« 誤認逮捕 | トップページ | 火天の城 »

2012年10月26日 (金)

2012ドラフト会議

 今年もこの時が来ましたね。
 私が応援している北海道日本ハムファイターズは、アメリカ行きを表明している花巻東の大谷翔平投手を指名しました。今のところ、アメリカに行くと言う思いはブレていなくて、入団の意志はないようです。
 去年も同じようなことを書いた気がしますが、私は本人の意思を尊重したいと思います。日本球界のためと言う解説者がいますが、では日本球界がどこまでその人の面倒を見れるのでしょうか? どこでも良いと言う選手もいるでしょうし、特定球団と決めている選手もいる。2009年の田沢投手や今回の大谷投手のように、最初からアメリカに行くと言う意見を持った選手だっている。そのどれもアリだと思う。

 ただドラフト会議で指名された1位指名選手が長くプレーしていたり、大きな記録を作ると言う事は言い切れません。面白いと思った年が1991年のドラフト会議で、この年はイチロー選手がオリックスから4位指名、横浜の三浦大輔投手は当時の大洋から6位指名、今年引退された金本知憲選手が広島4位指名、中村紀洋選手が近鉄から4位指名でした。
 本人の努力もあると思いますが、指導者や周りの環境と言うのも大きな要因になると思います。

 中には育成枠から這い上がった選手もいるし、数年前に注目された目玉選手が今年戦力外になっていると言う事だってあります。
 実力がすべての世界ですから、いくら入団の時に注目されたとしても、成績や結果が出なければいけない厳しい世界ですよね。

|

« 誤認逮捕 | トップページ | 火天の城 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130682/55972094

この記事へのトラックバック一覧です: 2012ドラフト会議:

« 誤認逮捕 | トップページ | 火天の城 »