« <長生き>禁煙・節酒に「太め」 メタボ健診に疑問…厚労省 | トップページ | 続・高血圧と脳・心臓病50話:第43話 喫煙と心臓病 »

2009年2月13日 (金)

アルツハイマーの通院の始め方

 今日は職場に来た人から、認知症の話になりました。我が家にはアルツハイマーの父がいますが、そんなことから「うちの親も怪しいと思うんだけど、どうやって病院に連れて行ったの?」と聞かれました。確かに、本人に「あなたは認知の疑いがあるから」と言っても、プライドを傷つけたり、行きたがらなければ、余計に大変になります。
 
 我が家の場合、まず本人ではなく、私が病院に行きました。そして、親父の症状を事細かに説明し、これは疑いがあるので、本人を連れてきてくださいと言うことになりました。
 そこで、私は親父だけではなく、お袋にも「私だって職場で検査受けているんだから、二人で受けておいた方が良いよ」と言って、病院に行かせました。
 病院に行けば、後は医師が検査をしてくれますから、それがきっかけで通院することになりました。

 アルツハイマーの初期の場合、医師が本人にどうですか?と聞いても普通に受け答えをするし、最近の記憶がなくなっていることがあるので、診察にならないんです。だから第三者が医師にどういう状況かを教える必要があると思うんです。
 うちの場合は刃物を投げつけられたり、必要な物をゴミ箱に捨てたりが初期症状でした。そんなことは本人が自覚していないことです。「刃物投げたでしょう?」と聞いても、何も答えないと言うか、記憶にないという感じでした。

 今日のお客さんの話を聞いて、疑いはあるんだけど、どうやって病院に連れていくかで悩んでいる人もいるんだと感じました。
 私は先にも書きましたが、職場で検査を受けているから、受けておいた方が良いという話でうまくいきました。人にもよるかも知れませんが、参考にして下さい。

|

« <長生き>禁煙・節酒に「太め」 メタボ健診に疑問…厚労省 | トップページ | 続・高血圧と脳・心臓病50話:第43話 喫煙と心臓病 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130682/44050321

この記事へのトラックバック一覧です: アルツハイマーの通院の始め方:

« <長生き>禁煙・節酒に「太め」 メタボ健診に疑問…厚労省 | トップページ | 続・高血圧と脳・心臓病50話:第43話 喫煙と心臓病 »