« 遠くへ行きたいなぁ | トップページ | 昨夜は薩摩藩、土方歳三邸で密会ぜよ! »

2012年6月21日 (木)

専門用語

 よく化粧品やサプリメントなどで、わけのわからない言葉って聞きませんか?
 なんとかかんとかがお肌に潤いを・・・とか、この成分が脂肪を燃焼し・・・みたいなことです。

 しかしですね、専門家でもない限り、ハッキリ言ってコマーシャルなどでの短い時間ではわからないんですよ。
 それに化粧品やサプリメントも前よりもさらに良いものが出来ましたと言って、当社比(他社比はダメですからね)の表などが出ているでしょう。
 こういうものってどこまで行くのかなって思います。
 私は現在知っている限りのものは、遺伝子レベルまで行って若返りを図ると言うものがあります。実際に日本でも販売されていますし、効果も実証されています。あっ、効果と言ってはダメだった。忘れて下さい。
 しかし価格が高いんですよ。さらにはセットで使うものですから一番安い買い方でも1万7千円を超えます。さらには肌だけの問題ではなく人間に必要な栄養素を摂取する問題もあるので、全ての栄養素をバランスよく摂取するにはまだまだお金がかかります。上手くいけば「ほらね」と言われますが、効果が不自由分だとこれらのどれかがかけても効果が十分ではないという説明になります。

 ただ他の化粧品会社だって、もちろんそう言う情報はゲットしています。でも技術が追いつけないんですよ。だから
難しい言葉を使って○○の成分でお肌が・・・と、コマーシャルでイメージをつけてと言う事になるんですね。
 専門用語や話のテンポでその気にさせるという事は結構ありますよね。

 
 
 ただですね、これってほとんどの事に使われているんじゃないですか?
 法案やら今の原発だってそうでしょう。最初の説明で今回のような事件が起きたらどうなるかまでは聞いていたけど、理解していなかったという人がほとんどじゃないでしょうか? 前にも書きましたが、私は組合活動していたので、ある程度理解はしていました。だから反対していました。でも想像を超えていました。
 だから宣伝の大きさや多さ、有名人の言う事には影響されるんですよ。

 化粧品にしても、途中で変える人もいるし、長く続けても、やはり女優さんには勝てないわねぇなどと納得する。原発にしても最初は危ないと言われていても、安全を確保するとか、他の発電所のデメリット、コストの問題などを「うるさい」と思えるほどテレビや新聞に流し、地元には発電所を建てるという事で国から電源開発交付金が出るから、その村や近隣が潤う。だからいつの間にか原発様様になる。だけど、一度問題が起こると大騒ぎになり、デモ隊まで出たり、反対の声が高まる。その年齢層を見て、若い人たちがやっているのならまだ理解できるが、なんでその時に勉強していなかったんだと思える年齢の人までが騒いでる。
 政治家だって地元に好かれていれば、世論でどう言われていても、選ぶのは地元の選挙民だから、どうしようもないんですよね。

 難しい言葉ばかり使い、結論は簡単に言う。それでなんとなく納得させられて、後で問題が起きる。
 いつまでこんな事が繰り返されるんでしょうね。

|

« 遠くへ行きたいなぁ | トップページ | 昨夜は薩摩藩、土方歳三邸で密会ぜよ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130682/55014393

この記事へのトラックバック一覧です: 専門用語:

« 遠くへ行きたいなぁ | トップページ | 昨夜は薩摩藩、土方歳三邸で密会ぜよ! »