« 粉ミルクには軟水 | トップページ | 柔道“世紀の覆り”の瞬間は28・5% »

2012年7月30日 (月)

それって英才教育?

 昨日も書いた義姪の子供さん。まだ2歳なんだけど、親のスマホで写メを撮るのが好きなんだそうです。
 へぇ〜程度に聞いていたんだけど、写した画像見せてもらうと「すごい!」って思いました。説明が難しいんだけど、なんか「良い写真だなぁ」って思うんですよね。同じアパートに住んでいる人やら、ママ友の中でも有名で、これはもしかしたらと本当に思いますよ。
 子供の感性って正直だから「これが撮りたかったんだ」と言うのがすごくよくわかるし、それがトリミングしたように、バランス良く画像になっているんですよね。
 私は高校時代、写真部にも入っていたけど、安く仕上げるために白黒フィルムを自分で現像して、学校で暗室にこもって写真に現像していました。それでもフィルム一本36枚の写真撮って、これは上出来って言う物が一枚あれば良い方だった。ちょうどその頃に「連写」というものが出てきたんですよね。私のカメラでは、別売りでカメラに取り付けるもので、1秒間に最高5枚だったかな? でもコスト考えたら、あっても使わないだろうなと思い、買わなかったけど。

 今の写真はデジタルだからコストがほとんどかからないじゃないですか。昔みたいにフィルムを現像してと言う時代は、フィルム代からかかりますもんね。だから親が触らせてくれなかった。
 それにデジタルはダメなら削除すれば良いことだから、まったくリスクがないですよね。
 帰る時に嫁さんもついて行って花火を見てたそうなんだけど、花火まできれいに写メ撮ってたそうです。接写でも何でも設定を触って出来るらしいです。ホントに2才なのかって思いますよ。

 考えたんですけど、デジカメ一台子供に預けても面白いかも知れないなって思いました。うちみたいに高校生になると、携帯やスマホにカメラ機能があるから、さらにと思えば買えば良いことだけど、2才の子供がスマホで接写まで操るとは末恐ろしいですよ。


2012ロンドンオリンピック 日本人選手応援しています!
日本がメダルを獲得した翌日の正午から24時間、値引きキャンペーン
オリンピックで日本人選手がメダルを取ったらこちらをクリック!

|

« 粉ミルクには軟水 | トップページ | 柔道“世紀の覆り”の瞬間は28・5% »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130682/55310826

この記事へのトラックバック一覧です: それって英才教育?:

« 粉ミルクには軟水 | トップページ | 柔道“世紀の覆り”の瞬間は28・5% »