« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月30日 (金)

ポリーポラリス

 北海道日本ハムファイターズの新マスコット、ポリーポラリス(ポリーちゃん)です。
Polly  北海道にちなみ、今までのマスコット、B・B君はエゾヒグマで、ポリーちゃんはエゾリスの女の子だそうです。
 北海道の森で知り合い、B・B君はお兄ちゃんのような存在だそうです。メルヘンですね(笑)。
 もう地元のテレビでは何度か見ました。

 それぞれのチームで色々なマスコットキャラが球場で活躍していますよね。
 来年のファイターズはB・B君とポリーちゃんが盛り上げてくれるようです。

 で、どうでもいい話ですけど・・・

 ただ、ちょっとだけ分析すると・・・
 彼女の色は茶色なので、エゾリスの夏毛だと判断できますが、成獣の夏毛になると、耳の先に伸びる毛がなくなり、冬季間の冬毛に変わる時に生えてきます。
 そこで彼女は幼獣だと思います。
 特技は早起きだそうですけど、それって生活習慣だと思います。

 別に文句を言いたいわけではないですけど・・・
 ちょっと気になったものですから・・・
 でも可愛いですよ。きっと人気者になってくれると思います。
 来年もプロ野球が盛り上がって欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月29日 (木)

オーバー・ザ・トップ

 就職して何年かしたら後輩が出来た。
 その後輩は映画をとても熱く語っていた。
 私は有名なものは見ていたと言う程度だったが、彼の映画に対する知識や、心に残った台詞などを聞いているうちに、自分も色々な映画を見てみたいと思うようになった。

 そこで後輩に誘われて、初めて就職した街の映画館に見に行ったのがシルベスター・スタローンさんのオーバー・ザ・トップだった。
 父と息子の話だった。クライマックスシーンは圧倒された。映画ってこんなに感動するものなんだって思った。

 この映画は何度見たかわからない、大好きな映画だ。
 こんな父親になりたいと思う。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月28日 (水)

同じ北海道でも・・・

 胆振地方はすごかったみたいですね。
 知り合いが多いところですし、心配してましたけど、メールしたらみんな無事でした。
 それにしても本来雪が多いところではないんですけどね。
 ただ風が強いですし、気温が高いから雪が重くて、積もりやすかったんでしょうね。
 停電になるほどですもんね。

 うちは2回ぐらいの雪はねですみました。夕方は重かったけど、夜は冷え込んでいたので軽い雪だった。
 でもこちらで停電になると、灯りはなんとかなるとしても、暖房が困りますよね。

 自然災害は本当に予想できないし、用心していても限界がありますからね。
 幸い私の住んでいる旭川はそれほど困る事って少ないんです。たまぁ〜に雪が多いくらいですかね。 
 それからみると、毎年台風が来る地方の方とか、海のそばで浜風が強いところの人の方がたくましいだろうなと感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月27日 (火)

公示まで1週間

 ニュースで選管が慌ただしいと言うことを言ってますね。
 公示まで1週間なんですね。

 でもここしばらくと言うか、なんか裏切られっぱなしと言う気がする。
 私がそう感じた始まりは、旧社会党が消費税導入を反対した時、労働組合員の立場で、ビラを配ったり、知り合いに説明したりしたのに、その後の結果はみんなにあわせる顔がなかった。

 ようはいくら反対意見を力説したって、先日も書いたように、仕事をする現場の人間がボイコットしたりすると、つるし上げを食うわけですよね。
 自民党から民主党に政権が移行して、タイムラグで出た「献金額が自民党よりも民主党の方が多くなった」というニュースがあったけど、今までのやり方を大幅に変えるとなると、政治家さんより、仕事をしている立場やもらう立場の人が困る社会だと思うんですよね。それは経済にもつながって来ていると思う。

 今回の選挙、私たちの判断はかなり難しいと思う。大きな問題がいくつかあるからで、それぞれの立場で違うからだ。
 さらに少子高齢化の時代だから、よけい厳しい世の中になって来ているとは思う。
 それでもみんなで選んだ人に期待しなければいけない。でも二枚舌や下手な言い訳する人間は選びたくないと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月26日 (月)

どこに向かって行くのだろう

 この前の心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU 見たんだけど、アイドル歌手のレコーディングのやり方をやっていた。
 私も昔、歌手の運転手をしていた時に、レコーディングの様子を聞いていたが、デジタル化により、さらにすごくなっていると思った。

 パソコンを始めた頃、ローランドで発売されていた「ミュージくん」と言うソフトを使って、バンドスコアーを入力して、カラオケを作ったりして遊んでいた。
 このパソコンはiMacで、音楽ソフトのガレージバンドと言うものが、最初から入っているが、これがかなりレベルが高い。
 私は友達のライブCDを編集したりしているが、テレビでやっていたように、音楽をデータとして細切れにしたり、欲しい部分だけを入れ替えたりできる。テレビでは1フレーズや1文字単位で入れ替えたりしていたが、確かに発売される音楽のクオリティはかなり高いと思う。でも生歌とのギャップは広がるばかりではないかと思った。歌を聴かせると言うよりも、ステージ上のパフォーマンスを見せる事に重点を置いて、最近では口パクのケースも多い。
 ただパフォーマンスのクオリティもかなり高いと思う。フアンなどが真似をしたビデオ映像などを見ると、違いがわかるし、私が好きなアーティストのTwitterを見ていると、寝る前にトレーニングをしていると言う。

 色々な手法で様々なアーティストが活躍しているが、これから音楽や映像などはどこに向かって行くのかと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月25日 (日)

まずは自分がやる

 最近、ママになったタレントさんが子育てについていろいろ話している番組を見た。
 彼女は子供に手をあげる事があり、その事で悩んでいると言うものだった。
 それから何度か家庭の様子が出るようになった。

 前にも書いたような気がするが、私は子供を叩いたのは一度しかない。2歳ぐらいの時にティッシュに火をつけた時だった。これは許せないと思い、怒ったものだった。その時は教育だの、なんだのとは考えている余裕はなかった。

 よく子供を叩く人がいるけど、その時の気持ちってどんな気持ちなんだろと聞いてみたい。
 私は子供を自分の私有物だとは思っていない。しかし成人になるまで、いや私が死ぬ時まで、もっと言えば私が亡くなった後も自分の力で生きて行けるようにすることが役目だとは思っているが、私より下の身分だとか、私の言う事を聞かすんだと言う気持ちはあまりない。一人の人間として接しているつもりだ。

 私は自分の子供だから叩いても良いとは思わない。
 息子が言うには、あの時叩かれた事で・・・と言われるので、結果的には良かったのかなとは思う。しかし私が叩いた時の気持ちって、怒りしかなかった。とっさの事で教育だの可愛いだのと言う気持ちは全くと言って良いほどなかった。理由は後付けで、落ち着いたころ説明した。

 知り合いの飼育係がよく言っている事だが、動物を叱る時、冷静にならないと相手に怪我をさせたり、殺したりする事がある。動物にもよるが、痛い思いをさせる事よりも、こいつは怖いと思わせるオーラを出してないとダメだと言う。
 私も全く同感である。

 自分の価値観だけで早くして欲しいとか、もっとこうしろと思う事はあるが、子供を叩くと言うのは、自分のイライラを子供にぶつけるだけだと、私は思っている。
 私は自分の子供が言葉を覚えはじめる前から、何でも説明をして納得させていた。そのせいか、駄々をこねられた事がないし、特に言葉を荒げたり、手をあげなくても、こちらの希望を聞いてくれる。

 ただ子供はリモコンではない。自分が楽をするために、子供にさせようとすると、子供にはわかる。だから自分がまずやる事なのだと思う。うちはそれで真似をしてくれるようになったり、手伝ってくれたりするようになった。
 しかし人間はみんな性格が違う。うちのやり方が正解だとは思っていないし、もっとこうするべきだったと思う事もある。
 でも私は暴力に冷静さはないと思っている。躾をするというより、親がやってみせる事で、子供が良いか悪いかを判断すると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月24日 (土)

乱立状態ですよね

 衆議院が解散して、まぁ色々な情報が飛び交うこと。
 北海道から出ていた元首相は政界を引退されましたね。地元のテレビ局でやっていたインタビューをリアルタイムで聞いていましたけど、そんなに言うのなら、その信念を貫いて立候補すれば良かったのにと思いました。
 でも志はあったんだと思いますけど、今までの風潮と言うか、大きな流れに逆らえなかったんだろうと感じました。

 なんとなくですけど、政治をやる事よりも議員になる事が目的なのかと感じます。それであれば誰がなっても、動くべき人が動かないと言ったり、資金が集められなかったり、ボイコットされたら、次は当選できないですもんね。どうしてもそう言う人になびいてしまうというのが人間でしょうね。

 それにしても引っ付いたり離れたり、味方になったはずなのに、反対意見を言ったり・・・。候補者がダブっている選挙区はじゃんけんで決めるとか・・・。がっかりしてあきれますよね。
 有権者は自分の思いを込めて一票を投じるわけですよね。その思いとの温度差を感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月23日 (金)

