« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月30日 (木)

こんな話初めて聞いた

 今回の問責決議案・・・、ひどすぎると思います。
 言い分は聞きましたが、自分たちのやったことに対してダメだと言われているんですよね。それに乗っかると言うのはどうなんでしょうか? そう言うことをやれてしまう神経というか、同じ党内で誰も反対しなかったんですかね? 卑怯だと思います。

 昔、社会党と組んだ時は上手くいきましたが、今回はそんなに甘くないと思いますよ。

 「あいつはダメだ」という報道はよく聞きますが、「オレがやったら、こうしてやる」という意見が届いてこないんですよね。
 初めて聞きました、こんな大きな公でのこんな話。 

 多角的にと思って、時々読んでいる植草一秀さんのコラムです。
 ご参考に・・・。 

植草一秀の『知られざる真実』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月28日 (火)

国会議員を半数に

 昨日の夕方のニュースで「国の仕事だけするなら・・・」という大阪維新の会の橋下代表の言葉に対し、民主党から「民意が反映されない」とのコメントを見ました。
 でも、国民の民意なんか反映されていないんじゃないですかね。
 選挙になると「皆さんのために」と大演説している割には、ここら辺だけかも知れませんが、活動状況を報告してくれる地方議員がいません。時々街の中心で行われているのですが、他の政党の悪口だったり、選挙前の遊説のように、うるさいほどの宣伝がありません。やはり情報は自分から探さないとダメなんですかね?
 それよりもう少し橋下市長の話を聞いてみたいと思いました。
 
 本当に国としての仕事を国会議員がやって、地域によって違う訳だから、例えば国会議員プラス政令指定都市長プラス都道府県知事と言うような形にはならないんですかね。もっと地方自治体に任せらるものがあると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月27日 (月)

今年は豊作だろうか?

 お盆が終わると、若干の残暑があるとはいえ、この辺りでは秋に向かいます。
 今年は家の周りの稲も、今現在は青い稲穂になっています。花の時期に天気が良かったので、実入りが良いと思います。この先も天気次第ですね。週間予報ではまだ暖かそうですけど。

 世界地図で見ると、日本は小さく感じますが、季節のニュースなどを聞いていると広いと感じます。気温などを見ると、本州以南の方はまだ夏ですもんね。

 話は変わりますが、Amazon fashionで売りつくしセールと言うものをやっているようなので、リンクします。遊びに行ってみて下さい。

Amazon fashion

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年8月26日 (日)

防災速報

 昨日の夜、地震の少ないここ旭川で揺れがあった。
 まもなくテレビの速報で北海道十勝地方南部を震源とする地震と報道された。人的被害はなかったようである。
 そこでYahoo! 地震情報と言うところを見ると、小さな地震はたくさんあるものなんだと思いました。

 また巨大な台風が近づいているようで、沖縄や九州地方の方は心配です。
 Yahoo! 防災速報というところで、地震情報・豪雨予報・津波予報など、8項目ほどがメールで送られてくる登録があるようですので、ご活用されてはいかがでしょうか? アプリもあるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月25日 (土)

MACのDVDダビングソフト

 久しぶりにDVDのダビングをしなければいけなくなった。
 知り合いが講演しているものなんだけど、もう在庫もなく販売もしていないらしく、相談するとコピーしても良いと言われた。
 ところがMACにしたので、ダビングソフトを持っていないことに気がついた。フリーソフトがあるかなと思ったんですが、OSが変わってからなのか、見つけられなくて、「DVDFab DVD Copy」と言うソフトを有料でダウンロードした。

 使い勝手はとても良かった。日本語なのでわかりやすい。ライセンス期間を永久にしたが、考えたらもう2年もするとブルーレイーの時代になるかなと思った。

DVDFab DVD Copy

Dvd

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月24日 (金)

未だに直ってない

 北海道の情報番組で、「食品の消費期限を信頼しているか?」という質問が視聴者向けに行われていた。今は地デジでリモコンから回答出来る。今回は私は回答しなかったが、結果は「信頼している・・・289」「出来なくなった・・・252」「もともとしていない・・・258」と言う数字だった。

 ここ10年以内の間に、ずいぶん北海道では食の問題が出ている。今度は消費期限の問題である。
 それにしても以前、このテの問題で、行政が動いている。
 私の従兄弟が旭川市内のスーパーに勤めているが、その事件の時に「こんな話は当たり前に行われている」と言っていた。作り手と売り手、それに消費者とでは考え方が違うのはわかるが、安全と言うことに関してどう考えているのだろうか? 死亡者まで出ている事件である。
 なぜ同じような事件が起きるのだろうか? いい加減にしてほしいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月23日 (木)

気になる食生活

 一度アメリカに行った時に、食べ物の店やコンビニを見て、これは肥満が多いはずだと感じたことがあった。
 それが最近では日本でもたくさん入って来ている。
 私も時々食べる機会があるが、美味しいものだし、手軽で便利だ。専門店もあれば、中にはコンビニで売っているものもある。

 しかしこのような食生活の変化が動脈硬化や肥満を生んでいると言われている。

 野生動物は自然や環境の仕組みで、主食が高カロリーな動物ほど、食べ物が簡単には手に入らないものが多い。
 しかし低カロリーなものをたくさん食べる動物もいる。食物連鎖や生態ピラミッドでわかるように、自然界はうまく出来ている。

 この考えを人間に当てはめるのは無理があると言う意見もあるが、まんざら聞き流す話ではないと考えている。
 便利と引き換えに生活習慣病が増えて来ると言うのも、残念な気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月22日 (水)

検討する!

