« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月30日 (月)

便秘気味の方へ・・・

 便秘で困っている方って意外と多く、ずいぶん大変なんですよね。
 苦しい思いもするし・・・。

 便秘の種類はいろいろあって細かく言えば長くなるんですけど、先天的なものや後天性のものがあります。
 また急性と慢性など、いろいろあります。
 急性の場合の原因は食物繊維の不足、水分不足、ダイエットや仕事、人間関係など、さらに女性では妊娠や月経前にくるものがあります。また寝たきりの状態で腸の運動が悪くなるとか、薬の副作用でもなります。
 慢性便秘は腹筋が弱くなったとか、トイレを我慢するなどがあります。

 次に消化器、主に腸や肛門関係の病気があります。
 皆さんに気をつけてもらいたい例は、しばしばお腹の痛みや不快感がある、むくみがある、お腹の張りがあるのにトイレに行きたくない。ストレスがある、それと深酒も注意して下さい。
 さらに危険な場合ですけど、便に血が混じっている、便の形がおかしい、突然便秘になった、何をやっても改善されない、肛門が痛い、腹痛や吐き気、熱がある場合は、お医者さんに相談してみて下さい。
 便の色が赤や黒っぽい場合も同じです。よく言われるのが、胃に近いところでの出血の場合、便は黒っぽくなり、肛門に近いほど赤いと言われますが、鮮血の場合は痔も疑われます。

Photo_2 実はうちのお袋も若い時から便秘に悩まされていたのですが、最近健康茶と言うものを見つけて来てから状態が良いようです。昭和製薬さんから発売されている「でるでるW 48包」というものです。
 個人差があるとは思いますが、近くのドラッグストアーで探してみるか、どうしても見つからないようならネットで見つけたので、参考にしてみて下さい。
「でるでるW 健康茶」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月29日 (日)

稲葉選手、おめでとうございます

 稲葉選手、2000本安打達成おめでとうございます。
 きれいなヒットでしたね。
 ファイターズの試合のある日はほとんどチェックしているのですが、今日は特に楽しみにしていたんです。
 私なんか、自分が試合するわけでもないのに、試合前からネットで相手投手のクセや相性などを調べたりしてバタバタしていました(笑)。まったく、なにしているんだと自分でもそう思います。

 それにしてもテレビででもリアルタイムで見れたことは幸せなことだと思うんです。
 これで稲葉選手も名球会なんだと思うと、すごいなぁと思います。
 次はヤクルトの宮本選手ですね。
 ちょっと調べてみたんですけど、私が2000本安打の瞬間を見た選手は、ヤクルトの古田選手と日本ハムの田中幸雄選手しか記憶にないんですよね。あとはスポーツニュースやネットで知ったという感じです。
 ちなみに王選手のホームラン世界一はリアルタイムで見ました。
 区切りの記録は何度か見ていますが、今回のようなことは意外と見れないものなんですよね。

 現在の名球会の中では、イチロー選手が一番ヒットを打っているようで、現在でもまだまだバリバリの現役ですから、どこまで記録を伸ばすのかなと思いますね。

 しかし名球会に否定的な人もいるんですね。落合監督は資格があるのに、拒否したと言います。調べてみると、なるほどと思うこともあります。

 ただ記録や結果を出す人はどこか凄いんだと思います。スポーツニュースや対談、特番などを見ていても、深いものだなと思います。勝ち負けだけにこだわるのが申し訳ないような気がします。でもスポーツですから、勝たないといけないと言うことを求められる部分がありますけどね。

 試合前はヒットが出た瞬間に喜びながら走るのかなと思っていたのですが、試合中にヒットの瞬間を見て、私は一フアンとして喜びましたが、稲葉選手はランナーがホーム突入でセーフになってから喜んでいました。スポーツニュースでも言っていましたが、打った瞬間わかったそうですが、それよりランナーの方が気になったと言っていました。
 前回の試合のインタビューでも、2000本より試合に勝つためにやっていると言っていましたが、それが建前ではないと言うことがわかりました。人柄にも好感が持てる大好きな選手の一人で、そんな選手が私たちの北海道を本拠地にしているチームにいることが嬉しいですね。

 これからも怪我だけはしないように、ますますのご活躍をお祈りしています。
 稲葉選手、おめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月28日 (土)

言葉より気持ちだと思うけど・・・

 最近野球ばかりなので、シーズンオフの時に見ていたテレビを見ていなかったんですが、昨日はナイターがないので、久しぶりに見たテレビ番組があった。
 意外と興味深くて面白いと思う。
 その中の一つに敬語に直せと言うものがある。私は敬語と言うのがよくわからない。敬語と丁寧語は違うとは思うけど、テレビを見て多くの敬語が初めて聞くと言うものが多い。
 私って勉強不足なのかな・・・と感じる。

 が、しかし、フッと思ったことがある。
 もし自分の後輩がこの番組で使われているような敬語を私に言ってきたとしても、もしかしたら理解できないんじゃないかなって。
 だって、番組は解答形式でのバラエティ番組で、当てる人の方が少ないし、さらには敬語に詳しい人が解説をするほどの内容である。そんな難しい言葉を普段使う機会もないし、こう言うと申し訳ないが、そう言わないと怒る先輩もいない。
 そう言う世界にいる人は日常語なのかも知れないが、私にはほとんど縁がない。

 話は少し逸れるけど、よく有名人が書いたサインを見ることがある。私も何枚かもらったことがあるし、飲食店などに行くと多くの色紙が張ってある。しかし字を見る限りはほとんど誰のサインかわからない。たまにシールや写真、ハンコなどでわかる程度だ。

 もう亡くなっているが、私の母方の祖父はペンや鉛筆よりも、筆を使ってものを書く人で、ものすごい達筆の人だと言われていた。昔は郵便局に筆とすずりがあって、祖父は近くの郵便局に行って、その場で買ったはがきを手に持ち、サラサラと書いて送っていたそうだ。ある時、息子である私の叔父さんが本州の大きな企業に出稼ぎに行った時、祖父はお世話になっていると言う内容のはがきを送った。その時に多くの人が読めないような字で、社長がそのはがきを読んで、季節雇用の叔父さんを呼びつけ「お前の父親って何をしている人なんだ?」と聞かれたと言う。「田舎の百姓だ」と答えても、これだけの字を書く人間が百姓なわけがないと言われたそうだ。
 そこで叔父さんは「わからないような字を書くな」と祖父に言ったが、「俺はウソ字は書いていない」と言ったそうである。
 くずし字と言うもので、それも正確にくずして書かれてあるそうで、お寺の住職さんから聞いた話では、完璧な字だと言う。当時の習字の先生が習いに来たほどの字を書ける人だった。

 しかし、私は未だに祖父の書いた字は読めない。例えば百人一首などに書かれているものは、ある程度わかっているから、そう書かれていると言われればそうなんだと思うが、祖父の字は私には理解できない。
 これって大人になった今の私がいくら考えてみても、たとえ上手だと言う字を書けても相手が読めないのなら意味がないと思う。
 ただ私はそう言う祖父を否定しているわけではないし、逆に家族や周りに対する考え方には、将来そうなりたいと強く思う部分が多い。

 言葉や文字は伝わらなければ意味がない。何がと言うと、私は気持ちだと思う。たとえ完璧な敬語を使ってくれても、立派な字を書いてくれても、気持ちがないものは嬉しくない。
 でも荒っぽい言葉を使う人でも、気持ちが入っていたら嬉しいものだ。

 それにしてもこう言う文化は忘れ去られようとしている。知識としては持っていた方が良いのかも知れない。でも、私にはそういうものより、どうしても便利なものや好きなものに頼ってしまう。言葉使いは上手ではないし、字は自分で書いた日記でも読めないことがある(笑)。
 でも自分らしく、得意なことで気持ちを伝えられたら良いなぁと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月27日 (金)

SPFやPAは高ければ良い?

