« 松井秀喜選手引退 | トップページ | 風邪のバカ! »

2012年12月30日 (日)

<警察不祥事>警部補、同僚のスピード違反もみ消しで停職

 毎日新聞の記事です。
 静岡県警監察課は27日、同僚の速度超過違反をもみ消したとして袋井署の50代男性警部補を犯人隠避や証拠隠滅などの疑いで静岡地検に書類送検し、停職1カ月の懲戒処分にした。男性は容疑を認め、同日付で依願退職した。

 送検容疑は今年2月5日、同署の40代の同僚男性が制限速度を25キロ超過した違反を知りながら、記録書類を署内のシュレッダーで破棄し、必要な処理をしなかったとしている。

 同課によると、警部補は昨年12月14日、袋井市梅山の県道で他の8人の署員と取り締まりを行い同僚の違反に気付いた。警部補は現場責任者だった。今年10月に匿名の投書が同課に寄せられ発覚。同課は他の署員6人と、速度超過した同僚男性を同日付で本部長注意などにした。速度超過違反は11月に改めて処理された。

 佐藤光一首席監察官は、「誠に遺憾で、県民の皆様に深くおわびする」とのコメントを文書で出した。



 これって、一般人だったらどうなんでしょうね。
 昔、後ろの車にあおられて、信号が黄色だからと言うのもあって、交差点を曲がったら、信号無視だと言われて切符切られたことある。いくら言っても二人の警官が「見ていた」と言い張り、これ以上言うとなんだかかんだかと言い始めて、結局は認めさせられた。
 一般人が逆らい過ぎたら、上限がないそうなんですね。どうにでも罪名をつけられて、罰金の上限もなくなるし、裁判になることもあるって聞いた事があります。

 しかしこの記事の事件、同僚だと言うことで、もみ消して、事が発覚したから退職金もらってやめるって、それはおかしいでしょう。処分だって停職1ヶ月程度の事なんですか? まぁ、やめると言う事で、社会的制裁を受けるわけだし、寛大な処置なんだろうとは思いますけど、それにしても納得出来ませんよね。

|

« 松井秀喜選手引退 | トップページ | 風邪のバカ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130682/56421122

この記事へのトラックバック一覧です: <警察不祥事>警部補、同僚のスピード違反もみ消しで停職:

« 松井秀喜選手引退 | トップページ | 風邪のバカ! »