« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月29日 (日)

フィトケミカルとは何ですか?

 フィトケミカルとは、植物に含まれる化合物で、その種類は多く、たいていは食物を発色させる働きがあります。たとえば、カロチノイドはニンジン、トマト、メロン、あんずの持つ濃い赤やオレンジ色の素になっています。そのほかのフィトケミカルには、柑橘類に含まれるリモネンとフェノール、ニンニクやタマネギの硫化アリル、ブロッコリーやキャベツのスルホラファンとインドール、大豆のフィトステロールとイソフラボン、野菜、お茶やワインに含まれるフラボノイドなどがあります。植物によって、異なる働きを持った異なるフィトケミカルが含まれているので、くだものでも野菜でも、なるべく違う種類の食品を摂ることが大切です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月27日 (金)

お茶は身体によいと聞きました。お茶を飲むべきでしょうか?

 人類には長い間お茶を飲んできた歴史があります。適量であれば、お茶は、とても安全で、私たちの健康維持に役立つ特性を備えていると言えそうです。お茶は世界中の最も広い地域で消費されている飲み物です。異なる製法によって同じ茶葉から紅茶や緑茶、ウーロン茶が作られます。西洋諸国では紅茶の人気が高いのですが、日本、中国、インドなどのアジア諸国や北アフリカと中東の数ヵ国では、主に緑茶を飲んでいます。緑茶用の茶葉は、紅茶と同じ方法で摘み取られますが、その後の製法が違ってきます。紅茶は、摘みたての緑の茶葉から作られますが、乾燥する間に葉が酸素を吸収して化学変化を起こします。この変化によって茶葉が黒くなり、紅茶独特の香りが生まれます。緑茶は茶葉を蒸して作るので酸化することなく、ポリフェノールという化合物が保たれます。紅茶はフラボノイドを含んでいます。緊張を和らげるお茶をゆっくり飲めば、忙しい1日の後のリラクセーションに役立ちます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月25日 (水)

糖分は多動と関係ありますか?

 多動は糖分の摂取と直接関係があるという説は広く知られ、支持する人も多いようですが、これまで一度も科学的に証明されていません。子どもたちが砂糖をたくさん摂る場面(たとえば誕生パーティーや祭りなど)で興奮することは確かにありますが、砂糖との因果関係を証明するものではありません。ところで、アメリカの砂糖消費量は過去15年で20%増えています。最大の要因はソフトドリンクで、他の食品と比べると非常に多くの糖分を含んでいます。しかも、炭酸飲料にはしばしばカフェインが含まれており、これは子どもたちを刺激して普段より活動的にする原因になるとも考えられています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月23日 (月)

にきびができています。避けなければならない食べ物はありますか?

 脂肪の多い食べ物や、チョコレート、スパイスのきいた食べ物がにきびの原因だと聞いたことがあるかもしれませんが、そんなことはありません。実は、にきびの原因になることが明らかになっている食べ物は存在しません。とは言っても、脂肪の多い食べ物は避けてチョコレートも控えめにするのが賢明です。チョコレートには通常、ニキビの原因になる脂肪と糖分が多く含まれているからです。一方、スパイスは低脂肪の食品に風味を加えるのに大いに役立ち、中には身体に必要なフィトケミカルを含んでいるものもあるので、適度に摂るのであれば問題ありません。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2009年3月21日 (土)

常に疲労を感じています。ビタミン剤を飲むとよくなりますか?

 多くの人がビタミンはエネルギーを与えてくれるものと誤解しています。ビタミンは、食べ物からエネルギーを引き出す手助けをするもので、ビタミン剤を飲むとエネルギーを得られるというのは、特定の栄養素が欠けている人の場合以外、ほとんどの人に当てはまりません。あなたが常に疲れているなら、疲れの原因が医学的な問題かどうかを調べるために、まず医者にかかるべきです。医学的な問題でなければ、ライフスタイルを見直すとよいでしょう。働きすぎで、自分自身の時間がないのではありませんか? ストレスは必ず疲労につながります。運動をしてないのではありませんか? 疲れすぎて運動などできないと思われるかもしれませんが、運動するとぐっすり眠れてストレスが減り、スタミナも改善されます。そして、新鮮なくだものと野菜、全粒穀物、低脂肪タンパクの食事と水を十分に摂れば、適切な栄養分が得られて最高のコンディションで活動できるようになるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月19日 (木)

ベジタリアンにもいろいろあるのですか?