 この語源ってどこからなんでしょうかね?
 私事なんですけど、就職した先の上司がよく口にした言葉なんですよ。「若い人や経験が浅い人ほど、お客さんに近い発想だから、どんなことでも良いから提案してくれたまえ」とか言われちゃって、最初の頃は諸先輩方が意見も言わないのを不満に思い、自分に目をかけてくれたと勘違いして色々提案したんだけど、いつも「それは良い話だ! ぜひ前向きに検討してみるから」と言われる。でも変わらない。「どうしたんですか?」と聞くと、「前向きに検討してみたんだけど、今回は見送る」と言われる。何度言われたかは数えきれないですね。

 そう言われてみれば、その頃の国会でもよく聞いた言葉ですよね。

 ただね、何年か前にも書いたんだけど、職場が変わって別の上司の送別会の時に言われた言葉なんですけど、「部下から言われる言葉の中に、時々想定外の話がある。最初は前例もないし、失敗して責任取るのは自分だし」などと考えるんだそうですが、あまりにもしつこく言われると、だんだんもう少し詳しく聞かせてほしいと思うようになるんだそうです。子供が駄々をこねた時に根負けするような感覚だと話してた。

 だから意見は継続して訴えた方が良いと思うんですよね。
 いくら検討すると言われて「またか」と思ってもです。
 だってそれ聞いてから、もう少し頑張っていれば変わったかも知れなかったと思うこと多いですもん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月21日 (火)

T-SITE

 TSUTAYAのTサイトでマイページと言うものを作ってみた。
 私はパソコンから作ったので、本棚のような画像に、自分のお気に入りや見たものを登録出来、感想などを書くと、それに共感してくれる人が出て来る。
 まだ使い方がよくわかっていないが、これからどんどんレビューを増やして行くことで、世界が広がって行くと感じている。

 それにしても先日、Tカードにちなんだドキュメント番組を見たが、かなり前から騒がれていた「顧客の囲い込み」がどんどん浸透して来ていると感じる。
 T-SITEも、ポイントを貯めようと意識すると、アンケートや抽選の応募などがある。こちらは単なる入力作業でも、それを集計して、マーケット開発などの参考になるのだと思う。
 ネット社会恐るべし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月20日 (月)

美瑛町の青い池

 今年の春頃、知り合いに連れて行ってもらった池があった。
 私的には湖と言う表現の方がと思ったが、その池は不思議な色をしていた。何色と言えば良いのだろうか。水彩画の水色と言う表現が一番近いかなと思う。水の透明感はないが、何とも神秘的な池なのだ。私が行った日は明るい曇り空と言う天気だった。
 温泉のアルミニウムが含まれているそうだけど、サイトなどで見ると、晴れの日や冬などでも違う池に見える。
 それから何度か行ってみた。

 ところでこのパソコンを買ったのが、その少し前のことだった。
 先月にはOSがバージョンアップした。昨日もそんな感じでネットを見ていたら、なんと新しいMACのOSに標準装備されている壁紙の中に、美瑛町の青い池が使われていると言う記事を読んだ。世界のアップル社に、北海道の身近なところから独占契約という話が出たのがすごいが、その他にそんな話があったんだと思った。
 きっと相棒の方も喜んでいると思います。
 またこのサイトから見れた青い池の写真はどれも見事でした。

 皆さんも北海道に来る機会がありましたら、また旭川近郊にいらしたなら、美瑛町まで足を伸ばして見て下さい。

【美瑛町の青い池】が 世界のアップル社でWallPaperになる!
http://blog.goo.ne.jp/chimaki-1014/e/db5ea1660b8c7fedd2f671189ed88c3a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月19日 (日)

サイストリー

 ずいぶん前にパソコンを使った心と体の健康法というホームページを見つけました。
 実行すると、心と体がどんどん健康に。不安や恐怖、ストレス、疲れから自由になれます。また、自分自身を深く理解できるので、究極の自己啓発法とも言えますと書いてあります。

 私もこれにヒントをもらい、ストレスなどがあると、とりあえず書いて見ると言うことを実践しています。
 時々、ブログのネタになることもありますけど。
 
 一人で悩んでいる方、いらっしゃいませんか?


サイストリー (パソコンを使った心と体の健康法)
http://iyashi.find21.net/psystory/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月18日 (土)

アベンジャーズ

 映画を見てきた。
 アメリカの有名なヒーローたちが敵と戦うストーリーだった。勉強不足だったが、私は一人のヒーローしか知らなかった。調べてみると、それぞれ単独の映画もある。それほどのヒーローが一つの巨大な敵と戦う。

 この映画の細かい内容は書かないが、個性が違うヒーローたちが協力するというところがポイントだと思う。

 また余談ですが、近未来のコンピューターディスプレーはこうなるのかと思った。そう言えば10年ぐらい前に某携帯電話会社の10年後の未来、20年後の未来のコマーシャル見たら、こんな感じのディスプレーだった。

 なんか全世界歴代興行収入ランキングが6月18日付で3位になるほどの人気だそうで、私も面白いと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月17日 (金)

選挙が近いのかな?