 たまには健康管理士ネタを書きますね。
 これから日がどんどん長くなっていき、春や夏に向けて日差しが強くなってくるので、日焼け止めを使う機会が出てくる人が増えてくるでしょうね。だから早めに情報を書きます。

 よく日焼け止めにSPFなんとかや、PA+とか聞いたことや見たことがありませんか?
 これって基準があって、まずSPFやPAが入っているものを1平方cm当たりに2mgずつ皮膚に塗った時と言われているんです。それをふまえて読んで下さいね。

 紫外線にはUVA波とUVB波、UVC波がありますが、まずUVC波はオゾン層でさえぎられて、地上には来ないんですね。それで他の二種類が問題で、UVB波は肌の表面、UVA波は肌の奥まで届くと言う感じですね。これをなんとかしようと言うのが日焼け止めなんです。

 まずSPFのことですけど、これは紫外線防御指数のことで、UVB波の防止効果を表す指標なんです。
 わかりやすく言うと、太陽などの紫外線がずっと当たっていた時に皮膚が赤くなるんですけど、それまでの時間を何倍に長く出来るかということを表したものです。例えばSPF30だと体質などから個人差がありますけど、仮に20分で赤くなる人は、それを30倍に伸ばすということだから、30×20で600分と言うことになりますね。
 先にも書きましたけど、赤くなるまでは個人差があるから、もっと早く反応する人や長い人もいるので、同じものを使っても、個人差があると言うことなんです。
 ちなみに今の日本の決まりでは、SPFの上限が50+ですけど、30ぐらいでもあまり差がないと言われていますよ。
 それに日照時間を考えたり、紫外線に当たる時間を考えたら、SPF50の製品を使って、その人が20分で反応が出る人だったら1000分保つと言うことですよね。冷静に考えると1000分て16時間以上ですよ。仮に10分で反応が出る人でも8時間ちょっとです。そんなに太陽に当たりますか?
 ただ大げさには言われますけど、オゾン層でだいぶん減ってくるので、日傘などでも良い場合があるんです。

 もうひとつのUVA波は皮膚が黒くなる原因で、それを防ぐのがPA入りのものなんです。これってUV-A防御指数とも言います。PAは日本化粧品工業というところで、そのものの効果によって3段階に分けています。

 PA+ :UV-A防御効果がある。
 PA++ :UV-A防御効果がかなりある。
 PA+++:UV-A防御効果が非常にある。
 と言われていますね。

 実は怖いのはこちらの方で、じわじわっと言うイメージなので、皮膚の奥にあるコラーゲンなどを変性させて、しわなどの原因になるんです。それとUVB波の20倍以上も地上に降り注いでいると言われてますし、雲や窓ガラスを通り抜けやすいという性質を持っているので、曇りの日でも日当りの良いオフィスや家の中でも気をつけないといけないです。

 日焼け止めは汗をかくと落ちることもあるので、値が高くても流れれば意味がないんです。それに皮膚には良いものではないので、負担の少ない値の低いものをこまめに塗る方をお勧めします。

 ぜひ参考にして下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年4月26日 (木)

不思議に思いませんか?

 個人的な話ですけど、飲み物に関して私は家にいるとコーヒーがほとんどで、あとはうちの水は美味しいと思うのでよく飲んでいる。時々紅茶やお茶を飲みますけど・・・。アルコールはアレルギーだし、清涼飲料水やコーラは人からもらわないかぎり、一年に何回かしか飲まない。

 しかし二人の子供たちは清涼飲料水が大好きだ。時々新製品を見つけて来ては飲んでいるが、いつもは好きなものが多いですけど。

 昨日も新製品だと言って買って来た。グレープフルーツジュースのような色で、中に何が入っているのかと成分を見たら、やはり柑橘系のものが多く入っていたが、それ以外の入っているものを調合したとしたら、素人考えですけどこんな色になるのかと不思議に思った。
 こういうものは少しでも入っていたら、使っていると表示されるものだ。

 今でもあるのかわからないけど、なんとか物語と言う体を洗うソープや石けんがあった。このパッケージに書かれているのが『洗う成分の99%が植物から』と言うことだった。
 ここで冷静に考えた方が良い。
 洗う成分の99%というと良いものなのかなと思うが、ところで洗う成分自体が全体の何%なんだろうかということだ。製品自体の99%ではない。
 なぜこの商品に対してこんなことを書くのかと言えば、二人の息子がアトピーの時、エラい人から勧められたものだった。藁にもすがる思いで使ったが、全然良くならない。実際に私も使ってみたが、最初は風呂上がりは血行が良くなっているから、アトピーじゃない私でも痒いものだと思っていた。その後のことは昔このブログで書いたことがあるので詳しくは書きませんけど・・・。でも皮膚のことや、どういうものが良いのかと言うことを勉強した結果、今はアトピーも完治しました。

 それにしても何が入っているのかは成分表でわかっても、体に良いのかどうかまではわからないです。
 これだけが理由ではありませんが、どうも私はこれだけでは信用できないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月25日 (水)

高木ブーさん

 たまぁ〜にフッと思い出すことってありますよね。
 昨日テレビにビジュアル系のバンドが出ていて、そう言えば・・・と思った。
 子供の頃のテレビと言えば、ドリフターズが大好きでした。5人それぞれの個性があって、何度も見ているネタでも面白いと思った。子供雑誌にも面白い記事や付録のキャラクターにも出ているほど、みんなに浸透していたのだろうと思う。
 しかし、ある時テレビでドリフターズの笑いとはという話をインタビュアーを通して5人が真面目に話していた。これは衝撃的だった。大人になった今では当たり前のことだと理解できるけど、その頃の私は24時間あのようなキャラをやっているものだと、子供心にそういうイメージを持っていたので、大人の世界と言うか、あの笑いを生み出すためにたくさんの稽古やいろいろな勉強をされているんだと思った。
 そんな中、高木ブーさんの話に感動した。大好きな娘さんの誕生日にプレゼントを買いたいけど、お金がないので、電車に乗らずに歩き、交通費を浮かしてまでお金を貯めて、娘さんへプレゼントを買ったと言う。すごく家族思いの人なんだと思った。また後でわかったことではあるけど、メンバーの中では唯一離婚や再婚もしていなくて、奥さんと言う一人の女性だけを愛していたと言う。人間としての大切なものを持っている人だと思う。

 そんな高木ブーさんをバカにするような歌が流行ったことがある。筋肉少女帯の「元祖 高木ブー伝説」という曲だった。これを聞いた時はすごく腹が立った。あんなに良い人をキャラクターだけで判断して歌にしている。またその曲が意外とラジオやテレビに流れているのだ。それを司会者やパーソナリティーが面白おかしく話している。

 しかしそれも有名が故のことで、逆に言うと宣伝にもなる。考え方によってはそれだけしっかりキャラクターを定着させたと言える。それが仮にそう言う性格の人だとしても、歌にまでなるというのはある意味凄いことなのかも知れない。今では音楽活動などをされているようだ。
 お笑いの人として、またミュージシャンとして、影響を与えている人だと言うのは間違いないと思う。
 私の大好きな芸能人のうちの一人である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月24日 (火)

ふたつの事件

 京都で残念な事故があった。
 報道を見る限り、未成年者で過去にも2年前にバイクの無免許運転で捕まっているらしく、今回は車の無免許で夜通し走り回っていたはての事故だったようだ。現場ではブレーキ跡がなく、居眠りが原因かと言われている。
 亡くなった方は無念だっただろうと思うと心が痛くなった。残された遺族の気持ちも計り知れない。どこに気持ちをぶつければいいのだろうかと思う。

 しかし犯行を起した未成年の親はどういう気持ちなんだろう。車を運転していることは知らなかったと言う。一生かけて償うとは言っていたが、事故だけはいつ自分の身に降り掛かるかわからないし、私も人の親なので、他人事ではないかも知れない。

 数年前の話ではあるが、旭川市内でも未成年者がひき逃げ死亡事故をしたと言う事件があった。しかしその犯人はストーカーをしていて、報道ではひき逃げよりもストーカーの方を大きく取り上げていた。ストーカー相手をはねたわけではない。全く何の罪もない高校生をひき逃げしたのだ。後で聞いた話では懲役5年と言う判決だったようだ。それにしても遺族はどう感じるのだろう。

