« つらい! | トップページ | <衆院憲法審査会>9条改正、各党割れる »

2012年6月 3日 (日)

すごい実況だった

 昨日は訳ありでラジオでファイターズの試合を聞くことになった。いつも札幌ドームで行われる中継は、応援実況が多いのですが、今日は関西方面にも流れる中立放送と言うことだった。
 正直、応援実況の方が聞きやすいのが本音ではある。

 解説が岩本勉さん、実況は地元の北海道放送のアナウンサー渕上紘行さんだった。時々応援実況でも聞いていたお二人のコンビだったが、選手の心理やベンチや監督の心理、今のプレーの意味、隠れたファインプレー、さらには今何が起こっているのかを正確に実況してくれて、ものすごい臨場感を感じました。手元には携帯電話があり、ワンセグでとも思ったのですが、ものすごい迫力に引き込まれました。
 大げさではなく実況と言うもので、私が今まで聞いたことがある実況で、もちろんテレビも含め、一番臨場感があるものだったと思った。
 特に最終回の表と裏の攻防は、このケースはこうしたい、次に投げる球はどこに投げるべきだと言うことと同時に、攻撃チームの立場ではと言う説明をしてくれた。

 双方のすごい部分は敵味方関係なく、凄い球を投げるとか、よく見送った、よく打ったと言う声に実感が込められていた。聞いていてとても気持ちの良い実況だった。

 最近CSテレビを見ていても、これが実況か?と思えることが多い。
 実況は状況を伝えること。解説はプレーや心理を、素人にわかりやすく伝えることが大切だと思う。

 とにかく岩本勉さん、北海道放送のアナウンサー渕上紘行さん、最高の番組をありがとうございました。

|

« つらい! | トップページ | <衆院憲法審査会>9条改正、各党割れる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130682/54862849

この記事へのトラックバック一覧です: すごい実況だった:

« つらい! | トップページ | <衆院憲法審査会>9条改正、各党割れる »