« グリーンベイ・パッカーズ | トップページ | 人の為 »

2011年10月28日 (金)

ドラフト会議

 昨日はプロ野球ドラフト会議だった。テレビで見ていた。
 私が応援している北海道日本ハムファイターズは東海大の菅野智之投手を指名した。一昨日のスポーツニュースでも見たが、菅野投手はジャイアンツの原監督の甥だそうで、ジャイアンツでは早くから指名すると言っていた。だから競合にならないだろうと思っていたが、ファイターズも指名し、抽選でファイターズが引き当てた。

 毎年この時期になると、引退試合や記者会見などで華々しく引退していく選手もいれば、ひっそり戦力外になって退団する選手もいる。
 その逆に全国のスカウト調査の中から将来的なことを有望視され、ドラフトで指名されてプロとしてはまだ実績がないのに、新聞やマスコミに大々的に取り上げられる選手もいる。

 私が中学2年生の時のドラフト会議で、巨人以外行かないと言う選手がいた。当時、作新学院高の怪物と言われた江川卓投手です。しかしドラフト会議では阪急が交渉権を獲得した。彼はこれを拒否し、法政大へ進学した。
 その時の私の担任の先生が江川投手をわがままだと熱く語っていた。「野球なんてどこでやっても一緒なんだし、プロの実績がないのにわがまま言ったらダメだ。とにかくプロ野球選手になって、実績を積んでから言え。」と言う内容だった。
 しかし、先生は好きだったけど、その意見だけは賛成できなかった。

 私は求人広告で仕事を探したことがない。小学生の頃から自分はこういう仕事がしたいというものがあって、目ぼしい会社を何ヶ所か選び、その会社に直接出かけて行って募集の有無や話を聞き、入社試験を受けさせてもらって、その中の一社に無事に入社できた。大きなくくりで言えば、この業界だってピンからキリまである。しかし、私には傍にいた先輩のような仕事をしたくて、その業界である程度の実績を作るんだと思っていた。だから就職先はこだわった。小学生の頃から夢見てきたことだったから、同じものを扱うのならどこでも良いだろうという訳にはいかなかった。
 クラスメートの中には、仕事が出来ればどこでも良いんだという同級生もいた。しかしそれはそれでも良いと思う。悪いこととは思わない。

 楽天の田中将大投手のように「指名されるならどこでも良いです」という選手もいる。
 自分の希望とは違う球団に指名され、涙を流しながらも、その球団に入る選手もいる。
 また指名を拒否し、進学や野球浪人をする選手もいる。
 私はどれも正解だと思う。

 プロ野球選手は例えドラフトで一位指名を受けたからと言って、一流の選手になれると言う保証がない。また下位指名やドラフト外で入団して、名前が出てくる選手もいる。
 選手自体のやる気や素質もそうだと思うが、球団の雰囲気や監督やコーチ陣、チームメイトによっても、かなり左右されると思う。またその環境の中だけでは、大成できない部分が多いと思う。他の球団の選手のやり方や考え方を参考にしたり、トレーニング方法、身体のケア、メンタル面、食事や栄養、睡眠や休息など、みんなと同じことをしていては難しい。例えそのチーム内の競争に勝っても、試合で勝てなければ、評価されないという、私には考えられないほどの世界だと思う。

 ドラフトで選ばれることがゴールではない。過去にどれだけ成績を残しているのかでもない。
 評価されるのは早くても来年の今頃で、それ以上かかる選手もいれば、成績が出せなくてやめていく選手もいる。きびしい世界だと思うけど、みんな頑張ってほしいです。

ご参考までに・・・ドラフト会議で指名された甲子園の星達
http://pospelove.com/

|

« グリーンベイ・パッカーズ | トップページ | 人の為 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130682/53099892

この記事へのトラックバック一覧です: ドラフト会議:

« グリーンベイ・パッカーズ | トップページ | 人の為 »