« 頭の中のBGM | トップページ | kizasi.jp »

2011年11月 2日 (水)

世の中に絶対はない・・について

 先月23日に書いた「世の中に絶対はない」の記事で、何人かから直メを頂きました。
 お返事を送らせては頂いたんですが、ずいぶん悩んでいる方もおられました。

 この会社の場合、口コミで話が来ます。そのケースもみんな違うと思うんですよね。私の場合は会社に来たお客さんで、私の仕事に興味を持ってくださって、お茶を飲みに行った時に私が疲れやすいということで、オーバードライブを教えてもらったのがきっかけでした。効果はすぐわかりました。私はアルコールアレルギーで、ほとんどの栄養ドリンクが飲めません。だからどうしてもこの製品がほしくなりました。製品を買いたくて会員になりました。ビジネスには最初は興味ありませんでした。ただいろいろな情報を得るうちに、生活習慣病を防ぐことが出来ると思い、それでは伝えてみようと思いました。
 流通のシステムも良いと思いました。ダイレクトセリングで会社から直接買うシステムで、中間流通マージンがかからない分、安く買えるし、市販のものと同じ値段ならその分、質の良い製品だと言えます。しかも口コミなので企業でコストをかけているコマーシャル代がかからないし、さらにはもし悪いものであれば、口コミをした人の信用がなくなるわけですよね。
 会社の理念も気に入ったし、直接アメリカに行ってコンベンションにも参加しました。製品力がすごいと思ったし、どうせ使うものなら安全で良いものを使った方が良いです。その考えが多くの人に広まれば、自然とみんなが健康になれて、さらには収入につながるという仕組みなので、誰も損をしないと思いました。

 しかし、ここは日本です。日本では成分の一部が使えないとか、認可されていないなどで、同じ名前の製品でもアメリカと日本の温度差がずいぶんあります。さらに日本にいながらアメリカのコンベンションに参加しませんかと会員用のホームページに案内を出しているということは、聞きにおいでという意味だと思います。伝える仕事ですから、アメリカの情報を聞いてそれも伝えるわけです。
 でも私たちのように製品を長年使っているにもかかわらずがん患者が出ると、製品に対してだけではなく、口コミなので人間としても信用はなくなります。
 会社の言うことはわかります。しかしセールス経験がなく、会社から出されている資料と体感だけで、大手メーカなどの製品よりも優れているというところをどこまで伝えることができるでしょうか? 他社製品との比較実験はいけないことになっているんですよ。仮に興味を持ってもらっても、買い込みをしてそれを専門に買い取るネット業者の方が安く買えるなら、そちらから買った方が良いに決まってますよ。

 製品を使うのは自分のためです。紹介者や会社のためではありません。だったら安い方を選ぶし、仮に伝えた人がシステムを理解したとしても、その人が次に伝えた人も同じような価値観を持つでしょうか? 一人や二人ではビジネスと考えたら無理なんですよ。仮に大きな組織が出来たとしても、現在だってこれだけ会社より安く買う方法があるのに、良心的に考えるなら会社から買うメリットなんか見当たらないです。

 さらには製品に対する信頼です。私が伝えた人で確かにニキビが消えた人がいますし、ペットの動物で腫瘍が消えた例があります。私自身もコレステロール値が下がりました。
 しかし、中にはがんになった人が出たんです。千分の一なのか、一万分の一の確率なのかもしれません。でも私はそれを隠してでも伝えることは出来ません。万が一訴訟問題になったらどうしますか? 使うと決めるのは相手でも、情報を提供するのはこちらなんです。またそれに対し日本の会社の対応も、先月23日に書いた「世の中に絶対はない」の通りです。

 体質などもあるので合う人ばかりではありません。アメリカ本社の情報と日本での製品に関しては温度差があります。今の現状で正直に言うとあまり信じすぎない方が良いと思います。

参考
2011年10月23日 (日)
世の中に絶対はない
http://asahikawa-kenkou.cocolog-nifty.com/kenkoujouhou/2011/10/post-ba93.html

|

« 頭の中のBGM | トップページ | kizasi.jp »

コメント

> 会社から出されている資料と体感だけで、
> 大手メーカなどの製品よりも優れているというところを
> どこまで伝えることができるでしょうか?
> 他社製品との比較実験はいけないことになっているんですよ。

なにかスゴイ製品のように勘違いしている人がとても多い。
ニュースキン製品を作っている向上では他社製品も作っている。
他社製品と配合の種類や量が違うにしても、同じ原料名ならブランドが違っても同じものだし、製造ラインだって同じものを使っている。
なのにニュースキンだけが特別良いなんて、事実と異なる表現で顧客をダマす商売はやめて欲しい。

http://nuskin.publog.jp/archives/41575046.html

投稿: Androidより投稿 | 2014年10月30日 (木) 10時34分

コメントありがとうございます。
お名前がわからず、また記事の一部に対してのみのコメントのようなので、こちらの意図が伝わっているのか疑問です。
逆にお伺いしたいのですが、他のメーカーの製品も同じ製造ラインで作っていると言うところは、貴方自身がご確認されての発表なんでしょうか?
そう言う話は数えきれないくらい聞いているので、何がホントか、何が出任せかわかりません。

ビジネスと考えた時には利益を出さなければいけません。
それには他に競合するメーカーがあるわけですから、化粧品でも、車でも、なんでも同じ事で、何が他よりも優れているのかと言う物がなければ、難しいと思うんですよね。
確かに大同小異の話なのかも知れません。
ザックリ言えばこう言う物だと言う事だと思います。

確かに私がやっていた頃はすごい製品だと言われていました。
でも先月、この記事を書いたきっかけになった同じ仲間が長年頑張って来た病魔に勝てず、他界しました。

私の論点は、アメリカの製品と日本の製品の中身が違うので、アメリカの話をそのまま顧客やダウンに伝えるのは、危険だと言うことを言いたいのです。

今回亡くなった人はサイドラインで、アメリカのコンベンションにも一緒に行った人で、彼女自身の判断で彼女なりの確信を持って、製品を使い、ビジネスをしていました。
これがもしも自分のダウンラインだったとか、顧客であればと考えると、ゾッとしました。
この件で私は会社と直接やり取りをしました。
しかしディストリビューターと会社の温度差がずいぶんあります。
その中で自分で確認した事のみを伝える事が重要で、証拠がない限り、他人の言う事を真に受けるのは危ないのです。
そう言う恐れがある事なんですよと言うことを言いたかったんです。

私に賛同してくれているのか、ご意見されているのか、短過ぎて不明ですが、私のコメントにご意見があれば再度「世の中に絶対はない」と今回の記事を両方確認していただき、お手数ですが、再度コメントいただけませんか?

これからもよろしくお願いします。

投稿: まっつ | 2014年10月30日 (木) 20時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130682/53141015

この記事へのトラックバック一覧です: 世の中に絶対はない・・について:

« 頭の中のBGM | トップページ | kizasi.jp »