« レストランで食事 | トップページ | 本格的な冬が来る前に »

2011年11月24日 (木)

もしも音楽がものを言ったら

 先日、14年間で31万キロも乗った愛車を手放した。
 本当はもっと乗りたかった。
 でも、あちこちガタがきていて来年二月の車検だったが、冬タイヤを買わなければいけなくて、車検代のほかにオイル漏れがあるので、それを修理するとなるとすごいお金がかかるが、それでも完全になるとは言えないと言われた。新車で買ってから、ずいぶんお世話になった。家から引き取られていった時は見えなくなるまで見送ってしまった。

 ところで、昔、私の大好きな来生たかおさんがコンサートでつぶやいていたことだけど・・・
 「もしも音楽というものがものを言えたとしたら・・・」
 「来生さんのおかげで多くの人々に音楽って良いものだと思わせていただいてありがたい」と言われるか「あなたのせいで音楽というものが悪いイメージに思われている」と言われるか。これって人間社会や人付き合いにも言えることだと思うと言っていた。

 この言葉が耳に残っていて、自分もそうありたいと思っている。好かれたいと言う意味ではなくて、良いことにしろ悪いことにしろ、知り合えて良かったとか勉強させられたと言うか・・。上手く言えないですけど。
 また私の場合立場を変えて考えるようにもなった。それが仕事に対してだとか、愛用品に対しても、この人と巡り合って良かったと思われたいと考えている部分がある。
 だから車に対しても、私で良かったのかなとか、幸せだったのかなって擬人化してしまうことがある。私だけの片思いだったのかも知れないし、車は喜んでくれていたのかも知れない。

 それにしても、車を引き渡す日は朝から車の中の備品などを片付けたが、魂が抜けた全然違う車になった気がした。

 次の車も早く家族の一員になってもらって、長く大切に乗りたいと思っている。

|

« レストランで食事 | トップページ | 本格的な冬が来る前に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130682/53319377

この記事へのトラックバック一覧です: もしも音楽がものを言ったら:

« レストランで食事 | トップページ | 本格的な冬が来る前に »