« イヌイット、気候変動で感染症が増加 | トップページ | うちの裏側 »

2012年4月 8日 (日)

掃除機

 うちの掃除機は子供が小さい頃、アレルギーがあって、ほこりが舞わないような工夫がしてあるものを購入した。頑丈で大きなやつを使っている。

 ところが最近お袋が部屋の模様替えをしてから、大きな掃除機では取り扱うのが面倒なので、安くて軽い掃除機が欲しいと言う。予算を言われて買ってきてくれと言われた。

 そこでいつも行きつけの家電量販店に行ってみた。興味がないとあまり調べないものだが、買おうと思って見てみると様々なものがあるものだ。お袋の年齢や部屋の間取りを考えると、と思いながら第一候補を選んだ。私はこういう時は詳しい店員などに納得のいくまで聞いてから決めるタイプで、まず第一候補にした物について聞いてみた。
 そうすると吸引力が小さいから役に立たないと言う。テレビのイメージとは違う物だと感じた。であればコマーシャルでもよく見る紙袋の必要のない掃除機がコストが安いだろうと思った。しかしそれもお勧めしないと言われた。ワンタッチでゴミが捨てられるとは言っても、ゴミは綿ゴミだけではなく細かい物まであるから、毎回ではないにしろ水洗いが必要で面倒だと言う。
 そう言われてみれば昔の掃除機は吸い取ったゴミを捨てるのが大変で、布フィルターについたほこりを払うのが大変だった。その頃の物よりコンパクトになったとは言え、コマーシャルで見るような綿ゴミだけではないと思った。
 それに使う予定の状況を話すると、袋を使うものだと年間いくらぐらいになるという説明をしてもらって、先の物はそういうことは必要ないけどこういう作業をしないといけないと詳しく教えてもらった。
 結局、ノーマークだったものを選んできた。

 よく思うことだけど、コマーシャルのイメージだけでは判断できないことがあると思う。もちろん使い方にもよるのだろうと思うし、開発する人も今までの欠点をなくしたり、さらに良い物をと思って考えているのだろうから、アピールしたい部分があってそれを全面に出すのがコマーシャルだと思う。

 それにしても今回はイメージだけで判断するのはダメだと感じた一件でした。

|

« イヌイット、気候変動で感染症が増加 | トップページ | うちの裏側 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130682/54417037

この記事へのトラックバック一覧です: 掃除機:

« イヌイット、気候変動で感染症が増加 | トップページ | うちの裏側 »