« 大谷選手、ファイターズ入団 | トップページ | そんなに言うんなら、お前が行け! »

2012年12月13日 (木)

比叡山の思い出

 かなり昔に京都に行った時に、そこの友人がドライブに連れて行ってくれた。
 比叡山にも連れて行ってもらった。
 そこには野生のニホンザルがいた。前に停まっていた車の人は、窓を開け、サルにお菓子をあげていた。やがてお菓子がなくなったのか手を振っていたら、サルが怒り始め、開いている窓から車に飛び込み、中にいる人に攻撃をしてすぐに山の中に消えて行った。

 動物の心理として、餌をもらえることが当たり前になり、やがてくれなくなったので怒り出したと考える。もちろん餌がなくなったからとか、会話や意志が通じるわけがないのだ。
 その車の人が怪我をしたのかどうかは一瞬の事だったし、知り合いでもなかったので確認していない。でも野生動物に餌を与えてはいけない事になっている。
 しかしこのテの話はよくある事だ。やってもらって当たり前で、やらないと怒るという人間がいる。

 ただやっかいなのが、昨日ロケットを発射した国だ。
 全く何を考えているのかと思う。
 その国の色々な本を読んだが、ロケット作るお金があるのなら、雇用を促進したり、農地を開拓したりなど、もっとやる事があるだろうと思う。色々な国から援助を受けている身にも関わらず、兵器を保持し、それをかざして、さらにもっと物乞いのようなことをしている。
 国民には罪はないが、エラい人たちは毎晩のようにパーティーをしていると言う。そんなお金があるのなら、お腹をすかせている国民に何かしてやれって思う。

 国を取り仕切る人は「ボス」であることなのか、「リーダー」であるべきなのかは大きく違うのだ。
 今度の選挙ではしっかりした人を選びたい。

|

« 大谷選手、ファイターズ入団 | トップページ | そんなに言うんなら、お前が行け! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130682/56308364

この記事へのトラックバック一覧です: 比叡山の思い出:

« 大谷選手、ファイターズ入団 | トップページ | そんなに言うんなら、お前が行け! »