« 悪評があるから向上できる | トップページ | 逃げ道を作る »

2012年5月19日 (土)

殴ればすむ問題ではない

 ちょっと出かけてみると、子供と喧嘩している親が多いものだと思う。正確には喧嘩ではなくて、権力で押さえつけようとしているように思う。
 私はそう言うのを見るのが嫌な方だ。
 喧嘩と言うのは見ていて気持ちの良いものではない。一番残念に思うのが、両方とも自分の意見を強要しているだけで、お互いに冷静になっていない。実は昨日スーパーで見た親子喧嘩は、腹が立った親が子供を押し付けた事で、私の体に子供がぶつかってきて、私が持っていた買い物かごを落としてしまうほどだった。それでも親は私には謝らない。まず親が問題だと思った。その親が何を教育できるんだろう。

 どうして子供だと言っても、ひとりの人間の意見として聞けないんだろうと思う。これは子育てだけではない。会社などでもハッキリ言って、大した事ない先輩は後輩の意見に対して、軽くあしらったり、笑いですましたりで相手にしてくれない。もっとひどい時は怒鳴ってきたりする。だからいつまでも成長出来ないんだと思う。それとは逆に、どうしてそう考えるんだ?とか、それをする事によるメリットは?と聞いてくる先輩は、実は色々な事を知っているし、多分私が言った意見は想定内の考えの中にある事が多いと思う。

 子供とは言っても、同じ目線になって、向こうの言い分を聞いて、こちらの言い分を言えば良い事だけだと思う。よく面倒だとか、お前みたいに気の長いヤツなら出来ると言われるが、私は決して気の長い方ではない。せっかちで短気である。しかしこちらの意見を正確に伝えようと思えば、そんなに大変な事ではない。
 例えば子供がものを欲しがる時って意外とその場だけの場合が多い。それに対して後で買ってあげるとその場しのぎをすると、意外と覚えているものだし、その約束を守らない親に対して反感を持つ。
 強引に「行くよ!」と引きずってその場を逃れると、大声で泣いている事が多いが、それは買ってもらえない事よりも、自分の事をわかってもらえない悔しさや寂しさの方が大きいはずだ。

 うちの息子はだだをこねて困ったと言う経験がない。普通の子だったから、店に行って物を欲しがる事もあった。その時はまず一緒に「おっ、それ良いかもね」と言う。少ない金額の時は、その場で決めないで、他にも用事があるんだけど、一緒に付いてきてくれるかい? と言ってから、その場を離れる。用事の内容や目的を話して、今日持ってきているお金の額を子供にも教える。そのあとで、用事が終わってお金が残っていれば買うから、まだ欲しいと思っていて、お父さんが忘れているようなら教えてと言っておく。それで用事を決める時に、お前からも意見があれば教えてくれないかと言う。そうすると、子供は得意になって、用事に付き合ってくれる。用事が終わった後は、当然子供もいくら残っているのかがわかっているわけで、子供なりに考えるんだと思う。それでも欲しがる時は買う。お財布事情や時間をおいても気持ちが変わらなかったと言う事だし、それは私から言った約束だから。またそう言う時に買ったものは、意外と大切にする。
 大きなものの時も、同じように財布の中を教える。そこで今回はどうしてもお金が足りないんだ、でも気持ちはわかったから、お父さんからお母さんと相談してみると伝える。そこで嫁さんから、今お金がないんだけど、来月のお給料が出た後でも良いかなと子供にお願いする。お金があるとかないとかは問題ではない。まず一息つかせて、冷静に必要かどうかを考えさせるためだ。その時にまだどうしても欲しいと思っていたり、二人が忘れていて声をかけない時は教えてと言っておく。

 うちの場合は親がしっかりしていないと思われているのか、逆に心配される事が多くなった。光熱費などを少しでも浮かせようと考えた時は、何か良い方法がないかと逆に子供に聞いてみる。その結果、厚着をしてストーブを省エネにしてくれたり、必要のない電気を切ってくれたりした。水の大切さも教えていたから、蛇口を最大に開いたり、流しっぱなしにして使う事はほとんどない。新聞のチラシを見て、ここが安いみたいと言ってきた事もあった。

 ただそんな中でも、ここが大人と子供の違いなんだと言う事は教えてきた。
 国民の三大義務である。わざわざ書く事でもないですけど、勤労、納税、子供に教育を受けさせると言う事ですよね。この日本人の義務を小さい時からわかりやすく話してきた。だからまだ人から給料をもらわないで、税金を納めていないと言う事は、まだ一人前じゃないと認められてないんだと言う事だ。その義務を果たしてから、大人のやり方や地方自治、国などに意見する事が出来る。それでも意見があるのなら、学校に行きながら働いて、税金を納めてから言えと伝えてある。それまでは家族と助け合いながら仲良くしていないとダメなんだと言う事だ。

 子供だからと言っても話せばわかる。向こうの気持ちも「どうして?」「なんで?」とゆっくり聞いてあげれば良いと思う。子供の考えはある程度わかるし、そこでこちらの立場も気持ちを込めて伝えればわかってもらえる。でも言うからには自分もしなければいけない事で、良い意味での緊張感がある。

 この子育てが100%正しいとは思えない。意外と打たれ弱いかなと思う事もある。それは私の失敗した部分でもあるので、これから直していきたいと思う。
 基本は意地悪しないで、仲良くという事だと思う。そのためには子供の意見も理解してあげる事が必要だと思う。

|

« 悪評があるから向上できる | トップページ | 逃げ道を作る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130682/54743523

この記事へのトラックバック一覧です: 殴ればすむ問題ではない:

« 悪評があるから向上できる | トップページ | 逃げ道を作る »