« 久しぶりの電話 | トップページ | 首相「ぶら下がり取材」改めて拒否、FBで示す »

2013年1月10日 (木)

体罰

 最近も子供に対する暴力について書いたんですけど、大阪で高校生が体罰を苦に自殺か?という事件が起きた。
 教師はインターハイなどに出場している実績があるようで、それなりに自分のやり方に自信を持っていたのかも知れない。

 私も教師に叩かれたことがあるが、その時は明らかに憎しみの目をして恐怖を感じた。その後に「私はお前のことを思うから叩いたんだ」と言われた。そんなこと、信用出来なかった。

 自分だって何度か人を殴ったことはある。しかしその時の気持ちは相手に対して腹が立ったとか、憎さしかなかった。相手を変えるとかというのは、後付けの理由で、まちがいなく冷静さを欠いている状態であった。

 ようは、気持ちにゆとりがあるのかどうかが問題で、自分がいつも正しいとは限らない。相手の反応や行動にも、それなりの理由があるのだ。それを聞いてみると、説明不足だったとか、なるほどと思えることだってある。

 体罰をしている時の本音って、どんな気持ちなんだろう?
 上から目線だったり、力で押さえつけようとか、単に自分に腹が立って、その矛先を相手にぶつけているだけではないのか。そんな個人的な理由で叩かれていては、叩かれる方はたまらない。
 それが今回は自殺にまで追いやっている。これは殺人罪にも匹敵する残虐なことだと思っている。

|

« 久しぶりの電話 | トップページ | 首相「ぶら下がり取材」改めて拒否、FBで示す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130682/56507066

この記事へのトラックバック一覧です: 体罰:

« 久しぶりの電話 | トップページ | 首相「ぶら下がり取材」改めて拒否、FBで示す »