« ピンチはチャンス | トップページ | タイヤが4つついている »

2013年3月 3日 (日)

警官10人による容疑者の窒息死

 24日午後、北見市留辺蘂町で、一時停止を無視した疑いで 須田伸輔容疑者が逮捕された直後に意識を失い、その後死亡しました。攻防40分間、北見で警察に逮捕された容疑者の男が逮捕の直後に死亡した問題で、 男が取り押さえられた現場には当時、応援も含め、10人の警察官がいたことがわかりました。須田容疑者は80キロ離れた足寄町からパトカーに追われていました。 警察によりますと須田容疑者は追跡してきた警察官に、「かかってこい」「お前は悪魔だ」などと言いながら、 灰皿を投げ付けたり、工具を振り回して抵抗しました。 車の中に閉じこもったまま、須田容疑者の抵抗はおよそ40分間続き、 現場には応援の警察官も駆けつけ、10人で須田容疑者を取り囲みました。そして、助手席側から引きずり出した須田容疑者を 数人の警察官がうつ伏せにし、手錠をかけたということです。道警は遺体を司法解剖し死因の特定を進めるとともに、逮捕の仕方に問題がなかったか調査しています。


 と言うニュースが先月あったのですが、死亡原因は雪山で押さえつけられた際の窒息死だそうです。
 犯人も悪いと思いますが、これってどうなんですかね?
 このまま立ち消えさせたいんですかね?
 その後のニュースがありません。

|

« ピンチはチャンス | トップページ | タイヤが4つついている »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130682/56875474

この記事へのトラックバック一覧です: 警官10人による容疑者の窒息死:

« ピンチはチャンス | トップページ | タイヤが4つついている »