« 殴ればすむ問題ではない | トップページ | ドタキャン »

2012年5月20日 (日)

逃げ道を作る

 うちの長男が最近成長してきて、色々な意見を言ってくるようになった。
 元々、時間を作ってじっくり話を聞いたりしている。
 でもほとんどは職場の事で、いろいろと大変なようだ。
 ただそう言う事はどこにでもある事だし、代わってあげられる物でもない。自分で乗り越えるしかない。

 しかし、息子の会話には、相手に逃げ道を作っていない。それは以前から注意してきた事なんだけど、なかなか実践できないでいる。私も同じような言い方をしているのかも知れないと、嫁さんに聞いてみたりしたが、違うと言ってくれた。逃げ道を作らないと、一方的に打ち負かしたり、理屈や理論、法律などで相手を押さえつけても、それ以外の事ってあるものだし、向こうが先輩ならそれなりのプライドだってあるだろうから、難しいと思う。

 息子は私と同じ完璧主義だ。しかし、私は長年の経験から、いくら自分が正しくたって、法律が味方しているとしたって、出来ない事や通らない事があると言う事を経験している。ものすごく悔しいことだが、仕方がない事もあるのだ。今はその辺りを学んでいるところなんだろうと思う。熱くなっている時に、いくら言っても無理なので、冷静になってからゆっくり説明しているが、それでも「それはわかるんだけど・・」と思っているようだ。
 この前はよっぽど頭に来たのか、ぶん殴ってやろうかと思っていると言う。でもお父さんがよく言っていた、少し時間をおいてから考えろと言う言葉を思い出してくれたみたいで、その時はなんとか納めて、帰ってきてから色々と話をし始めた。確かに息子の意見だけで判断すると、腹が立つ。でも向こうの言い分も聞かないと判断できない。まさか親が乗り込むわけにはいかないから、自分で乗り越えるしかない。

 ところで殴り合いの喧嘩は、例えその場で勝ってもそれが二人の間での勝利にはならない。さらに周りを巻き込むと、敗者になる事だって多いのだ。相手が上司だと余計そうなる。手を挙げた方が負けるものだ。

 以前、クセのある臨時職員がいた。もう以前の会社を定年退職し、小遣い稼ぎできていたが、あまりにも上から目線で、みんなから無視されるようになった。そうなると仕事で面白い事があったとかで、なんとかみんなを和まそうとしているのだが、見ていて空しい。誰も相手にする人がいなくなっていた。
 しかしある時、重大な事件が起きた。私が責任者で作業を行った仕事で、施錠をするべき作業を全部していなかったと笑いながら言い出した。それで慌てて現場に行こうとしたら、もうオレが閉めてきたと言う。1カ所と言うなら、まだ100歩譲って理解できる。私は全て解錠して作業はしない。一緒に作業に行った臨時職員も、それはないと言ってくれた。それに仮にそうであっても、作業が終わった時間と、言い出した時間では不自然なのだ。その人が施錠をしてきた割には時間がなさすぎる。まして鍵は正職員以外触ってはいけないのだ。上司が、それが本当の事なら大変だぞと言ってから、向こうの顔色が変わった。私はいつものウソだと確信した。
 しかし上司は真意も確かめず、事もあろうに急いで会社に報告した。課長が来て、どうなんだという事情聴取が始まった。オヤジの意見を聞いて、私の意見も聞いてくれて、さらに一緒に作業に行った臨時職員の人も説明してくれた。そうなるとそのオヤジも引っ込みがつかなくなったんだろう。「お前達はいつもそうやってみんなでオレの事を・・・」と泣き始めた。それを見ていた課長は、真意はともかく、大の大人を泣かすような事を今までやっていた事に疑問を感じるということで、俺では判断できないからと言い出した。そんなに大事になるほどの事ではないはずだ。いくら私が意見を言っても、水掛け論だからと言われて、何も言えなくなった。
 結果、私は確認を怠って危険な状態にしたと言う事で、給料1ヶ月間10%カットになった。納得できなかった。

 しかししばらくして、よくサボるクセがあったオヤジは、そのサボり先にいる職員に、私が生意気だから懲らしめてやったと口にした。それを聞いた途端、私は本気でぶん殴ろうと思った。しかしそれを察した上司に止められた。殴ったらお前が認めた事になるし、傷害事件になるとお前が捕まってしまう。それではお前にとって何のプラスにもならないんだと言う。
 それでその場は理解して、気持ちを納めたが、悔しさは忘れられない。それからはオヤジがやっている事で、仕事中にサボる事やお客様への言動など、ダメな事はダメだと上司に事ある毎に報告した。それは同僚にもお願い(指導と言うべきか)して、オヤジを良く思っていない人がほとんどみんなやるようになった。
 それでそのオヤジは翌年は勤務態度不適格で採用にならなかった。
 こう書くと意地汚く思う人もいるかも知れない。しかし警察や裁判沙汰にするほどのことではないが、明らかな嫌がらせによって給料の一部がカットされたほどの怒りを、忘れられるわけではない。それにちょっとタバコでもと言うレベルなら良いけど、女性従業員がいるところにこもって、コーヒーを飲んだり、世間話をしたりで30分も1時間も出てこないと言うのはどこからどう見ても良くない。それを目についた職員が上司に報告する事は悪い事ではない。その報告があまりにも多くて、さばききれなくて会社に報告したんだと思う。私がやった事はいたって合法的にやったまでです。ウソはついていませんし、やってもいない事をでっち上げて、その人の給料を下げるような事まではしていません。
 生活があると言うなら、こちらも同じです。なにもそこまで・・・、と言われても、こちらも同じ意見です。

 その場で懲らしめたと言っても、それが本当に良かった事なんでしょうか? 私が普段から悪い事をしているのなら、その報いだと言えますけど、話をでっち上げてまでと言うのは、卑怯ですよね。
 そこで私が手を挙げていたと考えたら、ゾッとしますね。

|

« 殴ればすむ問題ではない | トップページ | ドタキャン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130682/54752028

この記事へのトラックバック一覧です: 逃げ道を作る:

« 殴ればすむ問題ではない | トップページ | ドタキャン »