« カード作りませんか? | トップページ | 今ご注文の方に・・・ »

2013年1月30日 (水)

部活の指導者

 大阪の高校での話ですが、受験を間近に控え、受験生はショックでしょうね。
 自分が受験生だったらと考えると、どうしようと思うと思う。

 でも色々な立場の人が色々な意見を言っていますが、どれも正しいんだと思います。
 ただ私は人の親として考えた時に、もしかしたら自分の子供がそうなるかも知れないような教師がいたり、そう言う学校であれば、安心して預けられないと思うんですよね。

 息子の中学時代、部活中に熱射病で倒れた息子に対して罵声を浴びせ、チームメートが異変に気がついたが、それでも「やる気がないのなら下がれ」とまで言い放った顧問がいた。病院に担ぎ込まれたが、学校側からは何もなかった。
 熱射病と言えば、下手すると死亡してしまうことだってあるのだ。

 今だから言うが、そのバカ顧問は雨が降っていれば、生徒にはランニングをさせ、自分は車の中で煙草を吸っている。晴れている日だって、学校の敷地内で煙草を吸い、吸い殻を草の陰に捨てていた。三振したり、エラーをするとバットで頭を小突く。試合中は観客かと思うような野次を飛ばす。
 その野次を聞いて、そう言うことを教えてもらっていたのかと息子に聞くと、教えてもらっていないと言う。それでは出来るわけがないではないか。
 だいたい内野ノックのはずがレフトオーバーの打球を打つような、ノックもろくに出来ない野球部の顧問なんか聞いたことがない。その玉を追いかけないことに怒っていると言う、まるで子供以下の人間だ。
 そんな人間が人に教育なんか出来るわけがない。

 話が少し逸れたが、人生は長いんだから、一年や二年立ち止まったって、それほど大きなことではないし、高校に入ることが人生の目標ではない。
 それよりも見識者が集まって、将来のために優秀な教育者を選んだり、育てることの方が重要だと感じる。現実には時間が動いているが、悪いことは気がついた時から改めていく必要がある。それには戸惑いや時間がかかる場合もあるが、何が重要なのかを考える必要があると思う。

|

« カード作りませんか? | トップページ | 今ご注文の方に・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130682/56655686

この記事へのトラックバック一覧です: 部活の指導者:

« カード作りませんか? | トップページ | 今ご注文の方に・・・ »