 実は私の叔父さんも交通事故で亡くなっている。子供が2才頃で、話を聞いても父親の顔は覚えていないと言う。
 その事件は叔父さんの方は少し昇りの緩やかな右カーブで、突然対向車の大型ダンプカーがスピードオーバーでセンターラインを超えて来たと言う。隣には叔父さんの上司が乗っていて、大怪我ではあったが命は助かった。しかし叔父さんは見るも無惨になって即死に近い状態だったと言う。
 叔母さんは相手に誠意が感じられないとして裁判を起こしたが、毎回毎回病気だ、怪我だと言って裁判所には現れず、長い間最後の最後まで頑張ったが結局一度も顔を出さず、そのうちに期限が来てしまい、十分なことをしてもらえなかった。うちは叔父さんの実家で叔母さんを見ていて可哀想になり、祖父や祖母が『もういい加減にしたらどうか・・』と言っても、叔母さんには許せないことや納得できないことがあったのだと思う。

 しかし、このブログで前に書いた江別の事件や今回の京都の事件で共通していることが三つある。
 一つは運転してはいけない状態の人が運転していたことだ。お酒を飲んでいたり、免許を持っていなかったりと言う状況では車を運転してはいけないのだ。
 もう一つは過去にも同じ事件を起こしていることだ。京都のケースはバイクの無免許で、その時は人をはねたわけではないようだが、それにしても無免許と言うことでは同じである。
 三つ目は同乗者がいたことだ。なぜ悪いことだと知っているのに、運転を許し、さらには自分までその車に乗っているのだろうか。
 この二つの事件はどう考えても運転手に同情できる部分がない。さらには同乗者が止めることもせず、一緒に乗っていると言うことに怒りを感じる。運転手と同罪だと思う。

 法律で決められた期間をただ過ごすのではなく、何が悪かったのかを十二分に反省して、心を入れ替えて今後絶対に同じ考えを持たないという人間になるまで、さらには人を慈しむ心を身につけるまで社会に出てはいけないと思う。
 さらには遺族に対して償って行くと言うのも重要な使命だと思う。

 事故はいつ自分が被害者になるかも知れないし、加害者になるかも知れない。自分ではなくても家族の誰かがそうなるかも知れない。こんなことを書いている私が、もしかして明日にもそうなるかも知れない。
 しかし事故は起こさないことが一番ではあるが、万が一の時に世の中の全員からどう見られても情状酌量の余地がないような事件は決して起こさないようにしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月23日 (月)

理論

 ネット動画ってすごいものですね。
 すごくマイナーで誰も知らないだろうという昔の曲があったりする。また映像などもいろいろなジャンルがあり、見ていて面白いと思う。最近パソコンを変えてから、こんなにきれいに見えるものなんだと思った。

 最近見たものの中に、イチローさんの野球理論がある。
 打撃と盗塁の話を見たけど、もっともっと詳しく聞いてみたいと思った。

 去年のテレビでジャニーズの亀梨さんが番組企画で各チームの優秀なバッターから打撃理論を教わっていた。私は素人なのでみんな同じ理論で教えるんだろうと思っていたが、それぞれの特徴があって全然違う考えや理論を持っているものなんだと感じた。確かにみんな筋肉や骨格が違うし、パワーや技術も違うと思う。同じことを言われても、スムーズにできることもあれば、無理なこともあるだろう。
 今年もその企画があるみたいなので、楽しみにしている。

 よく仕事で、理屈より体を動かせと言われたものだ。確かに経験を積むと、何でもないことがなんの疑いもなくスムーズに体が動くことがある。しかし、それが良いことなのかは、時には間違っていることがある。
 私の仕事は特殊なことだったが、先輩から作業を教えてもらい、上下関係もあったので素直にやっていた。しかし、先輩の一言で疑問を持った。
 「大体3割は上手くいかないものなんだ」
 これって正しい考えなんだろうか・・・。完璧とは言わなくても、この作業はそんなに確率が悪いことではないと思った。そこでなぜ上手くいくのかと失敗する時の理由を考えた。そこで自分なりの持論が浮かんだ。しかしそれはほとんどの人が反対した。今までの常識とは違うと言う。後輩まで口を荒げて私に対して「真面目にやっているのか!」とまで言われたこともあった。それでも自分ではこれで上手くいくはずだと言う確信があった。
 結果としては確率を上げることが出来て、多くの同業者に認められた。そうなると今まで反対していた人間の態度が変わる。真似をする人もいれば、妬む人もいた。
 ただこれはたまたま上手くいったから言えることで、もしかしたら私が考えていた持論が間違っていたとしたら、結果は出ていないと思う。ある意味、ギャンブルのようなものである。
 こう書くと手前味噌かも知れないが、でも私が上手くいったことは世の中を動かすほどの大きなことではない。ある一部の仕事の中のたった一つの作業事例だけで、私の生活すべてが成功しているわけではない。逆に上手くいかないことの方が多いものだ。

 マスコミなどで大きく取り上げられることは共感を浴びることが多い。私もすごいものだと感じるのが事実である。しかし、残念なことではあるが、実際にどれくらいすごいものなのかを実感できない。
 例えば私も草野球をやっていたが、イチローさんよりも私の方が三振の数は少ない。しかしレベルが違いすぎるわけだから、笑い話のようで当たり前のことだが自慢にはならない。それに私はどう考えても野球でご飯なんか食べられない。
 それでもイチローさんの記録の凄さはどれだけやれば出来ることなのかが、正直わからないのだ。プロの世界で年間200本のヒットを打つことの凄さや、二桁の勝利をあげるピッチャーの凄さがわからない。実際にプロの試合を見に行くと、あんな凄い玉は100球投げてもらっても絶対打てないと思える。その中で戦っている人たちが結果を出すことは大変なことだと言うことぐらいはわかる。
 でもそんな中でもある程度結果を出すためには、独自の持論を持って、練習なども工夫し、人が真似できないようなことをして、食事やメンタル面などにもこだわる人がいる。

 そんな私には全く違う別世界でご飯を食べている人の話を聞くのが大好きである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月22日 (日)

泥パック

 最近、沖縄の泥を使った泥パックと言うものが発売されていますね。
 使ったことがないのでわかりませんけど、コマーシャルのイメージでは良さそうです。
 と言うか、コマーシャルは名前を覚えてもらったり、イメージを伝えることが目的なので、実際には違うメーカーのものを使っているのに、仕事としてコマーシャルに出ている人がたくさんいます。化粧品やスキンケアだけではなく、飲み物や車などもそうですよね。もちろん、コマーシャルに出ているわけですからスポンサーの悪口は言いませんよね。
 昔、牛乳が飲めない大物俳優さんが牛乳のコマーシャルに出ていました。そんなものです。
 断っておきますが、先の泥パックが悪いとは言っていません。

 ただ私の家で使っている泥パックは北極の海底から採取されたものを中心に作られているんですって。なぜなら寒い海底では細菌などが少なく、安全性が高いのと、特にその場所の泥はきめが細かいらしく、毛穴まできれいにするんです。カナダの先住民の知恵だそうです。実際に私も使ったことがありますが、確かに泥パックって評判が良いのがわかりました。

 子供の時は農家仕事を手伝っていた時に、仕事が終わると一度畑の泥で汚れを落として川の水で軽くすすぎ、その後家の水道できれいに洗ったものでしたね。
 他の外国でも泥は汚れを落とすとか、野生動物は泥浴びをして虻や蚊などが寄り付きにくくしていたり、乾燥を防いだりしていますよね。

 いろいろなものがあるようで、科学的に成分などを入れたものもありますが、先人の知恵のようなものというのは、的を得ていることが多く、それを現代風にアレンジして発売されているものもあります。
 自然のものがすべて良いとは言えませんが、ただスキンケアや食べ物は昔から見ると変わってきているのは事実で、健康管理士として今のところ裏付ける情報はありませんが、アトピーなどの正体不明なものが増えています。

 最近もコマーシャルで良さそうに言っていた製品が、使った人全員ではないですが、中には体に影響のある成分が入っていて、裁判にまでなりましたよね。それだけ現代の人は敏感な身体になっていると言うことだと思います。
 コマーシャルだけのイメージで先走らないようにしたいと、私は思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月21日 (土)

ネット時代

 10年以上前に、これからはネットで買物をする時代が来ると言われたことがあった。
 その時の私の考えは物も確認しないで買い物が出来るかと思ったものだった。

 しかしここ数年はテレビやブルーレイディスクレコーダー、パソコンや本などをネットで買っている。

 最近買った新しいパソコンの使い方がわからないところがあった。
 ネットでサポート窓口の電話番号があったので、問い合わせてみた。
 向こうにしてみれば『こんな初歩的なことで・・・』と思われたかも知れないが、すごく懇切丁寧に教えてくれた。昔の会社でお客さんとの電話は笑いながら話せと教えられたものだったけど、こちらがお客さんの立場になった時にその意味が分かる。
 すごく感じが良かったので、電話を切る前に『感じが良かったです』と伝えた。

 以前、旭川市内の家電量販店に行ってプリンターを買ったことがあった。早速、家で設定をしたが動かない。私は買う時に自分のパソコンのメーカーやOSを伝えて説明を受けて決めた。かなりいろいろやってみたんだけど、これは聞いた方が早いかなと思って、量販店に聞いてみた。そうすると信じられない言葉が返ってきた。
 私のパソコンのメーカーとプリンターの機種は相性が悪いと言う。パソコン雑誌に書かれているし、そんなこと常識ですと言われた。こちらは買う時に聞いたんですけどと言っても、今さらそんなこと言っても知らないのが悪いと言うようなことを言われた。なんとなくではあるが、向こうの相手は若い人に感じた。そこで「わかりました」と言って電話を切り、すぐにもう一度電話をして「エラい人を出してもらえますか」と伝えると、すぐに変わってもらえた。その人直接には関係ないので、怒鳴り込んだわけではないのですが、話の内容を伝えると、申し訳ないと言うことになり、交換するとか、どうしたら良いですかと言う話になった。プリンターの取扱説明書には使えることになっているし、メーカーに問い合わせて設定すると言って、それより社員教育をなさって下さいと伝えた。お詫びに家まで伺いたいと言われたが、断った。それ以来そこの店には行っていない。

 最近はいろいろな方法で買物が出来る。直接店に行くこともあるが、特にパソコン関係やちょっとした家電は、私の場合見に行って確認してからそれをネットで買うことが多い。取説を読んでもわからない時は、ネットに使い方や設定方法などが書かれていたり、電話でのフォローをしてもらえることがある。
 今は家電量販店も何年か前よりははるかにお客さんが少ない。以前はなかった日用品や玩具のスペースが出来て、こんなものまで電気屋さんで売っているんだと思う。それでも街のはずれの方では信じられないくらいお客さんがいない。

 例えば旭川市に大きなショップが出来たとしても、そこに来る人と言うのは全国から来るわけではない。市内近郊の人たちがほとんどだと思う。それでも札幌の方が種類があると言って、遊びに行くついでに買い物をしてくる人もいるほどだ。そうなると、大きなショップと言っても、在庫はある程度そろえないといけないだろうし、維持費なども大変だと思う。実際にショップに行っても、人員削減なのか、説明を求めても、待たされたり、十分に満足できないことが多い。
 それに比べてネットでは価格競争が一目瞭然で、さらにはそこのショップの評判なども出ているので、有名なネットショップに加盟している店はある程度信用できると思うし、私は今までトラブルがない。店と言っても店舗を持っていなくてもネットで販売が出来るケースもある。それこそ倉庫に在庫を置いて、注文が来たら発送するという業者がテレビに出ていた。接客が出来るような施設ではなかった。

 これは買う方がある程度知識が必要になってくることもあるが、それ以上に品揃えや価格に魅力を感じますね。
 時代は変わってきています。現存の物がどこまで対抗できるのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月20日 (金)

誰かサッカーの面白さを教えてもらえないかな?

 私はスポーツを見るのが好きで、野球を中心に時々卓球、アメフト、バスケットボールなどを見ている。
 野球と卓球は少しだけ経験があるし、アメフトやバスケも学生の頃からいろいろ見ていて駆け引きを覚え、面白いと思う。
 息子の家庭教師さんがバドミントンをやっていて、たまたま来ている時にテレビで放映されていた試合を解説をしてもらったら、駆け引きがわかり、面白みが出てきた。

 基本的に駆け引きを見るのが面白くて、勝負は二の次と言えば大げさだけど、これがプロのテクニックなんだと思えるようなプレーを見ることが好きなんです。

 ただスポーツニュースでも大きく取り上げられているサッカーだけは駆け引きがわからないんです。ヨーロッパなどでは熱狂的ですし、日本でもJ1に昇格するために、北海道のコンサドーレが去年は頑張って、今年はJ1で試合してますが、あまり調子が良くないようです。しかし試合を見ていても、私はあまり経験がないので、今のはどうしてダメだったのか、どこが良くてシュートまで持ち込めたのか、フォーメーションは、ディフェンスはなどと言うことが、イマイチわからないんです。
 これがわかればきっと面白いんだと思うんですよね。
 人の見方はそれぞれですが、でもこれだけ人気があると言うことは、なにか魅力があるんだと思うんですよね。なんかスポーツニュース見ていてもわからなくて、取り残されているような気がします。

 誰かサッカーの面白さを教えてもらえないでしょうかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月19日 (木)

旭川のバス停

 最近、息子が高校に入ってバス通学を始めた。
 私はもう30年近くも路線バスに乗ったことがない。移動はほとんど自家用車を使う。
 だから昔の知識しかなく、今回調べてみたら、昔は家がなかったところが住宅地になったことで路線もいろいろ増えていて、すごいものだと思った。
 バスの番号と言うか、何番のバスに乗れば良いという仕組みになっている。いつも使う人には「何を今更」と言われそうだが、知らない私にとっては驚くことなのだ。バスの路線を覚えたら、市内であればある程度のところまで行けると感じた。

 だが料金が高い。一度や二度なら良いが、毎日となると結構な金額になる。
 しかし格安の定期券があるのだ。月に決まった金額を払えば、市内であれば何度でもどこでも行けるものがある。JRよりはるかに安くて便利だ。

 さらには各バス停にQRコードがある。これを携帯で取り込めば、そこのバス停で停まるバスの時間と行き先がわかるようになっている。息子に見せてもらったが、始発と終点ではなく、本当にそこのバス停だけの時間表で、シンプルで見やすいものだ。

 これって、他の地域でも常識なんでしょうか?
 多分、私が知らないだけで、みんなは使いこなしているんでしょうね。それにしてもQRコードとはすごい進歩ですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月18日 (水)

お医者さん検索

 そう言えば、最近はネットで地域の病院を検索できるんですね。
 診療科目を設定し、検索したらたくさん出てくるんですけど、中にはレビューがあるものがある。ようするにそこの病院に行ってどうだったかと言う感想が書かれている。読んでみると良い評判ばかりなのだ。
 しかししっかり読んでみると、悪い内容は載せないと言う物だった。確かに悪口のようなものを掲載されると言うのは、もしかしたら嫌だったことを大げさに書かれたり、ウソを書かれるかも知れない。

 そこでこのブログでよく書いているうつの友人に聞いてみた。そうするとそこの病院は「薬の処方が中心の治療で、ドクターは優しく、話を聞いてくれる」と書いてあったが、実際には待ち時間が異常に長く、その割には診療時間が短く、話は聞いてくれるけど、結局毎回薬出しますので次回来る時まで様子を見て下さいとしか言われないそうだ。

 また親父が入院していた病院も検索してみたが、私が感じたこととは違う。前にも書いたが、看護師や介護士の扱いが悪く、怪我をさせるくらいひどい。それでも評判は良いことしか書かれていない。

