« めまいの3パターン | トップページ | ジェンティルドンナ牝馬三冠 »

2012年10月14日 (日)

ツィッター閉鎖の芸人さん

 ある芸人さんのTwitterが炎上し、その後閉鎖したそうですね。
 問題になった番組は私も見ていましたが、あのようなバラエティでは役割なのかも知れないですし、本当の彼なのかもしれません。確かに「そんな言い方はひどい」と思った場面がありました。しかし人間は直接会ってみないと人柄ってわからない部分がありますし、テレビで映っている人って、自分のキャラクターを演じていると言う人も多いように思います。と言うのも、以前の職場では有名人が何人も来て下さいましたが、ものすごい悪役ばかり演じている人が、実は気さくで長く立ち話をしてくれたり、笑顔しか見た事ない女優さんにサインをお願いしたら「筆と色紙があれば良いわよ」と相手にされなかったりしました。それは相手も仕事だったり、プライベートだったり、まずは一人の人間ですし、こちらも個人的にサインをお願いする事が失礼だったのかもしれません。

 そう言えば、ずいぶん前に人気があった女性が出たドラマで、彼女をいじめる役をした女優さんがトーク番組で、街を歩いていたら一般の人から石を投げられた事があったと言っていました。
 またヒール役の女子プロレスラーが、親戚から「あんたが乱暴な事ばかりするから知り合いからいろいろ言われるんだ」と言われると涙ながらに話していた事もありました。

 今の時代はツィッターなどでダイレクトに相手に自分の意見を届ける事が出来るケースがある。しかし以前もこのブログで書いたが、自由に発言できると言う事を勘違いしている人が多いと思う。言論の自由とは権力に向けて行うべき事で、ルール内で行われている人に対して攻撃するものではない。であれば、制作したテレビ局などに攻撃するべきだ。

 ここまで書いたので追記すると、私個人的には彼の自首行動はルールでそうしても良いことになっているから、文句や不満は言えないが、後輩や先輩に対して「ヤツら、ザコのために・・・」という言葉が引っかかりました。本人が本心からそう言ったのか、そう言うキャラクターを演じているのかを知りたい。もし本人の言葉だと確認が出来たとしたら彼に対して言いたい事があるが、番組の編成上、またはキャラクターとしての言葉なら、所属事務所やテレビ局に対して教育的に良いことではないと言いたい。

 それにしても、こんな話を言い出せばキリがないと思う。
 ただし、一個人に向けるのなら、感情的になるのではなく、まず向こうの言い分を聞いてから大人の対応で切り出さないといけないと思う。

|

« めまいの3パターン | トップページ | ジェンティルドンナ牝馬三冠 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130682/55884566

この記事へのトラックバック一覧です: ツィッター閉鎖の芸人さん:

« めまいの3パターン | トップページ | ジェンティルドンナ牝馬三冠 »