 7月の中旬から北海道出身の元総理大臣が週末に戻っては、彼の選挙区で国政報告会を行っていると聞いた。
 実は就職した時に住み込んだところが、そこの選挙区だった。
 当時は何もわからないまま会社の先輩に労働組合を教えられ、北海道議会議員や国会議員が来るとなると、話を聞きに行ったものだった。
 ちょうど私がいた頃の労組は消費税が導入された時期だったり、戦後続いた自民党単独政権が崩れたりの時期だった。
 当時は対抗する自民党からの出馬だったのに、私が仕事を変えるかどうかの頃に、労組が推薦し始めたんだと思う。

 元々の自民党時代からのフアンと現在の票、それに連合系組合票を持っている・・・はずである。
 しかし少し前のネットの記事ではこの3本の柱が、ここ3年で一気に崩壊したと書いてある。
 そりゃそうだと思う。

 選挙のためにマニフェストを掲げただけでは、当選はしない。浮動票の人たちに、その意見はどういうことなのかを説明するために、一生懸命動いている人がいるのだ。しかし労組は過去にさかのぼればこれで二度も騙されたことになる。

 元は日本の総理大臣だったかも知れないが、わずかの間に同じ党内でさえ発言力が弱くなった人である。総理大臣を経験した国会議員は引退するべきだって、確かこの人が言ってたはずだ。
 本人がいくら「やる」と言っても、それを決めるのは有権者だ。私が昔住んでいた選挙区ではどのような判断を下すのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月16日 (木)

戦争

 私は戦争を経験していない。
 亡くなった祖父は兵隊に行っていたそうだが、その頃の話は全く聞いたことがなく、聞いても絶対に話してくれなかった。祖母にも何も語らなかったと言う。
 祖母は戦争時代の話をよくしていた。町内でどんどん男性は出兵して行き、それこそ隣近所みんなで、仕事や子育てなど、いろいろなことを協力し合ったそうだ。
 祖父母に「戦争は二度とやって欲しくない」と何度も言われていた。

 私はドラマやドキュメント映像、本などを読んだ程度で、ひどいと言うのはわかるが、実感がない。

 しかし世の中には今でも戦争をやっている国や、挑発的なことをしている国もある。
 宗教的な問題や歴史的な背景など、様々ではある。
 でも芸術、芸能の世界のように、国境を越えて人々を感動させてもらえるものがあったり、中には共同制作の大作もある。スポーツの世界大会などでは、ルールに則り真剣に戦ったあとは、お互いに健闘を称え合っている。それは見ている私たちにも感動を覚え、世界は一つだと感じる瞬間だ。

 それなのに、どうして?って思うことがある。
 年配の人の話を聞くと、他の国を良く言わない人がいたが、そう言う大人の周りにいると、どうしても感化されてしまう部分があると思う。
 竹島や尖閣諸島に他の国から上陸されたと言うニュースがあるが、日本の報道を見ている限りは我が国の領土だと感じる。しかし正直私にはどちらが正しいのかわからない。そう言う基準のようなものを国連などで監視、公表や指導をして、国際的に見た正しい事実を世界中の人が学ぶ必要があると思う。

 以前も少し触れたが、人は神や仏と言うものを信じ、その教えに背かないようにと、忠実に生きている人たちもいる。しかし自分の考え以外の物は殺しても良いと言う教えが、世の中にあるとは信じがたい。
 国境を越えても友情が芽生えるように、きちんとしたルールの下、世界中の国から争い事がなくなる時代が早く来て欲しいと感じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月15日 (水)

今年は蚊に刺されない

 今年に限ってなんですけど、蚊に刺されないんです。
 不思議なんですよね。
 今まで家族の中では私しか刺されなかったんですけど、今年は嫁さんや子供が刺されています。

 血液型ではO型だとかA型だとか、肉食が多いだとか、諸先輩方から聞いていたんですけど、あまり当てはまらないような気がしますね。
 嫁さんと子供たちは網戸にして寝るんですけど、私は刺されたくないので、出来るだけ窓を開けたくなかったんです。それが今年は「何年ぶりかで蚊に刺された」と言う言葉を皮切りに、毎日のように刺されているので、薬を買いに行ったり、蚊取り線香をモクモク焚いています。
 刺されやすい人とかを調べてみたんですけど、これと言った結果がないんだそうですね。

 でも蚊取り線香ってたくさん焚けば良いものではないそうですね。
 子供の頃、お袋の実家に泊まりに行った時、叔父さんが一気に焚いて蚊を殺すと言って蚊取り線香を少し折って、折ったものの両端からと、残ったものの3カ所に火をつけてくれましたが、毎回刺されていました。
 物心がついた頃に調べてみたんですけど、蚊取り線香は睡眠に入る少し前に焚き始め、部屋の中であれば一本で十分なので持続させることが良いそうです。
 また海外では意外と日本の蚊取り線香の評判が良いらしいです。

 ところで蚊の寿命は種類にもよりますけど、卵から成虫になって亡くなるまで約1ヶ月から1ヶ月半ぐらいだそうですが、食物連鎖の中では底辺の方にいるので、実際にはもっと短いようです。卵は少しの水とある程度の温度があればどんどん羽化しますが、卵自体が乾燥に強く、環境が整うまでは卵の状態でいられるために、完全に家の周りから排除することは皆無だと思いますね。

 今後、地球温暖化が加速してきた場合なんですけど、気温が変わると、生物もそれに伴い移動するので、違う種類の蚊が生息し始めたり、暖かい国で流行っているマラリアなどが、日本でも当たり前になって来ることが予想されます。
 このような環境問題も人ごとではないんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月14日 (火)

お墓参り

 お盆休みと言う声も聞かれる時ですね。
 最近はお盆でも仕事の人も多いです。私の周りでも自分を含め、お盆休みと言う人は少ないですね。

 うちのお墓は車で5分もかからないところにあるので、お盆以外にも報告事や相談事で出かけることもあります。だから大変ではないんですけど、遠くに住んでいる親戚は大変そうです。でもみんなに会えるのが楽しみだと言ってくれます。

