« 余計なこと言うな! | トップページ | 一息つきますか? »

2011年12月14日 (水)

楽して金をもらってる

 私はサラリーマンと健康管理士という顔を持っている。と言っても、最近はセミナーなどの表に出る活動はしていない。自分自身思うところがあって、健康と言うものの常識が変わったので、何を伝えたら良いのかわからなくなった。

 それでも以前は旭川にも仲間がいて、セミナーなどを開いていた。
 その中の一人の女性が、どうしても好きになれなかった。少し年上で言いたいことはなんでも言うタイプで、上でも下でも自分の常識で間違っていると思ったことはハッキリ主張する人だった。しかし立場が変われば考え方も変わるように、常識も変わる。私は健康管理士仲間という立場上付き合っていただけで、向こうも多分そう思っていただろう。

 彼女は40歳過ぎて会社からリストラされるし、東京から出張で来ていた人との間に子供が出来てシングルマザーになった。私はその生き方を否定したことはなかった。価値観が違うんだから私が意見出来るものでもない。
 その彼女から私の仕事は有給休暇やボーナスなどがあり、「私はアンタみたいな楽な暮らしをしているわけじゃないから」とよく言われた。私は経済的には裕福でもないけど、不幸ではないと思っている。またシングルマザーで頑張っている彼女を応援したいとまで思っていた。

 彼女は学生時代の武勇伝をよく話してた。やったことがないのは「麻薬」と「覚せい剤」だけだそうで、毎晩遊びまわって家にも帰らなかったと言う。
 私はその頃は目標に向かっていた。暗い過去があったので同級生と遊んだことが少なく、大人の世界に混じって本気でその仕事をやりたいと思って仕事を教えてもらったり、勉強したり、人脈を広げた。まったく遊びには縁がなかったし、子供らしくない学生だった。
 今になっては学生時代に少しぐらい遊んでおけば良かったかもと思うことがあるが、でも後悔はしていない。そのおかげで今の自分がある。

 しかし、ある時「アンタは会社行くだけで給料もらってる」と言われたことがあった。
 それで付き合いをやめた。堪忍袋の緒が切れた。

 収入をもらうにはもらうだけの価値がある事をしていると、私は信じている。
 またどんなに自分は正しいと思っていても、応援してくれる人や協力者がいないと生きていけない。
 彼女の行き方には全く憧れはしないが、軽蔑もするつもりはない。私とは他人だし、今では協力者でもないから、関係ない。
 でも私だって楽をして今の仕事に就職したわけではないし、今現在も楽をしているわけでもない。
 人は頼られると嬉しいし、期待に答えようと考えると思う。
 人をうらやましがるより、仲良くしていく方が人間としての幅が広がるような気がする。

|

« 余計なこと言うな! | トップページ | 一息つきますか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130682/53479360

この記事へのトラックバック一覧です: 楽して金をもらってる:

« 余計なこと言うな! | トップページ | 一息つきますか? »