« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月28日 (月)

シリーズ健康日本21の目標⑦(再掲)

 糖尿病
 わが国の糖尿病患者数は、生活習慣と社会の変化に伴って、急速に増加している。また、糖尿病はひとたび発症すると治療は困難であり、放置すると重大な合併症を引き起こすことが多いことから、生活の質の低下等を招いている。目標は、糖尿病の一次予防の推進を図る観点から、生活習慣の改善、糖尿病有病者の早期発見及び治療の継続について設定しています。
 ○成人の肥満者(BMI≧25.0)の減少・・・目標値:20~60歳代男性15%以下、40~60歳代女性20%以下
 ○定期健康診断等糖尿病に関する健康診断受信者の増加・・・目標値:5割以上の増加
 ○糖尿病有病者に対する治療継続の指導を徹底

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年9月25日 (金)

シリーズ健康日本21の目標⑥(再掲)

 歯の健康
 歯の喪失の防止は、食物の咀嚼のほか、食事や会話を楽しむ等による、生活の質の確保の基礎となるものである。また、う蝕及び歯周病は、歯の喪失に繋がるため、その予防が重要である。目標は、歯の喪失の原因となるう蝕及び歯周病の予防、歯の喪失防止について設定しています。
 ○80歳における20歯以上の自分の歯を有する者の割合及び60歳における24歯以上の自分の歯を有する者の割合の増加・・・目標値:80歳における20歯以上の自分の歯を有する者の割合、20%以上・60歳における24歯以上の自分の歯を有する者の割合、50%以上
 ○12歳時における1人平均う歯数の減少・・・目標値:12歳時における1人平均う歯数、1歯以下
 ○40、50歳における進行した歯周炎に罹患している者の割合、3割以上の減少

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月22日 (火)

女性4人に1人が65歳以上…高齢者人口推計

 また連載中にすみません。読売新聞の記事なんですけど、コメントは後ほど。

 「敬老の日」にちなんで総務省は20日、日本の65歳以上の高齢者人口の推計(9月15日現在)を発表した。

 女性の高齢者は1659万人で、女性人口に占める割合は25・4%(前年比0・7ポイント増)と初めて25%を超え、4人に1人が高齢者となった。男性の高齢者は1239万人で、男性人口の19・9%(同0・6ポイント増)を占め、ほぼ5人に1人が高齢者となった。

 高齢者人口は前年比80万人増の2898万人で、総人口(1億2756万人)に占める割合は前年比0・6ポイント増の22・7%。ともに比較可能な1950年以来、過去最高となった。

 年代別では、70歳以上は2060万人(前年比44万人増)。後期高齢者医療制度の対象となっている75歳以上は、前年比50万人増の1370万人(男性519万人、女性851万人)で、総人口の10・7%となった。80歳以上は、前年比39万人増の789万人(男性267万人、女性522万人)で、長寿になるほど女性の割合が増えている。

 私のコメントなんですが、こういう話を線でつなげて、理解してもらいたいんですよね。この記事を見て、「ふーん」と思うか、これからの日本はどうなるのかと考えるのは大きな違いです。この記事だけではなく、このブログでは高齢化について何度も書いていますが、だんだんもっと大変な世の中になってきます。それを政治のせいにしたりしたって、世の中がどんどん動いているんだから、増税の問題など、これから大変なことになってきますよ。
 新しく変わった政党が何をするのかわかりませんが、どこの政党がどう言ったって、これからは高齢化が進んで、少子化の時代ですから、無駄を排除するとは言っても、それ以上に税金が足りなくなるのは目に見えてるし、その税金をどこから集めるんだと言う問題はもっと大きな問題になります。
 また他の関連した記事を見つけたら書きますね。皆さんも考えてみてください。日本を変えるのは皆さんなんですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月19日 (土)

シリーズ健康日本21の目標⑤(再掲)

 アルコール
 アルコールは、慢性影響としての臓器障害等の健康に対する大きな影響を与えるものである。目標は、多量飲酒者の減少、未成年の飲酒防止及び節度ある適度な飲酒についての知識の普及について設定しています。
 ○1日に平均純アルコールで約60gを超え多量に飲酒する人の減少・・・目標値:2割以上の減少
 ○未成年の飲酒をなくす
 ○「節度ある適度な飲酒」としては、1日平均純アルコールで約20g程度である旨の知識を普及する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月16日 (水)

シリーズ健康日本21の目標④(再掲)