 うちは本家なので、この時期は一足早くお墓掃除を兼ねて、お参りします。今年は一昨日行ってきました。
 ところでお墓に水をかけることってよくやっていますよね。私も数年前まではやっていました。うちの決まりは、一家の長が代表して、お墓のてっぺんから柄杓で静かに水をかけると言う教えでした。ところがお墓の業者さんから聞いた話では、本当は水をかけない方が良いんだそうです。墓石に水垢がついたり、特に北海道は隙間がないようにはしているけど、小さな隙間に溜まった水が冬に氷になって膨張し、夏には解けるの繰り返しで、お墓を痛めることになるんだそうです。水をかける利点はないそうです。しかし、室内に置いているものではないので、雨にさらされると思ったんです。そこで住職さんに聞いてみると、うちの宗派ではうるさい決まりがないそうです。

 お墓参りって暑い時期に行くので、先祖も暑いだろうと思ってしまいますが、では冬は保温しに行くかと言うとそんなことはとかはしない訳ですよね。また先祖の頭から水をかけると言うような感覚になったし、せっかくきれいに掃除して、水をかけてお参りしてまた拭くというのはどうなのかなと思ったので、柄杓で水をかけるのはやめました。うちは一年間汚れたお墓をきれいに水拭きした後に、お花やお供え物を飾って手を合わせると言うようにしています。私だったら子供に頭から水はかけてほしくないです。

 でもこういう話って、どれが正解だと言うものはないような気がするんですよね。心のあり方の問題ですもんね。お酒が好きだったからお酒をかけるとか、お墓のカタログのようなものを見ると、これがお墓なの?と思うような形のものもあります。どれもありだと思います。ようはお参りする人が良いと思ったことが正解なんだろうと思います。
 いくらきれいに掃除したとしても、嫌々だったら意味がないような気がします。
 仏壇に対してもそうですけど、やらなければいけないものではなくて、心が手を合わせようと思うことが大切なような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月13日 (月)

オリンピックが終わりますね

 毎日ワクワクして見ていました。
 選手に取っては4年に一度の最高の大会ですもんね。色々なドラマを見せていただきました。

 今回のメダル総数は史上最多の38個と聞いています。これって凄いですよね。日本人は不利だとか、弱いと思われていたものでも、メダルを取ったと言うことですもんね。また選手層が厚いと言うことも書いてありました。

 前にも書いたんですけど、今回はネットでもテキスト速報があり、今やっているんだと思うと、テレビチャンネルを変えたり出来たので、今までよりも多くの競技を見ることが出来ました。中にはあまりルールがわからないのもあったけど、一生懸命戦っている選手たちを見ると、思わず応援していたり、ルールを調べたりしました。

 試合後のインタビューなどを聞いていると、結果に関わらず、家族やスタッフなどを労う選手が多くなったと感じました。すごく感じが良い気がしました。

 今回、このブログでも日本人選手がメダルを獲得したらと言う、Amazonさんのキャンペーンを期間中文末に貼付けました。メダリストは毎日誕生したようで、これもすごいことだと思います。
 本当に選手の皆さんや、ご家族、関係者の方々に、感動をありがとうとお伝えしたいです。
 どうもありがとうございました。

2012ロンドンオリンピック 日本人選手応援しています!
日本がメダルを獲得した翌日の正午から24時間、値引きキャンペーン
オリンピックで日本人選手がメダルを取ったらこちらをクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月12日 (日)

疑惑

 昭和60年の日航ジャンボ機墜落事故から12日で27年を迎える。

 8月12日。あれから27年経つんですね。
 ネットの記事で灯籠流しの記事を見つけました。今でも事件を風化させないで、「語り継ぐことで災害や事故を防ぐ『安全第一』の意識が広がってほしい」というような想いが込められているという。

 当時の私はまだ若かったし、被害者の中に身内がいた訳でもなかった。でも飛行機事故は恐ろしいものだと強く感じた。大きな事故だったので、長い期間、関連したニュースが流れていた。それがだんだんなくなって来ても、毎年灯籠流しや慰霊登山のニュースが出ると、そう言えばと思ったものだった。

 何年経ったかは正確には覚えていないが、本屋さんに行った時に、新刊で平積みされていた本に目が行った。
 「疑惑 JAL123便墜落事故 角田四郎著」と言う本だった。日航ジャンボ機墜落事故に関する本で、手に取って目次を見た瞬間、読みたいと思い、買ってきて一気に読み終えた。
 感想は、これって本当のことなんだろうか? もしそうなら大変なことじゃないか!
 それからこの事故に興味を持ち始めた。記録の本や他の人が書いた本など、何冊か読んでみた。

 最近になってネットを見ていると、関連した本があるのを見つけ、読んでみた。
 内容の詳しいことは記載を避けますが、私も犯人探しではなく、風化させないことでいろいろな立場の人がそれぞれ考えることが必要だと思っています。興味がある方はぜひ読んでみて欲しい本の一冊です。



2012ロンドンオリンピック 日本人選手応援しています!
日本がメダルを獲得した翌日の正午から24時間、値引きキャンペーン
オリンピックで日本人選手がメダルを取ったらこちらをクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月11日 (土)

政治生命をかける?

