

◎夕食
 ついつい豪華になりがちな夕食ですが、ステーキやフライではなくゆで豚のサラダにする、刺身を食べるならトロ(1人前で約100kcal)ではなく赤身(1人前約40kcal)やタイなどの白身魚(1人前約20kcal)にするなどの工夫を。ドレッシングを使うサラダではなく青菜のおひたしにするなど、和食を中心にするとぐっとカロリーを抑えることができます。

 1日の食事を意識すると同時に大事なのは、食べ物をよく噛んで食べ、食事の時間をたっぷりとかけること。早食いでは脳が満腹を感じる前に食べ過ぎてしまう結果になります。ゆっくりと食べることで食事の量が減っても高い満足感が得られるのです。
 さらに、間食には気をつけましょう。せっかく減らしたカロリーを間食でしっかり1食分とってしまうなんてことはよくある話です。
 また、空腹時にコンビニやスーパーマーケットに買い物に行くと、ついつい余計な食べ物まで買い込んでしまいがち。食料品の買い出しは満腹時がベストです。
 無理な目標をたてず、楽しくおいしく食べながら太らない生活をおくりましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009年1月 4日 (日)

そろそろ体型が気になりませんか?

  自分が太っていると思っていても、標準体型の範囲だったり、逆に太っていると認識していなくても、肥満であったりすることは意外に多いもの。体型における主観的な判断は、それほど正確ではありません。一般的に、肥満度を知る客観的な指標としては、体格指数=BMI(Body Mass Index)があります。BMI=体重kg÷(身長m×身長m)で算出される数値で、18.5未満は「やせ型」、18.5以上25未満は「普通」、25以上が「肥満」と分類されます。
 また、多くのデーターからBMI=22が最も病気にかかりにくい健康な体重とされており、身長に対する標準体重や肥満度は、BMI=22を基準に算出されます。計算方法は「標準体重kg=身長m×身長m×22」、「肥満度%=(自分の体重kg-標準体重kg)÷標準体重kg×100」です。肥満度が20%以上であれば、要注意。健康的な面からも、早急にダイエットに取り組む必要があります。肥満度ゼロ以下であれば、体重を減らすことよりもまず、気になる部分の引き締めや筋力アップなどにトライしましょう。

毎日のライフスタイルに潜む問題

 例えば1日で5kg太ることはありませんから、太ってしまうということは、毎日のライフスタイルのどこかに問題があるといえます。そのため、自分のライフスタイルを見直してみましょう。
 例えば、空腹時の買い物は余計なものも買ってしまいます。買い物はリストアップし、休日の満腹時にまとめ買いしましょう。盛り付けは、皿数を増やして満足度をアップ。食べないダイエットは続きません。美味しい食事をゆっくりと楽しむこと。外食でも、アルコールと一緒に酒の肴をたくさんオーダーするとエネルギーの摂り過ぎになってしまうので気をつけましょう。
 また、歩く時間を増やし、エレベーターより階段を使うようにすれば、筋力がアップして基礎代謝が高まります。お茶などノンカロリーの飲み物に変え、野菜や海藻をたっぷり摂りましょう。
 毎日の小さな積み重ねが、スリムなボディを約束します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 1日 (木)

明けましておめでとうございます。

 新しい年が始まりましたね。
 皆さんはどんな新年をお迎えになりましたか?

 私は正月と言っても、今年は同居している両親が喪中なので、本家である我が家に親戚も来ないし、なんか、あまりいつもの正月ではないですね。
 ただ、ここ何年かカレンダー通りの職場なので、正月は家にいますが、まだ、やはり正月は仕事をしているイメージが自分にあって、何していいかわかりません。

 毎年、今年のテーマみたいなのを考えているんですが、今年は「自己責任」にしようかなって思います。最近、周りに甘えていたことが多かったような気がしていたんですが、もう少し自分に自信を持って見ようかなって思いました。年末に見たテレビで、自信とは「自分を信じる」って書くんですよね。改めてなるほどと思いました。

Dvc00015 去年の横浜出張で買って来た「浜田大明神」がパソコンの横に置いてあるので、今年も良いことたくさんあると思います。まずは家族の幸せ、北海道日本ハムファイターズの優勝祈願、なんだかんだ(笑)。

 楽しいことたくさんある年にしよう!
 皆さんも、今年一年は自分に自信を持って、自己責任の年にしませんか?
 とにかく健康に注意して、素晴らしい一年にしましょう。
 今年もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »