« ネットショップも試着OKですって | トップページ | 七夕 »

2012年7月 7日 (土)

いじめ

 大津市のいじめの問題が取り上げられている。
 興味があるので、記事にするなら詳しく調べてからと思う。

 ただいじめがなくならない背景には、いじめている方がそれほどの悪意を感じていないという事が大きいと思う。
 私の高校時代にクラスの中で大きないじめを受けて、しまいには胃潰瘍になって学校を休んだと言う同級生がいた。今のような陰険ないじめではなく、休み時間にアイスを買って来いとか、体育の時間にドッチボールなどの時、何人かで追いつめて高飛び用のマットにはさんで、上から何人もで踏んづけたりと言うみんなが見ている前での行動があったが、隠れて何かをやらせると言う事も確かにあったようだ。その時だって体育の先生は笑って見ていた物だった。
 病院に入院した時に担任の先生からクラス全員が説教を受けたが、先生だって多かれ少なかれ知っていたんでしょうという意見が出て、先生だって加害者でしょうとか、わかっていたのに今さらになって俺たちに説教するのはおかしいというドロドロの状態になり、クラスだけでは収まらず、もっと大きな問題になった。

 しかし大人になってから、両方に話を聞いてみたけど、いじめる方はそんなに悪いと言う思いは持っていなかったと言う。怪我をさせない、相手の物を奪わないという最低限のルールのような物はあったみたいだった。
 それにしても加害者はおふざけではすまない。

 しかし今のいじめはさらに恐ろしい。

 私の職場でも少し年配の人が若い人と仕事を組んだ時に、再三「遅い」「さっさとやれ」などと言われ、なんと年配の人の方が精神的にやられてしまい、仕事を休んでいる。
 それにしても言っている方はそんなに病気になるまでは言っていないと言う。しかし年配の方の同僚に話を聞きに行った時は、一日一度や二度なら良いけど、作業をする度に急かされて、中には自分でやった事を先輩がやったと言い張り、その事で怒鳴られた事も何度かあったと言う。自分が悪くて怒鳴られているのではないと言う。そう考えると、わざとだとしか思えないと言う。職場の長にも何度か相談したそうだが、その度にひどくなってきたと言う。配置換えなども考えたが、もうそう言おうと思うより身体に異変が起きてしまい長期離脱になってしまったという。

 大人の世界だって子供の世界だって、SOSは必ず出していると言う。
 病気にしても、いじめにしても、事が起こってから「どうしてこうなるまでわからなかったのか」という言葉が必ず出てくる。しかし残念だが、今思えばあの時の言葉が・・と感じる事もある。これは学校や会社、世間全体で見て行かなければいけないほど、大きな問題になっているのかも知れない。

|

« ネットショップも試着OKですって | トップページ | 七夕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130682/55137256

この記事へのトラックバック一覧です: いじめ:

« ネットショップも試着OKですって | トップページ | 七夕 »