 やっぱり・・・、という感じでしたね。
 詳しいことや難しいことはもう少し勉強してから書くことにします。
 もう少し具体的な話が聞きたいですよね。

 しかし・・・、政治生命がどうなろうと、国民にはあまり影響ないじゃないですか。
 それよりもやるなら責任を持って続けていただかないと、また中途半端になります。
 なんか発言聞いていると、しっくり来ないんですよね・・・。

 オリンピックは終盤になってきてますが、まだメダルのかかった試合が残っているようですね。
 最後まで応援したいと思います。

2012ロンドンオリンピック 日本人選手応援しています!
日本がメダルを獲得した翌日の正午から24時間、値引きキャンペーン
オリンピックで日本人選手がメダルを取ったらこちらをクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月10日 (金)

親と同居

 昨日は従姉妹が仏壇に手を合わせに来た。
 遠くに住んでいるので、お盆休みは旦那さんの実家に行くために、毎年この時期にうちに来る。
 それにしても分家の従姉妹の中では、彼女は遠くにいるのに毎年仏壇にお参りに来る。同じ市内に住んでいても、冠婚葬祭の時しか、会わない従兄弟もいる。でも結婚して子供ができたら、嫁さんの親戚との付き合いや子供のことで忙しくなるだろうし、来ないのが普通のような気がするんだけど、彼女には感心する。

 ところで彼女も本家の長男と結婚し、将来的には親と同居するつもりらしく、来る度にどうしたらいいかなという話題になる。向こうの親はまだ来なくても良いと言っているらしい。と言うのも、向こうのお母さんもお婆ちゃんがまだ健在だし、もう一家族入るには家が狭いと言っているそうだ。

 しかしこういう時にかけるアドバイスってわからないんですよね。100人いれば100通りですから。
 でも、まっつ兄ちゃんならどうすると毎回聞かれるんですよね。

 うちの近所で孫と同居している家はうちしかないんですよね。それで時々孫が遊びに来るけど、半日面倒見たら、「もう帰ってくれ」と思うという話はよく聞きます。一泊するなんて言ったら、部屋は片付けないといけないし、布団だの食事だのって大変だからゾッとするらしいです。
 そりゃそうですよ。今までの生活のリズムが違う訳ですから。

 ただうちは生まれた時から同居していたから、近所の声を聞いているお袋の言い分は、子供が大きくなる前に早くから同居しろと言ってます。
 でも人それぞれなんじゃないかなと思いますよね。
 だって社会自体が変わって来てますもん。
 子供が面倒見なくたって・・・と思う事例が多いですし、親が同居したくないという声だって多いですよ。
 お袋は自分の兄妹から、お金がなくても子供と同居していることが一番だと言われているようですが、そう言う割には子供が同居しようと言っているのに、自分の家を出るのをみんな嫌がっています。子供だって仕事などの関係で、実家に入れない理由があるし、40代や50代で仕事辞めて実家に入るのも難しいでしょう。
 他人は良く見えるんですよ。「隣の芝生は青い」って言うじゃないですか。暑い最中に芝を手入れしているところは見えていないんです。

 ただ悩んでいる人はいるんだと思います。でも自然に任せて、あまり難しく考えなくてもいいと思うんですけどね。一番大切なものってみんな違うから・・・。


2012ロンドンオリンピック 日本人選手応援しています!
日本がメダルを獲得した翌日の正午から24時間、値引きキャンペーン
オリンピックで日本人選手がメダルを取ったらこちらをクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 9日 (木)

無理をすることが美学とは限らない

 また悲しい話がありました。
 生活保護を受けていた親子が亡くなっていました。
 娘さんが持病を持ちながらも介護をしていたということですね。

 うちも老衰の祖母とアルツハイマーの父親を、家族全員で介護していました。困った時は助け合うという教育を受けたので、無理をするのは当たり前だと思っていました。
 でもそうなると、誰かが壊れるもので、良いことってないんですよね。

 家族だから一番わかっていると思うかも知れませんが、私と嫁さんとでホームヘルパーの資格を取りに行った時の実習を経験して、介護に関しては家族よりもプロに任せた方が良いと感じました。介護のプロはそれを仕事にしようと思っている訳ですし、家族は介護に関しては素人なんです。
 また資格を取りに行った時に、いろいろと介護のシステムがあるんだと知りました。

 でもこういうことって、自分の身に降り掛かってきてから覚えたんです。
 事件になる人って、きっとしっかりわかっていないんだと思います。人生の中で何度も経験することでもないですし。
 私自身も見放すような気持ちがあったのですが、冷静になって1年先、3年先って考えると、うちのケースは悪くはなっても良くはならないことに気がついたんです。と言うことは、今より大変になるということですよね。

 無理をすることが美学だと思っていましたが、そうではないんです。
 任せるところは任せて、自分の時間を作ることや、安心して仕事などのやるべきことをやるようにしないと、共倒れになると思うんです。

 何度も書いていることなので、古くからお付き合いいただいている方には申し訳ないのですが、記事が古くなって埋もれてしまうので、何度も書きたいと思います。
 無理をしないで、とにかく誰かに相談した方が良いと思います。


2012ロンドンオリンピック 日本人選手応援しています!
日本がメダルを獲得した翌日の正午から24時間、値引きキャンペーン
オリンピックで日本人選手がメダルを取ったらこちらをクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 7日 (火)

働くことの喜びはみんなディズニーストアで教わった

 先月に書いた「社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった」の話に出てきたディズニーランド好きの男性ってどんな人なんだろうと思っていたんですけど、レンタルDVDを見つけて拝見し、本を読んでみようと思いました。

 この本の著者は加賀屋克美さんと言います。2冊書いているようで、2冊とも拝読しました。
 実は私も同じようなことをしていました。共通しているのは、就職する前から自分のなりたい目標を見つけて、それに向かって選択していったということです。最初は似たような人もいるんだなと思いましたが、レベルが違いすぎます。加賀谷さんの本を読んで、私と一緒とか、接客についてと言うとおこがましいと思いました。
 加賀谷さんの行動力はすごいです。

