« 雪捨て場 | トップページ | 桃の節句 »

2012年3月 2日 (金)

カメラの変化

 高校時代に写真を撮ることが好きで写真部に入った。
 ほとんど白黒写真ばかりだったが、入部して写真を撮ることよりも、写真を焼く方が好きになった。
 家でもフィルムからネガを作ることまではやっていた。そのネガを持って、学校で暗室にこもり印画紙に焼いては楽しんだものだった。風景から野鳥、スポーツなど色々撮影した。
 カメラはキャノンの一眼レフで、レンズは暗かったけど標準ズームと望遠ズームを二本持っていた。
 当時は感度の良いフィルムは高くて、かと言って安いフィルムではシャッターを早く切れない。特に車などの流し撮りやスポーツなどでは難しかった。そこでASA(現在で言うISOのことです)を変化させて、現像する時に増感現像をして、スポーツなどを撮ったものです。写真の粒子は粗くなりますが、それはそれなりに味のある作品になりました。

 しかし社会人になってしばらくカメラを手にしない時期があって、何気なく今はどんなカメラがあるのかなと調べてみると、一眼レフも進化して交換レンズでもピント合わせが自動になっていた。ちょっと借りてみたけど、合わせたいところじゃないところにピントが合っていたりと言うことが多かった。しかし使い慣れると便利だと思った。欲しいなぁと思ったが、交換レンズを考えると手が出なかった。

 それから間もなくデジカメの時代になってきた。今では小型の安価なものから一眼レフの本格的なものまである。またミラーレスというカメラもすごいと思う。

 先日テレビで未だに昔のカメラを使っている人が『今の写真は写真じゃない。真を写すものではない』と言っていた。
 しかし私はデジタル化は大賛成である。まずなにより経済的だと思う。フィルムを買って写真にしてもらうのにお金がかかり、出来てきた写真の中で気に入ったというものは30枚に一枚あるかどうかだった。つまりお金がとてもかかるのだ。デジタルであればその場で取り直しができる。また昔憧れた連写だって出来るし、気に入らなければ削除すればいいことだ。人物や動物は連写で撮ると微妙な違いが出るものなので、より気に入った写真が出来上がる可能性がある。
 またデータ管理に関しても、パソコンで出来るので、アルバムなどが要らない。また私は昔から画像の加工が好きだったので、明るくしたり暗くしたり、切り取ったり貼り付けたりなどの加工が出来る。これを写真と言わないという意見も多いだろうけど、それは個人の価値観だと思う。

 携帯電話にも高感度のカメラがついているので、写真を撮ることがカメラを買わなくてもできるし、その写真を離れた相手にメールで送ることも出来る。ビジネスの世界でもレポートを作るときやプレゼント作るときにも便利だし、ニュースやスポーツなどではデジタルで撮影したデータをメールで会社に送り、新聞に掲載する。

 真を写すものという考え方もわからなくもないが、それが本当に良いものならなぜ衰退しているんだろう。人間は不便なものは造らないと思っている。デジカメや写メで良いものを撮影するということが常識になり、そのうち動画がもっと手軽になるかも知れないと感じている。

|

« 雪捨て場 | トップページ | 桃の節句 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130682/54118569

この記事へのトラックバック一覧です: カメラの変化:

« 雪捨て場 | トップページ | 桃の節句 »