« 紙おむつは大人が作っている | トップページ | 昔からある怪しい商法 »

2012年3月18日 (日)

二度目の経験ですが・・・

 息子の高校が決まり、一安心した後に冷静に戻るのが入学準備である。
 上の子の時に経験はしているが、今回も同じ思いをしている。
 教科書や教材などはまだ納得できるが、制服や体操着の質の割に高額なのには驚く。今回は普通校だったのでまだ良かったが、長男の時は制服の他に実習着が必要で、二種類の作業着が必要だった。その時は言われるままに、洗い換えが必要だのなんだのと言われ、必要以上の買い物をした経験があったので、今回は冷静になれている。

 文部科学省のHPでは『家庭の状況にかかわらず、全ての意志ある高校生等が、安心して勉学に打ち込める社会をつくるため、国の費用により、公立高等学校の授業料を無償化するとともに、国立・私立高校等の生徒の授業料に充てる高等学校等就学支援金を創設し、家庭の教育費の負担を軽減します。』とある。

 しかし、制服などに関する内容は見つけられなかった。
 高校は義務教育ではないので、本人の意思で行くことになる。制服代くらいは必要経費だ。
 ただ同級生のお母さんの中に、初めての経験だそうで、お金がないから公立高校に入学させたけど、それでもこんなにお金がかかるものなの?と嫁さんに電話が来ていたそうです。

 初めてだとそう思うでしょうねぇ。
 私たちも長男の時はそう思いました。今は先にも書いた通り、公立高校の授業料が無償化とは言いますが、色々な会費や制服代などには特に書かれていない。

 私の頃は、自分が行った高校は学ランで良かったので、中学で着ていたもののボタンを付け替えて行った。でもその頃から私立はブレザーだからお金がかかるとは聞いていた。しかし今では多くの高校が独自の制服を指定されており、公立高校でもそれなりの金額だが、私立になるともっと大変だ。

 昔、職場の野球部に入った時にユニフォームを作った。小さなスポーツショップにお願いしたが、社長も同じリーグの人で仲良くなって話を聞くと、仕事の中心はお店で商品を売るよりも、営業で団体や学校などから注文を受けることの方が中心だと言っていた。

 一度、息子に買った作業着がワークショップで売られていたので、値段を見ると半額以下だったのには驚いた。ネーム代や学校のロゴを入れるとは言っても、そんなに高いものかと感じるが、それも一般人にはわからないところで動いていることがあるのだろうと思う。そのあたりは正確には知らないし、想像だけの話で公の場に記載するわけにはいかないので・・・。
 制服の金額にしても、親の私ですらそれだけの金額の服は数少ない。まぁ、私は着るものにはお金をかけないので、特別なのかも知れないが・・・。またどう見ても金額に見合う質のものでもないと感じる。
 こういうことの規制はないし、逆に言うとそうすることで潤う人たちもいるのだと思う。

 旭川市でも私服の高校があるが、逆に制服がある方がお金がかからないと言う声を聞いたことがある。確かに私服を毎日変えないで同じものという訳にはいかない話かも知れない。そう言われてみれば制服がある方が良いのかも知れない。
 不満ばかりを言っていても仕方がないし、それなら別の方法をと言われる話ですけどね。
 それにしても世の中ってお金がかかる仕組みになっているものですよね。

|

« 紙おむつは大人が作っている | トップページ | 昔からある怪しい商法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130682/54246842

この記事へのトラックバック一覧です: 二度目の経験ですが・・・:

« 紙おむつは大人が作っている | トップページ | 昔からある怪しい商法 »