« 食べて元気にダイエット  その2 | トップページ | 人に聞けない病気のケア~泌尿器の悩み その1 »

2009年1月14日 (水)

親戚が来た!

 去年の暮れにお母さんを亡くした親戚の叔父さん夫婦が来ました。叔父さんとは親父の弟で、その奥さんのお母さんが去年の暮れに亡くなりました。
 なんでもこの連休に温泉に行って来たみたいで、そのお土産を持ってきました。しかし、あきれますね。親の四十九日も終わっていないのに、何してるのと思った。

 前にもこのブログで少し書いたんですが、おばさんのお母さんは苫小牧にいて、弟夫婦が見ていたのを、無理矢理旭川に連れて来て、老人ホームに入れ、見舞いもろくにしてなかったんです。入れっぱなしという感じでした。今回、旭川で亡くなってお骨は弟が苫小牧に持って行きました。
 弟さんの家ではおそらく仏壇を持って、初七日、ふた七日と、四十九日まで一週間ごとに、そのあとは百日とお坊さんを呼んで、お経を上げてもらい、お正月どころではないはずですし、家を空けることもできないはずです。これが本家というか、先祖を見ていく家のやることです。しかし、分家と言うのは気楽なものです。そういう苦労もなく、温泉に行く余裕があるんですからね。

 でも、お袋と話したんですが、これからは核家族が多いですから、こういう事例が多くなってくるんじゃないかって。今までの古いしきたりというか、喪に服すと言うことが知らない人が増えてくるんじゃないかって。
 おばさんも悪気があってやってることではないというか、知らないんでしょうね。でも、私なんかには上から目線で話をしてきます。そこが腹立つんですよ。
 本家の苦労も知らないで、えらそうなことばかり言ってくる。おばさんから見たら、私は20歳以上も若い小僧ですけど、一概に若いからと言ってバカにするのも、怖い話ですよ。
 私は本家に育った人間で、これからも先祖を供養して行きます。
 分家だってやがて本家になって、いくのに、何も知らないじゃ、大変なんじゃないかな。それより、面倒なことはしないかな。そんな性格の分家だと思います。

|

« 食べて元気にダイエット  その2 | トップページ | 人に聞けない病気のケア~泌尿器の悩み その1 »

コメント

何に対して怒っているんですか?憂いでいるのですか?

確かに四十九日までは二七日、三七日・・・と週に1回ずつお坊様が下りていらっしゃいますが、その日にぶつからないように出かけるのは問題ないと思います。
それに今はお葬式の後に全部繰り上げて供養してしまうこともあるようです。
うちは仏壇がありますが私の兄弟には男の子がいないし、子供もいないためいずれ絶えてしまいます。
今後両親が亡くなったときに今までのようにお世話はできないと思います。
働いてたら週に1回ずつ休むなんてとてもじゃないです。
優さんも実際のお世話は奥さんやお母さんがやっているのではありませんか?

仏様に失礼にならない範囲でお釈迦様の教えに逸脱しない範囲でできることをやれば(心をこめてなら)いいと思います。

あまり目くじら立てないほうがいいと思いました。

長いコメントになってしまいすみません。

投稿: ぷー | 2009年2月14日 (土) 10時17分

ぷーさん、コメントありがとうございます。
 まぁ、価値観の問題のような気がしますね。私の周りは百日とか、一年間は喪に服すために、遊びに行かないと言う人が多くて、そういう環境で育ってきたので、こういう意見を書いたんですけど、そうでない人もいるというのも、わかります。
 4年前に祖母が亡くなったときに、うちには仮の祭壇を用意して、四十九日までお骨を置いて、いろいろな人が来るし、私も一週間忌引き休暇で家にいたし、家を空けられない状態が続いていたんですが、叔父さん夫婦は初七日も終わらないうちに温泉に行って来たからと言って、お土産をお供えに持ってきました。
 ただ単に、私の常識では考えられない話だったので、喪に服すと言うことを知らないのかなと思ったんです。でも、そこまで考える人も少なくなってきているのも現実ですから、ぷーさんの意見もアリですよね。
 私みたいな考え方が古い時代になっていくんでしょうね。ぷーさん、コメントありがとうございました。

投稿: | 2009年2月14日 (土) 23時25分

こちらこそ余計な事で失礼しました。
優さんの考え方は至極まっとうだと思います。
うちも伯父がなくなったときは四十九日までは仮祭壇ですべての予定をこなしました。
結局は色々な人がいて色々な考え方があるということなんですかね~
話は違いますが、祖父母でも1週間忌引休暇が貰えるなんていい会社ですね~うらやましいです。

投稿: ぷー | 2009年2月15日 (日) 00時28分

そうですね。
人が亡くなるということは大変なことなんですが、私の親戚かんかお客さん気分ですよ。自分の親が亡くなったのに、着替えてくるからと言って、最後に来たり、家のものは着替えもせず、来客にお茶出したり大変だった。
まぁ、そんなに喧嘩したわけではないんですけど、家族で寂しい持代になってくるねと話ししてた。
これからは子供も少なく、まして男の子がいないと仏壇を守る人がいなくなるわけだし、大変な時代になるでしょうね。
忌引き休暇は3日間で、後は有休使いました。一応は本家の長男ですからね。七日ごとのお参りも休日だったので、家にいましたよ。
でも、これから時代が変わります。仕方ないんじゃないですかね。
ぷーさんコメントありがとうございます。

投稿: | 2009年2月15日 (日) 03時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130682/43735442

この記事へのトラックバック一覧です: 親戚が来た!:

« 食べて元気にダイエット  その2 | トップページ | 人に聞けない病気のケア~泌尿器の悩み その1 »