« うちの裏側 | トップページ | 結論を出すのは早いけど・・・ »

2012年4月10日 (火)

春は人が動く

 この時期は人事異動やら、卒業入進学など、環境が変わる時期ですね。
 うちでも色々ありました。今日は下の子の入学式でした。
 学校が変わると言うことは生活リズムも変わると言うことで、慣れるまでは大変だろうと思います。よりによって家から一番遠い学校を選んだので、今よりはるかに早く起きないといけない。まぁ、でも自分で選んだ学校だから、本人がなんとかするでしょう。通ったってよほどのことがない限り3年間だしね。

 上の息子はめでたく進級です。

 ところでこういう時期って、先生も退職やら異動があって、長男の学校から退職と新任の挨拶文があった。それを読んで人間的に疑う教師が二人ほどいた。内容はここでは書かないが、そんなコメントしか書けないような人間がよく人にものを教えられていたもんだと思った。またそれを発行する学校側にしても、書き直せという姿勢がないのかと思う。これが生徒なら絶対書き直しのケースだと思うくらい、話の内容がふさわしくない。
 教師と言っても24時間教師ではないし、普通の人間である。
 しかし教師になる基準って学力があれば良いのだろうか? それ以上に大切なものがあるような気がする。

 先生と呼ばれる人は医師にしても教師にしても学者さんや政治家さん、弁護士さんなども普通の仕事ではなく、特別な資格や周りから応援されていないとできない仕事である。命を預けたり、人間が大人になる前の準備をしたり、困っている人を助けたりする仕事で、とても大切で世の中に必要とされている専門職だと思う。時には自分を殺さないと出来ない部分があるだろうし、先生に限らず仕事と言われるものの多くは同じことが言えると思う。

 春は人が動く。巡り逢いの季節でもある。どんな人と関わるかで考え方が変わることがある。
 いい人と巡り会い、自分の師と思える人を早く見つけて、ささやかでも大きな人間になってもらいたいと思う。

|

« うちの裏側 | トップページ | 結論を出すのは早いけど・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130682/54435163

この記事へのトラックバック一覧です: 春は人が動く:

« うちの裏側 | トップページ | 結論を出すのは早いけど・・・ »