 また医療関係に詳しい先輩が足を怪我をして、急いでいたので一番近いうちの街の病院に行ったが、患部のレントゲン撮影は当然だが、血液検査や胸のレントゲン、尿検査などもすすめられ、なぜそんな必要があるのかと言い張り、さらには当時院内処方だったのでたくさんの薬を処方されたが、関係ない薬はいらないと言い、応急手当だけをしてもらって別の病院に行った。これは知識があったから出来ることで、知らない人間はこういうことは出来ない。実際に私の知り合いも風邪引いて行ったのに、検査の結果入院することになり、痔の手術をしたと言う、ウソのような本当の笑い話のような話がある。
 そこの病院も設備が整っていて、ドクターが海外で勉強経験があり、悪いところを見つけて治療してもらえると書いてあった。もしかしてこういうところもやらせのようなことが書かれているのかも知れないと感じた。

 一番は口コミで評判の良いところかも知れないですね。医者選びは重要ですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月17日 (火)

名刺

 社会人になって名刺を持てと言われた時、なんとなく嬉しかったのを覚えている。
 大体は会社の名刺パターンに名前だけを加えたものなんだけど、社会人になったと実感したものである。

 営業職ではなかったが、出張に行くと100枚以上の名刺がなくなった。と言うことはそれと同じくらい名刺をもらっていると言うことなんだけど、今ではその名刺が宝物の一つになっている。人事異動で今は関係ないと思っても、いつかは復帰したいと思っているので、その時までというか、死ぬまでの大切なものだと思っている。中心は同業の人たちで、日本全国の仲間からもらっているので、ほとんどの都道府県のものがある。

 中にはユニークなものがある。すべてひらかなで書かれているものがあった。理由を聞くと小学生相手が多いと言う理由だった。小学生にも配るのかと思ったけど、自分の仕事に夢を持ってもらいたいと言うことだった。月に300枚くらいなくなると言っていた。
 また薄い木製の豪華なものがある。あまり配りたくないらしいのですが、私にはくれた。
 他にも形やサイズが変わっているものや、HPやメアドを載せているものが多くなってきましたよね。

 私は一度和紙に筆字で作ったことがあった。豪華で気に入ってたけど、コストがかかるので200枚でやめました(笑)。

 今ではパソコンで簡単に作れる時代だ。名刺用の紙があって、そのためのフリースフトが用意され、自分の好きな画像やレイアウトで作成できる。

 そういえばここ数年、名刺を出す機会がないなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月16日 (月)

携帯の見直しから・・・

 初めて買った携帯がもうかなり前で、今のauの前だったセルラーの頃だった。仕事で使うと言うことで、知り合いから買った。その頃は電話しか使えなかったのが、同じメーカ同士のメールが出来るようになった。しかし仕事で別のメーカーを使っている人もいて、電話をかけても仕事中だとか出れない状態が多く、メールが使いたくてdocomoと二台持った。それからeメールが出来るようになったのでdocomo一本にした。

 今では同居している家族5人全員が同じメーカーのものを使っている。
 しかし携帯代が高いと感じていた。それぞれのメーカーで特徴があるようで、docomoでもマメに料金設定を変えることで、通話料など繰り越しで貯めたものを消化して、なくなったらまた設定を変えると言うことをやれば、かなり賢く使えるらしいが、今まで行っていたところではそんなことは教えてもらえなかった。しかし最近変えたショップでは詳しく教えてくれる。でもネットで変更が出来ると言われて登録してみたけど、よくわからないので、ショップに行くのが一番だと思った。それにしても面倒な話だ。

 そんな時、息子が通話だけを新しいメーカーの携帯にすると言い出した。話を聞くとなるほどと思ったし、友達もそうしていると言う。そこでそこのメーカーと契約して、二台持ちになった。息子の場合はパケットと通話の両方が多いので、かなり安上がりになった。嫁さんも通話料が多いので、その状況を見て二台持ちにした。私は通話よりはパケットが多いので必要ないと思った。

 もうひとつ見直したことがある。サービスでつけていたもので、使用していないものを全部外した。天気予報やニュースなどはサービスでなくても調べれば良いことだ。5人分だからかなりの金額になる。それに伴い、子供が高校に入り、自転車の保険を検討していた時に、ある保険を教えてもらい、携帯にも適応されるものなので、ショップで加入していた携帯の保証も外した。万が一修理する状況になっても、負担金が安い。

 保険にも加入したので支出はあまり変わりないが、携帯以外の身の回りのものに保険が加わったと言う状態になった。
 知らないことで損していることは多いものだ。逆にわかっていると、無駄が少なくなることがある。今度はネットを見直そうと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月15日 (日)

ゴミとは言え・・・

 以前も少し書いたんですけど、うちの近所ではゴミ焼きをしている家がほとんどである。
 田舎の方なので昔からの習慣もあるのだとは思う。
 しかし旭川市ではゴミ焼きを禁止している。
 ただ田んぼの稲わらを焼くことは良いようだ。何年か前に隣の町内で稲わらを焼いていて煙がすごく、その煙の中から作業中のおばあちゃんが道路に出て車にはねられ死亡した事故があった。それで一度は禁止されたが、病気や虫がひどくなった。昔の人はそう言うことで病気や虫などをある程度防いでいたんだと思った。それで今では再開している。

 話を戻すが、家から必要がなくなったものをゴミだと解釈されるが、実はダンボールやプラスティック、アルミ缶、新聞紙などは資源と考えている。他にも自治体によっては細かく区別をしている所もあるようだ。
 だから燃やすのはもったいないのだ。
 旭川市では資源ゴミは無料で持って行ってくれるし、新聞や雑誌などを取りにくる民間の業者さんもいる。要するにリサイクルが出来るものなのだ。そのことで自然を守る手助けになる。また石油などの資源を使うことを少しでも押さえられる。

 こういう取り組みって、まだまだ浸透していないとか、理解されていない部分があると思う。でもいらなくなったものでも誰かが必要としていることもあるし、ゴミだと思っても資源になって生まれ変わる。リサイクルが大切な時代になって来ていると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月14日 (土)

買い物

 私は衝動買いと言うことをほとんどしない。
 若い頃はお金も自由になるので、欲しいと思ったらすぐ買っていたが、そう言うもので長く使っているものはほとんどないことに気がついたので、最近ではかなり冷静になることが出来るようになった。
 先日もパソコンを買ったが、決めるのに2ヶ月ぐらいかけた。たまには家族が決めてしまったり、時間に限りがあって、早急に決めないといけないこともあるが、個人的なものだとそれくらい待てる。

 私のパターンはいろいろな考え方をしているうちに煮詰まってくるので、一度考えるのをやめて全然違うことをする。そうすると次に調べた時に違う見方をすることがある。中にはやっぱり必要ないかなと思えるものもある。
 店員やセールスには、あくまでもきっかけとして聞くだけで、その後は自分でかなり調べる。人に聞く時は必ず使っている人や専門家に聞く。もちろん価値観が違うので、その後自分なりにまた考える。

 自分のことを面倒くさい人間だと思うことがある。納得しないと嫌な性格なのだ。その割には優柔不断だったり、いい加減だったりする。
 自分のことながらよくわかりませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月13日 (金)

もう早やタイヤ交換?

 北海道のニュースでタイヤ交換の話が出ている。それでも例年より1ヶ月も遅いらしい。
 北海道も広いので南の方と北の方ではタイムラグがあるけど、旭川ではもう少し待った方がと感じている。
 札幌では積雪が0cmになったようですが、こちらは道路には雪がなくなったけど、夜に気温が下がると朝になって歩道にある雪が溶けたものが道路に凍り付いていると夏タイヤでは危ない。またフェンスや家の影などは氷になっていることがあるんです。昔、それでスピンしたことがあってから、早めにタイヤ交換するのをやめました。

 今年は雪がとても多くて、その分気温が上がり雪解けが早いと予想していたんだけど、まったく外れてしまいました。
 うちの上空にはこの時期ハクチョウが飛んでいます。例年はもう田んぼの雪が一部溶けていて、かなりの数が飛来しているはずなんです。それが今年はまだ雪があって、田んぼに降りても食べるものがないので、そのまま北に向かっています。

 何年か前ゴールデンウィークに雪が降った記憶はありますが、もうほとんど溶けていて積もる雪ではなかった。それにしてもこの時期にこんなに雪が残っているのは、あまり記憶にないんですよね。タイヤ交換なんかまだ深刻な問題ではないけど、農家の方はずいぶん作業が遅れています。

 昔の職場だったら今頃必死で雪を溶かす作業をしているんだろうけど、人事異動であまり雪には関係ない職場になったので、そんな苦労や疲れがなくなりましたが、後輩たちが頑張っていると聞いたらなんだか可哀想になりますね。
 もう少し雪がなくなったらタイヤ交換して、バイクにも乗れるようになりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月12日 (木)

いただきます!

 我が家ではご飯を食べる前、家族みんなで『いただきます』と手を合わせる。
 こんなことを書くと笑われるかも知れないし、子供っぽいと言われるかも知れない。
 でも私が物心がついた頃はもうやっていたので、それが習慣になっている。

 ある時、何だったか忘れたんだけど、子供に対して学校の給食時に『いただきます』なんか言う必要がないと言う親がいたと聞いた。給食は作ってもらうのが当たり前で、またお金を払っているんだから、食べるのが当然の権利だと言う理由だそうだ。

 しかし、これを読んでどう感じてくれるでしょうか?
 物を食べられると言うことは作ってくれる人に対して感謝をすると言う意味もあるが、それ以上に自分が生きていくためには他の生物の命を頂くと言うことになる。

 高校時代にと殺場を見学したことがあったが、確かに家畜などのと殺行為は私は見ていられないほどつらく感じた。特に牛や豚などの大きな動物ほど、こんなことまでして食べさせてもらっていたんだと思った。
 授業では生きているニワトリの首の頸動脈を切り、羽を抜いて肉や皮を取るという授業があった。今はそんなことはしていないそうである。

 ある動物愛護団体が特定の動物、例えばほ乳類の家畜を食べることに対して反対している団体がある。
 その団体の広報誌を読んだことがあるが、肉や魚を食べなくても野菜や果物で美味しい料理が出来ると言うレシピが連載されていた。

 しかし私個人的にはこれが生きていくための宿命で、どんな動物でも命を頂くことになっている。動物ならダメと言っても、植物も同じ命だと感じる。ましてや植物の多くは食べられるために栽培され、子孫を残す前に命を失うものが多い。ただ感情があるかないかという理由もわからなくもない。

 そんな中で近いうちに出版される本があって、それにはどこの店が美味しいかと言うことが書かれている。北海道内でも北海道版が出るらしく、テレビの情報番組で実際にその店に行って取材したりしている。
 私はどちらかというと食べ物にはあまりこだわりがない。私だって普通の人間なので好きなものがあるし、美味しいとか、あまり口に合わないと感じることがある。あまり外食もしないけど、たまに食べにいくこともある。だから食通の人が美味しいものを探したり、行きつけのお店を作ることに対しては、否定するつもりはない。どうせ食べるのなら美味しいものを食べたいと思うのは当然だと思う。また料理人が食材を上手に生かしたり、それが口に合う人もいれば、そうでない人もいる。
 でも亡くなった命に対して順番をつけると言うことに、少しだけさみしく感じる。亡くなった家畜や魚、農作物が順番をつけられたら、仮に感情があればどう思うだろうかと思う。私はアレルギー以外、食べれるものは美味しいとかまずいと思っても、食べれるものは食べている。

 せっかくの命を頂くことに対して、感謝したいと思っているし、無駄にしたくないと思っている。
 私が食べる前に『いただきます』と言う意味は、私のために亡くなった命に対してのことで、感謝の意味を込めて手を合わせている。
 今回は重い話ですみません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月11日 (水)

結論を出すのは早いけど・・・

 パソコンをマックにして予想を超えるほど良かったと感じている。
 実は同じ時期にパソコンを始めた友達が早くにマックに切り替え、会う度に『マックにしろ』と言われていた。
 しばらく黙って聞いていたが、私のパソコンが調子悪くなり、買い替える必要が出て来た。
 そこでまた例の話が来た。これからはマックだそうだ。

 しかしまず引っかかったのが価格が高いと思った。しかしそれは長く使うのなら、少しぐらい投資してもと言われた。どちらにしてもお前なら妥協しないで高性能なものを選ぶんだろう・・・だったらマックの方が良いと言う。確かにそうなのだ。CPUやハードディスクは今主流のものより少し先のものを選びたいと思っている。パソコンの進歩は早くて、何年かすると物足りなくなる。

 次にソフトの種類が少ないと言った。そうするとお前は何種類ぐらいソフトを使いこなしているんだと言う。そう言われてみれば限られた仕事しかしていないし、たくさん種類があっても高性能の役に立つソフトがいくつかあれば関係ないことだ。またソフトの価格もかなり安い。

 そこでアップルジャパンには購入前にいろいろ質問できる電話番号があるから、疑問に思うなら聞いてみろと言われた。
 自分のやりたいことをメモに書き出して、数回電話してみたが、自分のやりたいことはマックですべて可能だと感じた。
 しかし私はマウスが嫌いで、ノートパソコンのパッドを使っている。それが最後に引っかかったところだ。パッドを使うなら性能が落ちて少し高いノートパソコンになる。しかし、ディスクトップでも別売りのトラックパッドと言うものがあり、これは今までのパッドよりいろいろなことが出来ると言う。
 であれば、同じ金額なら高性能のディスクトップの方が良い。今は外に持ち出すことがないが、持ち出す必要が出たらタブレットを買おうと思った。
 こう考えるまでかなり時間がかかった。

 使ってみて何がすごいかって、トラックパッドの使い勝手が良すぎる。キーボードはほとんど文字入力だけで、後はトラックパッドですべて用が足りる。指一本でなぞるとカーソルが動き、指二本だとスクロールさせたり、右クリックのような働きをする。ソフトも高性能でかなり安い。画像も音楽もきれいなものだと思った。マックでもウィンドウズを乗せられると聞いていたが、今は私には必要ないと思っている。

 他にもいろいろあるが、友達がしつこく勧めていた意味が分かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月10日 (火)

春は人が動く

 この時期は人事異動やら、卒業入進学など、環境が変わる時期ですね。
 うちでも色々ありました。今日は下の子の入学式でした。
 学校が変わると言うことは生活リズムも変わると言うことで、慣れるまでは大変だろうと思います。よりによって家から一番遠い学校を選んだので、今よりはるかに早く起きないといけない。まぁ、でも自分で選んだ学校だから、本人がなんとかするでしょう。通ったってよほどのことがない限り3年間だしね。

 上の息子はめでたく進級です。

 ところでこういう時期って、先生も退職やら異動があって、長男の学校から退職と新任の挨拶文があった。それを読んで人間的に疑う教師が二人ほどいた。内容はここでは書かないが、そんなコメントしか書けないような人間がよく人にものを教えられていたもんだと思った。またそれを発行する学校側にしても、書き直せという姿勢がないのかと思う。これが生徒なら絶対書き直しのケースだと思うくらい、話の内容がふさわしくない。
 教師と言っても24時間教師ではないし、普通の人間である。
 しかし教師になる基準って学力があれば良いのだろうか? それ以上に大切なものがあるような気がする。

 先生と呼ばれる人は医師にしても教師にしても学者さんや政治家さん、弁護士さんなども普通の仕事ではなく、特別な資格や周りから応援されていないとできない仕事である。命を預けたり、人間が大人になる前の準備をしたり、困っている人を助けたりする仕事で、とても大切で世の中に必要とされている専門職だと思う。時には自分を殺さないと出来ない部分があるだろうし、先生に限らず仕事と言われるものの多くは同じことが言えると思う。

 春は人が動く。巡り逢いの季節でもある。どんな人と関わるかで考え方が変わることがある。
 いい人と巡り会い、自分の師と思える人を早く見つけて、ささやかでも大きな人間になってもらいたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 9日 (月)

うちの裏側

Yuki_2もう4月だと言うのに恐ろしいほど雪が積もっています。
 東京では桜が咲いているのに、私の家の裏側はこんな状態です。窓が隠れています。
 ゴールデンウィークまで溶けるのだろうか?

