« 誰かサッカーの面白さを教えてもらえないかな? | トップページ | 泥パック »

2012年4月21日 (土)

ネット時代

 10年以上前に、これからはネットで買物をする時代が来ると言われたことがあった。
 その時の私の考えは物も確認しないで買い物が出来るかと思ったものだった。

 しかしここ数年はテレビやブルーレイディスクレコーダー、パソコンや本などをネットで買っている。

 最近買った新しいパソコンの使い方がわからないところがあった。
 ネットでサポート窓口の電話番号があったので、問い合わせてみた。
 向こうにしてみれば『こんな初歩的なことで・・・』と思われたかも知れないが、すごく懇切丁寧に教えてくれた。昔の会社でお客さんとの電話は笑いながら話せと教えられたものだったけど、こちらがお客さんの立場になった時にその意味が分かる。
 すごく感じが良かったので、電話を切る前に『感じが良かったです』と伝えた。

 以前、旭川市内の家電量販店に行ってプリンターを買ったことがあった。早速、家で設定をしたが動かない。私は買う時に自分のパソコンのメーカーやOSを伝えて説明を受けて決めた。かなりいろいろやってみたんだけど、これは聞いた方が早いかなと思って、量販店に聞いてみた。そうすると信じられない言葉が返ってきた。
 私のパソコンのメーカーとプリンターの機種は相性が悪いと言う。パソコン雑誌に書かれているし、そんなこと常識ですと言われた。こちらは買う時に聞いたんですけどと言っても、今さらそんなこと言っても知らないのが悪いと言うようなことを言われた。なんとなくではあるが、向こうの相手は若い人に感じた。そこで「わかりました」と言って電話を切り、すぐにもう一度電話をして「エラい人を出してもらえますか」と伝えると、すぐに変わってもらえた。その人直接には関係ないので、怒鳴り込んだわけではないのですが、話の内容を伝えると、申し訳ないと言うことになり、交換するとか、どうしたら良いですかと言う話になった。プリンターの取扱説明書には使えることになっているし、メーカーに問い合わせて設定すると言って、それより社員教育をなさって下さいと伝えた。お詫びに家まで伺いたいと言われたが、断った。それ以来そこの店には行っていない。

 最近はいろいろな方法で買物が出来る。直接店に行くこともあるが、特にパソコン関係やちょっとした家電は、私の場合見に行って確認してからそれをネットで買うことが多い。取説を読んでもわからない時は、ネットに使い方や設定方法などが書かれていたり、電話でのフォローをしてもらえることがある。
 今は家電量販店も何年か前よりははるかにお客さんが少ない。以前はなかった日用品や玩具のスペースが出来て、こんなものまで電気屋さんで売っているんだと思う。それでも街のはずれの方では信じられないくらいお客さんがいない。

 例えば旭川市に大きなショップが出来たとしても、そこに来る人と言うのは全国から来るわけではない。市内近郊の人たちがほとんどだと思う。それでも札幌の方が種類があると言って、遊びに行くついでに買い物をしてくる人もいるほどだ。そうなると、大きなショップと言っても、在庫はある程度そろえないといけないだろうし、維持費なども大変だと思う。実際にショップに行っても、人員削減なのか、説明を求めても、待たされたり、十分に満足できないことが多い。
 それに比べてネットでは価格競争が一目瞭然で、さらにはそこのショップの評判なども出ているので、有名なネットショップに加盟している店はある程度信用できると思うし、私は今までトラブルがない。店と言っても店舗を持っていなくてもネットで販売が出来るケースもある。それこそ倉庫に在庫を置いて、注文が来たら発送するという業者がテレビに出ていた。接客が出来るような施設ではなかった。

 これは買う方がある程度知識が必要になってくることもあるが、それ以上に品揃えや価格に魅力を感じますね。
 時代は変わってきています。現存の物がどこまで対抗できるのでしょうね。

|

« 誰かサッカーの面白さを教えてもらえないかな? | トップページ | 泥パック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130682/54521398

この記事へのトラックバック一覧です: ネット時代:

« 誰かサッカーの面白さを教えてもらえないかな? | トップページ | 泥パック »