« 虹伝説 | トップページ | オレに一万円くれるなら・・・ »

2012年2月10日 (金)

なぜそこまで無理をした?

 以前、親戚の叔父さんが胃潰瘍で入院した。娘さんが慌てて救急車を呼んで心細かったのかうちのお袋に電話をして、病院に行って一緒に状況を聞いたようだった。ひどかったようだったが、命には別状なく精神的なことからきたものだったようだ。
 二人娘の妹さんが結婚して、奥さんを亡くして、お姉ちゃんと二人で住んでいる。朝早い仕事で大変だったようだが、それ以上にいろいろなことが重なったんだと思う。これも考え方を変えて、ゆっくり休む時期だと思うので、のんびりしたら良いと思ったものだった。

 そういえば私も過労や精神的な原因で二度ほど入院したことがある。
 その時によく言われるのが、『なぜこうなるまで無理をしたんだ』と言うことだ。私自身の性格もあるが、こういうことは問題が出てからイイ子ぶるヤツが多い。以前も前代未聞の遅刻の話をこのブログで書いたが、若いんだからとか、あいつの担当だとかでどんどんやらせておいて、問題が起きてからこんなことになる前に言ってくれたら手伝ったのにだの、やり方や組織の仕事分担を変えるだのと言う。
 そうなる前にSOSを出しているのに、誰かがどうにかならないと動かない。なっても動かない人もいるけど。

 最近はパソコンを使う仕事が増えて、昔と比べると仕事量ということでは大幅に増えているように思う。だがうちの職場のような大人数のところは、それに伴って仕事量のばらつきが大きくなっている。特に年長の人は『オレはパソコンは出来ないから』と言えばそれですむような風潮があり、代わりに何かしているかと言うと退社時間まで椅子に座っている。

 こういうことは昔からあったことだ。面倒なことは若いやつにやらせる。良く言えば仕事を覚えさせると言う事なんだと言った人もいた。確かに年齢が上がると体力や気力が衰える。それは自分でも実感していることだ。
 しかし組織が大きいと過労や精神疲労で休職する人が目につく。その人の性格も大きく影響するのはわかるが、そういうことがなくなるような仕組みになればいいと思う。

|

« 虹伝説 | トップページ | オレに一万円くれるなら・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130682/53944643

この記事へのトラックバック一覧です: なぜそこまで無理をした?:

« 虹伝説 | トップページ | オレに一万円くれるなら・・・ »