今シーズン初雪はね

 今朝は雪が積もってました。
 まだ気温が高いので、重い雪でした。ほっとけば溶けるとは思ったんですけど、車などで踏むと溶けにくくなって、春先には大変な事になるので、雪はねしました。

 去年の冬は少し多めだったんですけど、今年はどうですかね?
 農家の人は夏の天気が良ければ冬も天気が良いと言います。今年の旭川の夏は天気が良かったです。冬の旭川で天気が良いと言う事は、雲がないので放射冷却で冷え込むと言う事です。
 雪が多い年か、冷え込む年かなんですけど、私は冷え込む方がまだ良いですね。旭川は内陸の盆地なので、風が海岸や高いところのように強くないために、気温が低い割にはそれほど辛くないんですが、以前海のそばに住んでいた時は、風が強くて気温よりずっと寒く感じました。

 それにしてもまだ冬の始まりですからね。今から心配しても仕方ない事ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月22日 (木)

自転車事故で運転免許停止

 奈良県で自転車とバイクが接触して、バイクの運転手が負傷し、その救護措置をとらなかったとして、自転車に乗っていた人をひき逃げと言う事で処分したというニュースを見た。
 詳しく記事を探して読んでみたが、これは最近自転車のマナーが騒がれている時代に添った処分だと思った。

 こちらでも雪が降ったが、それでも自転車に乗ってるヤツがいる。特にお年寄りで、歩道に雪があるので車道を走り、よく転ばないものだと思うくらいの遅いスピードとフラフラした乗り方で、車で追い抜く時は本当に怖い。車だと高速道路は夏タイヤ禁止になるのに、どこからどう見ても危険な冬期の自転車を、どうして取り締まらないのかと思う。

 最近、うちの息子が車の運転をするようになって、運転手から見た自転車の危険さがわかったと言っている。
 携帯片手に運転していたり、歩道を猛スピードで走り抜けて行ったりしているが、その割に自動車から見ると取り締まりは甘いと思う。
 そう言う意味では、今回のニュースは自転車マナーに対する考え方を変える事になると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月21日 (水)

親の認知症 その2

 厚生労働省が発表した認知症高齢者数によると、65歳以上の10人に1人が認知症の疑いがあるとされ、過去10年で2倍に増加していることが示されている。進展する高齢化社会では、認知症の早期発見と治療の重要性と共に、認知症患者の介護という問題も避けて通れない。エーザイが行った認知症に関する意識調査では、親が認知症になることによる生活への負担を意識しながらも、4人に3人が「自宅での介護」を希望していた。
 同調査は65歳以上の親がいる20代以上の男女を対象に、47都道府県9400人(各都道府県200人)にインターネットで実施した。


 二つの記事を引用させていただきました。
 認知症患者の家族としての私の思いは、「物を忘れていく」と言うよりも、「ルールがなくなる」病気だと思いました。確かに物忘れと言う段階はまだ良いのです。そのうちにルールがなくなってきます。

 人によって色々な症状があるようですが、うちで経験したのは、同じ事を何度も言われたり、聞かれたりする。自分が気になったものはどんなものでもゴミ箱に捨てる。観葉植物の葉を食べる。仏壇にあるお供え物を食べ、食べかすやゴミを部屋のどこかに隠す。食事の時は自分の好きな物だけを食べるようになり、人のものにも箸を出す。テレビ、ストーブ、電灯などのスイッチを切ったりつけたりする。台所や玄関で小便をする。
 他にも色々ありましたが、物忘れがひどくなってきたと言う段階から、寝たきりになるまでの数年間、ずっとこのような事で悩まされました。当然、注意してもすぐに忘れるわけですから、同じ事を繰り返します。それも数分とか、数十秒単位で行われるようになります。

 認知症は早期発見し、治療を行いながら、ディサービスなど専門家に任せた方が、本人のためでもあり、家族のためでもあると、私は断言します。
 どうやって病院に連れて行くかが問題になるかと思いますが、うちの場合は前にも書いたので、参考にしてみて下さい。
 あくまでも我が家でのケースなので、ほんの一例です。各市町村などの相談窓口があると思いますから、認知症の疑いがあるのなら早めに相談して下さい。

参考までに、前に書いた記事ですけど・・・
アルツハイマーの通院の始め方

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月20日 (火)

親の認知症 その1

 私の父親が現在アルツハイマーの末期なんですが、認知症についてこのブログでも何度も書きました。
 関連記事を二つ引用して、また私なりの見解を書きたいので、連載にします。
 昨日の北海道新聞に親の認知症に関しての記事があったのと、ネットでもこの内容の記事がありました。
 以下、引用します。


 認知症と診断された親や、その疑いがある親を持つ人のうち、症状に気づいてから1年以上たって医師など専門家に相談した人の割合が30%に上ることが18日、大手製薬会社「エーザイ」の調査で分かった。認知症に関する理解不足が背景にあるとみられ、より丁寧な情報提供が求められそうだ。

 調査は、65歳以上の親がいる全国の20代以上の男女計9400人に8月中旬、インターネットで実施。認知症と診断された親や、その疑いがある親を持つ人に、症状に気づいて専門家に相談するまでの期間を聞いたところ「1年以上2年未満」12%、「2年以上3年未満」7%、「3年以上5年未満」5%、「5年以上」5%だった。45%は1年未満で相談していた。
 「まだ相談していない」と回答した23%の人は、経過観察したり、医師を探したりしているとみられる。

 早期に相談しなかった理由(複数回答)では「年齢のせいだと思った」(59%)「単なる物忘れだと思った」(46%)「親が嫌がった」(38%)が多く、「何科の医師に相談すればよいか分からなかった」との答えも20%に上った。

 同社は「認知症に関する十分な情報が入手できない結果、症状を見逃したり、相談する場所を迷ったりして対応が遅れていることが推測される」と分析する。


次回へ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月19日 (月)

よく調べないと・・・

 インターネット料金を見直さないかと言う電話が来る。
 ネットを光にしても、それほど速くないとか、料金が高いと言う声が多いので・・・、ということでいろいろ説明をしてくれる。

 確かにネット料金は高いと感じている。
 うちは光を使っているが、変えるまではとにかく速くなるからということだった。しかし、現実に変えてみると、それほど感動するほど速くはなくて、いろいろ問い合わせたりしてみると、パソコンの能力不足だと言われ、それなら早く言えと思ったものだった。

 今回、その話が来て、見直そうと考えたが、大きなネックがあった。それは2年以内に光を解約すると・・・、という契約に入っていて、まだその期間中だった。また今回の話はキャンペーンだから安いと言われたが、ホームページを聞いて調べてみると、確かに大きく料金などが書かれているが、その下の方に小さな但し書きがあって、これをよく読むと、契約内容の変更をした場合はキャンペーン料金ではなくなるとあった。

 私はパソコン作業があるので、パソコンでのインターネットは続けると思うが、この先、ネットはタブレットに変わってくるかも知れない。それが2年も先の話ではないかも知れないと感じる。つまりネット接続の環境が変わって来る可能性があるのに、2年間などと言う期限があると、それに対応するのに解約金などが発生する可能性がある。
 本当にしっかり調べてから契約をするものだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月18日 (日)

またアルコールだ

 有名アナウンサーが強制わいせつの現行犯で逮捕された。
 しかし本人は「酒に酔っていて覚えてない」という。

 以前も書いたが、私はアルコールアレルギーなので、個人的に酒類は本当に迷惑なものでしかない。
 ただ酒は昔から世界各地で大きな経済を生んでいる。時には大切な会談の席や親交を深めるために使われて来た物である。しかし飲酒が原因で発生している事件も多い。

 今回の強制わいせつという罪は決して許せるものではない。
 しかし人間の理性を失わせ、多くの問題を起こしているものに対して、規制があま過ぎると思う。
 数日前の記事で、不適切な飲酒による健康被害を防止するため、基本法制定を検討してきた超党派の国会議員連盟が法案の骨子案をまとめたと言われていたが、今回の解散でどうなってしまうのだろうか。
 深酒をする事によって記憶がなくなると言う事は、依存症になっている可能性があると専門家が話していたが、私の先輩たちも記憶がなくなる事を武勇伝のように話している。人格が変わって周りに迷惑をかけるやつが、笑ってすまされる事や、「酔っていたから」で終わらせられることが多い。

 そのような意識を改革させ、このようなことは危険な事なんだと言う事を浸透させて、もう少し悪い風潮を変える方法がないものだろうかと強く強く思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月17日 (土)

すごい霜でした

121116_071947
 昨日の朝は冷え込みました。旭川はマイナス3.5℃と発表していますが、うちの方は2〜3℃低めなんです。
 霜が降りて辺り一面白っぽかった。
 それにしてもまだ初雪が降っていなくて、記録的な遅さだそうです。
 去年は早かったんですけど、積もるのが遅かったんですよね。

 画像は家の前の稲刈りが終わった田んぼです。雪が積もって冬景色になれば綺麗なんですけど、この時期が一番寒くなって来たころもあって、寂しい景色ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月16日 (金)

価値観変わるよなぁ

 両祖父がガンで亡くなって、闘病中の本人や家族を見ていて、自分はガンになりたくないと思って健康管理士になったんですけど、いろいろ資料とか読んでいると、これは病気にならない方がおかしいと思う事が多くなった。
 食べ物にしても、生活環境にしても、自然環境にしても、ホント要因はたくさんある物だ。

 そんなわけでブログ始めたんですけど、でも最近少しずつ考え方が変わって来ている。
 隣のおばさんを見ていると、極端な偏食で、かなりの好き嫌いがある。まず肉は食べられない。油物もダメ。野菜や果物にも好き嫌いがある。それでも80歳以上になる。決して健康体とは言えないが、長生きである。でも息子さんが私とあまり変わらない年齢で、突然の心臓病で亡くなっている。

 煙草を吸っている人がみんな短命でもない。うちの近所のおじいちゃんたちはみんな吸っていたけど、長生きしていた。
 ただアルコールの飲み過ぎの人は、私の周りには短命の人が多く見られる。親戚の中でも多い。

 健康管理士になって主に栄養素を摂取しようと訴えて来たんですけど、サプリメントを摂取している人でもガンになる人はなる。
 長生きと言う事に関しては、何が正解なのかわからないですよね。
 ただ重要なのは健康寿命なので、これからも情報を送りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月15日 (木)

大事(おおごと)

 衆議院が解散しますね。
 私はもう少し先の事かと思っていました。
 いろいろ言われていますけど、でもよくわかりません。

 それより日本を代表する女優の森光子さんが亡くなった事の方が大きく感じました。
 健康管理士のセミナーで年齢の割にはお若い演技をされると、よく名前を使わせていただきました。
 心よりご冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月14日 (水)

「コーチの仕事は本当に難しい」

 Number Webの「コーチの仕事は本当に難しい」と言う記事を読みました。
 ファイターズの吉井投手コーチが、日本シリーズ後退団すると聞いてビックリしたのですが、いろいろ考え方の違いってあるんだと思いました。

 解説や対談などを聞いていて、考え方の違いがあるというのはわかっていたつもりでいたのですが、改めて読んでみると人間関係や監督とコーチの相性などいろいろあるものだと思いました。
 でも記事の中にあった巨人の川口和久投手コーチや、中日の落合前監督と森繁和ヘッドコーチの関係などを読むと、なるほどと思う。そういう相性の良い関係になるような人事が重要なのかも知れないですね。

「コーチの仕事は本当に難しい」(Number Web)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月13日 (火)

メガネ

 うちの息子のメガネが壊れたので、作りに行った。
 それにしてもメガネに健康保険適応って出来ないんですかね? なんか基準を作って、例えば自動車運転免許証を裸眼で乗れない視力以下の場合とか。

 今年は自分も、なんか物が見えにくいと思って、周りから老眼だよって言われても認めたくなかったんだけど、生まれて初めて眼科に行ったら「老眼です」とお医者さんから言われ、納得しました。仕方なく老眼鏡作ったんだけど、世界が変わると感じました。
 メガネってサングラスしかかけたことなかったけど、自分にあったフレームだと邪魔にならない物ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月12日 (月)

資格をたくさん取る事は無駄な事?

 うちの息子が自動車免許を皮切りに、色々な資格に挑戦している。大特やクレーン、玉掛けなど、資格を取るのが面白いと言う。
 私もいくつか資格を持っているし、それで仕事になった事もあるので応援している。
 しかし周りの反応は「無駄だ」とか「そんなのとってどうするの?」って言われているらしい。

 ただ息子の話では私ぐらいの年齢の人が仕事で必要になったとか、会社からの命令でと言われて来ている人も多くて、とても苦戦していると言う。私ぐらいの年齢になると、覚えられないんですよね。

 価値観の問題だと思うけど、私個人的には色々な資格を持つことによって、なにより視野が広がる。
 考え方によっては野球が大好きで野球のフアングッツや本を集めるとか、アニメのフィギュアを集める、パチンコに行く・・・みたいな部分と似ていると感じる。
 本人がやりたいと思ってやる事だし、資格の勉強が趣味だと考えれば、気にする事はないと思う。逆にもしかしたら役に立つ事もあるんじゃないかなとさえ思う。

 昔の職場にも資格をたくさん持っていた人が同じように言われていたけど、自分で車のパーツ作ったり、船を持っていて、湖に釣りに行ったり、私はすごい人だなぁと思ってましたけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月11日 (日)

明日は冷え込みそうです。

 私事ですが、今日は急きょつぶやく事にしました。
 なんか煮詰まっちゃいまして、今日はぜんぜん外に出なかったんです。
 これじゃまずいなぁと思って、スポーツニュース見終わって外に出たら、すごく綺麗な星空でした。
 目の前にオリオン座が見えて、そう言えば星座も冬に見られるものが出て来ているんだって気がつきました。
 空は快晴でしたね。こういう綺麗に星が見える日の朝は冷え込むという時期になったんですね。
 予報では氷点下2℃ですって。

 本当は田中文部科学相の大学の話を用意していたのですが、もっと星空を見ようと言う事を伝えたいと思い、変更しました。それにしてもマスコミも一貫性が感じられないですよね。結局は認可したんだから、色々あったんだろうけど、落ち着けば良いのにと思います。

 毎日、何かに追われているような気がして、でも冷静にならなければとも思いながら・・・。
 でも星空ぐらいゆっくり見る余裕が欲しいものですよね。
 少し前にApp StoreからiStarsと言う星座がわかるソフトをダウンロードしたんですけど、全然使ってなかった。少し見直して、気持ちを楽にしようかと思いました。
 走り過ぎ・・・、スピード違反に注意です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月10日 (土)

ターミネーター DVDクアドリロジーBOX

 ターミネーターシリーズの映画は映画館でも見ているんですが、何度見ても飽きないので、コレクションにと思ったんです。そこでターミネーター DVDクアドリロジーBOX(4枚組)をネットで安く買いました。
 これは4作すべて入っているもので、値段も65%オフだったので、リーズナブルでした。

 1作目から見直しましたが、だんだん敵がパワーアップして行き、4作目はものすごい迫力でした。一気に見たと言う感じです。
 それにしても4作目のクライマックスでは、続編もありそうな終わり方ですよね。楽しみにしています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 9日 (金)

酒場えれじい

 1970年代の曲で、作詩:石本美由起さん、作曲:古賀政男さんで大川栄策さんが歌っています。
 実は私が子供の頃、家の車に8トラのカセットデッキをつけた時に、両親が最初に選んだカセットが「大川栄策全曲集」でした。正直、もっと有名な人の・・・と思ったのですが、聞いているうちにハマってしまい、小学生になってラジカセを買ってもらった時に、自分の小遣いで同じ楽曲が入ったカセットテープを買いました。
 それからしばらくして大川栄策さんは「さざんかの宿」がヒットしました。

 何度も聞いていたので、テープがすり切れてしまい、就職で一度家から出たので、テープのジャケットもどこに行ったかわからなくなっていました。
 時々思い出しては、当時の楽曲を探していたのですが、この曲だけは歌詞をフルコーラス覚えているのに、楽曲名がわかりませんでした。気になりはじめてから20年ぐらい経ったと思います。ネットで色々な方法で検索しても、どうしてもわからなかったのですが、先日ちょっとしたきっかけから題名がわかりました。
 またYouTubeにその楽曲があり、とても懐かしく聴きました。
 個人的にですけど、改めて一番大川栄策さんらしい楽曲だと思います。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 8日 (木)

ダルビッシュ投手はすごい

 先日のNHKの番組でダルビッシュ投手の事が特集されていた。
 日本とは違うボールや、固さの違うマウンドなどで、苦労されたようだ。一度は何をやってもうまくいかないと言う状態になり、逃げ出したいと言っていた。しかしあるピッチャーのフォームを見て気がついた事があり、左足のつき方を変える事で投球後の体のバランスが良くなり、調子を上げた。
 多彩な変化球と鋭いストレートで、新人王候補になるほどの成績を残した。

 今回WBCは不参加だと言う情報が出たが、私はその意見を支持したい。WBCも楽しみではあるが、それ以上にチームの優勝のためにベストな選択をして欲しいと思う。もしもWBCに出た影響でシーズンに差し支えたら、年俸などにひびくし、チームに迷惑をかける事になる。日本のためにと言う意見もあるとは思うが、まずは何を優先するべきかをその人なりに考えれば良いと思う。

 ダルビッシュ投手はこれからも進化して行くと思う。私個人的には一人のフアンとして歴史に名を残すような投手になって欲しいと思っているし、怪我だけには気をつけて欲しいと思う。今後の活躍に期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 7日 (水)

北海道ファンマガジン その2

 観楓会って北海道だけなんですね。
 ちなみに「かんぷうかい」と読みます。
 北海道外の方、やってないんですか?