はい、そうです。ほとんどのベジタリアン(菜食主義者)は、動物性食品を全く食べないと決めてかかっています。実際、最も厳格なベーガンと呼ばれるベジタリアンは、動物の肉も動物から加工される食品(ミルク、バターなど)も一切食べません。ラクト ベジタリアンは、乳製品は食べますが、それ以外の動物性食品を摂りません。オボ ベジタリアンは、卵を除く動物性食品を摂りません。ラクト オボ ベジタリアンは、乳製品と卵を食べますが、肉類は食べません。あなたのお友だちの場合はペスコ ベジタリアンと言って、魚を除く動物性食品を食べません。ペスコ ベジタリアンのことをセミ ベジタリアンと呼ぶ人もいます。ベジタリアンの食事は、通常果物と野菜、全粒穀物をたっぷり摂るので、とても健康的です。非常に厳格なベジタリアンは、ほかのベジタリアンよりタンパク源のバランスに注意して、十分にタンパク質を摂ることが必要になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月16日 (月)

子どもたちが摂る脂肪とコレステロールの量に関心を持つべきか?

 答えはもちろんイエスですが、その理由はいくつかあります。まず、子どものうちに高脂肪の食品を食べる習慣がつくと、大人になってからも高脂肪の食品を食べつづける可能性が高いからです。大抵の大人が知っているように、長年の食習慣を変えることはかなり難しいものです。子どもが幼いうちから健康的な食事を出していれば、その子どもは生涯を通じて、健康的な食生活をつづける可能性が高くなります。それに、あなたが健康的な食事を摂っていれば、子どもにとって考えられる限り最もよいお手本を見せていることになります。家族全員が健康な食事をしていれば、身体を気づかうことは非常に大事だというメッセージが子どもに伝わるはずです。米国では子どもの肥満と糖尿病が増加しており、子どもの血中コレステロール値も高くなっています。子どもの肥満を防ぐのが、これらの病気を防ぐ最良の方法です。子どもには、規則的に運動し適切な食品を、適切な量だけ食べるように指導すべきです。ある程度の年齢になったら、買い物に連れて行って食品のラベル表示の読み方を教えてあげましょう。子どもたちの中には、今食べている高脂肪の食品に代わる、もっと健康的な食品を見つけることをゲーム感覚で楽しむ子も多いはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月14日 (土)

子供の昼の弁当にいつも同じおかずを入れてほしがります。

 食べ慣れたものだけを食べたがる子どもは大勢います。また、子どもたちは友だちが食べているのと同じものを食べたがるものです。あなたの作るお弁当が栄養価のあるもので、お子さんがお昼以外の食事やおやつに様々なものを食べているなら、たいした問題ではありません。子どもが、来る日も来る日も同じおかずを食べたがるかと思うと、ある日突然、そのおかずはもういやだと言い出すことはよくあります。お弁当には忘れずに、果物と野菜を入れましょう。子どもの中には、残りもののおかずが嫌いな子もいますし、同じものを毎日食べても飽きない子もいるかもしれません。おかずを決めるとき子どもに尋ねてもよいでしょう。ある程度の年齢の子どもなら、弁当作りを手伝ってもらうこともできます。あなたがびっくりするようなものをお弁当に入れて欲しがるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月12日 (木)

私の子どもは好き嫌いが激しい?