 雪の積もり方は多いところと少ないところがあり、日が当たるところと影になるところがあります。写真は北側なので日が当たりません。でも西日が少し当たります。地面が見えると雪割りをしたら良いんだけど、まだそれどころじゃない。
 この雪の向こうに畑があってビニールハウスがあります。まるで探検のようです。遭難するかも知れない(笑)。

 まぁ、家の造りが問題で、うちは隣近所が近くないので玄関前に落ちなければ、こういう屋根でも良いのです。でも街中だと隣の家が近いので、最近では無落雪住宅が増えてきました。

 どちらが良いんでしょうね? コストはうちみたいな屋根は何年か毎にペンキを塗らないと雪が落ちないんですよね。無落雪は最近はそれほど聞きませんが、防水をしっかりしていないとまずいですよね。一冬雪を積んでおくわけですからね。

 でも北陸や東北から見ると、まだ良いのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 8日 (日)

掃除機

 うちの掃除機は子供が小さい頃、アレルギーがあって、ほこりが舞わないような工夫がしてあるものを購入した。頑丈で大きなやつを使っている。

 ところが最近お袋が部屋の模様替えをしてから、大きな掃除機では取り扱うのが面倒なので、安くて軽い掃除機が欲しいと言う。予算を言われて買ってきてくれと言われた。

 そこでいつも行きつけの家電量販店に行ってみた。興味がないとあまり調べないものだが、買おうと思って見てみると様々なものがあるものだ。お袋の年齢や部屋の間取りを考えると、と思いながら第一候補を選んだ。私はこういう時は詳しい店員などに納得のいくまで聞いてから決めるタイプで、まず第一候補にした物について聞いてみた。
 そうすると吸引力が小さいから役に立たないと言う。テレビのイメージとは違う物だと感じた。であればコマーシャルでもよく見る紙袋の必要のない掃除機がコストが安いだろうと思った。しかしそれもお勧めしないと言われた。ワンタッチでゴミが捨てられるとは言っても、ゴミは綿ゴミだけではなく細かい物まであるから、毎回ではないにしろ水洗いが必要で面倒だと言う。
 そう言われてみれば昔の掃除機は吸い取ったゴミを捨てるのが大変で、布フィルターについたほこりを払うのが大変だった。その頃の物よりコンパクトになったとは言え、コマーシャルで見るような綿ゴミだけではないと思った。
 それに使う予定の状況を話すると、袋を使うものだと年間いくらぐらいになるという説明をしてもらって、先の物はそういうことは必要ないけどこういう作業をしないといけないと詳しく教えてもらった。
 結局、ノーマークだったものを選んできた。

 よく思うことだけど、コマーシャルのイメージだけでは判断できないことがあると思う。もちろん使い方にもよるのだろうと思うし、開発する人も今までの欠点をなくしたり、さらに良い物をと思って考えているのだろうから、アピールしたい部分があってそれを全面に出すのがコマーシャルだと思う。

 それにしても今回はイメージだけで判断するのはダメだと感じた一件でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 7日 (土)

イヌイット、気候変動で感染症が増加

 ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイトからの記事です。

 北極圏では近年、降水量の増加や氷の融解など地球温暖化の影響が顕著になっているが、最新の調査からまた新たな事実が明らかになった。カナダに暮らすイヌイットの間では、周辺の地表水や地下水が病原体に汚染される頻度が高まり、感染症の罹患者数が増加しているという。

 後記省略します。

 これが地球温暖化の怖いところの一つなんですよね。
 私たち健康管理士が訴えていることの一つなんですけど、日本も人事ではないんですよね。温暖化がだんだん北上してくると、熱帯などの病気も北上してくる可能性があります。蚊などが病気を伝染させるのですが、元からいた人はある程度の抗体や防御法などがありますけど、それにしても完璧ではない病気もあります。さらに新しく上陸する地域の人たちには脅威です。

 例えば地球温暖化で北極の氷が解け、ホッキョクグマの頭数が減っていると言う話を聞きますが、野生動物が住めなくなると言うことは、遠回りでも人間にとっても大きな影響が出てくるものなんです。生態系の変化で昆虫や動物が北上してきたり、植物の植生が変わったりすることで、今までは何でもなかったことが人間の体に影響を及ぼします。

 しかし時代の流れもあり、温暖化は加速しています。じゃあ私たちに何が出来るのでしょうか?
 一個人では大きな仕事はできないと思います。でもみんなが意識を持つことがまずは大切だと思います。ゴミ一つ減らすことで影響されますし、暖房や冷房を少しだけ調節したりなら出来そうじゃないですか。他にもたくさん出来ることはあるものなんですよ。
 個人より工場などの企業が・・・という意見もありますが、そちらはそちらで考えてもらえば良いことで、まずは私たちが無理しない程度で出来ることをしましょうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 6日 (金)

今頃、雪です

 すごいです、雪が。
 今頃こんなになるのは珍しいです。もう四月ですよね。少しは降ったことありますが、こんなになったのはあまり記憶がないですね。
 雪が降っていると言うより、風がひどかったです。うちの家は裏に雪が落ちるような屋根なんですが、それが落ちた雪と吹き溜まった雪で窓がヤバいです。
 日本列島を駆け抜けた低気圧ですよね。

 家の前も雪が積もりましたが、この時期の雪はすぐ溶けるので、特に雪はねしなくても良いと思います。

 それにしても前にも書きましたが、雪は降ってくるより風で飛ばされてくる方が怖いのです。特に道路が危ない。吹雪で前が見えないことに加えて、車が吹きだまりに取られて、ハマったり、中には車がひっくり返ることがあるほどなんです。
 何も用事がなければ外に出ないことなんですけど、そうもいかないもので特に外仕事は大変ですよね。

 今は落ち着きましたけど、積もった雪がなくなっている訳でもないので・・・。

 でも私に言わせると、台風が毎年くる地域はよく恐ろしくなく住んでいるものだなぁとか、夏なんか暑いのに大丈夫なのかなと思います。それと同じなんでしょうね。
 横浜の親戚の家に行った時、窓が一枚だったのには、やはり造りが違うと思いました。こちらでは二重窓にしないと寒いんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 5日 (木)

ネットの中古車査定

 去年、10年以上も乗った車を買い替えた時の話なんですが・・・。
 かなり距離も走っていたし、査定もつかないと思っていたので、ダメモトと軽い気持ちでいくらぐらいになるのかなと思い、ネットの中古車査定をしてもらおうかとメールを送ってみた。
 そうしたらすぐに数時間後に車を見に行くと言う連絡がきた。仕事が速いなぁと思っていたのですが、来てから書類を渡されて、査定をしている間に書いて下さいと言う。内容は住所などのことから希望金額などがあった。元々査定はほとんどないと思っていたので、空白にした。

 車を見終わった後に色々話をしたが、査定はほとんどないと言うことだった。しかし海外でなら需要があるかも知れないと言われ、携帯電話で会社と連絡を取り合っていた。そこで言われたのが、今日中に申し込んでくれたら、一万円で良いですと言う。
 正直軽い気持ちでいくらくらいかなと思っただけで、もう少し考えてからと思っていた。
 しかし翌日になると相場が変わることがあったり、今回の船に乗せると言うことが少しでもお金を出せる条件なんだと言う。また他のところに聞いてみてもそんなに相場は変わりないものだし、問題は受け取った車をさばく方法がないところは高くは引き取らないと言う。
 こちらとしては一万円でももらえるのならと思ったし、家に置いておくわけにも行かないので、その日のうちに決めてしまった。車の引き渡しは同じ街でもう一台買い取ったので、予定を合わせて三日後だと言う。長年乗った愛車を手放すのは寂しかった。

 しかし冷静になってネットなどで調べてみると、意外と人気のある年式と形で、5万円以上と言う情報もあった。販売価格は20万円と言う中古車ショップがあった。
 私は下調べも何もしないで軽い気持ちでメールを出しただけだった。もしも希望金額を高めにでも書いておいたら、少しは結果が変わっていたかも知れない。また後からわかったことですが、送ったメールは一社のはずなのに、数社に送られるシステムで、その日のうちに他の2社からも連絡が来ていていた。不思議に思っていたが、名刺を見ると直接送った査定会社ではなかった。

 あまり後味が良い話ではなかったが、でも欠陥のある車だった。そのおかげでずいぶんお金がかかった。それでもその車が好きだったので我慢していた。車検が近くなり、修理する部分と車検代をあわせるとと考えるとこれ以上はと考えたので、いろいろ考えても終わったことなので仕方がないことだ。

 ただ中古車査定と言うのはあまりきれいな世界ではないようだ。中にはいろいろな会社にと思って、いくつかのメールを出すと、その日のうちに車を見に来る人が10人ぐらいいて、もうどうでも良くなる思いをしたことがある人もいるようだ。
 私が学んだ教訓は、下調べをしてから行動を起こした方が良いと言うことだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 4日 (水)

大荒れなんですね

 西から関東にかけて大荒れなんですね。
 北海道にも注意報や警報が出ていますけど、ニュース映像を見ていると凄い風ですね。トラックや大木が倒れていたり、ひどいですね。
 皆さん大丈夫でしょうか?
 この時期にこんなに荒れるのはあまり記憶がないんですけど、天気図を見ると凄く等圧線が凄い状態になっている。北海道にも来るようで、うちはビニールハウスが心配なんです。

 仕事に影響が出る人も多いでしょうし、公共交通機関にも支障が出ているようですね。
 自然が引き起こすこととは言え、怪我しないようにお互い気をつけたいものですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 3日 (火)

メタボ

 最近また少しコマーシャルで言われていることですね。
 大分前にも書いたんですけど、私はあの定義に疑問を感じています。同じ身長であれば理解できます。また職場の診療所でも身長を取り入れた計算法が書いてありました。
 お腹が出ているからって、何が問題なのかと言うと、心臓や脳の血管が詰まりやすいと言うことらしいのですが、去年うちの職場で倒れた人はお腹なんか出ていませんでしたよ。筋肉質で逆三角形の体格の人でした。

 今でも多くの医者が言っていることなんですけど、悪玉コレステロールの値が高いことを『コレステロールが高い』と言いますよね。でもちょっと勉強している医者や私がアメリカで聞いてきた事例では、悪玉コレステローの値と善玉コレステロールの値の割合が重要だと言います。中にはコレステロール値が195で死亡した例がありました。その人は善玉コレステロールの値が異常に低かったんです。

 今の日本の薬はほとんどが悪玉コレステロールを下げるもので、善玉と悪玉のバランスをとると言うものは、私が知る限り、あるメーカーのサプリメントしかありません。しかしこの話はかかりつけの医師でも『そんなものはあり得ない』と断言しています。しかしあるものはあるとしか言いようがないんですよね。実際に使って下げている人もいますし。

 ようは情報の問題なんですよね。
 確かに医師と言う職業は簡単になれるものではないと思います。でも情報はどんどん新しくなります。
 例えばうちのお袋なんか1ドルが400円だと習ったそうです。私が習ったのは250円ぐらいだった。しかしうちの息子たちは今の値段を知っている。それを親の方がと上から目線で400円だの250円だのって言っていたら笑われるだけです。

 少し前は最新医療が浸透するのには時間がかかるという話をしたので、矛盾を感じる人もいるかも知れないですけど、冷静に考えてメタボだコレステロールだと言っているのに、なぜ亡くなる人が減らないんでしょうね。年齢的なものもあるのかも知れませんが、早くこの常識が病院の治療や製薬会社に浸透してほしいものだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 2日 (月)

緑茶とコーヒーと紅茶

 うちの祖父と親父は緑茶が大好きで、小さい頃は緑茶ばかり飲まされていた。
 特に親父は静岡県のお茶を、当時では珍しい通信販売のような形で取り寄せていた。確かに飲み比べると味の違いがわかる。と言うかその味が馴染むと言う方が正しいのかも知れない。

 親戚の家に行くと、インスタントコーヒーに砂糖とミルクを入れてご馳走してくれるのがすごく美味しくて、家族からコーヒーは体に悪いと言われながらも、私も家で飲むようになった。それが中学生になって同級生と喫茶店に行った時、友達は砂糖とミルクを入れている私を見て『コーヒーはブラックだよ』と言った。そんな友達がなんとなくかっこ良く見えて、それからブラックで飲むようになった。しかし、どうしても美味しいと思わなかった。特にインスタントはどうしてもダメで砂糖とミルクを入れて飲んでいた。
 高校時代も電車の時間待ちをした時に行っていた喫茶店があった。そこでもブラックコーヒは苦いものだと思っていたが、就職で『今日が最後です』とママに言うと、このお店で一番自信のあるコーヒーをお祝いにと言われて、ご馳走になった。その時にブラックコーヒーで飲んだが、こんなに美味しいものなのかと感動した。
 それから就職して他の街に行ったけど、美味しい喫茶店を見つけてよく出かけていた。

 紅茶に関してはレモンティやミルクティも美味しいけど、基本は砂糖だけを入れて飲むものだと言うのが私の常識だった。
 私は気に入った店しか行かない性格で、誰かに誘われればそこに行くと言う感じなんで、多くの店を知らない。しかもコーヒがほとんどで紅茶は・・・と思っていた。
 しかし最近旭川で何も入れなくても美味しいと感動できる紅茶に出会った。
 本当に探せば新しい発見があるものだと思った。

 それぞれ水や温度、豆やお茶の葉など、すごくこだわっている人の話を聞くと、深いと感じる。ある喫茶店のアルバイトの人が『うちのママの入れるコーヒーの味を出すにはまだ何年かかかる』と行っていた。一度飲ませてと言って飲ませてもらったが、どこが違うと言うのはわからないけど、でもママのコーヒーの方が飲みやすいとは思った。
 多くのお客さんが来ると言うところはどこか違うんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 1日 (日)

プロ野球って感動しますね

 29日から開幕したプロ野球ですけど、私は北海道日本ハムファイターズのフアンなんですよね。
 2試合見ましたけど、感動しました。
 オープン戦で見ていましたが、斎藤佑樹投手で大丈夫かなと言うのが本音だったのですが、開幕完投勝利ということで、打線も爆発しました。でも私は栗山監督の表情が一番印象に残りました。活躍した選手たちを労うように迎える表情が何とも言えなかった。

 昨日の試合は負け試合かなと思っていたのですが、7回に田中選手のホームランが出て1点差。最終回に岩舘選手が同点タイムリー、また田中選手がサヨナラヒットで試合が終わった。結果にも感動したが、なにより岩舘選手と田中賢介選手のヒーローインタビューが良かった。
 岩舘選手はジャイアンツからトレードで来たと言うことぐらいしか知らなかった。今年でプロ9年目の選手で、ファーターズに来て3年目のシーズンだった。ファイターズでは2年間で8打席しか経験していなくて、ラジオで聴いたのは去年6月頃から2軍に行って、そのままだったようで、今年は開幕1軍をつかんだと言う。
 9回裏に代打で出てきて、一度スクイズを失敗した時は、流れが変わったかもと思ったが、その後に見事なヒットを放ち、田中選手につなげた。しかし9年間もよく辛抱したなぁと思った。すべての内野をこなすとは言っていたけど、後から入団した選手が活躍する中で、悔しい思いもたくさんしただろうと思った。でもこれがゴールではないところがプロの世界で、大変な世界だ。

 またサヨナラヒットを打った田中選手のヒーローインタビューで『これが栗山野球です』と言っていた。上司や社長の陰口が多い世の中で、新しい監督の就任1年目でこのような言葉が出てくるチームに感動したし、栗山監督の人柄や信用が見えた気がしました。

 まだ2試合目ですし、優勝したわけでもないのですが、勝ち負けよりも大切な感動を感じ、まずます好きになりました。

 他の球団でもいろいろなドラマがあるんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »