« 後輩を育てないと意味がない | トップページ | <警察不祥事>警部補、同僚のスピード違反もみ消しで停職 »

2012年12月29日 (土)

松井秀喜選手引退

 松井秀喜選手が引退されました。
 いろいろ調べてみると、中学時代からすごい片鱗があったんですね。
 ジャイアンツ時代はスポーツニュースで見ていた程度になりましたが、大リーグに行ってから、イチローさんと同様に、主にネットでの情報を毎日見ていました。
 膝の具合が悪いそうですけど、まだ出来ないのかなと思いましたが、話を聞いているとプロだと思いました。

 名門ヤンキースに入団し、活躍されていた姿を見て、日本人の誇りだと感じていた。
 しかしレフトの守備についていた時に、浅めのフライをスライディングキャッチしようとした時に、手首を骨折したが、今思えばあれから少しづつ心配になって来たように思う。

 それにしても毎年のこととは言え、活躍していたり、応援していた選手がやめていくのは寂しい限りです。
 でも加齢と言うのは避けられないことで、それに伴い長年身体を酷使している選手が多く、晩年は怪我に悩まされる選手が多い。また怪我は我慢出来る程度でも、動体視力などが衰えるという話も聞く。
 毎年ドラフトなどで新しい選手が入団してくるが、そのチームの主力選手には勝てないと思っているようでは、レギョラーは取れないわけで、実績があったり、活躍している先輩を追い抜かす勢いで若手は頑張っている。それに負けないで、また怪我をしないで、引退するまで長年活躍出来る選手は一握りの中の一握りだと思う。
 そう言う意味ではとてもシビアーな世界だと感じる。

 ただ松井選手は多くの人に影響を与えた人ではないかと感じる。
 せっかくの経験が無駄にならないように、今後出てくる後輩たちに色々なことを伝授してあげて欲しいと思います。
 応援させていただいていたフアンの一人として、お疲れ様でしたとお伝えしたいです。

|

« 後輩を育てないと意味がない | トップページ | <警察不祥事>警部補、同僚のスピード違反もみ消しで停職 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130682/56414568

この記事へのトラックバック一覧です: 松井秀喜選手引退:

« 後輩を育てないと意味がない | トップページ | <警察不祥事>警部補、同僚のスピード違反もみ消しで停職 »