« 労使紛争 | トップページ | 年金支給「68~70歳」議論で厚労省3案提示 »

2011年10月13日 (木)

先生

 好奇心が旺盛な人って、目の付け所が違うなぁと感じます。
 普段なら見過ごすようなことでも、どうしてかな?とか、すごいなぁと言いますね。観察力もすごいし、向上心もありますよね。

 実は子供ってそうですよね。小さな子供が道端に咲いている小さな花を見て、可愛いとか、綺麗だとか、一人で寂しそうと言われたことがあります。大人になるとよく見ている花だし、そんな気持ちにはならないです。でも、実はそういう純粋な気持ちが大切なのかもしれないです。

 なんか物事が当たり前すぎて、忘れていることってありますよね。
 このブログにも貼っている相田みつをさんの言葉なんですが、「花を支える枝、枝を支える幹、幹を支える根、根はみえねんだなあ」という話も、そりゃそうだと思えばそれまでですが、いろいろな考え方の応用が出来るような気がします。

 最近、いろいろあって、考えることが多いんですが、子供の何気ない言葉や、相田先生の話などで、目が覚めることがあります。
 どんな人でも先生になってくれますね。

|

« 労使紛争 | トップページ | 年金支給「68~70歳」議論で厚労省3案提示 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130682/52977283

この記事へのトラックバック一覧です: 先生:

« 労使紛争 | トップページ | 年金支給「68~70歳」議論で厚労省3案提示 »