 時には、親である私たちが降参して、毎晩マカロニとチーズの夕食にしたほうが楽だという気になりますよね? 子どもたちの多くは、ある時期、好き嫌いをしたり、食べ慣れたものばかりを何度も食べたがるものです。そういう子どもも、成長するにしたがって食べたことのないものを食べたがるようになるのが普通です。それを促す方法としては、献立を考えたり、食事の用意をするとき、子どもにも手伝わせるのがよいでしょう。子どもを食料品店や農家の直売所に連れて行けば、同時に栄養について教える機会にもなります。庭があるなら、それも子どもたちを食事に関わらせるような方法で利用するとよいでしょう。子どもたちは、自分で育てた食べ物なら食べてみようとすることが多いからです。簡単な調理ができるくらいの年齢の子どもで、食卓に何が出されても気にしないような場合には、自分で調理する機会を与えてみるのもひとつの方法です。そうすれば、子どもは自分の好き嫌いにもっと責任を持つようになり(親としては健康によい食材をそろえてあげるようにします)、あなたは2通りのメニューを用意する手間が省けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月10日 (火)

果物をジュースにしたら・・・。

 果物や野菜が食べられないときは、新鮮な果物や野菜を絞ってジュースにするのは、必要な量の果物や野菜を摂れるよい方法です。一方、ジューサーで絞ると果実から貴重な食物繊維が除かれてしまいます。新鮮な果物や野菜を食べることの数多い利点の一つは、食物繊維が摂れるということなのです。また、食物繊維のおかげで、果物や野菜を食べるとお腹がいっぱいになった気がします。ですから、もしカロリーを気にしているなら、ジュースを絞って飲む場合には、果物や野菜を食べるときより多くのカロリーを摂取していることを意識すべきです。例えば、オレンジ1個は約60calですが、ジュースにすると、せいぜいコップ半分の量にしかなりません。ジュースをこれだけ飲むのでは少ないと感じる人が多いでしょうが、オレンジをまるごと1個食べれば、お腹にたまって満足感があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日)

20~30代に増える「若年性健忘症」にご用心

 「聞いたことをすぐ忘れてしまう」「相手の話すことが理解できない」――。
このような深刻なもの忘れの症状に悩む、20~30歳代の人が増えているという。

 河野臨床医学研究所付属第三北品川病院理事長の築山節氏は、こうした人を「若年性健忘症」と名付けている。最近は、脳神経外科を専門とする築山氏の外来を訪れる患者のうち、約2割を若年性健忘症の患者が占めるまでに至っているそうだ。

 若年性健忘症は、「脳梗塞」などの病気が原因ではないため、コンピューター断層撮影(CT)検査や磁気共鳴画像(MRI)検査といった、脳の形態をみる検査をしても、何も異常は見つからない。ただ、「会社を辞めざるを得ないなど、深刻な症状の人もかなりの数に上る」(築山氏)という。

 「ちゃんと仕事をこなしているから、もの忘れなんて自分には関係ない」と思っている人は、ちょっと待ってほしい。その仕事は、何でもマニュアル通りにこなすだけだったり、誰とも会わずパソコンのモニターに向かいっぱなしの仕事ではないだろうか。

 実は私たちの脳は、与えられる刺激が少なかったり、日ごろから使っていないと、年齢に関係なく、機能が徐々に低下してしまう。マニュアル通りに仕事をこなしている人は、このパターンの若年性健忘症になりやすいわけだ。
 このほか、仕事に一日中追われて、ほとんど自由な時間がない多忙な人も、実は若年性健忘症になりやすい。仕事に必要な部分しか脳が働いていない場合、脳の他の部分の機能低下が進んで、深刻なもの忘れが起こり得るのだ。

 また、現代社会特有の環境も、若年性健忘症が起こる背景にあるとみられている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 6日 (金)

ほめられる子は思いやりも育つ…科学の目が初めて証明

 読売新聞の記事です。

 乳幼児期に親からよくほめられる子供は、他人を思いやる気持ちなどの社会適応力が高くなることが、科学技術振興機構の長期追跡調査で明らかになった。育児で「ほめる」ことの重要性が、科学的に証明されたのは初めて。3月7日に東京都内で開かれるシンポジウムで発表する。

 筑波大の安梅勅江(あんめときえ)教授(発達保健学)らの研究チームは、2005~08年、大阪府と三重県の計約400人の赤ちゃんに対し、生後4か月、9か月、1歳半、2歳半の時点で成長の度合いを調査した。調査は親へのアンケートや親子の行動観察などを通して実施。自ら親に働きかける「主体性」や相手の様子に応じて行動する「共感性」など、5分野25項目で評価した。

 その結果、生後4~9か月時点で父母が「育児でほめることは大切」と考えている場合、その子供の社会適応力は1歳半時点で明らかに高くなった。また、1歳半~2歳半の子供に積み木遊びを5分間させたとき、うまく出来た子供をほめる行動をとった親は半数程度いたが、その子供の適応力も高いことも分かった。

 調査では、〈1〉規則的な睡眠習慣が取れている〈2〉母親の育児ストレスが少ない〈3〉親子で一緒に本を読んだり買い物をしたりする--ことも、子供の適応力の発達に結びつくことが示された。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 4日 (水)

衰えない「美への投資」 超高級化粧品にシフト その3

 ■群雄割拠 海外メーカーも参入

 高級化粧品を強化するのは、資生堂だけでない。コーセーは、百貨店を中心に展開する最高級ブランド「コスメデコルテAQ」を昨年8月に一部リニューアルした。それが奏功し、昨年4~11月販売実績は前年同期比2けた増を達成した。

 花王が百貨店専用として展開するブランド「エスト」から9月に登場した「エターナルフロー」、さらにはポーラの「B.A」といった最高級スキンケアシリーズも、独自開発したマッサージ美容法を指導・提案することで愛用者を増やしている。

 カネボウ化粧品の百貨店ブランド「インプレス」は、昨年4~9月販売が前年の約40%増。昨年10月に発売した15グラム入りで1万500円の目元用美容液は、やはり計画比2けた増で推移。訪販主体のノエビアは、最高級スキンケア「スペチアーレ」のクリーム(10万5000円)を富裕層に知ってもらおうと、昨年12月、東京・表参道にサロンを開店した。

 こうした現象は海外メーカーにも刺激を与えている。スペインの「ナチュラビセ」もその一つ。現地ではプロ仕様のエステ用化粧品として知られ、王室やセレブに人気の高級ブランドだが、撤退した日本市場に昨年9月から再参入した。目玉として日本市場に初登場した美容液は、価格が13万1250円ながら発売2カ月で計画の3倍ペースの売れ行き。少子高齢化で縮小に向かう化粧品市場にあって、各社は「(特定の層に向けた)高価格帯商品は成長の余地がある」(小林一俊コーセー社長)と口をそろえる。

 女性にとって高級化粧品は「自己への投資」といった特別な意味合いでとらえられる。こうした女性心理も加味した商品開発競争がいっそう激しくなりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009年3月 2日 (月)

衰えない「美への投資」 超高級化粧品にシフト その2

 ≪立役者アラフォー≫

 これらの製品のメーンターゲットは、美や健康のためには投資を惜しまない「アラフォー」と呼ばれる40歳前後の層をはじめ、可処分所得の高い独身ワーキングウーマン、裕福な主婦、ファッション感度が高いシニア層などだ。

 そのなかでもアラフォーは、行動的で倹約よりも本物志向が強いとされ、ファッション衣料など化粧品以外の業界も消費の牽引(けんいん)役として狙いを定める。アラフォーが高級化粧品市場拡大の立役者であることは間違いないようだ。

 その背景としてアンチエイジング(シミやシワ、たるみ防止といった抗加齢)技術の進化をあげることができる。これらの層がスキンケア化粧品に求める一つがアンチエイジング。この効果をうたった商品も登場したことで、高級化粧品の評価が改めて高まったようだ。

 資生堂は「効果を実感し、納得の上で購入していただければ、継続的な購入にもつながる」(広報部)と、品質重視の高級商品戦略に自信を示す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »