« 許せない先生 | トップページ | 100円? いらない。 »

2011年12月19日 (月)

保険

 最近、保険を見直さないかという話が来ている。
 そこでよくよく証書を読んでみた。
 一番最初に入ったきっかけは、知り合いがセールスレディーを始めたのでと言うことだったが、こちらの希望通りの保険だった。その後、彼女は辞めて、新しい担当者が来て見直しをした。今までの条件をそのままにして、新たに発売になったオプションをつけるということだった・・・はずだった。
 しかし証書を見てみると、払い込み終了が80歳になっている。そんな契約をした覚えはない。前の契約では定年の年齢で払い込みが終わることにしていたはずだ。でも現実には書いているし、確認しなかった私のミスだ。全て任せていたので、特に問題があるとは思っていなかった。
 ただこのようなことは保険業法300条「必ず重要事項を説明すること」に違反していると思う。

 契約後に「一応これを読んでいおいてください」と渡された書類は細かい字がぎっしりあり、新しいセールスレディーに言うと、「そうですよね。こんなの読めないですよね」と言われた。セールスレディーがこんなことを言っても良いのかと思いました。パンフレットには図やイラストが使われているのに、肝心なものはややこしい。

 前回の書き換えでも払い込みが値上がりしているし、今回も値上がりすると言う。そこで少し調べてみた。支払う金額は上がるけど、予定利率というのは下がってきていると言うことだ。と言うことは書き換えると損をすることになる。
 しかし、それ以上にこの会社が信用できなくなってしまった。
 別な保険見つけてゆくゆくは解約しようと思っている。
 保険は家の次に高い買い物なので、もっと勉強するべきだった。

|

« 許せない先生 | トップページ | 100円? いらない。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130682/53517307

この記事へのトラックバック一覧です: 保険:

« 許せない先生 | トップページ | 100円? いらない。 »