 たばこ
 たばこは、がんや循環器病など多くの疾患と関連があるほか、妊娠に関連した異常の危険因子です。目標は、たばこの健康影響についての十分な知識の普及、未成年者の喫煙防止、受動喫煙の害を排除し、減少させるための環境づくり、禁煙希望者に対する禁煙支援について設定しています。
 ○喫煙が及ぼす健康影響についての知識の普及
 ○未成年者の喫煙をなくす
 ○公共の場や職場での分煙の徹底、及び効果の高い分煙についての知識の普及
 ○禁煙、節煙を希望する者に対する禁煙支援プログラムを全ての市町村で受けられるようにする

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月13日 (日)

シリーズ健康日本21の目標③(再掲)

 休養・こころの健康づくり
 こころの健康は、生活の質を大きく左右する要素です。目標は、ストレスの低減、睡眠の確保及び自殺者の減少について設定しています。
 ○最近1ヶ月間にストレスを感じた人の割合の減少・・・目標値:1割以上の減少
 ○睡眠によって休養が十分にとれていない人の割合の減少・・・目標値:1割以上の減少
 ○自殺者の減少・・・目標値:22,000人以下

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月10日 (木)

新型インフルエンザにカテキン、特にEGCgのすすめ

 連載中にごめんなさい。今日だけ話題を変えます。
 8月 6日 (木)「インフル薬にお茶の力 カテキン加工、タミフルより効果」と8月 9日 (日)「EGCg」でも書いたのですが、最近また流行り始めたようなので、書きました。私の子供の学級も閉鎖になりましたし、知り合いの子供の学級も閉鎖になりました。他人事のように思っていましたが、身近にもどんどん来ましたね。

 EGCgはタミフルより効くと言う話ですが、私はEGCgをサプリメントで摂取して、予防しています。 下に写真を入れたので、参考にして下さい。写真をクリックするとはっきり見えます。
 このサプリメントはそんなに高いものではないですから、心配のある方はメールで相談してください。買い方を教えたいと思います。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 7日 (月)

シリーズ健康日本21の目標②(再掲)

 身体活動・運動
 身体活動・運動には生活習慣病の発生を予防する効果があり、健康づくりの重要な要素です。目標は、日常の生活における身体活動に対する意識、運動習慣について、成人及び高齢者に分けて設定しています。
 ○日常生活における歩数の増加(成人)・・・目標値:男性9,200歩、女性8,300歩
 ○1回30分以上の運動を、週2回以上実施し、1年以上継続している人(運動習慣者)の増加(成人)・・・目標値:男性39%、女性35%
 ○日常生活における歩数の増加(高齢者)・・・目標値:男性6,700歩、女性5,900歩
 ○何等かの地域活動を実施している者の増加(高齢者)・・・目標値:男性58%、女性50%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 4日 (金)

シリーズ健康日本21の目標①(再掲)

 栄養・食生活
 栄養・食生活は、多くの生活習慣病との関連が深く、また生活の質との関連も深いです。目標は、適正な栄養素の摂取、適正な栄養素の摂取のための個人の行動及び個人の行動を支援するための環境作りの3段階に分けて設定しています。
 ○成人の1日あたりの平均食塩摂取量の減少・・・目標値:10g未満
 ○成人の1日あたりの野菜の平均摂取量の増加・・・目標値:350g以上
 ○カルシウムに富む食品の成人の1日あたりの平均摂取量の増加・・・目標値:牛乳・乳製品130g、豆類100g、緑黄色野菜120g以上
 ○朝食の欠食率の減少・・・目標値:20,30歳代男性15%以下、中学、高校生でなくす。
 ○量、質ともにきちんとした食事をする者の割合を増加
 1日最低1食、きちんとした食事を、家族等2人以上で楽しく、30分以上かけてとる者の割合の増加・・・目標値:70%以上

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年9月 1日 (火)

健康日本21(再掲)

 ブログを始めた頃に書いたものですが、大切なことですので、もう一度乗せたいと思います。
 当時は毎日更新で10日に分けて書きました。最後にコメントも書いていますが、この思いは今もぶれていません。参考にしてみてください。

 現在の日本では生活習慣病が増加しています。それに伴って要介護者等の増加も深刻な社会問題になっています。そこで、従来よりも増して、健康を増進させ、『1次予防』に重点を置いた対策が求められました。そこで、2010年度を目途とした『21世紀における国民健康づくり運動』が定められました。これを健康日本21と言います。
 目的としては次のように記載されています。
 21世紀のわが国を、すべての国民が健やかで心豊かに生活できる活力ある社会とするため、壮年期死亡の減少、健康寿命の延伸及び生活の質の向上を実現することを目的とする。
 また基本方針としては次の4つです。
 ①1次予防の重視
 ②健康づくり支援のための環境整備
 ③目標等の設定と評価
 ④多様な実施主体による連携のとれた効果的な運動の推進

 またそれぞれ9つの目標と言うものがあり、数字や具体的な提案がなされています。これについては長くなるので、次回より、シリーズにしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »