« 体罰 | トップページ | 「体罰は自立妨げ成長の芽摘む」桑田真澄さん経験踏まえ »

2013年1月11日 (金)

首相「ぶら下がり取材」改めて拒否、FBで示す

2013年1月9日(水)読売新聞の記事です。

 安倍首相は9日、会員制交流サイト「フェイスブック」で、首相官邸で立ち止まって記者団の質問を受ける「ぶら下がり取材」について、「世界でこの様な対応をしている国はない」として、応じない意向を改めて示した。

 「首脳の発言は重く、国益に対する影響を考えれば、情勢を把握し熟慮したものでなければならない」とし、「首脳としてコメントすべきで無い事もある」とも付記した。



 これはある意味、政治家がマスコミを信用しなくなったと言うことだと思います。
 少し前に鉢路大臣が「放射能を・・・」というホントかどうかもわからないことで叩かれたことだって、オフレコ取材での発言を言われた訳だから。
 上手に使っていれば、公の記者会見で発表されたことを、さらにぶら下がり取材で得た情報を加えることで、より正確にわかりやすく発表出来たのに。

 でもある意味、これは前進だと感じる。
 国民だって、そんな揚げ足を取ったようなことを真に受けることが減ると思うし、公の情報以外は知らない方が良い情報だってある訳だから、キッチリ線を引いた方が良いと思う。

|

« 体罰 | トップページ | 「体罰は自立妨げ成長の芽摘む」桑田真澄さん経験踏まえ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130682/56513775

この記事へのトラックバック一覧です: 首相「ぶら下がり取材」改めて拒否、FBで示す:

« 体罰 | トップページ | 「体罰は自立妨げ成長の芽摘む」桑田真澄さん経験踏まえ »