 私も経験したんですけど、人と違うことをすると周りからいろいろな声が出てきます。でも想いが弱ければ、その声に負けてしまうんですよね。それだけ絶対にやりたいとは思っていないということなんです。
 例えば、私はあまり体格に恵まれていない方だったんですけど、高校時代に友人とバスケットボール部の様子を見て「俺もやってみたいな」と言ったんですが、友人は「お前みたいに小さいやつには無理だ」と言われ、そういうものかと思ってすぐにあきらめました。こんな話ってみんなあると思うんですよ。そこで想いの強さなんですけど、子供の頃からお前には無理だと言うことばかり言っていたら、伸びるものも伸びないと思うんです。
 でも応援したり、経験させると、その時に考えると思うんですね。

 加賀谷さんのDVDと2冊の本からは夢を持つことの大切さ、接客とはという部分の中に、人としてということを教えてくれているように感じました。


DVDはTSUTAYAレンタルのみみたいですね。
タイトルは以下の通りです。
ディズニーランドが教えてくれた「お客様を大切に想う気持ち」


本の題名が長いのでリンク張りました。以下からのぞいて見てください。
加賀谷克美さんの本


2012ロンドンオリンピック 日本人選手応援しています!
日本がメダルを獲得した翌日の正午から24時間、値引きキャンペーン
オリンピックで日本人選手がメダルを取ったらこちらをクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 6日 (月)

ゲームをしたいから仕事を休む

 また先日遊びに来た義理の姪のネタなんですけど・・・。
 旦那さんがオンラインゲーム好きらしく、海外にも友達が出来て、時差の関係で仕事を時々休んでまでも熱中しているとこぼしていた。前に旦那さんに「一緒にやりませんか?」と誘われたことがあった。奥が深くて海外の人とも楽しめると聞いた。すごい熱意みたいなものが感じられて、そんなに夢中になれるものがあるのは良いことだと思った。
 でも問題は旦那さんはアルバイトなのにもかかわらず、経済的に大変なのに加え、休む日が増えると仕事をクビになるんじゃないかと言う。旦那さんの言い分は、向こうも同じような環境で、相手の方が何度も休んでくれているので、こちらでも休まないわけにはいかないと言う。
 これって価値観の問題だとは思うけど、どうしても義姪に同情してしまう。

 私の職場は有給休暇があって、割と自由に取れるような環境のところなんですよね。基本的に有給休暇の理由というのは自由なので、遊びで休もうが、用事だろうが、関係ないんですよね。それでも有休を取ると、誰かが代わりにやってくれるという環境なので、お互い様だとは言え、なんとなく遊びでは取りにくいし、私個人的には自分の仕事を人任せにしたくないと思うので、休んでいても仕事が気になったりする。

 平日に休みを取ると言う理由は、若い人に聞くと昔と違って周りの環境が変わって来ている。友達などの休みが合わないとか、一人暮らしをしているので、用事を頼める人間がいないなどと言っている。確かに自分の周りでもそうだ。今だと夜勤しているとか、時間まで違う友達がいる。
 前の職場は土日勤務もあったので、子供の運動会などの時は休んだ。
 例えばよく聞くのが、旭川に住んでいて、札幌で好きなアーティストのライブがあるからとか、東京のイベントに行ってくるなどと言って休んでいる人だって少なくない。

 話を戻すと、問題は旦那さん自身の立場での環境だと思うんですよね。ゲームが悪いわけではないと思うんです。でもそのことによって家族の中で困る人がいるのなら、家族の一人として考えないとまずいですよね。ギャンブルだって、お酒だって、趣味だって、人に迷惑かけているものであれば、価値観ではすまされないですよね。「ゲーム=遊び」だとは言い切れないし、何にしてもそうだけど、それ以上の何かがあるものですよね。でも義姪のケースはちょっと違うと思うんですよね。
 まぁ、もしかしたらゲームでご飯食べれるようになるかも知れないですけど、立場によっては優先順位ってあるような気がする。


2012ロンドンオリンピック 日本人選手応援しています!
日本がメダルを獲得した翌日の正午から24時間、値引きキャンペーン
オリンピックで日本人選手がメダルを取ったらこちらをクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 5日 (日)

オリンピックとネット時代

 オリンピックも中盤になりました。
 予想よりもメダルの数が少ないらしいのですが、これからも目が離せない試合がたくさんあるような気がします。

 それにしても今回はネットの凄さに驚いていると言うか、便利に使わせてもらっています。
 と言うのは、速報予定というものを発表してくれているので、それほど関心がないものでも、もうすぐこれが始まるんだと言うのがわかり、ついつい応援してしまいます。これって今の時代なら当たり前かも知れませんが、私は凄いと思うんですよね。速報の写真掲載やテキスト速報も早いですし、自分の国の選手が出ていなくても、興味がある競技の情報もわかりやすいです。
 前回のオリンピックでは、こんなにネットを見ていなかったような気がしますね。

 それと動画やネット配信も凄いと思った。マイナーな競技でも、応援したい人はいるはずですし、もう一度見たいとか、見逃したものがネットで見られるのも便利だと思った。私もいろいろ見たけど、中にはルール覚えたいというものもあった。こんな感じで、まずは関心を持ってもらえる確率が高くなったんじゃないでしょうか。
 ありがたい話です。
 まだオリンピックは続いているので、さらに活用させてもらいたいと思います。


2012ロンドンオリンピック 日本人選手応援しています!
日本がメダルを獲得した翌日の正午から24時間、値引きキャンペーン
オリンピックで日本人選手がメダルを取ったらこちらをクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 4日 (土)

はまなすの恋

 今日はなぜか耳から離れなかった音楽があった。
 もう30年近く前に、仕事の関係でザ・キッパーズというバンドのライブを見た。私の年代の少し上のGSサウンドだった。ダンスパーティーのような感じで、私自身はあまり踊らなかったが、サウンドに感動してしまった。
 この時は初めてだったので、ただの感動だったけど、後から色々聞くと私が知らなかっただけで、北海道ではかなり名の知れたバンドだと言う。それから彼らの音楽を探したけど、もう廃盤になっていて、手に入らなかった。
 一度だけ、札幌にある彼らのお店にお邪魔したことがあった。紹介してもらったが、緊張してしまってあまり話が出来なかった。お店の中ではライブが行われる。その時に「何かリクエストを・・・」と言われ、とっさに「恋の片道切符」をリクエストしたが、今思えば彼らの持ち歌をリクエストするべきだったと、今でも後悔している。

 一昨年くらい前にラジオを聞いていたら、偶然にも彼らの曲のリクエストがあって歌が流れた。何十年ぶりかに聞いて感動してしまった。そう言えばと思って、動画を探してみたらお店のライブの様子があったんですよ。それから嬉しくてまたお会いしたいなと思いながら、よく見ていました。
 最近見つけたんですけど、レコード音源なのか、CD化されたのかわからないんですけど、スタジオ録音のものがアップされていて、これもお気に入りに入れました。

 きっともっと目を向けると、世界中にこのような感動するケースがあるだろうなと思う。
 もう一度、ザ・キッパーズの音楽をナマで聴いてみたいです。

ザ・キッパーズ はまなすの恋
http://www.youtube.com/watch?v=slRYlhUUtY0
ザ・キッパーズ はまなすの恋 お店でのライブ
http://www.youtube.com/watch?v=C8ouTkPHV40&feature=related


2012ロンドンオリンピック 日本人選手応援しています!
日本がメダルを獲得した翌日の正午から24時間、値引きキャンペーン
オリンピックで日本人選手がメダルを取ったらこちらをクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 3日 (金)

バス事故で思い出した話

 またバスの事故がありましたね。
 今回は死亡事故ではありませんでしたが、運転手は2か月前に脳梗塞で入院し、医師から車の運転をやめるように忠告を受けていたそうですね。それでも会社側では「入院は血が詰まる可能性があるためだった」そうで、退院後に別の病院で健康診断を受け、問題がなかったので、5月24日から復帰させたと話しています。

 事実かどうかはここでは議論しませんが、健康管理士になりたての頃の講義を受けていた時に、これからは給料などが下がって来るので、定年後にも仕事を探したり、資格などの強みを活かして、昔であればリタイヤしていた年齢でも労働する時代が来るだろう。そこで怖いのがサイレントキラーと呼ばれる脳血栓や心筋梗塞で、仕事中に発症するケースが増えて来る可能性があると言う話を思い出した。

 今回の運転手は61才でしたよね。
 しかも2か月前に脳梗塞で入院しています。血液が詰まる可能性があるということだったそうだけど、これが本当だとすると、生活習慣を変えていない限りは、劇的に回復しているとは思えません。またお客さんのインタビューで呂律がまわっていなかったと言ってましたが、いろいろ考えると、経歴から見ても薬は服用していたはずですし、もしも薬を飲んでいなければ、血液が固まりやすい状況だったかも知れません。
 運転手の話では「少し眠かった」と言ってます。過労か、薬の副作用か、いずれにしても運転するには無理をされていたと考えますね。

 ただこう言うケースって難しいですよね。
 人の命を預かっている仕事とも言えるからと言っても、心臓や脳の血管が詰まる病気は一目見ただけで今日発病するとはほとんどわからないですからね。お客さんの立場だけではなく、会社側の立場になっても、景気の良い会社であれば、充分な労働条件を出せるでしょうけど、そうでもない会社は大手の会社と価格やサービスなどを対抗しなければいけないから、かなり苦しいと思うんですよね。
 働く人の立場だって、生活があるから、多少のことでは仕事すると思うんですよ。こう言う話が出ると、退院したばかりなのにと言う意見も出てきそうですけど、事故が起きたから騒ぐもので、例えば普通に「頭痛いんです」と言うと、皆さんの会社や周りの人はなんと言ってもらえるでしょうか? 中には自己管理が悪いとか、薬飲んででも仕事に穴をあけるなというところだって、意外と多いんじゃないですかね。

 前に「会社を休んでも許される」発熱は何度以上? と言う記事を書きましたが、熱があっても休みにくいとか、慢性腰痛でも仕事をしているという人だって、たくさんいます。
 ましてや中年と呼ばれる年齢を過ぎると、大体どこか悪いというのが現実じゃないでしょうか?
 問題は身体や精神を休めたいと思ったり、そうしなければいけない必要があっても、充分に休める環境ですか?ということなんです。そんな職場は少ないだろうし、経済的にも長期休暇は難しいんじゃないでしょうか?
 仕事ってなんだかんだ言っても自分で選んでその仕事をしているわけですから、他人を羨んでも仕方ないことですけど、でもそれは理解しつつも、今の社会では多くの人が仕事を休みにくい状況ですよね。
 それでも高齢化は進んでくるし、色々な意味で収入が減ってきたり、出費が多くなってきていると思うんですね。

 残念ですけど、これからもっとこう言う事故や事件は増えてくると思いますね。それを多くの人が少しでも情報を発信することで、それぞれの立場に関心を持って、もっと問題や事件がなくなれば良いのにと思います。


2011年11月22日 (火)「会社を休んでも許される」発熱は何度以上?
http://asahikawa-kenkou.cocolog-nifty.com/kenkoujouhou/2011/11/post-521e.html


2012ロンドンオリンピック 日本人選手応援しています!
日本がメダルを獲得した翌日の正午から24時間、値引きキャンペーン
オリンピックで日本人選手がメダルを取ったらこちらをクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 2日 (木)

サーキュレーター(夏編)

 なかなかタイミングが悪く延び延びになったこのネタですが、今度は夏バージョンです。
 以前、12月に書いたサーキュレーターですけど、この時は冬で、暖房を炊いている部屋の上の方が温かいので、その空気を回そうという考えで使い始めました。
 でも夏でも結構活躍してくれるものです。扇風機よりも涼しく感じますね。風が強く直線的に飛んで来るので、結構助けられました。
 我が家の居間の大きな窓は南向きですが、短い庇を作ってあるので、夏は太陽が高い分、陽が冬ほど入って来ないんです。また窓の先が庭で緑があるので、良いのかも知れません。

 それと卓上の小さなサーキュレーターがあるんですけど、以前のノートパソコンはすぐ熱を持って固まっていたので、サーキュレーターを使っていたんですよ。よく市販のパソコンの下から風を送るフアンでは全然間に合わないほどでした。
 パソコンを買い替えて、使い道を考えていたんですけど、これも意外と使えるんですね。少しぐらい離れていても、動かさないと暑く感じます。夜は小さい分省エネなので、網戸にして窓際に置いておきます。

 と言っても、本州の方だと扇風機は暑い空気がまわるだけだと聞いたんで、応用できないかも知れませんね。でも扇風機よりも涼しく感じますけどね。
 このブログの左上の「暑さ・節電対策ストア」のバナーからAmazonに入れますので、参考にしてみて下さい。


2011年12月12日 (月) サーキュレーター
http://asahikawa-kenkou.cocolog-nifty.com/kenkoujouhou/2011/12/post-79bc.html


2012ロンドンオリンピック 日本人選手応援しています!
日本がメダルを獲得した翌日の正午から24時間、値引きキャンペーン
オリンピックで日本人選手がメダルを取ったらこちらをクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 1日 (水)

とろろいもがアルツハイマーに・・・

 富山大学和漢医薬学総合研究所の東田千尋准教授らのグループが、アルツハイマー病を発症したマウスに、ヤマイモの中にある「ジオスゲニン」と言う成分を20日連続で注射し、注射しなかったマウスとの比較をするという実験の結果、ジオスゲニンを注射したマウスは、アルツハイマー病の原因となる脳内のたんぱくが約7割減少し、さらに、軸索が正常な状態に戻っていたことが分かったそうです。

 大変興味深い話ではあります。このような研究がやがて人間にも応用されて欲しいと強く思います。

 世の中には特に発展途上国などで、なぜかそこの民族の髪の毛が綺麗だとか、ガンで死亡する人が少ないなどの事例があります。その人達の食生活や生活習慣などを調べてみて発見された美や健康に必要な成分がどんどん見つかってきています。


 まず健康ということは、体内の全ての細胞が健康だと言えますよね。ではその細胞はどうやって健康になるのかと言うと、栄養分をもらわないとダメですよね。その栄養というのは、身体で生成できないものであれば、外から取り入れないといけないわけですよ。と言うことは、動物の場合は食べ物がポイントになるということですよね。
 しかし必要な栄養素のどれかが少なかったり、摂取できていなければ、バランスが悪くてどこかにその足りない分の影響が出てきます。また細胞をいじめるような生活習慣や食べ物、環境なども少なくないのです。
 そんな食生活を含めた生活習慣の結果が今の状態なんですね。例えば肌にシミがあるとか、風邪を引きやすいとか、生活習慣病になるということなどです。つまりなるべくしてなっているんですよ。
 よく騒がれる肥満だって生活習慣の結果です。今までどれだけのダイエットに関する情報が出ていますか? それでも後から後からこれが良いとかあれが効くとか出てくるじゃないですか。
 でも根本的なことを変えない限り、肥満や病気などになる身体の流れには逆らえないんですよ。
 きっとまだわかっていないけど、やせるために有効な成分をすでに食べていたり、生活習慣病を防ぐものを取り入れているはずなんです。
 私がイメージすることは川の流れがあって、それが例えば生活習慣病に向かっている人もいれば、健康に向かっている人もいます。そこで私一人が川に入って流れに逆らうようにしても、結局は高いところから低いところに流れて行くものですよね。それをもっと上流の方から、流れを変えるという感じに考えています。

 何度か書いていますが、私の父はアルツハイマーの末期です。私が医者から聞いた説明では、脳が萎縮してくるために発症する病気だと聞いていますし、実際の脳のレントゲン写真も見せてもらいました。本当に頭蓋骨と脳の間の隙間がかなり広くて、脳がウソみたいに小さく映っていました。
 私の親父を見ている限り、アルツハイマーは記憶障害だとは言いますが、物忘れという次元ではないのですよ。ルールがなくなりますし、身体が動かなくなってきます。
 今回の記事をもう少し詳しく調べてみたいと思います。ネズミたちは脳が萎縮していたのでしょうか?
 私も以前脳のMRIを撮る機会があって、医者に聞いたらみんな萎縮するんだということで、私も年相応の萎縮だそうです。その萎縮が何らかの原因で早く萎縮するようになるのがアルツハイマー病ということです。
 ですから脳の萎縮を防ぐ、もしくは元の大きさに戻すという話であれば、さらに興味深いことなんですが、記事を読んでみた限りでは「軸索が正常な状態に戻っていた」と言うことなので、研究に対してケチを付けているわけではありませんが、運動機能を失った状態ではどうなるのかと言うところが知りたいです。

 それでも物忘れが解消されるということであれば、有効な話だと思います。実用化されるでしょうかね。

2012ロンドンオリンピック 日本人選手応援しています!
日本がメダルを獲得した翌日の正午から24時間、値引きキャンペーン
オリンピックで日本人選手がメダルを取ったらこちらをクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »