« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月28日 (木)

JUMP FROM PAPER

2_003000000009  この前テレビで見ました。
 「イラストか」と思ったら、ちゃんとしたバッグなんですね。
 見た目は2Dに見えるバッグのイラストっぽいんです。
 ビックリしました。
 でもすごいアイデアですね。
 いくつか種類もあるようですし、値段も意外と手頃です。


Amazonショップ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月27日 (水)

ツインハープ橋

Img_0264  旭川の中で、東光地区と緑が丘地区の間に流れる忠別川に架かっている橋です。
 子供の頃はなかったのですが、緑ケ丘に行く用事があって、この橋が出来て、ずいぶん楽になったものでした。
 旭川新道が出来る前までは、札幌などから帰りはここを通りました。
 通学・通勤時間は混むようです。それでも最近は何カ所か橋が架かったので、少し楽になったとは言われますが、旭川環状線にある橋なので、交通量が多いようですね。
 綺麗な橋だと思います。

Twin

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月26日 (火)

口にしちゃダメ!どんどんストレスがたまる「NG口癖」5つ

 紀野真衣子さんと言う方の記事を見ました。
 とても共感します。
 参考にしてみて下さい。


 昔から“言霊”とはよく言ったもので、言葉には霊的なものが宿るとされ、むやみにネガティブなことばかり発していると現実もその通りになると信じられていますよね。
 そこで今回は、セラピストの紀野真衣子さんに、多くの方が日頃無意識に使っているNG口癖を挙げていただきました。一つでも思い当たる方、今日から是非見直してみてください。

1:「~しなきゃ!」
 「~しなきゃ!」と思うと、心に負担がかかってしまいます。義務感を帯びるとそれがプレッシャーに変わり、今度はそれをクリアしないと罪悪感に見舞われることも。
 「~できる!」「~する!」という決意の言葉として口にしましょう。合言葉は一昔前にブームになった「Yes, We can!」です。

2:「どうせ私なんて……」
 ことあるごとに自分を卑下していると、その思いはどんどん強まっていくでしょう。自分を嫌いだという思いは、心だけでなく身体をも蝕みます。
 自分に向けられるネガティブなワードは、自分の魅力を半減させるどころか、人から嫌悪感まで抱かれかねません。人から好感をもって貰いたいなら、まずは自分自身が自分を好きになること、認めてあげることが大切ですよね。

3:「幸せになりた~い」
 今の自分に不満を持っているからこのような口癖になってしまうのです。しかも、「幸せになりたい」と思っていると、「幸せになる」未来ではなく「幸せになりたい」と思い続ける未来を作ってしまいます。
 また、「幸せになる」という能動的なワードに対して、「幸せになりたい」は受動的な印象すら与えますね。自分の人生は自分の手の中にあります。どうコントロールするかは、全てあなた次第ということを忘れないでください。

4:「むかつく~」
 嫌なことがあったときについつい口にしてしまう言葉ではないでしょうか。むかつく出来事は、あなたの心の奥深くを見つめるチャンスです。どんなメッセージを送ってくれたのかを考えてみましょう。
 人に対して抱いた場合、時にそれは鏡であり、あなた自身を映している可能性もあります。「むかつく」と不平を言う前に、その状況を客観的に受け止め、見つめられる度量を持つべきです。

5:「忙しい」
 口に出していうことで忙しさを加速させ、ストレスとなります。また、「忙しい」は心を亡くすと書きますね。「充実している」という言葉に言い換えるとなんだか楽しくなってきませんか?
 逆を返せば、時間を持て余すほど、寂しい時間の消費方法はありません。いろいろなことに携われるあなたは幸せです。

 かの有名なナポレオン・ヒル著『思考は現実化する』とのタイトル通り、自分が思っていることは、声に出すことでより現実になっていきます。一方で湧いてきた感情を抑圧するのは厳禁!
 どうしても我慢できないときは、無意識につぶやくのではなく、大声の出せる場所に行って思いのたけをぶちまけましょう。溜まっていた感情を出してスッキリすると、自然と言葉もポジティブになりますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月25日 (月)

スノーモビル

 近隣のスキー場にイベントを見に行ってきました。
Img_0258  そこにあったスノーモビル。私も欲しいなぁと思っています。
 うちには広い田んぼがあるので、かなり遊べそう。
 近所でも乗っている人がいます。

 ところで、最近知ったんですけど、スノーモビルにもツーリング用とか、オフロードってあるんですね。
 森林用とか、新雪用とか。
 私は車もバイクもオフロード系なんですよね。
 森の中とか、動物や野鳥見に行きたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月24日 (日)

キャンモアスキービレッジ

 東川町にあるスキー場です。
 子供の頃、多く通いました。
 スキーはもう何年もやっていません。うちからは山の谷間から灯りが見えるのですが、久しぶりにドライブをして、ナイターの様子を撮影してきました。

 昔は2コースだけだったのですが、今はコースも増えているようですね。

Img_0229

Img_0235


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月23日 (土)

DHAがアルツハイマー抑制…京大iPS研究所

 読売新聞 2月22日(金)の記事です。


 認知症の中で最も多いアルツハイマー病患者から作製したiPS細胞(人工多能性幹細胞)を使って、青魚などに多く含まれる「ドコサヘキサエン酸(DHA)」が同病の発症予防に役立つ可能性があることを確認したと、京都大iPS細胞研究所の井上治久准教授らのチームが発表した。

Dha  イワシなどの青魚を食事でとることとの関係はこの研究では不明だが、新薬の開発などにつながる成果。22日付の米科学誌セル・ステムセルに掲載される。

 アルツハイマー病患者の脳内では、Aβ(アミロイドベータ)と呼ばれるたんぱく質の「ゴミ」が過剰に蓄積することで、「細胞内ストレス」という有害な現象が起きて神経細胞が死滅し、記憶障害などを引き起こすことが知られている。

 研究チームは、50代~70代の男女の患者計4人の皮膚からiPS細胞を作製。それを神経細胞に変化させ、Aβが細胞内外に過剰に蓄積した病態を再現した。

 このうち、細胞内にAβが蓄積した2人の細胞に低濃度のDHAを投与した場合と、投与しなかった場合とで、2週間後に死滅した細胞の割合をそれぞれ比較。その結果、DHA投与の場合、細胞死の割合は15%で、投与しなかった場合は2倍以上の32%だった。



 一言・・・
 うちの親父は青魚好きで、よく食べていたけどなぁ。アメリカでは効くと言われたDHAのサプリメント摂取してたけど、進行は遅くなったのかどうかまでは確認出来ないけど、それにしてもよく読んでみると、細胞死の割合が投与していた場合が15%でとあるので、まったく改善されると言うものではないと言うことですね。早い話が生活習慣の方が重要だと言うことです。
 ただちょっとした物忘れ程度ならまだしも、ルールがなくなってしまうほど進行していて体が元気だと、施設などに預けないと、周りが大変ですからね。病気はどちらにしても長引かれるのがやっかいなんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月22日 (金)

あさっぴー

 先日の冬まつりでも見かけました。
 旭川市のゆるキャラです。
 最初の頃は抵抗がありましたが、何度も見ているうちに愛着がわいてきました。
 可愛いです。
 それがアサヒ十六茶のCMで新垣結衣さんと共演されている。
 けっこう良い場所にいるじゃんと思いました。

01_hokkaido

 北海道ご当地キャラ応援団と言うホームページで皆様からのご声援を受け付けているようですので、ご協力お願いします。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月20日 (水)

アマゾン、昨年の日本売上高は7300億円 通販業界トップに

 産経新聞の記事です。

 インターネット通販大手の米アマゾン・ドット・コムの日本国内での2012年の売上高が、前期比18.6%増の約78億ドル(約7300億円)となり、国内の通販事業者として最大手であることが19日、分かった。



 ヤッパすごいですね。私もよく利用してます。自分のアカウントとってますけど、自分の買い物以外でも、ほんの少し売り上げがありました。そうなると入り口なんかたくさん出来ますもんね。

 ただこの前マスコミが言ってましたけど、価格を比較するアプリがあるそうで、実際に店に見に行って、値札のところのバーコードを読み込めば、確かAmazonだったと思いますが、価格の比較が出来、気に入ればその場で購入が可能だと言う。
 確かに価格を考えると、ネットの方が安いことが多いですが、それにしてもある程度の倫理的なルールを作らないと、お店の方も可哀想ですよね。説明は店員に聞いて、購入はその場でネットというのは、あまりにもと思う。
 私の場合は、今はメーカー自体に電話で問い合わせることが出来るため、高い買い物はネットのユーザーの話を見たり、メーカーに問い合わせて購入している。気持ちはわかるけど、私はさすがにそこまでは出来ないでいる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月19日 (火)

大雪山2013.2.18

 カメラ買って、うちから見える大雪山の四季を写したかったんだけど、なかなか見られなくて、昨日やっと見れた。
 周りの風景って何十年も見ているのに、意外とそう言えばと思うことってあるもので、デジカメなんで、バシバシ取っていこうかと思っています。時間や天気によって、見え方が変わる。いつも見ている風景が複数枚同時に見ると、気持ちも変わるような気がする。
Img_0155

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月18日 (月)

ごねる客

 コンビニでバイトしている友達が言ってた。
 時々、カートンで煙草を買っていく客から「いつも買っているんだからライター2つよこせ」と言われたそうだ。
 一応は一つだけなんだそうだけど、100円ショップに行けば、2つや3つ買える程度のものを、威張り散らしてもらう価値ってあるのかなって思う。

 そういえば友人の父親が時々やらかすらしいんだけど、ホームセンターで花をよく買うらしく、レジに持っていって精算をした後、いつも買ってやってるんだからと言って、車に戻る前に鉢の花を何個か拝借するとか、大根を買いにいって、精算後のシールを二つに切って、もう一本に貼って、そのまま持って帰って来るとか・・・。明らかに犯罪ですよね。何度も警察に言われているらしいんだけど、それでもわからないらしい。

 前の職場の先輩が「大工っけと泥棒っけのない人間はいない」と言ってましたが、それにしてもどうでもいい小さな権力振りかざしている人見たら、どういう教育受けて来たんだ? アンタの価値観てそんなものか? 大丈夫かって言いたくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月17日 (日)

ムーミン

 今年のバレンタインも従姉妹から手作りチョコを、その娘さんからもチロルチョコもらった。お小遣いで買ったらしい。それにしても女の子って可愛いなぁと思う。春から幼稚園に行くとのこと。前にも書いたけど、従姉妹とは夏場には野菜を取りに来たり、なんだかんだで良い関係を持っている。小さい時は私と結婚するとか言っていたのに、今では娘がそう言って来る。親戚にしかモテない私(笑)。

 ところで、娘さんはムーミンを知ったらしく、本を持って来て読んでくれた。息の長いアニメですよね。私が小学生の頃だったもんなぁ。
 そこでお決まりの質問が来た。
 「ムーミンて、何の動物だと思う?」
 この答えは知っている。何度こう言う思いをしたことか。
 でもそれは私だって色々と経験を積んでいるのだ。
 そこで「カバだよ」と自信ありげに答える。
 すると「ぶ〜〜! ムーミンは妖精なんだよ」と怒られる。
 言い方も母親に似ている(笑)。

 子供の相手も疲れるんです。でも可愛いものですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月16日 (土)

嵐山市民スキー場

 旭川の街を中心とすると、うちとは正反対の方なので、学生時代は行ったことも少なかったが、野鳥を見に行くのが好きで、社会人になってからはよく行っていた。
 昔は冬になるとスキー場がオープンしていたが、ここ数年は営業していない。
 ここにはジャンプ台がある。それが最近、アルバムを見ていたら、叔父さんに連れてきてもらっていた写真があった。ジャンプ好きの叔父さんで、富良野には行った記憶があるが、ここは記憶になかった。でも写真を見て思い出した。

 冬のゲレンデを歩いたことがなく、雪のない時期にばかり来ていたので、ここのジャンプ台と昔の記憶がまったく違うものだと思っていた。

 色々調べてみると、K点が76mと50mのジャンプ台だそうで、老朽化に伴い、改修か、存続かの意見があるようだ。
 このジャンプ台を見に行こうと思って行ったのが、実は昨日が初めてで、それまで何度もそばを歩いていたり、高速道路から存在はわかっていたのに、しっかり見たことがなかったのだ。

 子供の頃からスキーはしていたが、スキー場に行くと言うより、近くの堤防や坂で近所のお兄ちゃんたちと滑るものだと思っていた。
 自然が溢れている場所だが、逆に言うと交通の便が悪いとか、人があまり入っていないと言うことが言える。
 今は雪で頂上までは行けないが、展望台からの風景は旭川八景に選ばれているような景色が見られるのだ。
 今年は新たな気持ちで雪解けの嵐山を楽しめそうな気がする。

Img_0150

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月15日 (金)

鶏の卵、メスからオスに性転換…北大チーム成功

 一昨日の読売新聞2月13日(水)の記事です。
 鶏のメスとして生まれるはずの卵をオスの卵に性転換することに、北海道大の研究チームが成功したと発表した。
Img02  これってすごい研究だと思いますね。
 人への応用は賛否別れると思いますが、家畜に関しては、とても興味深いことだと思います。
 理屈ではわかっていても、実際に成功したと言うことがすごい。
 これが日本の北海道大学ですよ。
 生物の世界もiPS細胞など、どんどん進んできますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月14日 (木)

挫折

 オリンピックのレスリングが大変なことになりそうだ。

 私自身、挫折と言う言葉がふさわしいかわからないが、夢をあきらめたことがあった。と言うか、未だにあきらめ切れない自分がいる。
 私の夢は小学生の時から始まった。お小遣いのほとんどを、その勉強のための本代に費やし、習い事もその夢を叶えるためにやめた。学校や休みの日は友達と遊ぶこともしないで、その夢に向かって時間を費やした。当時はそんな私を馬鹿にする人間も少なくなかった。
 就職を控えた時に、学校ではそんな求人がないと言われ、自分で仕事を探し、夢をつかんだ。

 例え話ではあるが、医者になりたいと言う人がいるとする。とにかく医者になることが夢と言う場合もあるだろうが、例えば、心臓外科のどういう治療を勉強して、どんな形で医療に貢献したいのかと、具体的に考える場合もある。
 同じ医者とはいえ、色々な形の医師がいると思う。
 私の夢は明らかに後者で、何歳までにどんな成果を上げて、何歳の時にはどんな仕事をしているかまで、紙に書いていた。

 しかし世の中は思い通りには行かないことがある。
 人にとって目標がなくなることは、ある意味致命的なことである。特にその夢に時間やお金を費やしている人に取っては、その分大きなものになる。
 夢や目標を失ったつらさは、その人でないと理解出来ないものだ。

 それでも夢を持った人を応援して行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月13日 (水)

不自然なドラマ

 以前演劇をやっていたことがあるので、ドラマなどを見ても台詞を注意深く見てしまう。
 あくまでもフィクションの世界なので、楽しめれば良いんだけど、ここでこんな言い方はしないだろうとか、先ずは台本が先にと言うドラマがある。

 最近のドラマで、やたら台詞が多いドラマがある。相手の台詞が終わるかどうかのタイミングで、少し噛み気味に怒濤のようにしゃべる。これって自然じゃないですよね。普通の生活で、相手が何を言うかがわかっていて、それに対する受け答えをすると言うのは、よほど頭の回転が良くないと出来ない。
 脚本家が何かを伝えたいと言う思いが強いのかも知れないが、役者は台詞をうまくしゃべることよりも、演技力の上に台詞を乗せることのような気がする。台詞を言わなくても充分に伝わってくる演技があるものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月12日 (火)

なんとなく

 今年の冬まつりは名残惜しい気がしたなぁ。
 毎年、手伝いに行ってた頃は、寒くて早く終わらないかなと思っていたけど、近年はお客さんしていたから、寒くなったら帰れば良いし、気楽なものです。
 昨日が最終日だったんだけど、もう一度見たくて出かけてきました。Img_0147

 いつも聞いているラジオのパーソナリティさんも司会のお仕事されていて、しゃべりのプロってすごいなぁと感じました。
 冬まつり関係者やスタッフの皆さん、お疲れ様でした。

 冬まつりが終わると、何回か冷え込みが来た後は、どんどん春に向かってきますね。そのうちニュースで南の方で桜の話題が聞こえて来るとより早く感じます。
Img_0090

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月11日 (月)

カレンダー

 昔と比べて自分でも自由が増えたと感じる。
 コンビニと言うものの噂が聞こえてきた時に、夜の11時に買い物に行く人なんかいるのかと思った。
 でも今ではパソコンに向かって仕事をして、煮詰まったり、気分転換などで、夜中でも近くのコンビニに出かける。年中無休なので、日曜日もお正月も営業をしている。

 私は古い家で三代同居をしていたので、年中行事のような感じで、お正月はどこにも行くものではないなどと、何の根拠かわからないことを常識として教えられていた。しかし高校卒業後の就職先は親元を離れ、年中無休のところだった。お正月や入学式、運動会の時期などは子供がいる先輩が優先的に休み、独身だった私はカレンダーで言うところのみんなが休んでいる時に仕事をし、みんなが勤務している時に休んでいた。そんなことがしばらく続き、20代の後半で初めて正月休みになったが、いざ休んでみると何をして良いのかわからなかったものだ。

 今では、やはり家族三代で住んでいるが、カレンダー通りに暮らしている家族は一人しかいない。私も休日慣れしていないので、日曜日などがフリーになっても人ごみが嫌だったりする。
 習慣なんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月10日 (日)

コガモ

 子ガモではありません。
 コガモと言う名前のカモです。
Koogamo  旭川の永山新川と言うところにカモがいるんですが、たくさんではないけど、コガモもいます。
 小型のカモなので、すぐに見つけられますが、他のカモに比べて多くはいません。
 この写真は昨日撮影したものですが、割と綺麗に撮れたと思っています。

 旭川は北海道でも割と野鳥の種類が多いところなんです。旭山や嵐山、それに川が多いので水鳥もいますし、渡り鳥のコースにもなっているので、年間を通じて野鳥観察が楽しめます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 9日 (土)

キツい香り

 今日はキツい香りを放つ人がいた。
 あれって頭が痛くなる。
 どうも化粧の変な香料のにおいとか、香水なのか、オーデコロンなのか、とにかくキツい香りが嫌だ。

 何のために、あんなキツい香りを振りまいているのかって思う。
 お風呂に入る習慣のない人が体臭を消すために使うとか、色々聞いたことがあるが、それにしても苦手な人にはホントに迷惑なものだと感じる。

 洗濯洗剤や柔軟剤にも入っていることがある。多くの人が集まるところに行くのは、ホント憂鬱だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 8日 (金)

旭橋

 旭川は川が多いので、橋も多い街なのだ。750以上の橋があるそうだ。
 その中の一つ、旭橋の写真を撮ったので、紹介したいと思った。
Img_0049  この橋は、市のホームページによると、昭和7年(1932年)完成の三代目旭橋だそうだ。
 橋長226m、幅員18.3mの美しいアーチ橋で、子供の頃から馴染みがある。
 明治25年 (1892年)に現在と同じ位置に前身の「鷹栖橋」、明治37年(1904年)に初代「旭橋」が架けられたそうである。ドイツから輸入した鋼が美しいアーチ形状と重厚感を出している。
 旭川八景の一つになっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 7日 (木)

2013旭川冬まつり

 今年も始まりました。
 天気予報見ると、明日から雪のようなので、早速行って、写真撮ってきました。
 午後からは天気が良くなった。川のそばだから寒いはずと思って、ガッチリ着込んで行ったら汗かいてしまった。夜の花火見ようと思っていたのに、日が沈むと冷え込みがキツくなって、汗が冷えてきたので、帰ってきてしまいました。
 一昨年見た福島和可菜さん、見たかったなぁ。

 それにしても海外から来た人が、つららが珍しいらしく、触ったり、写真撮ってた。
 また小雪像の中に、知り合いの一家が毎年作っているものがあった。数年前に娘さんを亡くしたんだけど、毎年一緒に作っていたのでと言うことで続けている。

 今年はこれからも有名な人が来るし、旭山動物園も夜間臨時開園しているようです。職員たちが苦労して、しばれがキツいところらしい綺麗でエコな「灯り」を作り、園内を照らしているとのことでした。
 ぜひ冬の旭川へお越し下さい。

Img_0031

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 6日 (水)

丸刈り

 先日、あるアイドルグループの一人が丸刈りになった。
 ニュースは世界でも報道されたようだ。

 以前も書いたことがあるが、恋愛禁止と言うこと自体どうなんだろうと感じる。24時間アイドルである必要はないように思うし、友達とショッピングに行ったり、好きな雑誌を読んだり、テレビで教養を学んだり、人それぞれ仕事以外ではスイッチを切って自由な時間なのではないか。
 とは言っても、私もそうではあるが、会社の看板をいつも背負っていると言う感覚がある。飲酒運転などをすれば、首が飛ぶだろう。

 しかしである。このような記事は、このグループで初めてのことではない。やめることになったり、他のグループに移籍したりと言うことが行われていたことは、充分にわかっていたはずだ。その道を選んだ以上は、厳しいルールがあることを承知の上でやっているはずである。そう言う意味で考えると、彼女には申し訳ないが、「今さら」と感じた。ネットの記事だけを鵜呑みにすることは危険ではあるが、他のメンバーでも色々なうわさ話が飛び交っている。年齢的にも当たり前のことと言えば当たり前なのだが、このようなことは、バレていないだけではないのかと思う。
 であれば、基準やルールを変えた方が良いと思う。

 私も若い頃、あるアイドルに夢中になったことがあるが、突然不倫が発覚し、引退してしまった。その時はとてもショックだったが、それは彼女の選んだ道だし、自分一人で彼女の人生をどうこう出来るものではないのだ。
 しかしアイドルを見て、夢を見たり、応援したいと言う気持ちはわかるように思う。夢と現実と言う言葉が当てはまると思うが、見る方にも、オンオフのスイッチが必要ではないのかと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 5日 (火)

親戚の中にインフル感染二人

 先日も書いたインフルエンザなんですが、私の親戚にも二人出ました。
 実は数日前にお袋と親父の妹、弟夫婦で二泊三日で温泉に出かけていた。
 叔父さんはなぜか元気がなく、食事も満足に食べられない状態だったそうで、帰ってきてから病院に行くと、インフルエンザと診断されたそうだ。それからは家でもマスクをするように言われ、数日間は外出禁止だと言われたようだ。

 その二日後に、一緒に行った叔母さんが体調を壊し、病院に行くと、インフルエンザと診断され、叔父さんのせいだと怒っている。
 お袋は今のところなんでもないようで、健康を自慢している。

 しかしウィールスは感染するのと、発病するのとは、必ずしも一致しないのだ。
 お袋はもうすでにウィールスをうちに持ち込んでいるだろうと思う。今のところ、我が家では発病していないだけなのだと思う。この先、このまま発病しないかも知れないし、体力や免疫力が落ちれば、発病するかも知れない。

 これを極力拡散させないとか、感染を防ぐには、咳やくしゃみをする時に手を当てるとか、うがいや手洗いなどをする、充分な休養な栄養を摂取することだ。
 人のせいにしている人が多いが、発病するかどうかは、自己責任でもあると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 4日 (月)

遭難しました

 昨日の旭川は風が強くて道路が雪で吹きだまりました。
 ここ数日間の気象の変化がすごいです。
 休日で家にいたんですけど、外出した家族から電話が入り、窓から外を見ると、家から100mぐらいのところで、車が動けなくなってました。行ってみると、雪の高さは腰ぐらいにまで吹きだまっていて、除雪機と人力でなんとか道を作りました。ちょうどその辺りが一年に何回かなんですが、こう言う事態になるんです。そのためにRV車に乗っているんですが、それでも無理な時があります。今時期が一番路肩の雪が高い時なので、こうなるんですよね。

 と思ったら、札幌の友人は道路が溶けてツルツル路面になっていたとのこと。
 同じ北海道でも違うものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 3日 (日)

プロ野球、キャンプが始まってますね

 野球のない時期は、なんとなく淋しいですけど、キャンプが始まると、今年はどうなるのかなって楽しみです。
 毎年のこととは言え、トレードがあったり、新入団があったリです。
 糸井選手、八木投手のトレードは驚きでしたが、新しく来る選手たちは期待出来るようですし、Welcome 北海道ですね。

 斉藤投手の肩が心配ですけど、待っているのでゆっくり治してもらいたい。
 大谷選手もすごい注目度ですね。すぐに結果を求めるのは可哀想だと思いますが、将来大きな選手になってもらいたいです。

 WBCもありますが、怪我のないように、良い結果を期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 2日 (土)

この時期の暖かい日

 昨日は夜になっても気温が高くて、屋根の雪が一気に落ちた。
 それにしてもすごい音がするのだ。
 実際には屋根の上で滑っている音と、地面に落ちる音なんだけど、家全体に響く。時には微妙に揺れることもある。

 しかし問題はその後なのだ。
 落ちた雪は湿っぽくなっているので重たいし、金属製のスコップじゃないとはねられない。でもスコップにワックスを塗っておかないと、雪がくっつく。
 まだこの時期は、春まではもう何回か気温が下がる時がある。
 面倒だけど、気温が下がる前になんとかしないといけない。しばれると、厄介なのだ。

 でもそんなことも、うらやましがられる場合もあるんですよね。
 沖縄の知り合いなんかいつも言っている。雪はねをしてみたいんだそうです。
 私にしたら、台風に直撃される方が恐ろしいと思うんだけどなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 1日 (金)

スポーツは遊びとは限らない

 女子柔道の監督さんが大変なことになっている。
 体罰や暴力に関しては、何度か書いているので、今回は記さないが、昨日のテレビのコメントで「本来スポーツは楽しむものなんだ」と断言しているコメンテーターがいた。

 一般人から見たら、観戦したり、応援したり、また勝ち負けなどで一喜一憂するので、楽しみではある。が、これはあくまでも関係のない人間のことで、小さい頃からオリンピックで金メダルを取るんだと言う目標を持っていたり、スポンサーなど色々なところから出資してもらっていたり、全日本の強化選手になったり、またプロスポーツ選手になると、競技に対する考え方が全然違うし、遊びや楽しみだけでは出来ないものだと思う。もちろん、その道は自分で決めたことなので、苦労などはその人のものだ。

 しかし選手一人がどんなに頑張っても、一人では成功出来ないと思う。コーチやスタッフ、競技に使う道具など、色々な関係者が、中には時間と威信をかけて取り組んでいるのだ。

 そんな世界を私たちは外から観戦し、時には憧れを持って真似をしたり、楽しみ程度にプレーすることもある。そんな競技人口の底辺を拡大することで、その中から真剣に取り組む人が現れ、その世界のスターを夢見たり、目標を決めて目指す人が出てくる。

 ほとんどの人にとってスポーツは楽しむものである。でもプロスポーツ選手の経験がないであろうコメンテーターが言い放った意見に対し、その場に経験者がいない素人集団が、みんなその意見に合わせるような放送を公にしているところが怖いと感じた。専門家や当事者の意見が聞きたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »