« まさにセ・パ王者対決! | トップページ | Kindle »

2012年11月 2日 (金)

誤審

 せっかく良い感じでシリーズが進められてきたのに、それを台無しにする判定が起きた。
 4回表の巨人の攻撃、バッター加藤選手に対する投球がデットボールと判定され、多田野投手は危険球退場となった。
Kiken  シーズン中にあんなに抗議する栗山監督を見た事がなかった。
 テレビで見ていたが、解説の古田さんもハッキリ「誤審」と表現した。
 直後のツィッターやネット応援などではものすごい反響が起きた。
 それにしても加藤選手はなぜ頭部を抱えて倒れなければいけなかったんだろう? バントの構えで近めに来たからだろうけど、倒れてからどんな事を話したのかわからない。塁に出たい一心だったとは思う。

 ビデオ判定と思ったけど、本塁打の判定に限ってのみビデオ判定出来るようで、今回のようなケースはビデオ判定されない。

 それにしても加藤選手の次の打席で大ブーイングが起きた。北海道のフアンがあれほどブーイングをしたのは初めて見た。ただ加藤選手が悪いわけではないような気がする。審判が悪いと思う。

 オリンピックの時にも書いたが、競技に対してのビデオ判定に賛否があるが、私は正確な判断をするためにビデオを大いに活用するべきだと考える。あるネット記事では人間が判定するから、そこに面白みが出てくると書いてあるが、見る方はそうかも知れないが、やる方は成績につながり、それが年俸などにつながる。面白いではすまされない。遊んでいるわけではないのだ。その判定を正確に裁いてもらうためにも、今回のようなケースでもビデオ判定するべきだと考える。そうすれば後味の悪い思いをしなくてすむし、納得したゲームが出来ると思う。

 でも今の現状では審判が絶対なのだから、落とした試合を悔やんだり、誰かを恨むより、次の試合に気持ちを向ける事の方が重要だと思う。
 目指せ、優勝! 目指せ、日本一!

|

« まさにセ・パ王者対決! | トップページ | Kindle »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130682/56022529

この記事へのトラックバック一覧です: 誤審:

« まさにセ・パ王者対決! | トップページ | Kindle »