« 今年は蚊に刺されない | トップページ | 選挙が近いのかな? »

2012年8月16日 (木)

戦争

 私は戦争を経験していない。
 亡くなった祖父は兵隊に行っていたそうだが、その頃の話は全く聞いたことがなく、聞いても絶対に話してくれなかった。祖母にも何も語らなかったと言う。
 祖母は戦争時代の話をよくしていた。町内でどんどん男性は出兵して行き、それこそ隣近所みんなで、仕事や子育てなど、いろいろなことを協力し合ったそうだ。
 祖父母に「戦争は二度とやって欲しくない」と何度も言われていた。

 私はドラマやドキュメント映像、本などを読んだ程度で、ひどいと言うのはわかるが、実感がない。

 しかし世の中には今でも戦争をやっている国や、挑発的なことをしている国もある。
 宗教的な問題や歴史的な背景など、様々ではある。
 でも芸術、芸能の世界のように、国境を越えて人々を感動させてもらえるものがあったり、中には共同制作の大作もある。スポーツの世界大会などでは、ルールに則り真剣に戦ったあとは、お互いに健闘を称え合っている。それは見ている私たちにも感動を覚え、世界は一つだと感じる瞬間だ。

 それなのに、どうして?って思うことがある。
 年配の人の話を聞くと、他の国を良く言わない人がいたが、そう言う大人の周りにいると、どうしても感化されてしまう部分があると思う。
 竹島や尖閣諸島に他の国から上陸されたと言うニュースがあるが、日本の報道を見ている限りは我が国の領土だと感じる。しかし正直私にはどちらが正しいのかわからない。そう言う基準のようなものを国連などで監視、公表や指導をして、国際的に見た正しい事実を世界中の人が学ぶ必要があると思う。

 以前も少し触れたが、人は神や仏と言うものを信じ、その教えに背かないようにと、忠実に生きている人たちもいる。しかし自分の考え以外の物は殺しても良いと言う教えが、世の中にあるとは信じがたい。
 国境を越えても友情が芽生えるように、きちんとしたルールの下、世界中の国から争い事がなくなる時代が早く来て欲しいと感じる。

|

« 今年は蚊に刺されない | トップページ | 選挙が近いのかな? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130682/55432988

この記事へのトラックバック一覧です: 戦争:

« 今年は蚊に刺されない | トップページ | 選挙が近いのかな? »