« 真剣な表情は輝いていますね | トップページ | 殴ればすむ問題ではない »

2012年5月18日 (金)

悪評があるから向上できる

 最近、元の職場の評判が良くない。
 聞こえてくる話は、以前ほどの親近感がなくなったとか、職員の対応が変わったと言う。
 なんとなくあまり気持ちの良い感じはしないものだ。

 確かに仕事と言うレベルで考えると、かなり上がっていると思う。後輩たちも知識が豊富だし、新しい技術も覚えて、たくさんの成果を上げている。
 ただ私も経験した事だが、同じ同業の仲間に認められる事でも、一般の人には難しくて支持されないということがある。どちらもおろそかには出来ないことなのだ。そこにジレンマが生じる。
 特にマイナーな事や、同じものを扱っていてもテレビなどで放映される人がいて、テレビに出れないと言う事=評価されていないと言うイメージを持っている人が多い。しかし裏側を詳しく理解してもらうと、とんでもない事だと言う人がほとんどである。
 内容はとてもこの中では書ける事ではないし、そんな事をしたらおそらく大炎上だと思う。

 それはそれとして、問題は悪評が多いから悪いと言うものではないと、私は考えている。良い話だけが評価ではないというのはわかると思うけど、悪評も大切な意見なのだ。
 中にはこれは譲れないと言う部分がある。しかし何のために、誰のために、何が目的で、などと言う事を考えていくと、見方が変わってくる。世間の意見と言うのが、つまりは自分たちに求められている事で、だからと言ってそれをしていては良くない。やる事はやるけど、あまりにも手の届かないくらいの仕事だけをしていても、それでは味方になってくれる人は少ないのだ。両方やらないといけない。
 野球などでは球場に見に行くとものすごい迫力だと感じる。それはそれで楽しめる。私は未経験者なので、プレーを見ていて、どうして?と思うことがあるが、そこはテレビやラジオの解説者の話で、今のプレーの意味がわかったり、選手の心理がわかる事がある。

 私はよく身内にこんな仕事を予定しているけど、どう思う? と聞いていた。
 解説の時の話すネタも、まず家族に話してみて意見を聞いた。わかりにくいと言われる事があるが、実はこれが重要な意見なのだ。みんなはこう言う部分がわかりにくいものなのかと感じる。家族ですらわからないと言う事を、一般の人が理解してもらえる訳がない。

 どんなに自分では正しい事をしていても、それを理解してもらわないと意味がない。
 多くの人が世の中に役立つような事を研究している。それを上手にわかりやすく教えてもらえてこそ、その研究がさらに生きてくる。それが自分たちにとって、どういうメリットがあるとか、これをしない時のデメリットなどがわかれば、応援する人が増える。

 今は聞く耳を持っていないようだ。貯金のようなものがあり、それがあるうちは実感できない事だと思う。でも近いうちに考え方を変えないといけないと思う日が必ず来る。
 でも一度は乗り越えてきたんだから、もう少し時間がかかるかも知れないけど、何をするべきかがわかってくれると思う。
 それでも昔よりレベルはかなり高いですけどね。グッドラックです。

|

« 真剣な表情は輝いていますね | トップページ | 殴ればすむ問題ではない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130682/54736412

この記事へのトラックバック一覧です: 悪評があるから向上できる:

« 真剣な表情は輝いていますね | トップページ | 殴ればすむ問題ではない »