 ちょうど今ぐらいの時期に行われていますね。
 春先の花見とはちょっと違って、私が以前いた会社では一泊で温泉に出かけ、夜は旅館やホテルで宴会します。重役や別な係の人と親しくなれる機会でもありますね。一応紅葉を見るという方書きなんでしょうけど、観光旅行と言う感覚ですね。

 北海道では夏と冬が全然違って、観光施設などでは夏場が忙しい企業が多く、季節雇用のような人がたくさんいるんですよね。だいたいこの時期には会社の季節雇用の人たちが解雇されるので、お疲れ様会も兼ねているのかなと思います。

 会社によっては宴会だけと言うところもあるようですけど、だいたいは泊まりですね。
 旅行会社では観楓会のパンフレットも見かけます。
 今の職場には観楓会がないようなんですけど、意外と楽しみではありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 6日 (火)

通知表の事前確認中止 批判受け通知撤回

 横浜市教育委員会は5日、市立の全小中学校長に対し、配布前に通知表の内容を児童・生徒や保護者に確認してもらうよう求めた通知を撤回すると発表した。通知表の誤記載が相次いだための措置だったが、市民だけでなく市教育委員や市議からも批判が強く、取りやめることにした。



 毎日新聞の記事です。
 最初、通知表を事前に確認させると言う記事を読んだ時に、なぜこんな事をするのか意味が分からなかった。
 しかし世の中にはこの意見に賛成の人もいる事がわかった。
 と言うのも、人間がやる事なので、間違いが起きる事があるそうで、その人は通知表を受け取った時に、自分のテストなどの成績などを考えても納得ができなかったそうだ。親からもいろいろ言われたが、自分はこれだけやっているんだと言う事を親に訴え、親も不審に思い、学校に問い合わせたところ、同じ名字の人と間違われていたと言う。
 このような事はきわめてまれなケースだろうけど、その人はチェック体制などの問題を強化して、複数の教師が確認するとかするべきだと話していた。

 話は少し逸れるが、そう言われてみると私も小学生の頃、先生がクラスの人数分の紙を配り、一人一人に対しての長所短所を書けと言う時間があった。先生が一人一人の名前を言って「次はまっつ君の良いところと悪いところを書いて下さい」という感じだった。私はその時クラスの役をしていた。そこで一人の男の子が「まっつは○○係を手抜きするよなぁ」という言葉で、仲の良い友達や同じ係の人以外は私が係の仕事を全うしていないと言うような事を書いた。その結果を通知表に書かれた。当然、親からは怒られたものだった。
 でも隣のクラスの先生は「まっつ君のクラスの○○係はよくやっている。うちのクラスでも見習えと言っているんだ」とほめてくれた事がある。

 自分としては係内で話し合って、出来るだけの事はしていたつもりである。しかし他の人の見方と言うのはみんな違うと思う。その同級生は私の仕事を評価しなかった。しかし、中には係長はちゃんとやっていると言う意見もあった。
 自分の考えと他から見た様子が違うので、どちらが正しいと言う議論は出来ない。
 ただその先生は多くの意見のみを真実だと思い、通知表に記載した。私にとってはそれが通知表のコメント欄だし、受験などにも縁のない環境だったからまだ良いものの、受験などに影響するものであれば、複数の目で判断してもらい、正確に書いてもらわないといけない事だと思う。

 親の意見を反映させるものではないが、やり方が違うと思う。でも今回取りやめる事にしたと言うが、複数の教師などでのチェック体制を作ってあげて欲しいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 5日 (月)

もうファイターズに動きがありますね

 ファイターズもシーズンが終わって、戦力外の情報が出てきました。
 大リーグ経験があった木田投手は今年あまり数字残せなかったですもんね。去年はどこでも投げられる活躍していたんですけどね。
 また紺田外野手はコーチ就任が濃厚で、大リーグ経験があった吉井コーチも退団みたいです。外国人投手などを上手に使っていたと思うんですけどね。
 元ファイターズの稲田選手も楽天を戦力外になりました。

 他にも動きがあり、田中賢介選手が海外FA権を行使したいようですし、2年連続3度目のセーブ王に輝いた武田久投手も来季の契約について近日中にも球団と会談する予定だそうで、今季取得した国内FA権を行使した場合、球団は無理に引き留める方針はないとのことです。しかし糸井外野手が今オフ、ポスティングシステムを利用したいと言う話が出ていますが、こちらは球団は認めない方針だそうです。

 ファイターズは今までFA補強は確か稲葉選手だけで、補強よりも若手を起用してきたケースが多いです。
 私個人的には、選手それぞれの考え方があるでしょうし、普通のサラリーマンとは違い、活躍できる年数が短いですから、本人の意見を尊重したいと思いますが、それにしても日本シリーズから一夜明けてこんなに話題が出てくると不安になりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 4日 (日)

ジャイアンツ優勝!

 ジャイアンツが優勝しましたね。
 関係者の皆さん、フアンの皆さんおめでとうございます。

 我らがファイターズも中田選手の同点ホームランや9回に粘りを見せたんですけど、残念でした。
 昨日の試合はなんとなく押され気味の気がしました。

 それにしても、審判の判定のあり方には見直して欲しい部分があります。ビデオ判定をホームランだけではなく、監督から要望が出ればと言うようにして欲しいです。控えの審判もモニターなどで様子を見ていると言いますから、そう言う人と相談するとか。
 これがもしも逆の立場でファイターズが優勝していても、同じ事を書いたと思います。
 今の現状では球審が絶対的な感じですが、選手たちは生活をかけてやっているし、フアンだって誤審があっては気持ちが良いとは思えません。前にも同じような事があったようで、「今後このような事がないように・・」と言うコメントをしている。でも今のやり方を変えない限り、また起きる。
 終わった事を覆そうとは思わない。それより、このことから学んで、改善して欲しいと思う。

 ただジャイアンツは強かったです。
 ファイターズも来年に向けて、頑張って欲しいと思います。
 これからは新入団や戦力外、トレードの季節ですね。来年はどんなチームになるんでしょうね。
 まずは一年間お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 3日 (土)

Kindle

 Amazonさんで電子書籍のKindleストアがオープンしました。
 端末を持っている方はアプリをダウンロードすれば良いみたいですね。
 チラッと覗いてみたんですけど、古い小説などでは無料のものも多いみたいです。

 それにしてももう少し端末が普及すれば、電子書籍の価格も下がるんでしょうけど、まだ価格が高い気がしますね。
 紙媒体じゃないのに同じ値段のものもある。書店などの売り上げが落ちる事を懸念しているんでしょうかね。
 確かに電子書籍が普及すると紙や印刷など、衰退して行く業種も多いですよね。でもそれは時代の流れです。どうしても便利なもの、安いものに流れて行きますからね。これは音楽だってそうですよね。今やダウンロードの時代です。

 端末を持っている方や興味がある方は、ぜひ覗いて見てください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 2日 (金)

誤審

 せっかく良い感じでシリーズが進められてきたのに、それを台無しにする判定が起きた。
 4回表の巨人の攻撃、バッター加藤選手に対する投球がデットボールと判定され、多田野投手は危険球退場となった。
Kiken  シーズン中にあんなに抗議する栗山監督を見た事がなかった。
 テレビで見ていたが、解説の古田さんもハッキリ「誤審」と表現した。
 直後のツィッターやネット応援などではものすごい反響が起きた。
 それにしても加藤選手はなぜ頭部を抱えて倒れなければいけなかったんだろう? バントの構えで近めに来たからだろうけど、倒れてからどんな事を話したのかわからない。塁に出たい一心だったとは思う。

 ビデオ判定と思ったけど、本塁打の判定に限ってのみビデオ判定出来るようで、今回のようなケースはビデオ判定されない。

 それにしても加藤選手の次の打席で大ブーイングが起きた。北海道のフアンがあれほどブーイングをしたのは初めて見た。ただ加藤選手が悪いわけではないような気がする。審判が悪いと思う。

 オリンピックの時にも書いたが、競技に対してのビデオ判定に賛否があるが、私は正確な判断をするためにビデオを大いに活用するべきだと考える。あるネット記事では人間が判定するから、そこに面白みが出てくると書いてあるが、見る方はそうかも知れないが、やる方は成績につながり、それが年俸などにつながる。面白いではすまされない。遊んでいるわけではないのだ。その判定を正確に裁いてもらうためにも、今回のようなケースでもビデオ判定するべきだと考える。そうすれば後味の悪い思いをしなくてすむし、納得したゲームが出来ると思う。

 でも今の現状では審判が絶対なのだから、落とした試合を悔やんだり、誰かを恨むより、次の試合に気持ちを向ける事の方が重要だと思う。
 目指せ、優勝! 目指せ、日本一!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 1日 (木)

まさにセ・パ王者対決!

 二連敗して本拠地に戻ってきたファイターズ。
 三戦目はファイターズの打線が爆発した。

 昨日はシリーズ四戦目。
 両チームとも若い投手で試合が進んだ。経験などから早い投手継投になると思っていたが、二人が7回まで点を与えない見事な投手戦で後続につないだ。その後も試合は動かず、両チームとも総力戦のような試合になった。
 延長12回までもつれた結果、一つのエラーで流れが出来、飯山選手のサヨナラヒットと言う結果になった。

 それにしても飯山選手のインタビューを聞いて、自分一人でやったわけではないと言う事を強調していた。
 また監督のインタビューでは飯山選手の事を、出番が少ないのに準備をしていたと評価していた。
 二人の話、とても感動しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »