« 優秀な野球選手が大リーグへ・・・ | トップページ | アッという間に季節が変わる。 »

2011年10月 2日 (日)

もうほとぼりが冷めたか?

 9月11日付で、ある大臣が辞職した。私が住んでいる北海道から選出された議員である。ニュース速報が出て、驚いてネットの情報を片っ端から見て、次の日の新聞も読んだ。その時はなんてことを・・・と思った。
 しかし、ユーストリームで会見の全部の様子があったので、見てみたら、考えが変わった。
 さらに地元なので、いろいろな報道番組や情報番組で取り上げられ、それらを見ているうちに、気の毒になった。

 またもうひとつの記者に対する発言も取り上げられた。それは本来、オフレコの場所で、記者はその場で聞いたことは、名前を出さないとか、録音してはいけない、メモを取ってはいけないなどのルールがあるそうだ。中には会合などでお酒を飲んでいるケースもあるそうで、そんな状態での発言が飛び交うと大変なことになる。
 法律では国会議員は国会で発言したことに対しては、国会以外では責任を問われないというものがある。
 しかし、国会で決まったことを、行動に移したりすることで、いろいろな事態が発生する。国民にとって有利なこともあれば、発表できないこともある。
 記者たちはそんな議員たちを待ち構えて、オフレコの場所ではあるが、懇談と言う形で情報を集めている。しばらくして正式に発表された時に、情報が線で結ばれるような役目をする場なんだろうと思う。そんな、いわゆる議員のサービスのような場所で、議員を裏切るようなことが許されるのだろうか? 報道に関しても、発言したという言葉が微妙に違う。叩かれた議員のコメントもあったが、本当は何と言ったのだろうか? それがあれほどまでに大きく取り上げるほどの事だったのだろうか?

 ヤフーの掲示板やツイッターなどを見て思うことだが、発言者はどれほどの情報を得て、発言しているのかなって思う。
 私はツイッターのアカウントを持っているが、あんな短い言葉だけのやり取りは、恐ろしくて出来ないでいる。昔、チャットをしていたが、言葉が足りなくて勘違いさせたことが多かった。
 人は100人いれば、100通りの考え方があると思う。だから同じ意見もあれば、反対意見もある。またグレーな意見もある。

 話を戻すが、今回の辞任劇からしばらく経つが、意見している人は記者会見をくまなく見ているのかって思う。確かに報道されている発言はあった。しかし、彼が本当に言いたかったことは、だからこうしていきたいと言うことだと感じた。なぜ、そこを議論してくれないんだろう? その案に対して、生ぬるいとか、応援しようとかという意見ならわかるが、頭のプロローグのような部分に、しかも一言だけを大きく取り上げて、他は説明しないから、それしか言っていないような報道になり、それなら許せないと言う意見が盛り上がって、政治家特有の揚げ足取りで、足を引っ張り合い、次の選挙のことも考えてなのか、さっさと首を切った。

 ダメなら辞めさせる。それは簡単なことだ。でも、仕事ってそんなに簡単なものじゃない。なぜもっと長い目で見て、みんなでリーダーを育てようと考えないんだろう。たった9日だったら、多くの部下の名前すらも覚えないで辞めさせられただろう。職人の世界は10年で一人前だとか、30年やってもまだ足りないと言う世界もある。
 政治は流動的なものだし、緊急性を必要とすることも多い。それはわかるが、ここ何人かの閣僚を見ていて、長く続いた人は何人いるだろう。一年ぐらいでリーダーが変わるようであれば、方向性が変わって上手く行くはずがない。さらには、私たちが実感できる「これは良かった」ということが、最近何かあっただろうか?

 リーダーとボスは違う。今求められているのはリーダーで、ボスが欲しいわけではない。どうも権力争いのボス争いをしているように見えるのは、私だけだろうか?

|

« 優秀な野球選手が大リーグへ・・・ | トップページ | アッという間に季節が変わる。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130682/52884123

この記事へのトラックバック一覧です: もうほとぼりが冷めたか?:

« 優秀な野球選手が大リーグへ・・・ | トップページ | アッという間に季節が変わる。 »