« 酒酔い運転で警視庁警部補を現行犯逮捕 | トップページ | 長年やっていても »

2012年9月29日 (土)

城島選手引退

 驚きました。

 マリナーズで日本人初めてのキャッチャーとなった頃から特に注目するようになりました。阪神に帰ってきてからも、スポーツニュースでレベルの高いプレーを見せてもらっていました。
 私個人的には日本一のキャッチャーだと思っていたし、今シーズンは怪我で名前を聞く機会があまりなかったです。一報を聞いた時に、辞めることないだろうと思ったんですけど、スポーツニュースでのインタビューを見ていて、男気を感じました。

 キャッチャーとしてのこだわりなのか、捕手ができなくなったらユニホームを脱ぐという言葉や、自分がマスクをかぶって受けた投手がタイトルを取ってくれたこと。そういうのは自分の宝物。受けてきた投手に勝ちがつかなかったり、競った場面で無くとも、明日の試合のために一生懸命、投げてくれた投手たちに、捕手として、感謝をしたいですという言葉が印象的でした。そんなことを思いながら、ピッチャーの球を受けていたんですね。

 それから最後の方に「野球が大好きなままユニホームを脱ぎ、年を取ったらその傷一つ一つが自分の勲章になるでしょうし、お酒を飲みながら、何回も息子や孫たちに自慢話をするように、そうなれるような素晴らしい野球人生でした」ということは、同じ男として憧れます。

 でも、でもやっぱり、もう一度戻ってきて欲しいと思います。まだしっかり治療したら出来る年齢だと思います。こればかりは本人が決めることで、他人がとやかく言えることではないですけど、野球界としてはもったいないと思います。

 でも城島選手が決めたことであれば、「お疲れ様でした」とお伝えしたいです。また城島選手の知識や技術を無駄にして欲しくないので、指導者として多くの後輩を育てて欲しいと思います。

 お疲れ様でした。

|

« 酒酔い運転で警視庁警部補を現行犯逮捕 | トップページ | 長年やっていても »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130682/55768027

この記事へのトラックバック一覧です: 城島選手引退:

« 酒酔い運転で警視庁警部補を現行犯逮捕 | トップページ | 長年やっていても »