« うぬぼれ | トップページ | カード作りませんか? »

2013年1月28日 (月)

大所帯と少数精鋭

 以前、北海道日本ハムファイターズの話で、ファイターズはプロアマの選手を数値化し、入団させる選手はたとえ二軍でも年間通して試合に出られる選手をとの記事を紹介したことがある。

 しかし他球団では三軍まであったりする球団もある。中にはクライマックスシリーズにまで勝ち上がるライバル球団もある。
 中のシステムはよくわからないが、球団の方針なり、色々な考え方があるのだろう。

 多くの選手を抱えると、それだけ競争意識が働くだろうし、有望な選手を見逃すことが少なくなるのかも知れない。しかし選手に払うサラリーは多くかかることになる。また人間は環境に慣れることが多い。プロ野球選手になることが目的の選手にとっては、たとえ三軍でも目標が叶ったわけだ。それからまた目標を見つけることは、意外と大変ではないかと感じるし、それだけ遅れている。
 それよりも早くからどういう選手になるのかを決めている選手は、入団しても意識が先に行っているので、たとえ二軍にいても、それを通過点と考えていると思う。

 周りにいるチームメートや指導者などの環境にもよると思うが、どちらにしても選手自体の意識の問題が大きいと思う。

|

« うぬぼれ | トップページ | カード作りませんか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130682/56642609

この記事へのトラックバック一覧です: 大所帯と少数精鋭:

« うぬぼれ | トップページ | カード作りませんか? »